• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ビートルズとディープパープルについて

ビートルズの「サージェント・ペパーズ」の中の「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の中間部に出てくるコーラスとディープ・パープルの初期のヒット曲「ハッシュ」の中のコーラスの部分は、テンポこそ違えメロディーはまるっきり同じです。 私はビートルズの方が先だと思うのですが、当時著作権上の問題はなかったのでしょうか? あったとしたら、どうやって解決したのでしょうか。 それとも、円満にロイヤリティーを支払っていたのでしょうか? 60年代のロック&ポップスに詳しい方、教えて下さい。

noname#1019
noname#1019

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数543
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

よく気付きましたね!うけました。(笑)「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」は1967年、「ハッシュ」は1968年なので、ビートルズの方が先ですが、まぁ、偶然だと思います。 ただ、パープルは「チャイルド・イン・タイム」という曲でパクリをやっていますし、「ハッシュ」の頃はいろんな音楽をごった煮にした様なものをやっていたので、その可能性も否定できないかもしれません。 ちなみに「チャイルド・イン・タイム」の場合、相手のバンドは忘れましたが(たぶん「ムーディー・ブルース」だったと思います)、リッチ-・ブラックモアが相手のメンバーに「盗作したよ」という旨を伝えた事があり、すると相手も「僕たちも君たちの曲を盗作した事があるので、おあいこだね」と言ったそうです。ただ、先にパクったのはパープルの方です。この辺のいきさつは、93年の「バーン」誌(何月号かは忘れてしまいました。リッチ-が表紙です。)に載っています。 ということで、本題から外れていってしまいましたが、仮に盗作だったとしてもその辺はおおらかだったようです。(当時ビートルズにとって、パープルがかまうほどの存在ではなかったようにも思えます。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうだったんですか! これで長年の疑問がやっと解けました。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • CMのカバー曲

    最近のCMで、よく'60~'70年代のロックの曲が使われていますが、オリジナルではなくカバーバージョンが結構多いと思います。 ドゥービー・ブラザーズの「ロング・トレイン・ランニン」や「リッスン・トゥー・ザ・ミュージック」、ディープ・パープルの「ハッシュ」などがそうです。 ビートルズの「アクロス・ザ・ユニバース」もそうだったかな? なぜ、オリジナルヴァージョンを使わないのでしょうか?

    • ベストアンサー
    • CM
  • CDの価格について

    クラシックやジャズは1000円前後で普通に国内盤が買えるのに、コレがポップスやロックだと値段が一気に跳ね上がるのは何故でしょうか? 著作権の問題なのでしょうか。よろしくお願いしいます。

  • この曲を探しています!

    60年代後半~70年代のヒット曲と思われます。 爽やかなメロディと男性ヴォーカル&コーラスで、「Talk about bay side of california~♪」と、聞こえます。 「California sunshine♪」と、繰り返し歌っているので、それがタイトルだろうと思い検索しましたがどうにも試聴出来るサイトでは見つからず...。 アーティスト名、タイトルともに分からないので探しようがなく困っていますが、当時はけっこうポピュラーだった曲と記憶しています。 心当たりのある方、教えてくださいm(_ _)m

  • 著作権についての質問なのですが。。。

    YouTubeに音楽を載せる際に著作権ってどこまでがいけないのかよくわかりません。 日本の方がうるさいのでしょうか? 海外のロックだとかポップス(エルビス・プレスリー等)などは削除されず「お気に入り」に残って いるのですが、日本の歌謡曲等は古い楽曲でもいきなり削除されていたりします。 (西田佐知子さん、キャンディーズ等も削除されていました) 例えば、ベートーヴェンやモーツァルトの様にかなり古いクラシック等はアレンジして 別の曲名を付けて生まれ変わっていますが、著作権の問題は出ないのでしょうか? その曲が出来てから何年までを「著作権」と言うのかはっきりしません。 著作権について、御詳しい方、御回答よろしくお願いいたします。

  • 音楽無料ダウンロードについて

     パソコン初心者です。  ロックやポップスなど様々なジャンルの音楽を  PCで無料ダウンロードできるそうですが、いろいろ  なサイトがありよくわかりません。お勧めのサイトを  教えてください。また著作権との関係についても教えて  ください。

