• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

社会保険料の算出について

初めまして。pinokoBBと申します。 毎月、給料から引かれる社会保険料(健康保険料、厚生年金 保険料等)の算定は、5月、6月、7月の収入で決めらると聞いたことがあります。だから、この3カ月間の収入を減らせば(残業代をつけない等)翌年の社会保険料が安くなる、と聞きました。これは本当なのでしょうか。それとも得するのは一時的であって実際には年末調整等で不公平がないようになっているのでしょうか?よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数866
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

社会保険の保険料の決め方って、矛盾を感じる方が多い問題ですよね。既に説明があるとおりですが、社会保険料は、毎月変わる給与収入ではなく、「標準報酬月額」を基準に決まります。「標準報酬月額」は、基本的に年1回、5月~7月までの平均給与をもとに見直し(定時決定)が行われ、その年の10月分から翌年の9月まで適用されます。また、途中で給与に変動があると見直し(随時改定)が行われます。  ただし、定時決定に際しては、残業代など非固定的な賃金も含めて標準報酬月額を計算するのですが、随時改定に際しては、非固定的賃金は考慮されません。  もう少し詳しく説明すると、随時改定が行われるためには、 (1)固定的賃金の変動又は賃金(給与)体系の変更があった (2)3ケ月間に受けた報酬の平均額が、現在の標準報酬と比べて2等級以上の差を生じた を満たす必要があります。  固定的な賃金とは、基本給・家族手当・通勤手当など稼動や能率の実績に関係なく、月単位などによって一定額が 継続して支給される報酬をいいます。残業手当・皆勤手当など、稼動や能率の実績に増減するものは、非固定的賃金とされ、この非固定的賃金がいくら増減しても、定時決定で決まった標準報酬月額は、翌年の定時決定までは変更されないことになります。  年末調整は、税金の制度で、社会保険料にはそうした制度がないのは。「churaさん」が紹介されているページにあるとおりです。 ・社会保険の保険料の年末調整? http://member.nifty.ne.jp/yosikun/yosikun305.htm  あれっ? これって私の作成してるホームページだ(^^; 補足になりますが、標準報酬月額が高くなるとどうなるかを保険料以外の面から指摘しておくと・・・  厚生年金の年金額は、標準報酬月額を基準に算出しているので、老齢厚生年金・障害厚生年金・遺厚生年金などの年金額が増える。  健康保険には、傷病手当金の制度(傷病により欠勤が続いた場合に収入を補償する制度)があり、この金額は、標準報酬月額(正確には標準報酬日=標準報酬月額÷30)をもとに計算されるので、万が一の場合には、より多くの傷病手当金が受取れる。  などがあり、保険料が高いから一概に損とも言えない面もあります。でも、5月~7月に残業が集中したりすると 実際の給与より保険料が高くなるのは痛い(^^; 病院で支払う自己負担金(治療費の20%)は、保険料が多くても少なくても一緒だから、この点については不公平感は否定することができないし・・・。  社会保険の保険料については、他にも色々な問題があります。例えば、賞与(ボーナス)に対する特別保険料。 現在は、賞与(ボーナス)に対して1%の保険料が課されています。(労使折半なので、給与から控除されるのは、0.5%)これって毎月の給与に対する率(注1)よりひくので、同じ年収でも、賞与の割合が高い人の方が納める保険料は少ないことになります。でも、報酬月額の賞与(ボーナス)に対する特別保険料は、年金額や傷病手当金には影響しないので払い損・・・。 (注1) ・健康保険 標準報酬月額の 8.5%  ※健康保険組合の場合には、組合によって異なる。 ・厚生年金 標準報酬月額の17.35%  (給与から引かれるのは、それぞれ上記の2分の1) なお、この点については、平成15年4月1日以降に、標準報酬月額の算定に総報酬制の導入が決まっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。しかも、非常に懇切丁寧に教えていただき、疑問が解消しました。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 社会保険料の算出額について

    毎月額面23万弱の給料から健康保険に約1万円、厚生年金に1万8千円ほど天引きされています。 この保険料の額は毎年4月~6月の間の給料によって決まるから、この間はなるべく残業代とかつけないほうが良いと聞いたのですが、これは本当でしょうか? 社会保険料の算出額について詳しく記載されたサイトでも良いので、どなたかご教授ください。

  • 社会保険料の算定について

    先日、勤務先より「今月の残業分が10時間以上越えているので、社会保険料の算定の時に申告する保険料が一番高いランクになってしまうから、今月残業分の10時間超える時間分(12時間残業なら2時間分)を今月の残業代としてつけて、残りの10時間を6月賞与に含めたい。そして、6月にもし10時間越える残業をした場合は、7月に残業分を繰り越したい。そうしないと、これから一年間に引かれる保険料が高くなってしまうし、こうした方が収入が増える形になると思うから。」と言われました。 保険料の算定は、4月、5月、6月の給料の平均から標準報酬を再計算し、その年の9月から翌年の8月末までの1年間の保険料を見直すというものですよね? 私以外にも、何名かの従業員が同じような対象になっているようです。 お聞きしたいのは、以下の点です。 1.会社の取った今回の判断は、従業員からみて得となる判断なのでしょうか?それとも損となる判断なのでしょうか? 2.今回の措置を取ることで得る会社側のメリットorデメリットがあれば教えてください。 3.会社の取った措置は、違法行為ではないですよね? 以上、よろしくお願いいたします。

