• ベストアンサー
  • 困ってます

小説の中の登場人物名

孔明死せず(著者伴野朗)の中に登場する人物で、関羽の孫娘が関麗(霊との交信ができる)と覚えているのですが、張飛の孫娘?の名前が思い出せません。 検索してみたのですが、なかなか見つからずに困っております。 皆さんのお力をお貸しください。宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数120
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

張艶ですね。 >亡き張飛の娘。馬術、弓に長ずる。無骨な父に似ぬ美女。 と「主な登場人物」 に書いてありました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。出張中でお礼が遅くなりました事お詫び申し上げますm(__)m教えて頂き感謝いたします。どうも有難うございました。

関連するQ&A

  • 登場人物(!?)は二匹の犬

    3年ほど前に図書館でみかけた絵本で、ストーリーもタイトルもあやふやなの ですが、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、お知らせください。 登場人物(!?):2匹の犬(オスとメス)ほかにはなかったような・・・? 絵本の中の会話:メスがオスに、「私が死んだらどうする?」とたずねる。 タイトル:「しあわせな・・・」とかだったような。 (TRCのページで「しあわせ」「いぬ」「えほん」で検索しましたが、これ!! といったものにぶつかりませんでした。) タイトル・著者・出版社などはもちろん、 「自分も読んだ事があるけど、このような内容ではなかった??」 というような、周辺情報でもかまいません。 よろしくお願いします。

  • アイルランド神話~登場人物「フィネン」について~

    アイルランド神話の登場人物「フィネン」について質問です。 私は神話に関して全く無知なのですが、これから飼う猫に付ける名前を「フィネン」にしようと検索したところ、アイルランド神話の登場人物の一人と同じ名前だと知りました。 そこには「土地の女神」と記されていましたが、それ以外の詳しい内容まではわかりませんでした。 「フィネン」に関する話と、その綴りをどなたかご存知の方、教えて下さい。(綴りは血統書に登録する際に必要なのです。) くだらない動機からの質問かもしれませんが、何卒宜しくお願い致します!

  • ハリポタ登場人物の名前の奇妙な一致

    ハリーポッターを愛読しているのですが、登場人物の名前で、ハリーの親世代の名前の末尾がほとんど「~ス」で終わっているのです。 [親世代] アルバス、アバーフォース、ルシウス、セブルス、シリウス、ルビウス、リーマス、ルーファス、ホラス、トビアス、フィニアス…。 [子世代] ハリー、ロナルド、ハーマイオニー、ルーナ、ジニー、ドラコ、ラベンダー、ディーン、ケイティ、コリン、ぺネロピー…。 親世代と子世代でこれだけ違いがあります。単なる偶然なのでしょうか…? 私はイギリスの文化に疎く、この一致が時代の流行を意味するものなのか(例えば日本で言う~太郎~子)、それとも著者ローリング女史がハリーたち子世代と親世代を区別するために考えた名前分けなのかが分からないのです。 どなたか、イギリスの名前の風習について、また、ハリポタに詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。 ずっときになっているんです~!!

  • 小説の登場人物

    小説を書くとき、何人か登場人物が出てくると思うのですが、そのキャラを原稿用紙200枚で考えれば、何枚目くらいで全員紹介すればいいでしょうか? 初めの何枚目くらいまでにキャラの紹介はした方が良い、などの具体的なページ数など教えて頂ければとお思います。 あまり最後の方で突然、新キャラを投入するのはご都合っぽくていやなので。 よろしくお願いします。

  • 登場人物が極端に少ない小説を探しています。

    登場人物が極端に少ない小説を探しています。 登場人物が一人あるいは数人しかいないような小説を探しています。 ジャンルは問いません。 お願いします。

  • 登場人物が少ない小説

    短編とか中篇ではなく普通の小説なのに、登場人物が4人以内という作品はあるでしょうか? 主だった人物が4人以内というのではなく、ちょい役であっても台詞のある人物は登場人物とみなします(台詞の全くない通行人みたいなものは人数外とします)。あと、ハードSF・ファンタジー・時代ものは除外して下さい。 ご存知の方がいらしたら教えて下さい。 (その小説の粗筋なども教えて頂ければ助かります) よろしくお願いいたします。

