• ベストアンサー
  • 困ってます

天井裏の結露2

首題タイトルで前回、mickjey2様、 n-space様、 chu-ren 様他皆様に お世話になった者です。前回の続きで昨日、検証を行ったので新たに質問立てさせて 頂きました事、ご了承下さい。建築士、ビルダー、大工、板金の4業者で検証を行いました。前回の一番酷かった箇所は、やはり断熱材の中まで塗れておりました。この部分については屋根からの漏水も考えられるので後日、屋根材を用意した後に検証するとの事。他部分も新たに剥がして見たところ、部分的に濡れている所とそうでない所がありました。断熱材と野地板の通気口ですが35ミリで確保出来ているようです。断熱材が野地板に接触しないように固定していない木材(なんて言うのか失念)があってそれで確認も出来ました。ただ、前回濡れていた箇所が乾いていたりで・・・。とりあえずまた様子を見て次回屋根材交換の際に再度、検証する事になりました。※一部の断熱材の中が凍っておりました。野地と接触していた箇所です。これはまさしく結露でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#11476
noname#11476

もう一度ご質問者の前の質問と今回の内容をみてみると、結露も相変わらず有力候補ですが、#1さんのいうすが漏りの可能性がないかも考えた方がよいように思います。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1175542 というのも前回のご質問では屋根はシンプルな構造だしと言っていたのですが、片流れだといっていましたよね。 屋根勾配はいくつなのですか?4寸以上ありますか? 勾配が緩やかな場合は積雪があるので、すが漏りの可能性も確かにありますよ。 あと勾配がある程度あっても、ツララなどが発達していて落雪しなくなっているようでしたら、やはり同じことですし。すが漏りであれば東北の工務店や設計者が知らないなんてことはさすがにないと思うので、あまり気にしていませんでしたが。 今回の検証で屋根から漏っている可能性もあるとのことですから、そうなるとそれも疑ってみたほうがよいように思います。 もしかしたら両方という可能性もあるんですけど。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

私の体験談をお話しします。 私は札幌近郊に住んでいます。昭和62年11月に完成した我が家はその冬から「すが漏り」に悩まされ、工務店は屋根裏にブローイングなどして対応しましたが一向に解決をみず、ある時など天井が下がってきて水がどっさり降ってきたり、たいへんでした。3寸勾配片流れのトタン横葺き屋根の構造でした。しかも真ん中に雪割りのついた集合煙突があり、悪条件が重なっていました。約10年間ボードとクロスを時々取り替えてもらったりしましたが、解決をみないため平成8年にリフォームメーカーに相談しましたところ、板金工事で解決する、と確信をもって答えてもらいました。腕の良い板金屋に来てもらって、横葺きトタンを全部はがして(施工がいい加減だったとのことです)長尺の縦葺きトタン(雪印の最もいい材料です)に換えてもらい、なおかつ雪割は当然のこと集合煙突全体をトタンで巻いてもらい、見事すっかり解決しました。当時でだいたい36万くらいの費用で済みました。住宅には最低10年保障がついているので頼んだ工務店に頼むより方法がないのでしょうが、屋根の葺き替えまではやってくれそうもないでしょう。今にして思えば対症療法でいろいろやってくれましたがたった36万くらいで解決するなら早々に見切りを付けていろいろ相談すれば良かった、と反省しています。それから増築などリフォームしましたがその工務店には一切頼まないことにしています。 参考になったでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

現場を見てみないとなんともいえませんが 雪国なら「すが漏り」ではないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 天井裏の結露