  • 社会保険料が激増しました…

    今月の給料の控除額分から、社会保険料の控除額が見直されるのは知っていましたが…激増しました(今までの5割増)。 健康保険料は、3,200円増 厚生年金は、6、600円増 で、1万円近くのアップです。 これまで合計21,000円だったのが、いきなり31,000円です。 社会保険料はつりあがる一方でしょうが、いくらなんでも増額のしすぎで、何か計算を間違っているのではないでしょうか? ちなみに昨年の5~7月の収入より今年の5~7月の収入がわずかながら減っています。 健康保険は「全国健康保険協会」というものに入っています。 料率が知らないうちに見直されたのでしょうか…(当地は東京都と同じ料率8.18%です) この金額で妥当なのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#8250
noname#8250

保険料を割り出すのに必要な「標準報酬月額」を元に決め られるのですが、それは以下の3つの時期に決まります。 1)資格取得時 いわゆる「会社」に入社したとき。 2)定時決定 5-7月の報酬額の平均から算出。10月分 から変更。(実際には11月の給与分) # 健康保険法が改正されると1ヶ月前倒しになる予定。 # でも国会を通っていないんですよね... 3)随時算定 昇給・降給などにより、固定的賃金に一定 額以上(3ケ月の平均が標準報酬表にあてはめて2等級 以上差が出たとき)の変動があった場合変更します。 つまり保険料は年末調整とは関係ないのです。また変更 されるのは翌年の保険料ではなくその年の秋口から保険 料が変更されるわけです。 # 来月の給与明細をみてみれば明記されているはずです。 不公平ということになってしまうかもしれませんが、法律 に則り決まっていることなのであきらめてください。 実際会社に勤めていると算定される期間残業を控える人も 多くいるようですよ... はしょって説明してしまったので下記URLをご参考にして みてください。 では。 健保・厚生年金/標準報酬はいつ決まる? (ビジネスデータバンク) http://www.nextlink.ne.jp/info/databank/cat4/data/1997/19970911.0006593.html 社会保険の保険料の年末調整? http://member.nifty.ne.jp/yosikun/yosikun305.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。おかげさまで疑問を解決することができました。

  • 回答No.1
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

本当です。年末調整などの調整はありません。現在改正が進められているように、賞与の一部を算定に導入することになれば、緩和はされます。歩合制墓石販売業などは、不利だと聞いたことがあります。 (参考) http://ha8.seikyou.ne.jp/home/syoki/masaki/syahoQA/syaho04.htm

参考URL:
http://www2s.biglobe.ne.jp/~a-hara/qestion.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございました。おかげさまで疑問を解決することができました。

関連するQ&A

  • 社会保険料??

    初歩的な事ですが宜しくお願いします。 賃金台帳などで「社会保険料控除後の額」のような感じで書かれてる蘭があります この社会保険料とは、健康保険と厚生年金、それから雇用保険も含まれるのでしょうか? それとも社会保険料とは健康保険と厚生年金のみの事でしょうか? それから所得税は総支給額から健康保険、厚生年金、雇用保険を天引きしてからの支給額から計算するのでしょうか? それとも健康保険と厚生年金のみの天引きしてからの支給額でしょうか? 同じ言葉を何回も使ってわかりにくいと思いますが宜しくお願いします!

  • 社会保険料について

    雇用保険、健康保険、厚生年金、まとめて社会保険料なんですよね?社会人2年目なんですが、控除される社会保険料が毎月違うのはなぜですか? 下宿なので、手取りが少なくなっていくのは辛いのですが、、

  • 社会保険料の2重払いについて

    私は5月に勤務先が変わりました。 前の会社は会社への勤務は10日ごろまでで 契約的には5月27日付けで退職になりました。 その際、社会保険は5月分まで支払いました。 (5月も健康保険は使っていました。) そして10日以降は就職活動をして 5月23日に次の勤務先に入社しました。 すると新しい会社からも5月分の社会保険料を請求 されました。 5月分を前の会社で払ったことをいうと 通常は退職月の社会保険料は請求されなく(できない?) 新しく入った会社が入社月の社会保険料を請求するという法律上なっているとのこと。 (社会保険事務所に確認しました) でも、前の会社に最後の保険料はまちがいなく5月分 ということで確認しましたし、そのことを社会保険事務所にいうと、 「では、5月分の厚生年金料は前の会社に申請すれば 還付する手続きをとっていただけます。 ただし、健康保険は、厚生年金とは別の法律になっており、2重払いした場合でも還付されません。」 と言われました。 納得がいきません。 社会保険事務所の方がいうので間違いないと 思いますが、これを民間企業がやっていたら 詐欺だと思います。 どなたか社会保険のしくみについてご存知の方が いらっしゃいましたら、この場合の対処法について アドバイスをいただければと思います。 宜しくお願いいたします。

  • 社会保険料

    今まで正社員で、親の扶養に入らずに社会保険料を払ってきたのですが、7月くらいから違う地域で一人、アルバイトをしながらの生活となります。 そこで、健康保険料の負担を軽減するために、親の扶養に再度入りたいのですが、 今年か昨年のどちらかの収入が130万超えては、扶養に入れないと耳にしました。 今年と昨年のどちらなんでしょうか? もし入れなかったら、厚生年金は国民年金に切り替えて、健康保険料は任意継続したほうが負担がへらせますか?