  • こんな登場人物がいる小説

    自分を終わらせること、ただその一心で生きている。自分が花火の火薬であるような生き方。孤高・虚構。こんな登場人物のいる小説を教えてください。そこに動揺のあるものと、全く動揺のないものとを探しています。一人称が当人でなくてもいいです。当てはまる登場人物の性別も記載して頂けると助かります。年代や国は不問です。回答お待ちしています。

  • 登場人物の多い小説

    バルガスリョサの「緑の家」を読んだときは、その登場人物の多さに苦労しました。50人くらい出てきてます。 他にもトルストイの「戦争と平和」が300人以上出てくるらしいですね(笑) 他に登場人物が多すぎる小説ってありますか?

  • 「罪と罰」の登場人物の名前について・ロシア人名

    ドストエフスキー「罪と罰」を読みました。内容はともかくとして、文学としての一つの「特徴」が気になったので、架空人物の名付け方・ロシア人の姓名についてお尋ねします。罪と罰を読んだことない方でもけっこうです。 全体的に「堅苦しい言い回し」が多いという印象を受けました。ただ、それはロシア文学に限らず日本文学でも明治のものは難解ですし、「筆者がわざと難しい言い回しをして、読者の知的好奇心をくすぐっているのかな」 「ひょっとして、19世紀当時~20世紀初頭は、大衆文学とは言っても文芸誌・雑誌を買う人は限られていて、『くだけた言葉で書かれたものは価値がない。荘厳な言い回し・読解を必要とするブンガクテキ表現をする著作の方が、読者に対して読む価値のアルモノとしてのハクを示せる』と思っていた作家が多いのかな」 とすら思ってしまいます。 それにしても罪と罰を読む上でつらかったのは、私に全くなじみのない姓名が多かったことです。ロジオン、ロージャ、この2つが同じ人物を指すことまでは受け容れられますが(英語圏でもリチャードがディックになったりしますものね)、場面ごとどころか、同じ場面の中でさえ、ロージャ、ラスコーリニコフ、ロジオン・ロマーノヴィチ、ところころ呼び名が変わるのには四苦八苦しました。 私は本作が初めて触れたロシア文学ですが、           ロマーノヴィチ  ・ラスコーリニコフ と           アレクサンドロヴナ・ラスコーリニコワ と アヴドーチャ   ・ロマーノヴナ が親子兄妹の血縁関係だ、ということに慣れるにも時間かかりました。 本作を読むに当たり、インターネットで補助検索をして、 イワン(A)  ・イワノヴィッチ(B)・イワノフ(C) というルールは見付けましたので、 ゴルバチョフ、フルシチョフ、カラシニコフ、カラマーゾフ、 ロシア人名の語尾がみんな似通っていることには納得した次第です。 女性の場合はたぶん エカテリン(A)  ・イワノヴナ(B’)・イワノワ(C’) となりますよね? ■まず、 アヴドーチャ   ・ロマーノヴナ には 「・ラスコーリニコワ」(C)がないのは、未婚女性だからですか? ■ドゥーニャ、ドゥーネチカは アヴドーチャ の愛称(英語でいうニックネーム)ですか? でも英語の場合は人によってなんていう愛称で呼んでもらうか一つに決まっている、と聞いたことがあります。 例えばエリザベスという本名の登場人物を、呼ぶ人によって エリー、エリザ、リサ、ベス、ベティ とばらばらに読んでいる文学作品に、僕は出会ったことがありません。大将、兄さん、あのバカ、といった役柄によって呼び名が変わることはあったとしても、ニックネームを2つも持っているのは、「ロシア特有なんだろうか」と素朴に疑問に思いました。中国における 阿備 や 美美 のように、未成年や特に女の子の場合には、   気分によって よし子ちゃん、よっちゃん、と呼び分け たりするものなのでしょうか。 さっきまで ソーニャ、と呼んでいた人が、急にソーネチカ、と呼んだりすると、 ソーニャとソーネチカのどちらがより親しい言い方なのかわからない私としては、とまどい続けるばかりです。ソフィア、と呼びかけるのは、たいへん距離感のある言い方でしょうか(ドゥーニャ、ドゥーネチカも同様)。 ■医師や弁護士が登場しますが、(少なくとも19世紀ロシアにおいては)英語でいうDr.のような尊称はあまり一般的でなかったのでしょうか。 ピョートル・ペトローヴィチ・ルージンのことを「ピョートル・ペトローヴィチ、」と呼び捨てにして話しかけている人物の多いことが気になります。 「ピョートル・ペトローヴィチさん、」 「ピョートル・ペトローヴィチ先生、」 という呼びかけをしていないのは、訳者の癖でしょうか。 ■また逆に、ルージンと結婚しようとしているドゥーニャでさえ、「ピョートル・ペトローヴィチ、」とほぼフルネームで呼んでいるのが気になります。ピョートルの愛称って一度も出てきていませんよね? ルームメイトでさえ。 ■ドゥーニャはスヴィドリガイロフのことは、 「スヴィドリガイロフはなんて言ったの?」 「スヴィドリガイロフさんの話はおやめになってください」 と、さんを付けたり付けなかったりしています。これは原文にミスターやムッシュやヘルみたいなのがあったりなかったり、ということなのか、訳者の癖ということなのか、どちらなのでしょうか。この「さん」を付けるかどうかやフルネームで呼ぶかどうかで心理的距離感がわかったりしますか? ここから一番聞きたいことです。 ■なぜ一つの作品で、ペトローヴィチやイヴァーノヴナという、同じ姓の登場人物が3人も4人も登場するのですか? 三国志でも夏侯淵・夏候惇とか孫権・孫堅・孫権みたいな、読んでて嫌になりそうなややこしい名前が存在しますが、あれは歴史小説として捉えれば、罪と罰とは少し違う気がします。架空小説ならばなるべく「個性が生きるように」人物設定するのが自然であって、一つの作品に X・ペトローヴィチ Y・ペトローヴィチ Z・ペトローヴィチ を登場させるのは、ダメな作家のやることだと思うのですが(血縁でない限り)。前述の通り「ヴィチ」が息子を意味することまでは理解しました。日本でいえば「佐藤さん」のようにありふれた名前、ということでしょうか。しかし、 伊藤 佐藤 近藤 という架空の名前を人物相関図に当てはめていくときに、「もう少し違う名前にしよう」と思いませんか? ましてペトローヴィチは「一字一句違わない」ですし。 ダ・ヴィンチ、デカプリオ みたいに、AとB をセットで呼ぶことに慣れてしまっているのでしょうか。ゾシーモフはずっと「ゾシーモフだけ」で呼ばれているから気の毒ですが。 洗礼名という日本にはない慣習のことを考えると、欧米人の個人名(ファーストネーム)が日本ほどバリエーションに富んでいないことは理解できます。特に ペトロ はありふれた名前なんでしょうね。 ペトロ(ピーター)やイワン(ジョン)がありふれているからペトローヴィチやイヴァーノヴナがありふれている、 ということまでは理解ができます。 でも架空小説なら、「田中」という登場人物は一人だけに抑えることができるでしょう? アメリカの映画でも、ジョンが3人も4人も出てくる作品を、見たことありません。まして、血縁関係もない「ジョンソン氏」が3人も出てくるなんて、狂ってると感じます。 ■やたらめったら、相手をフルネーム(ファースト+ミドル)で呼ぼうとすることについて、これは当時のロシアで一般的だったのですか? 今のロシアでもそうですか? つまり、池上さん、や、あなた、や先生、と呼びかけるよりは、池上アキラ、と呼びかける方が、より相手に敬意を込めた表現なのでしょうか? 一連の会話の中で何度も何度もフルネームで呼ぶのが気になります。 それとも、これは「文学特有の」わざと堅苦しい言い方をして、読者に印象付けようという、ドストエフスキーの「テクニック」ですか? それも、よくあったテクですか、それとも彼固有ですか? 以上、長くて恐縮ですが一つずつでも良いので、よろしくお願いします。

  • 登場人物はこれでいいですか?

    整理してみました。 発達障害者 身体障害者で車椅子生活 60代前後の高齢者 薬剤師 クレジットカード破産者が誰か知りませんけど。 他にはどんな人がいるんですか? というか現実にこれらの集団だとすれば もはやコミュニティを維持するのが難しいほど末期ですね…。 なぜ私をこんな集団にまきこんだんですか。