• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

コンピュータソフトは著作物?

コンピュータソフトは一般に著作物、ということですが、 ビジネスモデル特許はアイディアを形にしたプログラムに対して認可されるということを聞きました。 著作物に特許が認められるのでしょうか? さらに、著作物ということは、コンピュータソフトに製造者責任はないということですよね? コンピュータソフトに欠陥があり、損害を被ったとしても 賠償請求とかはできないのでしょうか? 製造者責任を問えないものの上で成り立つ現代社会って相当あやふやなものなのでしょうか?? と、ふと疑問になったので、詳しい方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数167
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>著作物に特許が認められるのでしょうか? ソフトウェアには特許が認められています。ソフトウェア特許については、特許法の運用方針「産業上利用することができる発明の審査運用指針」 および「特定技術分野の審査運用指針(第1章コンピュータソフトウエア関連発明)」で詳しく定められています。 平成9年4月にこれらの運用方針が改訂され「媒体特許」が認められるようになりました。つまり、プログラムまたは構造を有するデータを記録した記録媒体を直接特許の対象として、保護の対象とすることができるようになっています。 >さらに、著作物ということは、コンピュータソフトに製造 >者責任はないということですよね? 製造物責任法(PL法)は製造物(動産)を対象とした法律ですので、著作物であるソフトウェアそのものについては今のところ対象になりません。 >コンピュータソフトに欠陥があり、損害を被ったとしても >賠償請求とかはできないのでしょうか? PL法は製造物を対象とする法律ですので、製造物以外の物により損害が生じた場合の賠償請求等に何ら関与するものではありません。したがって、コンピュータソフトに欠陥があり損害を被った場合はPL法ではなく、民法に基づく損害賠償請求を行うことになります。ただし、直接製造者の責任を規定しているPL法を適用する場合に比べて、製造側の過失証明が難しくなります。 民法709条「故意又ハ過失ニ因リテ他人ノ権利ヲ侵害シタル者ハ之ニ因リテ生シタル損害ヲ賠償スル責ニ任ス」 ただし、特許権が記録媒体について直接設定されている場合、記録媒体つまり動産としてのソフトウェアの欠陥が直接PL法の対象となる可能性も今後出てくるのではないでしょうか。 ご参考になれば幸いです。--a_a

参考URL:
http://knpt.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 最近の企業活動って、コンピュータなしでは成り立たないですよね。 でも、何億、何兆という金額のやりとりの基盤となっているコンピュータシステムが、法的には制作者に責任がない、というのはかなり不安な状況ですよね。 (この場合は、製造者責任ではないのかもしれませんが・・・)

関連するQ&A

  • ビジネスモデル特許と著作権の違い

    ビジネスモデル特許の場合、 そのビジネスモデルは、通常、システム(サーバー)やソフトウェアで実現されます。 従って、そのうちソフトウェア(プログラム)については、特許権と著作権の両方の権利が発生しますが、 この場合の特許権と著作権の権利自体の違いや、活用方法、また、どちらが強い権利になるかなどを教えて下さい。

  • ビジネスモデル特許について

    ビジネスモデル特許はなぜコンピューター関連にのみ認められているのですか。独創的なビジネスモデルはそれ以外にも見受けられると思うのですが。ロビー活動の成果なのでしょうか。

  • 製造業のビジネスモデル特許?

    製造業でビジネスモデル特許が許可された例をおしえてください。 どこか具体例を知りませんか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#8250
noname#8250

ソフト(プログラム)には、まず「著作権(著作物)」が 発生し、「高度な創作物」ならば「特許」を取得する ことになります。 (特許権問題を考える) http://www.asahi-net.or.jp/%7EVR5J-MKN/nh3.htm#1 ソフトウェアとPL法の関係について。 「製造又は加工された動産」がその対象とされていま すから現状では「泣き寝入り」ということになってし まうのではないでしょうか。 (経済企画庁) http://www.epa.go.jp/pl/pl-j.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#25358
noname#25358

