• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

コピーコントロール解除について

コピーコントロール解除して複製することは違法だとはわかりますが、具体的に著作権法の複製権のほかにどの部分に引っかかるのでしょうか?また、大量のファイルをwinnieのようなファイル交換ソフトサーバーにアップしたとき著作権法において、複製権・公衆送信権の侵害以外に触れる部分はありますか?教えてくださいお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数406
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#9499
noname#9499

前のご質問でも回答しましたが... 著作権法を勉強されているとのことですから、法律論的に書いておきます。私も知的財産制度を勉強中の身ですが、以下の内容は著作権の教科書や参考書にも書かれている程度のことですから、より細かな点についてはそういった書物を参照してください。 では本題。 著作30条1項2号 技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第120条の2第1号及び第2号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合 この規定を文言通りに解釈すれば、コピーコントロールの「解除」自体は、著作権法上は違法ではありません。「解除の結果として可能になった複製」行為が違法とされます。 著作権法 第3節 第5款 は「著作権の制限」として規定されており、30条は複製権(21条)の制限規定の1つです。したがって、30条1項2号に規定される複製行為は、複製権の侵害にあたります。 Winnyに関してですが、これにはサーバーというアップロードするという概念はありません。クライアント=サーバーという、Gnutella型ファイル共有システムだからです。 このシステムに限らず、ファイル共有者の複製権の侵害に関しては議論があるのはご存知かと思います。つまり、複製を行うものはダウンロードする者であって、これはウェブコンテンツの閲覧時にコンピューター上にキャッシュされるのと同じ理屈と考える余地があるからです。キャッシュが適法とされる以上、単純ダウンロードが違法というわけにはいきません。 ただし、そのキャッシュを第三者に向けて再送信することが、公衆送信権の侵害にあたることについては、ほぼ異論はないものと思います。 他に考えておくべき点は、著作隣接権者であるレコード制作者に独自の権利が認められている点です。こちらは著作権法 第4章 第3節に規定されていますので、参照してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!! Winnyに関してですが、これにはサーバーというアップロードするという概念はありません。クライアント=サーバーという、Gnutella型ファイル共有システム>>先ほどの質問でウィニーのシステムもわかり、感激です!また、解除自体は違法ではないのですね・・・なるほど、解除して複製がダメなんですね・・・

関連するQ&A

  • 著作権について

    「他人のWebページに掲載されている風景の写真を無断で自分のWebページに利用した」という問題で,複製権を侵害していると思いますが,公衆送信権を侵害しているかどうか教えてください。これは著作権の問題で,複製権だけを答えにしているのですが,公衆送信権はどうなのでしょうか。

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコ ピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 僕の論点は通っていますか?

  • 「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上

    「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 間違っていますか?あと、文章は幼稚ですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

私もコピー自体は違法ではないとおもいます ただ、コピーしたものを人に売ったり、貸したりすれば、確か違法なはずです あまり自身はないのですが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>なるほど、解除して複製がダメなんですね・・・ 逆にいえば、解除せずに複製する分には問題ないといえます。例えば、レンタルビデオ等に利用されているコピーガードは、ビデオデッキによっては反応しないものがあります。これは、VHSのコピーガードが本来的な仕様ではなく、機械の誤反応を誘発するものにすぎない為です。 一時期、“レンタルビデオがダビングできます”という売りのダブルビデオが発売されていました。(現在あるのかどうか未確認)これも、コピーガードを回避せずにそのまま複製をしてしまうというものでした。 なお、いわゆるキャンセラーの販売は、著作権法ではなく不正競争防止法によって禁止されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 間違っていますか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 内容に不備がありますか?

  • ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注

    ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は何か?」という課題に、私は「ソーシャルネットワークを利用する際に、著作権法上注意すべき点は、他人が作成した著作物を著作者本人の許可なしにコピーしたり、ソーシャルネットワーク上に著作物をアップロードすることである。何故なら、著作者は複製権や公衆送信権を専有し、ソーシャルネットワークなどに著作物を利用する場合は引用の範囲で利用しないと複製権を侵害することになることや、公衆送信権には公衆に対して送信する行為だけでなくアップロードすることなどを意味する送信可能化という行為まで及ぶからだ。」と書きました。 あなたはこれを読んで、内容に不備があると判断しますか?

  • 複製権と公衆送信権に関して

    (1)公衆送信権の侵害はネットとかにあげて見せた場合でないと侵害にはならないのでしょうか?他にも大々的に見せびらかしたりとか? (2)自分の持っている漫画本を友達数人に貸して見せても複製していないですし、それぐらいでは公衆送信権も侵害したことにもなりませんよね? (3)また自分が好きなキャラクターのイラストをノートに描いて遊んでいて(複製にはなるのか?私的利用の範囲内)、友達に見せびらかしたり、そのノートを友達に貸した場合はどうなんでしょう?見せびらかすために描いたことになり公衆送信権は侵害しないが複製権的にはアウト? (4)・・・また友達に「あの漫画のキャラクターどんなのだっけ?ちょっと描いて見せてみてよ」といわれて、紙に描いて見せたり、あげたりするのは?私的利用こえているので複製、あと公衆送信権侵害していますか? 似ていなかったら問題ないのでしょうか? (5)あと「このサイトにこんな漫画がのっている」と伝えたりするのは?著作物のありかの情報を教えているだけだから公衆送信権の侵害にならない?

  • 社内イントラへの著作物掲示について

    公衆送信権について伺いたく存じます。 著作権者にコピー(複製権)については許諾を得たうえで,それに加えて業務利用のために社内イントラネットに掲載(アップロード)することは,公衆送信権の問題になることは認識しています。 ところが,例えば,その社内イントラネットが同一構内のみに設置されている場合には,同著作物がプログラムの著作物以外である限り,公衆送信権(送信可能化権)の侵害にならない旨が著作権法に規定されています。 その理由として,「コンサート会場などにおいて演奏をマイクを通して客席の流す行為が「公衆送信」という概念に該当する行為が「公衆送信」という概念に該当することとするのは奇異であり・・・」(「著作権の法律相談」(TMI総合法律事務所編。青林書林)とありますが,そもそも「イントラ」に場所的な要素を入れることが今一つすっきりしません。 数万人規模の大工場も同一構内に該当しますよね。 もう少し明確に同一構内に公衆送信権が認められる理由をお教えいただれば幸いです。 長文の質問にて失礼いたしました。

  • 刑法の条文・罪名・罰条について

    著作権法第119条違反の告訴状を書こうとしています。 警察から貰って来た官報的例文を見ますと、「告訴の趣旨」として、「被告訴人の左記/下記行為は刑法第何条(罪名)を構成すると思われるので刑事上の処罰を求める。」「該当する罪名及び罰条」等が示されています。 この「…刑法第何条(罪名)…」および「該当する罪名及び罰条」は、どう書けばいいのでしょうか。 被害の事実は、著作権法第21条による複製権の侵害、ならびに、著作権法第23条による公衆送信権等の侵害です。 よろしくお願い申しあげます。