    はじめまして。去年の12月に新築で家を建てました。私は東北の福島に住んでいるのですが年が明け正月に大雪とまでは行かなくとも15センチくらいの積雪がありました。積雪の2日後くらいでしょうか、天気が良い昼間に天井からポタポタと水滴が滴り落ち始めました(そんなに激しく滴り落ちる訳ではなかったのですが)。我が家の天井はシナ合板貼りでそこにもシミが出来てしまいました。早速、設計してもらった建築家と施工会社へ連絡し後日、天井を剥がして点検する事になりました。当日、関係者が集まり天井を剥がして見ると、断熱材の上側に水滴と断熱材の数箇所に水が染み込んでいました。屋根からの漏水ではないだろうと言う見解でした。おそらく室内から暖かい空気がどこからか天井裏まで上がり、屋根の上の雪で冷やされた空気が結露を起こしたのではないか?との事です。ですが、軒天の通気口から空気はちゃんと入り込んでいて通気はしているとの事で工務店は「通常、結露は考え難い」と言ってました。断熱材も北海道で使用するクラスの厚みを持ったもので室内の空気が上がってもそのくらいで結露するのは考えられないとも言ってました。屋根の形状も片流れのシンプルな形状ですので漏水も考えられないとの事です。念の為に屋根を施工した業者も来てチェックしてもらいましたが、屋根は問題ないとの事です。とりあえずその日は仮復旧で元に戻し、様子を見て後日また剥がして見てみましょうという事になったのですが、昨日、もう一度関係者で天井を剥がしてチェックしたんですが、やはり結露っぽい感じで断熱材に水滴がありました。そこで、水漏れがあった付近とは別の所を何枚か剥がしてチェックした所、別な所でも若干結露っぽくなっていました。家全体の天井裏で少なからず結露が起こっているようです。やはり結露なのでしょうか?

  • 屋根断熱の通気について

    屋根断熱の通気方法について教えてください。 屋根断熱としてウレタンフォーム(アクアフォーム)を吹き付けることになっています。 構成はコロニアル - ルーフィング - 野地板 - 通気層30mm - ウレタンフォーム130mm -PBです。 野地板は構造用合板でその下に垂木が入ります。 通気層は垂木の間にダンボールを山形に折ったもの(名称:つう気くん)をかませて厚さ30mm確保する構造となっています。 屋根形状は切妻で、通気は軒裏から吸気、棟換気から排気することとなっています。 ただし、棟換気の役物は屋根の一部(1/3程度)にしかないため、棟換気の役物のない部分については排気先が無い構造となっています。 排気させるために屋根頂部全体に棟換気をつける必要があると思うのですがどうでしょうか? 工務店は排気できない部分については野地板に直接ウレタンを吹き付けても大丈夫だといっていますが、結露や断熱性能の低下が心配です。 断熱工事直前なのであせっています。 どなたかお助けください。

  • 天井が結露。似た質問ですみません。

    はじめまして。 現象はNo.1175542 質問:天井裏の結露 と同じです。構造も似たような感じです。外断熱、屋根勾配天井、ガルバリウム屋根。 室内→天井→室外となっていて、天井裏はありません。垂木、棟木が剥き出し。 室内→シナベニヤ5mm→断熱材30mm→空間20mm→コンパネ15mm?→防水層ルーフィング→ガルバ→屋外 断熱材はオレンジ色の硬いもの。防湿シートが張られている?ようです。継ぎ目を塞ぐということはしていないよう。  20mmの空間は閉じた空間。通気口はなしです。 東面、西面の勾配天井のシナベニヤの接合部分/\にはぴったりとはくっついていません。(暖められた空気が漏れている??) 天窓は結露しなくもありませんが、水滴が落ちてくるほどひどくはありません。 冬冷え込んだ翌日が晴天だと午後、茶色の水滴が落ちてきます。落ちる場所は棟と天窓との間です。天窓から棟までの奥行き30cm、垂木と垂木の幅90cmは閉じられた空間です。まったく隙間がないわけではありません。夏の日差し、暑さにより収縮してます。 築3年目。毎年冬になると数回起こります。 1年目、施工業者は天窓からの雨漏りだと言い、サッシ加工業者が外部の加工をしましたが、直りませんでした。 やっと数日前に、施工業者が屋根をはがしてみましたが漏っていません。天窓の際を加工した板をはずすと、コンパネがかなり腐ってました。 「こんなところが結露するはずがない。ネズミの死骸でもあるんだろう。月曜(2月7日)に来ます」と業者。 業者は断熱材を変えるだけのようなことを言っていました。これだけで大丈夫でしょうか? コンパネが腐っているのだから、そこも変えなくてはならないでしょう。でも屋根をはがさずに修理できるの? 他の場所も、しみが出来ています。通気をしていないのが原因だと思いますが、どうでしょうか?  よろしくお願いします。