  • 休職中の社会保険料を夫から控除できるのか?

    今年1~7月まで休職し退職しました。 会社からは一回賞与が入金されたのみで、毎月の給与はありません。 賞与も寸志程度で、1~7月の社会保険料(厚生年金+健康保険)の 金額のが大幅に上回っており、 所得よりも支出の多い源泉徴収票が届きました。 会社が毎月社会保険料を一度立て替え、 社会保険料の立替金の請求が毎月私にありました。 本人名義の口座から送金して下さいと言うことで、 私名義の口座から会社へ送金していました。 このお金は、休職中だった私は無収入でしたので 実際は夫が支払っていました。 この、厚生年金+健康保険料は夫の年末調整で控除の 申請を出すことは可能なのでしょうか? 8月以降は夫の扶養(税金+年金)に入りアルバイトをしています。 12月末までに、今年の課税所得は103万に満たないので 扶養をはずれると言うことはありません。

  • 賞与時の社会保険料

    賞与時に社会保険料を徴収するのですが被保険者から徴収するべき金額は健康保険料が3/1000で厚生年金が5/1000で雇用保険料は7/1000でいいのでしょうか? また、介護保険は徴収するのでしょうか?

  • パートでの社会保険料だいたいどのくらい?

    パートでの社会保険料だいたいどのくらい? パートで出勤日数を増やす事となり、それによって社会保険に加入する事になりました。月収平均15万です。 このばあい健康保険、厚生年金、雇用保険の合計はだいたい三万~四万くらいでしょうか?(五年前にも同じぐらいの収入があった時はそのくらいだったのですが、現在は値上がりしてますか?) 健康保険、厚生年金、は収入によって変わりますよね?地域によっても違うのでしょうか? と言うのは、もし社保合計が五万以上かかりそうなら、収入を増やさずに扶養内で働いていた方がいいかもしれないので大変迷っています。 おおよそでいいので同じぐらいの収入の方がいらっしゃったら是非情報をいただければ幸いです。宜しくお願いします。

  • 社会保険料の預り金について

    去年事業を開始した者です。社会保険料の預り金について教えてください。 ■初めて社会保険に加入た月の仕訳 役員報酬 500,000 / 現金        405,445            預り金(源泉所得税) 29,930           預り金(健康保険料) 21,250           預り金(厚生年金)  43,375 ■翌月末に社会保険料を納付した時の仕訳 預り金(健康保険料)    21,250 / 普通預金 130,152 預り金(厚生年金)     43,375 法定福利費(健康保険料)  21,250 法定福利費(厚生年金)   43,375 法定福利費(児童手当拠出金) 902 上記のように、社会保険料が発生した月に預り金として給与から控除し、1ヶ月後に支払う形をとってました。 しかし、今頃ある本を読んでいて気がつきましたが、 「社会保険料の個人負担分は、前月分の保険料を当月分の給与から控除し、当月末に会社負担分と合わせて納付しますから、通常の場合、預り金勘定の残高は「0」となります。」とのこと。 しかし、前述の仕訳のとおり、弊社の場合、当月分の保険料を当月の給料から控除し、1ヶ月後に支払ってましたので、決算の時点で社会保険分の預り金勘定も1ヶ月分残ってます。 「前月分の保険料を当月分の給与から控除する」と解釈すると、例えば、社員が退職した場合、最後の月ではその当月の社会保険料も徴収しなければなりませんので、前月と当月で2ヶ月分の社会保険料を徴収するのでしょうかね?? 支払済の社会保険料については、もはや修正することは不可能だとして、やはり、前月分の社会保険料に対して預り金を発生させるように今後の給与支払で返金した方がよろしいのでしょうか? そして、もし退職者が発生した場合退職月に先月分と今月分の2ヶ月分の社会保険料を控除すべきでしょうか?

  • 社会保険料がいきなりあがったのは何かの理由があるのでしょうか?

    今勤務している会社(勤続1年3ヶ月)で社会保険料が突然あがってしまいました。健康保険は5000円近くあがり、厚生年金も9000円近くあがりました。勤続1年3ヶ月ですが、今年の4月に正社員になって7月まで社会保険料は変わりませんでしたが、8月になって急にあがったのです。何か理由があれば回答をいただけるとうれしいです。

  • 社会保険料の天引き

    社会保険料 厚生年金 雇用保険 健康保険の給与天引きで教えて 下さい。特にわからないのが厚生年金保険料で今の会社は20締の翌月 5日支払です。たとえば 7/1入社の場合 保険料は8/5支払分より 天引きすればよいのですか?又退職 7/20の場合の控除も教えてください。

専門家に質問してみよう