 その通りです。  基本的には、コンピュータプログラムを使用したことによって使用者のパソコンが破壊されても、作成者に違法な意図がない限りは(つまりはそのプログラムが故意に作成したウィルスでない限り)罰せられることはありません。  なぜなら、パソコンが破壊された症状などいくらでも偽造できるからです。  たとえば、漫画や小説、映画などに性的、あるいは暴力的な描写があり、それを子供が真似て犯罪を犯したからといって、著作権者に責任がいくんでしょうか? そんなのたまったものじゃないですよね(^_^; コンピュータソフトが「著作物」と認定されているのも、それと同じ理由から来るのです。  しかしながら、普通は性的/暴力的な映画に18禁規定が入るのと同じように、一般企業も常に「信用」を欲していますから、分別のある大人が経営する会社ならば、自分の作ったプログラムに責任を持たないということはまずありえません。  普通は「これこれこういう場合は責任を持ちますが、これこれこういう場合には責任は持てません」というような「自社規定」があります。  つまりパソコンを使う側が、自分に合った規定を持つ会社を選んでソフトを購入しなければいけないわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • サービス内容に対する特許

    27歳 男性です。 ここ何年かビジネスモデル特許といったようなもを よく耳にします。 ビジネスモデル特許を調べてみると ビジネスの方法そのものは特許の対象とされず インターネットやコンピュータなどを用いたビジネス方法であれば特許対象となり得る と定義されておりますが、 逆にインターネットやコンピュータなどを用いないビジネス方法(サービス内容)を法的に守る方法などあるのでしょうか? つまり、どこのお店でもやっていなサービスであるが インターネットやコンピュータを用いていないサービス等 初歩的及び抽象的な質問ですいませんが回答ください。  

  • ビジネスモデル特許というのはITなどに関連してないと取れないのですか??

    新しいビジネスアイデアというだけでは不十分ですか?? すでに世の中にあるサービスにあるアイデアを加え今までになかった新しいビジネスモデルを考えたのですが これはビジネスモデル特許の対象となるのでしょうか? 製作過程でコンピューターは使いますがこれだけでは不十分でしょうか?

  • プログラムの著作権について、教えてください!

    以下の著作権についての記述で、間違ってるのはどれでしょうか?教えてください。 1.著作権法においては、プログラム言語、規約、解放は保護の対象ではない。 2.著作権法は、ソースプログラムの著作物性を保護するものであることから、機械翻訳後のオブジェクトプログラムは保護対象としない。 3.著作者に無断で著作物を改変することを禁ずる同一性保護権の規定は、プログラムの著作物には適用されない場合がある。 4.特設の規定がない限り、法人が作成したプログラムは法人の著作物とされる。 5.請負契約、派遣契約のいずれかにあたっても、外注による著作は、発注者である法人に著作権が成立する。 6.不正複製物と知りつつ取得した複製プログラムを業務上使用することは、著作権の侵害とみなされる。 7.論文、数値などの情報を体系的に構成したデータベースについては、収録された論文などが著作権保護の対象であり、データベースそのものには適用されない。 8.日本ではコンピュータプログラムは、著作権法によって保護されるが、米国では特許権としての登録が必要である。 お願いします。

  • 特許の出願について

    非常に初歩的な質問で失礼します。 私は今あるビジネス形態を考案しており、それを他人・他社に真似されたくないため特許の出願を考えております。 ビジネスの形態・方法に対して特許を取得するわけなので「ビジネスモデル特許」というのが当てはまるのではないかと考え調べてみますと、ビジネスモデル特許として認められる要件の中に 「発明」とは自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものいいます。したがって、商売の方法そのものや、取引の方法そのものは、人為的取り決めであって、自然法則を利用したものとはならないため、特許としては認められません。 ・しかしながら、ビジネスの方法等をインターネットやコンピュータシステムを用いて実現した場合、コンピュータというハードウェア資源の用い方を記載すれば発明の成立性が認められるようになっています。」 という記述があります。 これはすなわち、パソコンなどを利用したものでないと特許として認められないのでしょうか。 アイデアだけとしても特許として出願できないものなのでしょうか? アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 電子情報の価値

    コンピュータや携帯端末などの機器内に保存された電子情報について、機器の欠陥や不良により情報が失われた場合、機器の製造者や販売者が法的責任を負うことはあるのでしょうか?アメリカでの東芝のノートパソコンの例は、 FDDの不具合により情報が消える可能性があることによる 多額の賠償だったと思うのですが、これは法的責任を認めた実例なのでしょうか?

