• ベストアンサー
  • 困ってます

演算子と座標変換

まだ初歩の初歩なのですが、よろしくおねがいします。演算子Aも座標変換Tも行列で表しますが、なぜ演算子行列と座標変換行列はベクトルへの作用の仕方が違うんでしょうか?  演算子はAX=X'という風にベクトルXに作用しますが、座標変換はなぜわざわざX'=T(転置)Xと表すんでしょう?TをTX=X'と定義しなおせば問題ないと思うのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数263
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • shiara
  • ベストアンサー率33% (85/251)

 「座標変換はなぜわざわざX'=T(転置)Xと表すんでしょう」の意味がわかりませんので、適切な回答ができませんが(Tを転置しなければならないのなら、そもそものTは何なのでしょう)、演算子と座標変換との間には、密接な関係があります。  運動量演算子Pxから、exp(iaPx/h')という演算子を作ると(iは虚数単位、aはパラメータ、h'はプランク定数h/2π)、x方向へaだけ座標系を平行移動させる座標変換になります。同様に、角運動量演算子Mxから、exp(iθMx/h')という演算子を作ると、x軸の周りにθだけ座標系を回転させる座標変換になります。  exp(iaPx/h')を無限の多項式に展開すれば明らかなように、作用するのは演算子Pxであり、座標変換も演算子も同じように作用をします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても勘違いでした(汗)演算子と座標変換にこんな関係あったなんて。もっと勉強します。ありがとうございました!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

No1の補足。(計算をトレースしてみてください。) V,Wをベクトル空間として、T:V→Wを線形変換としましょう。 T を座標変換であると思ってください。 V=Wでいいのですが、あえて記号を変えてみました。 v ∈ V のWにおける座標というのは、 x'_j = < w_j , Tv > = < T'w_j , v > となります。ここで、w_j はWのj番目の基底ベクトルで、T'はTの転置です。 いま、変換Tを T v_j = Σ_{k} t_{kj}w_k としましょう。 v_jはVのj番目の基底ベクトル。 添え字に注意しましょう。なぜ、t_{kj}をt_{jk}と書かないかは教科書に載っているはずです。 すると、転置の定義から x'_j = Σ_{k} t_{jk} < v_k , v > = Σ_{k} t_{jk}x_k となります。 これを数ベクトルとして並べると、 X' = T' X となります。 問題は解決しましたが、なぜ転置になるかというのにはさらに深い理由があります。 それは、どちらかというと幾何学とも関連したことです。 No1のキーワードを元に調べてみるとよいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

T v_j = Σ_{k} t_{kj}w_kは間違いではありませんか?T v_j = Σ_{k} t_{kj}v_kだと思うんですが。

  • 回答No.2

具体的例ですが Xが状態ベクトルのようなものとするなら X'は対角行列*XでAX=X'は固有値方程式と見なせるのでは?シュレデンガー方程式などをイメージします。 X'=TXはローレンツ変換みたいな座標変換でしょう。 だから変換ですから何もしない変換とか逆変換など群が定義されていると思います。物理では線形変換です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

群、ですか…。まだよくわかりません。ご返答ありがとうございました。具体的例がわかりやすかったです。

  • 回答No.1

考え出すと難しい問題ですね。 答えは、座標(関数)は考えているベクトル空間 V の双対ベクトル(コベクトルとも言う)なので、 V が変換 T で変換されると、座標は T' (T' は T の転置)によって変換されてしまうのです。 詳しく説明したいのですが、理解の深度によるので、 まずは自ら調べてみることをお勧めします。 「双対ベクトル空間」、「双対ベクトル」とか、「コベクトル」とかというキーワードで検索したり、文献をあたるといいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

んー、聞いたことなかったです。調べてみます、ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 微分演算子の座標変換

    こんにちは。質問したいことがあります。 http://homepage2.nifty.com/eman/analytic/bibun.htm にあるような微分演算子の座標変換を効率的に暗記する方法はないでしょうか? 計算の理屈も手順もわかっているので、実際に試験に出ても導出はできるのですが、いかんせん時間がかかるので手っ取り早くかつ正確に暗記してしまいたいのです。語呂合わせとか、または簡単な行列演算とか、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

  • 座標変換について

    座標変換について 回転座標変換を表す行列を R=(R_ij) と書く事にします。 v_i'=Σ【j=1→3】R_ijv_j のように変換されるものとします。 ここで、 (1) 『座標変換で矢印(ベクトル)そのものは変わらないから、内積は回転しても変わらない』 とはどういうことですか? (2)『そこで、任意のベクトル↑u,↑vに対して Σ【i=1→3】u_i'v_i'=Σ【i,j,k=1→3】R_ijR_iku_jv_k=Σ【i=1→3】u_iv_i が成り立たなければならない。このためには Σ【i=1→3】R_ijR_ik=δ_jk となっていることが必要十分である。』 などと書いてありましたが、この理由がわかりません。

  • 演算子

    量子力学の質問です。単純な例で、例えば、波動関数が基底ベクトル i と j であらわされていて、例えば、 ψ=Ci i + Cj j (Ci と Cjは複素数) として、例えば、 Q という演算子の行列(2x2 の行列で成分Q1,1, Q1,2, Q2,1, Q2,2 とする)をかけると ψがQψに写像されますが、 Qψ=(Ci Q1,1 + Cj Q1,2) i + (Ci Q2,1 + Cj Q2,2) j の物理的な意味は何でしょうか? ψ* Q ψ (ψ* はψの複素共役) がQの演算子で計算される期待値というのはわかりますが、Qψにはなにか物理的な意味がありますか?それともψ* Q ψ を計算する過程ででてくるだけでしょうか? (ψの物理的な意味は、 i という状態と j という状態の重ねあわせで i になる確率が、Ci^2, jになる確率が Cj^2 と理解していますが、それと似たような理解がQψにはあるのでしょうか?)