  • 屋根の遮熱部材について

    屋根のリフォームを考えていますが、現在では どの部分にも遮熱機能を備えた部材がありますが、 全箇所に使って効果があるものでしょうか? 屋根材は金属屋根にするのですが、 これにも遮熱塗料が塗られたものがありますし、 下葺き材にもタイベックルーフライナーのような 遮熱透湿シート、通気部材の風通し銀次郎にも 遮熱機能を持たせていますし、断熱材の屋根側に 遮熱用のアルミを蒸着させたものもあります。 全てを利用すれば相当屋根からの熱を遮る事が できるのでしょうか? 今回のリフォームは、現在、垂木高が105mmで 10k100mmの断熱材だけで、通気も取られておらず、 野地板が腐ってしまった為に、改修工事をするので、 そのついでにこのような遮熱部材を用いて リフォームを考えているのですが、あれこれありすぎてわかりません。 もっとも効果的に長期に渡って遮熱効果を期待できる 物というのは、どこにもってくればいいのでしょうか?

  • 屋根裏断熱

    似たような質問のありますが、確認させてください。 屋根裏ですが、2階の天井裏になる床部分は グラスウールが敷き詰めてありますが 天井(屋根の下)の部分は野地板が貼ってあるだけです。 断熱のために、グラスウールや石膏ボード または、発泡のパネルなど、どんな素材を貼るのが 値段と比較して効果がありますでしょうか? ただ、そういったものを貼って、換気を遮断してしまうと 屋根を傷めてしまうものでしょうか?

  • ガルバリュウム屋根の天井から雨漏り?結露?

    ログハウスの勾配天井の仕上げ杉無垢板の継ぎ目隙間から、黒褐色の汁があちこちから垂れています。そして一部の箇所から大雨時に天井に取付けた照明器具の隙間からタタタタッという勢いで断続的に透明の水滴が漏れてきます。 雨漏りと結露の両方の可能性がありますが、透明の水滴が始めて垂れたのは昨年の9月近辺で、黒褐色の汁が確認されたのは昨年12月頃です。 水滴の場所は屋根勾配が8寸から3寸に変わった谷が集まるすぐ下あたり。汁は屋根全般ですが、特に吹き抜け薪ストーブ上あたりです。 板金屋さんは雨漏りはありえないと言う見解ですが、条件的に結露も否めません。ただ、納得いかないのが結露にしてはあまりに多すぎる大雨時の水滴。ゴムアスルーフィング施工後(ガルバ施工前)の雨漏り。昨年梅雨時の施工。まだ施工して半年なのに錆や塗料が混ざったような汁。雨漏り確認の為にガルバを開けた時に、ルーフィングと下地材の間に湿気が溜まっていた事など。 結露がだけの原因であれば、セルフビルドした私の負担となってしまいます。雨漏りの可能性は無いのでしょうか? 天井から屋根仕上げの施工は下から、天井仕上げ:杉あいじゃくり12mm垂木地下うち。垂木(断熱材懐)ツーバイ6(H=140mm)。断熱材:グラスウール100。屋根下地:構造合板12mm。防水:ゴムアスルーフィングレギュラー。屋根仕上:ガルバリューム鋼鈑(断熱材入り)

  • 屋根材の選択について(PART2)