  • 音楽著作権使用料についてお尋ねします。

    将来、好きな洋楽のポップスやロックを流すカフェかバーを開きたいと思っています。開業じたいが大変だとは思いますが、もし開業できたとしてこの店で流す曲の著作権使用料はどうなるのでしょうか?日本著作権協会のHP見てもよく分かりません。好きな曲を自分でCD-Rに編集して使用したいと考えてます。好きなアーティストの曲で商売するわけですから使用料は当然といえますが・・(有線放送は使用したくありません)洋楽なので前述のHPでも分かりません。質問が要領を得ていないと思いますが大まかでもいいので教えて下さい。

  • どういった環境でクラシックを聴いていますか?

    ここで以前に質問したときに、著作権切れの昔のフリー音源を紹介されたり、YouTubeの動画を紹介されたり、ちょっと不思議な感じがしました。クラシックを聴く方でもロックやポップスのように音質を気にしない人がけっこう多いのでしょうか? 著作権切れの昔のフリー音源は音質的につらいものが多いですし、YouTubeの動画は音質がまちまちで、しかも演奏者のレベルもまちまち。本当にプロなの? と思うようなのもかなりありますよね。 しかもカーネルミキサーの問題で高音質で聴くには面倒な作業が必要になりますし、当然のことながら標準装備のサウンドカードでは悲しい音しかでません。 ロック・ポップスならノートPCに各種設定やサウンドカードもノーマルのまま、3000円のヘッドホンを直挿しして、音源はYouTubeっていう人もいるでしょうけど、クラシックファンにもそんな人達っているのでしょうか? それとも、それが当たり前の時代になりつつあるんでしょうか? 皆さんのクラシックを聴く環境はどんな感じですか?

  • サイケデリック・ロックに詳しい人、教えてください。

    UK・US・ジャーマンなど国は問わず、サイケデリック・ロックに興味があります。(60年代~70年代前半くらいまでの) アマゾンなどで新規開拓しているのですが、ピンポイントでツボにはまるものがなかなか見つかりません。 教えて頂きたいのは、 (1)退廃的で民族的でな雰囲気なもの(velvet undergroundのVenus in Fursが大好きなのですが、似たような感触の曲が他に見つかりません。) (2)ソフトマシーンやドアーズのように、くぐもった感触のオルガンがあるもの (3)こどもも歌えそうなメロディのもの。※実際にこどもが歌っていても構いません。 (1)に関しては、アモン・デュールは少し聴きました。楽園へ向かうデュールより、Psychedelic Undergroundの方が良いと感じました。 (3)に関しては、ビートルズのイエローサブマリンのようなものを想像しています。 邦楽ではゆらゆら帝国をよく聴くのですが、「ボタンがひとつ」という小さな女の子が歌っている曲が好きです。童謡のようだけれど、少し感触が違っていたり、多重録音が駆使されているものがあれば教えて欲しいです。 よろしくお願いします。

  • 欧米のポップスの歌詞について

    アメリカやイギリスのロックなどよく聴くのですが、 CDについてくる歌詞カードを見ると、同じ曲を同じ人間が歌っているにも関わらず オリジナル盤、ライブ盤、べストアルバム盤で、微妙に歌詞が違うことがよくあります。 今までずっと誤植なのかな? くらいに思っていたのですが、 ある人から外国には、歌詞カードってないから 日本に持ってくるときに、特別な職業のひとが耳で聴いて、詩を起こすので、詩を起こす人の能力によったり、聴こえ方によったりして 結構、変わるんだよね、というようなことを聞きました。 なるほど、直輸入盤など買うと、歌詞カードって付いて無いですね。 コストの関係でわざと、付けてないのだとばかり、思っていました。 外国のポップスには歌詞カードはついてないというのは、いつもそうなのでしょうか? すると、そもそも、ある曲について、これが正式の歌詞です、というのは どういう風にして、誰によって、認められるのでしょうか? 歌詞の著作権や盗作などということで、もめることはないのでしょうか? 日本の習慣にくらべ、とても不思議に思えてきましたので、よろしくお願いします。

  • Deep Purple曲

    Deep Purple 曲 Woman from Tokyo はどの日本人女性のために書いたのでしょうか? その人は実際に存在してたと聞いていますけど

専門家に質問してみよう