  • 2階のテンソルの座標変換の式が分かりません

    正規直交座標系における2階のテンソルの座標変換(回転操作)について教えて下さい。 座標変換の行列をA その転置行列をtA 座標変換前の2階のテンソルをT 座標変換後の2階のテンソルをT' とすると、 T' = A T tA  …式(1) と表されるところまでは分かるのですが、これを成分で表すと T'ij =aik ajl Tkl  …式(2) となるところが分からず困っています。 どう分からないのかと言いますと、 行列の積の計算には交換則AB=BAが成り立たないと習ったので、 なぜ式(1)のTとtAをひっくり返して式(2)の順番にして良いのかが分からないのです。 詳しい方お教え下さい。

  • 複素行列と内積の関係

    お世話になります。よろしくお願いします。 Aを2次の複素正方行列、X、Yを2次の複素縦ベクトルとし、記号「・」が内積を表し、Aの転置行列をtA、Aの全ての成分を共役複素数 に置き換えたものを<A>とします その時「(AX)・Y=X・t<A>Y」となるらしいのですが、 これが分かりません。 ーーーーー以下私の考えです。ーーーーーーー まず複素数の内積の定義として、 X・Y=(tX)<Y> (tXは2次の複素横ベクトル) これを踏まえて 与式の左辺=(AX)・Y=t(AX)<Y>=tXtA<Y>=X・tA<Y>となり、 X・t<A>Yと一致しません。 何か勘違いしていると思うのですが、 よろしくお願い致します。

  • 線形計画法の問題です

    P:最大化c^Tx(c^Tはcの転置)   条件Ax<=b   x>=0 ただし、Aはm*n行列、bはm次元ベクトル、cはn次元ベクトル、xはn次元 変数ベクトルである。ベクトルはすべて列ベクトルとし、c^Tはcの転置を表す。 問題Pは最適解を持つと仮定し、目的関数の最大値をfと表す。また、問題P に関連して、m次元ベクトルuをパラメータとする次の線形計画問題を考える。 P(u):最大化c^Tx-u^T(Ax-b)     条件x>=0 問題P(u)の目的関数の最大値g(u)と表す。ただし、問題P(u)が有界でない 場合はg(u)=無限大と定義する。以下の問いに答えなさい。 1)問題Pの双対問題を書きなさい 2)任意のu>=0に対して、g(u)>=fが成り立つことを示しなさい 3)min{g(u)|u>=0}=fが成り立つことを示しなさい。ただし、線形計画問題 に対する強双対定理を用いて良い。 以上の問題をお願いします。

  • 線形変換と表現行列

    少し長いですが、線形変換と表現行列についてです。 ------------------------------------------------ 平面のベクトル全体を V^2 として、V^2 の元a を、座標系Γに関して、方程式 g: 2x-3y+1=0, h: x+2y-3=0 で、gに沿ってhに平行射影する V^2 の線形変換Tの、Γの基本ベクトル{e1, e2}に関する行列(表現行列?)を求めよ --------------------------------------------------- という問題にて、 g の方向ベクトル a1=(3, 2) h の方向ベクトル a2=(-2, 1) として、 λa1 + μa2 = e1  ・・・(*) λ'a1 + μ'a2 = e2 ・・・(**) を解いて得た、μ, μ'を使って [ μa2 μ'a2 ] が求める行列だから・・・ と解説に書いてあるのですが、何故(*), (**) の式を立てるのかがわかりません。 線形変換である点と、自然基底である点から、 座標系Γの点 X=(x1, x2)を条件にしたがって平行射影し、h上にのっかた点を Y=(y1, y2)として Y = AX となるような線形変換のAを求めればいいのかな?なんて思っていたのですが・・・。 (表現行列は、基底が自然基底で、同じ線形部分空間への写像であれば、そういう風に求められるということが書いてあった気がしたので・・・) 第一、なんで直線h の切片 情報が使われていないかがわかりません^^; 問題をかなり変に解釈してしまっているのだと思いますが、これはどういうことなのでしょうか。 アドバイスをお願いします。

  • 線形変換

    行列AをA= (2,-1) (1,4) で定義する。 行列Aによって表されるxy平面上の線形変換をfとする。直線y=ax上の任意の点のf による像が同じ直線y=ax上にあるようなaの値を求めよ。 という問題で、y=axはベクトルを使うと (1) (a) と表せるから、これの左側にAをかけて、 (2-a) (1+4a) となり、(2-a):(1+4a)=1:a という比例式から (a+1)^2=0 ∴a=-1 が出てきました。このような解き方でいいでしょうか?

  • 基底変換とベクトルの成分変換について

      ちょっと確認したいです。 直交座標系(つまり直角座標、円柱座標、球座標など)の間で座標変換を行うとき、基底変換の表現行列とベクトルの成分変換の変換行列は同じものですか。 つまり直交座標系どうしで座標変換を行うとき、基底変換の表現行列は同時にベクトルの成分変換の変換行列になりますか。    

  • ヤコビアン演算子は必ずプラスになるのでしょうか?

    座標変換で出てくるヤコビアン演算子というのは 必ず正の数になるのでしょうか? H型メッシュのmetricのプログラムをo型メッシュに 変更しているのですが,この点がちょっとわかりま せん.どなたか教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします.