• ベストアンサー
  • 困ってます

K3PO4の融点

K3PO4の融点(Melting Point)がわからずに困っています。 また、同じような組成でK2HPO4、KH2PO4、H3PO4の融点もわかったら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数813
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#211914
noname#211914

K3PO4の融点(Melting Point) :1340℃ K2HPO4:282℃で分子内脱水、400℃付近で完全脱水し、ピロリン酸カリウムになる。 KH2PO4:融点なし、204℃で分子内脱水、258℃で吸熱反応で水分を失い、メタリン酸カリウムになる。 H3PO4:42.35℃

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 ついでで申し訳ないのですが、ピロリン酸カリウムとメタリン酸カリウムの融点に関してもわかったら教えてください。

関連するQ&A

  • pH=7.4の緩衝溶液の作り方。

    pH=7.4の緩衝溶液の作り方について考えてみたので、考え方としてあっているか見てください。 Henderson-Hasselbalchの式が適用できる緩衝溶液において、 緩衝能を示すpHの値の範囲は、pka-1<pH<pka+1であるので、 ここで対応するリン酸のpkaはH2PO4-のpkaであるから、 H2PO4-の解離の基準を考えると、 KH2PO4→K+ + H2PO4- H2PO4-←→H+ + HPO4(2-) Na2HPO4→2Na+ + HPO4(2-) HPO4(2-) + H2O←→H2PO4- + OH- (ここで、HPO4(2-)←→H+ +PO4(3-)も起こっている可能性があるが k3=[H+][PO4(3-)]/[HPO4(2-)] pH=pk3+log([PO4(3-)]/[HPO4(2-)] 10^(pH-pk3)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] ここで、pH=7,4、pk3=12,32を代入すると、 10^(-4,92)=[PO4(3-)]/[HPO4(3-)] したがって、[PO4(3-)]:[HPO4(2-)]=10^(-4,92):1であり、 [HPO4(2-)]>>[PO4(3-)]であるので、HPO4(2-)←→H+ + PO4(3-)の反応は無視する。) 質量収支により、C(KH2PO4)=[K+] C(KH2PO4)=[H2PO4-]+[H+]-[OH-] C(Na2HPO4)=[Na+] 電荷収支により、[K+]+[Na+]+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] 質量作用の法則より、 k2=[H+][HPO4(2-)]/[H2PO4-] pH=pk2+log([HPO4(2-)]/[H2PO4-]) [H2PO4-]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=[H2PO4-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(KH2PO4)+C(Na2HPO4)+[H+]=C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]+2[HPO4(2-)]+[OH-] C(Na2HPO4)+2[H+]-2[OH-]=2[HPO4(2-)] 1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-]=[HPO4(2-)] したがって、pH=pk2+log(1/2C(Na2HPO4)+[H+]-[OH-])/(C(KH2PO4)-[H+]+[OH-]) pH≒pk2+log(1/2C(Na2HPO4))/(C(KH2PO4)) pH≒pk2+log(C(Na2HPO4))/(2C(KH2PO4))

  • pH7.0に調整したリン酸の濃度

    NaOHでpH7.0に調整した0.076Mリン酸がある。この溶液における[H3PO4],[H2PO4^-],[HPO4^2-],[PO4^3-]を求めよ。k1=7.5×10^-3 k2=6.6×10^-8 k3=9.4×10^-13とする。この問題で質問です。第2段、第3段解離を無視して、第1段解離で生じた[H^+]=10^-7とします。[H2PO4^-]=10^-7 [H3PO4]+[H2PO4^-]=0.076 これから、[H3PO4]が約0.076Mとなる。第2段・第3段解離では、ほとんど解離しないので、[HPO4^2-]=[PO4^3-]=0としました。これであっているのでしょうか?もし、この問題を解くのに参考になるWebページなどがありましたら、教えてください。

  • 酸塩基平衡(リン酸)の問題

    0.1mol/L H3PO4溶液にアルカリを加えてPH=8としたとき次に示す成分の濃度を計算せよ。 ただしK1=1.1×10^-2、K2=2×10^-7、K3=0.6×10^-13とする。 (a)H3PO4(b)H2PO4^-(c)HPO4^2-(d)PO4^3- 解答の流れで良いので教えて下さい!! お願いします。 

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#211914
noname#211914

少し訂正します。 ピロリン酸カリウムの融点:1109℃ 余分な情報(?)  白色、塊状または粉状のきわめて吸湿性、潮解性の物質。みずに易溶、アルコールには不溶。水に対する溶解度は大きく、125g(20℃)、250g(100℃)。水溶液のpHは10.2(1%溶液)、濃厚液から3水塩が得れる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろとありがとうございました。 大変、参考になりました。 今後も、困ったときにはよろしくお願いいたします。

  • 回答No.2
noname#211914
noname#211914

メタリン酸カリウムの融点:807℃ ピロリン酸カリウムの融点:100℃で一分子のH2O (三水塩)       ;180℃でニ分子のH2O             ;300℃で三分子のH2O です。 日本化学会の「化学便覧」の基礎編を参照して下さい。

参考URL:
http://www.jssst.or.jp/csj/journals/books/shoseki.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リン酸緩衝液

    Na2HPO4とKHPO4でリン酸緩衝液をつくりたいのですが、KHPO4が手元にありません。 かわりにK2HPO4とKH2PO4ならあります。 かわりにどちらかを使えるものでしょうか? 使えるなら、モル数など変えずにできるものでしょうか?

  • 化学について

    化学について質問です。回答して頂けたら嬉しいです。 リン酸を溶かすと三段階の電離をする ()内はイオン化数です (1) H3PO4⇔H(+) + H2PO(4-)     K1=7.5*10(-3) [mol/L]※マイナス三乗 (2) H2PO4(-) ⇔ H(+) + HPO4(2-)     K2=6.2*10(-8) [mol/L] (3) HPO4(2-) ⇔ H(+) + PO4(3-) K3=4.8*10(-13) [mol/L] 今、0.020 mol/L のNaH2PO4 水溶液50mLに 0.020 mol/L のNa2HPO4 水溶液50mLを加えてかき混ぜると (1)(2)から出た 2 H2PO4(1-) ⇔ H3PO4 + HPO4(2-)  …(4) (2)(3)から出た 2HPO4(2-) ⇔H2PO4(1-) + PO4(3-)  …(5) の平衡はルシャトリエの原理より左側に移動する。 したがって、溶液中では、近似的に[H2PO4(1-)] = [HPO4(2-)] = X mol/L が成立する また、溶液中では(2)の化学平衡が成立しているので、混合溶液の水素イオン濃度[H+]はYmol/Lとなる。 問:XとYを求めよ。 どうか、皆さんのお力を貸していただきたいです。 失礼しました。

  • 中和反応の化学式

    リン酸(H3PO4)と水酸化カリウム(KOH)が中和反応した時に水とK2HPO4が発生する化学式がかけません。教えてください。 またK2HPO4とはなんですか?

  • リン酸のpH

    0.015Mリン酸のpHを求めよ。K1=7.5×10^-3 K2=6.6×10^-8 K3=9.4×10^-13とする。この問題の解き方なんですが、K2・K3は非常に小さいので、第2段解離・第3段解離による[H^+]は無視して、第1段解離による[H^+]のみを考えて、[H3PO4]=C(1-α) [H^+]=[H2PO4^-]Cαとします。それから、K1=[H^+][H2PO4^-]/[H3PO4] この式からαを求めて[H^+]をだしてpHを求めればいいのでしょうか?また、この考えで合っている場合、1-α=1としていいのでしょうか?

  • リン酸緩衝液の緩衝能

     私はpH7のリン酸緩衝液をKH2PO4溶液とK2HPO4溶液の混合溶液を用いて調製しているのですが、たとえば、KH2PO4のみを水に溶かし、NaOHでpH7に調製した溶液はどのような緩衝能を持つのでしょうか?  pH7から酸性側にだけ緩衝能を持ったり、pH5付近でのみの緩衝能を持ったりするのでしょうか?  なぜかもご存知の方は理由も教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

  • KH2PO4とNa2HPO4の水素イオン濃度。

    以下の化学の問題の解答がどうしても分かりません。 教えてください、お願いしますm(_ _)m KH2PO4の0.02mol/l溶液50mlにNa2PO4の0.30mol/l水溶液40mlを加えた時、溶液の水素イオン濃度を求めよ。ただしリン酸のK1=7.6×10^-3、K2=6.3×10^-8とする。 という問題なのですが。。。