  • フリマアプリで、中古の衣類を購入したら、ワキガ臭い

    フリマアプリで、中古の衣類を購入したら、ワキガ臭い品が送られてきました。 返品を求めて、出品者に対して、その衣類を出品しました。 すると、数日後、フリマアプリ運営から、下記のようなメールが届きました。 「侵害されたとする権利 著作権法第 23 条の公衆送信権(送信可能化権を含む) 権利が侵害されたとする理由 私は私が撮影した画像に係る著作権法第23条に規定する公衆送信権(送信可能化権を含む)を有し、 著作権法第10条一項8の写真の著作物と第21条の著作者が占有する複製権の権利を有しています。 私は、当該の出品者に対し私の撮影した画像を公衆通信(送信可能化を含む)することに対し、いかなる許諾も与えておりません。 貴社よりご照会のありました貴社サービス「ラクマ」の次の侵害情報の取扱いについては、下記のとおり回答しま す。 [回答内容](いずれかに○※) ( )送信防止措置を講じることに同意しません。 ( )送信防止措置を講じることに同意します。 ( )送信防止措置を講じることに同意し、問題の情報については削除しました。 ※○印のない場合、同意がなかったものとして取扱います。 [同意しない場合の理由] ------------------ 恐れ入りますが内容をご確認の上、ご返信いただきますようお願いいたします。 -------------------------------------」 どのように対応すると良いでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • フリマアプリで、中古の衣類を購入したら、ワキガ臭い

    フリマアプリで、中古の衣類を購入したら、ワキガ臭い品が送られてきました。 返品を求めて、出品者に対して、その衣類を出品しました。 すると、数日後、フリマアプリ運営から、下記のようなメールが届きました。 「侵害されたとする権利 著作権法第 23 条の公衆送信権(送信可能化権を含む) 権利が侵害されたとする理由 私は私が撮影した画像に係る著作権法第23条に規定する公衆送信権(送信可能化権を含む)を有し、 著作権法第10条一項8の写真の著作物と第21条の著作者が占有する複製権の権利を有しています。 私は、当該の出品者に対し私の撮影した画像を公衆通信(送信可能化を含む)することに対し、いかなる許諾も与えておりません。 貴社よりご照会のありました貴社サービス「ラクマ」の次の侵害情報の取扱いについては、下記のとおり回答しま す。 [回答内容](いずれかに○※) ( )送信防止措置を講じることに同意しません。 ( )送信防止措置を講じることに同意します。 ( )送信防止措置を講じることに同意し、問題の情報については削除しました。 ※○印のない場合、同意がなかったものとして取扱います。 [同意しない場合の理由] ------------------ 恐れ入りますが内容をご確認の上、ご返信いただきますようお願いいたします。 -------------------------------------」 どのように対応すると良いでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • フリマアプリで、中古の衣類を購入したら、ワキガ臭い

    フリマアプリで、中古の衣類を購入したら、ワキガ臭い品が送られてきました。 返品を求めて、出品者に対して、その衣類を出品しました。 すると、数日後、フリマアプリ運営から、下記のようなメールが届きました。 「侵害されたとする権利 著作権法第 23 条の公衆送信権(送信可能化権を含む) 権利が侵害されたとする理由 私は私が撮影した画像に係る著作権法第23条に規定する公衆送信権(送信可能化権を含む)を有し、 著作権法第10条一項8の写真の著作物と第21条の著作者が占有する複製権の権利を有しています。 私は、当該の出品者に対し私の撮影した画像を公衆通信(送信可能化を含む)することに対し、いかなる許諾も与えておりません。 貴社よりご照会のありました貴社サービス「ラクマ」の次の侵害情報の取扱いについては、下記のとおり回答しま す。 [回答内容](いずれかに○※) ( )送信防止措置を講じることに同意しません。 ( )送信防止措置を講じることに同意します。 ( )送信防止措置を講じることに同意し、問題の情報については削除しました。 ※○印のない場合、同意がなかったものとして取扱います。 [同意しない場合の理由] ------------------ 恐れ入りますが内容をご確認の上、ご返信いただきますようお願いいたします。 -------------------------------------」 どのように対応すると良いでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 公衆送信権侵害の罰則について

    ウェブサイト上に市販のゲームソフトなどをアップロードして逮捕された場合、 罰則は10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金、またはその両方 という記事をよく目にしますが、公衆送信権侵害の罰則は、 著作権法のどこに書いてあるのでしょうか。 著作権法第8章の「罰則」で、 10年以下の懲役1,000万円以下の罰金は第119条に記載されていますが、 ここには公衆送信権の第23条という言葉が出てこないのです。

専門家に質問してみよう