    先日の質問では、具体的なご解答ありがとうございました。 今度は、とある業者に屋根の葺き替え見積もり(コロニアル→金属屋根へ)を取ったところ、その業者では竹田工業の【GMルーフ】(定尺横葺屋根)を使っているとのことでした。 上記商品を検索してみたのですが、良いのか悪いのかよくわからないので、どなたかご存知の方、施工したことがある方、ご意見をお願いします。 また、この業者のオリジナルで、屋根の断熱もしているようで、施工方法としては、 既存屋根解体(野地板まで解体) ↓ 新規野地板貼り ↓ 20mmの断熱材貼り付け(種類はまだわかりません) ↓ 垂木?取り付け(用語がわかりません) ↓(ここで断熱用の空気層ができる) 新規野地板貼り ↓ 防水シート貼り(アスファルトルーフィングかな) ↓ GMルーフ貼り 以上ですが、この工法は効果ありますでしょうか? 長くなりましたが、よろしくお願いします。

  • 雨漏り?結露?

    2年前に建売戸建住宅(木造)を購入したんですが 屋根裏を覗いてみたところ黒いタール状の液体が数滴落ちていました。 私は防水の材料が落ちてきたのではないかと 建売業者にいいましたが、その可能性はない、 雨漏りならもっと量が多いはずなのでしばらく様子を見て欲しいといわれました。 そして先日再び屋根裏を覗いたところ やはりタール状のも液体が数滴落ちていて(量は非常に少ないです)、 その周囲の屋根板の断熱材(発泡スチロールのようなものが 屋根の板の屋内側にはめこまれただけのもの)をめくると 滴るほど屋根板が水で濡れていました。 そこで他の場所も見てみたのですが同様にかなり濡れているところもあれば すぐ隣の板は全く濡れていなかったりしました。 この状態を建売業者に話し見てもらい、 屋根の施工業者も呼んで屋根上を見てもらったところ 「水が入る可能性がある継ぎ目の部分のカバーをめくってみたが 水が入った形跡はなく他から入ることはありえない、結露が原因です。」というのです。 うちは足場でもないと素人は屋根に上がれない構造なので(屋根の業者は長ばしごであがりました) 本当に屋根から水が入ることはない構造なのか目で確認できてないのですが 原因として考えられることがありましたら教えていただけないでしょうか。 結露なら同じ面のすぐ隣の板が濡れてたり乾燥してたり ということはない気がするのですが。。。 建売業者は結露防止のシートを屋根裏の板に貼って対応したいと言っていますが 結露が原因でなかった場合シートで水漏れが見えなくなる可能性もありますし非常に心配です。 状況説明が下手で理解しづらかったかもしれませんが お気づきの点がありましたらよろしくお願いいたしますm(__)m

  • 寒冷地の小屋裏換気

    次世代省エネ基準のII地域で新築中です。 在来工法で断熱材はグラスウールです。 家の形は切妻屋根と片流れ屋根が合わさった形です。 切妻の方は屋根までの吹き抜けとなっていますが、一部は天井があります、片流れの方は天井があり、天井がある所は全て天井断熱で屋根の 断熱材は無し、吹き抜け部分は屋根断熱となっています。 断熱材の厚さはII地域に対応した厚さです。 天井断熱の所は小屋裏換気が取られていません、業者に確認した所、小屋裏換気をとった場合、冬の寒気が厳しいので取らないほうが良いという説明でした。 寒気が厳しいのは分かりますが果たして小屋裏換気を取らないでも大丈夫なのか教えて下さい。

  • 断熱材

    古い民家を飲食店に改装する計画です。 現状は添付画像の状態なのですが、一部天井を吹き抜けにして構造体を見せたいと考えております。その時の断熱方法ですが、野地板に断熱材を貼ってできれば垂木から見せたいのですが、何か良い商材を教えていただけないでしょうか?ちなみに屋根は既存のままで手はつけません。よろしくお願いいたします。