  • OKWeb利用規約における、投稿内容の著作権のOKWebへの帰属

    OKWebの利用規約には、このBBSへの投稿内容の著作権は、OKWebへ帰属するとあります そこで、パブリックドメインの著作物(著作権)や作品などを投稿した場合でも OKWebに著作権が移動してしまうのでしょうか また、コンピューターソフトウェアの質問に対してアルゴリズムを書いた場合 そのアルゴリズムの著作権がOKWebに移ってしまうと、そのアルゴリズムを利用するに当たり いわゆる著作権問題が発生してしまうのではないか、と思います 自分で考えた手法を広く自由に使ってほしいために 他の人が特許を取って使用を制限させないように、自分で著作権(特許)を保持したいという場合でも OKWebの質問の回答には、投稿することはできないと思います また、同様にプログラムコードそのままを投稿して質問や回答をすると それらの著作物をOKWebに無断で自由に使っても良いという明確な記載は見られなかったため OKWebに帰属した著作権は、OKWebに使用許可を得なければ、著作権法違反になる可能性があると思います 利用規約は利用者のみに関係しますが、著作権法は利用者でなくても守らなければならない法律ですので OKWebを利用しない人にも影響があるのではないか、と思います 過去の投稿に関して、著作権問題のニュースは聞いていませんが 今後、OKWebが著作権を主張しない、という保証は全くないと思います LZW圧縮アルゴリズム(GIF画像)が特許として認められているように アルゴリズムそのものにも著作権がありますし プログラムコードそのものは著作物です http://itmedia.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1579437 http://itmedia.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1362668 http://itmedia.okwave.jp/kotaeru.php3?q=633696 http://itmedia.okwave.jp/kotaeru.php3?q=159345 http://itmedia.okwave.jp/kotaeru.php3?q=157009

  • ソフトのユーザインターフェースを保護するには特許?著作権?

    コンピュータソフトウェアを保護するために、特許と著作権を使い分ける判断基準を明確にできずに悩んでいます。著作権でソフトウェアを保護するといっても、違法コピーを排除する程度しか思い付きません。古谷栄男著「知って得するソフトウェア特許・著作権」P72に1例だけ載っていますが、もっと例が欲しいところです。そこで、次の例を挙げて質問します。 例)A社は、画面内でチワワ犬キャラが先生役をする、算数ソフトウェアBを開発したとします。従来、人間や動物キャラが先生役をする教育ソフトウェアは存在しなかったとします。 質問1)A社が、人間や動物キャラが教えるというユーザインターフェース(UI)を特許取得しようとするのは、現実的でしょうか(知財に強いIT企業では出願するでしょうか)? またこのUIの技術レベルは、特許取得できたとしても、弱い(無効審判や情報提供で逆転取り消しされかねない)でしょうか? 質問2)A社が、特許出願せず、著作権で類似品を排除しようとした場合に、どんな他者ソフトウェアまで、著作権侵害したと判断して良いでしょうか? 例えば、チワワ犬キャラの国語ソフト、またブルドックの算数ソフトを排除できそうですか? 2週間程度で、すっきりさせてくれる回答が得られましたら幸いです。

  • パソコンソフトの権利について。

    市販されているコンピューターソフト(例えば翻訳ソフト)は通常、特許や著作権等の権利が確保されているのでしょうか?  それとも実質的に真似できないようシステムが開けないようにしてあるだけなのでしょうか?  ご存知の方お教え下さい。 あるいはHPや本の紹介でも結構です。 よろしくお願いします。

  • ライセンスソフトの特許侵害

     リバースエンジニアリング禁止条件付きでライセンスされたソフトを組み込んだ製品を製造&販売しています。  この度、第3者である特許権者から特許抵触していませんか?との照会を受けました。  ライセンス元は抵触判断に関して、一切ノーコメントを貫くものとします。  当方は、ソフトの内容を知りえない以上、抵触判断ができないので回答のしようがありません。  どのような対応方法が考えられますか?  例えば、以下の(1)、(2)、(3)の対応をしたとして、万一侵害が判明した場合、当方は何らかの責任、過失責任(=損害賠償責任)等を問われるのでしょうか?  (1) 抵触判断できない旨、回答する  (2) 抵触を確認できない旨、回答する  (3) 特許権者に侵害立証を求める  

  • 水の混入による燃料メーターの故障

    ホンダCIVIC 1800CCの燃料メーターが突然故障したのでホンダにCLAIMしたらガソリンタンクに水が混入していたためでホンダの責任は無いと言う。こちらも落ち度は無いので今年2007年1月購入したばかりの新車ゆえ当然製造者責任があると判断するが如何か?なおガソリンを買ったスタンドにもCLAIMしたが油自体には何の欠陥も無いと拒否された。

専門家に質問してみよう