  • リン酸の電離と中和について

    リン酸と水酸化ナトリウムの中和について質問します。 「0.20mol/Lのリン酸水溶液100mLに、 0.20mol/Lの水酸化ナトリウムを300mL加えたときに 得られる水溶液中のHPO4(2-)の濃度(mol/L)を求めよ。 H3PO4⇄H(+)+H2PO4(1-) …(1) H2PO4(1-)⇄H(+)+HPO4(2-) …(2) HPO4(2-)⇄H(+)+PO4(3-) …(3) (1)の電離定数K1=1.0×10^(-2) mol/L (2)の電離定数K2=1.0×10^(-7) mol/L (3)の電離定数K3=1.0×10^(-12) mol/L また、リン酸水溶液中に 水酸化ナトリウムを滴下して行くとき、 中和反応が一段階ずつ順に進行していく。」 この問題の考え方についてです。 中和反応が一段階ずつ進行するので、 水溶液中のリン酸と水酸化ナトリウムがちょうど反応し Na3PO4が400mL中に0.02mol存在している このあとPO4(3-)がH(+)と順々に反応していき、 平衡状態になったときのHPO4(2-)の濃度を 求めるということですよね? このあとの解き方がわからないので、 わかる方教えて頂きたいです! また、わたしの考え方が変だったら指摘してください。 よろしくお願いします。

  • 共融点を求める

    相図について勉強していて、こちらのページ http://www.f-denshi.com/000TokiwaJPN/35chmth/140chmt.html を読んでおりました。 それで、4.共融点(共晶点)(eutectic point)のところの一番最後、 「曲線1と曲線2をT,および,x2の関数とみて,連立して解けば,共融点を与える温度T=Tcと組成x2=xcを求めることができます。」 とあるのですが、 変数2つ、式2つですから解けるのは分かるのですが、logがあって、うまいように計算できません。 もしかして、何かしらの近似式を利用するのかとも思いましたが、希薄溶液とは限らないときを考えているので、x2が小さいともできませんし、頭を抱えております。 教えてください。

  • 0.10mol/L KH2PO4のpHは?

    0.10mol/L KH2PO4のpHの計算方法がわかりません。 H3PO4 pKa 2.12 H2PO4 pKa 7.21 H PO4 pKa 12.32 回答によるとpH4.66になるようですが、どういう理論で計算するのでしょうか?  CH3COONaみたいな弱酸の塩と同じように計算するのかな?とも思ったのですが、回答pHを見る限り、酸性なので違いますよね? H2PO4→H PO4 + H と酸として計算するのかな、とも思ったのですが、回答と同じ結果が得られません。 計算のヒントだけでも良いので教えてください。 緩衝液の理論の段階でつまってしまってます。

  • リン酸の電離とpH

    リン酸は下記のような三段階の電離をすることが知られています。 H3PO4 → H+ + H2PO4-  K1=10*-2.2 H2PO4- → H+ + HPO42-  K2=10*-7.2 HPO42- → H+ + PO43-  K3=10*-12.4 これらの電離定数を用いると [H3PO4]=[H2PO4-]となるのは[H+]=K1 [H2PO4-]=[HPO42-]となるのは[H+]=K2 [HPO42-]=[PO43-]となるのは[H+]=K3 となる。 というところまでは納得がいったのですが、 これらのことから http://images.google.co.jp/imglanding?imgurl=http://www.keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_chemistry_2_kaitei/contents/ch-2/5-bu/5-3-2.files/image012.gif&imgrefurl=http://www.keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_chemistry_2_kaitei/contents/ch-2/5-bu/5-3-2.htm&usg=__ADeHGRvIffl9smr2_1z8IxElv5o%3D&h=219&w=338&sz=11&hl=ja&tbnid=ciGwTxE_BvrUqM:&tbnh=77&tbnw=119&prev=/images%3Fq%3D%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E9%2585%25B8%25E3%2581%25AE%25E9%259B%25BB%25E9%259B%25A2%25E3%2581%25A8%25EF%25BD%2590H%26gbv%3D2%26ndsp%3D20%26hl%3Dja%26sa%3DN%26start%3D40&q=%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E3%81%AE%E9%9B%BB%E9%9B%A2%E3%81%A8%EF%BD%90H&gbv=2&ndsp=20&sa=N&start=42#start=46 のようなグラフが得られるところが納得がいきません。 1段階目、2段階目、3段階目の電離が段階的におこる理由はこれらの電離定数でどう説明がつくのでしょうか? またリンク先のグラフからは1段階目の電離が終了するのがpH=4程度になっていますが、電離定数からこのpH=4を導くことはできるのでしょうか?

専門家に質問してみよう