• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

キリスト教における洗礼ヨハネについて

私は、元キリスト教で現在は統一教会の信仰を持っています。統一教会では、イエスを洗礼した洗礼ヨハネは、イエスを洗礼した後、一信徒としてイエスについていくべきであったが、それができず、この関係の不和がユダヤ民族のイエスに対する不信を強め、殺害の大きな要因になったと教えています。私自身は、えっ?と思ったものの、もともと洗礼ヨハネの位置づけについて何かおかしいなと思っていたこともあり、比較的容易に理解できました。父(プロテスタント)などは、必死に否定します。このことは、通常キリスト教の方にとって理解されないものなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数379
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

再々投稿失礼します。 わたしはキリスト教徒ではありません。 だけど特に旧約聖書に興味があって色々調べました。 そうしているうち新約聖書も少し読み ???ってなりました。 身近なキリスト教徒の人に私の考えをその人に伝えてどう思うか聞けないので、ネットで言ってみてもいいでしょうか。 >イエスは最初から十字架の道を行くことを選択していたわけではないということです。 私もそうだと思います。 >イエスが受け入れられていれば、十字架の道を選ぶ余地はありません。 庶民からは受け入れられていましたが、ユダヤ教のその地のもっとも力のある派からは疎まれていたと思います。 彼はある派から疎まれていても、大勢の庶民から支持されていたので、なにも自ら自殺するような行動を取る必要性は無かったのだと思うのです。 何も他人の罪を背負ってって理由をつけなくても、自分の思想を世界に広めることはできたと思います。 そうしていればこれほどまで宗教という建前の元、ものすごい数の人が死ぬことは無かったと思います。 だけど、どうして彼はそういう思考になったのかと考えました。 それには彼には父親が居ないという事が強く関係していたように思いました。 あの当時 父親が誰かわからないという事は存在の否定につながるほど大変なことだったと思います。 カソリックの遠藤周作さんの「イエスの生涯を読みました」 それに彼のどうして死を選んだのかが書かれていましたが、それでも納得しませんでした。 続いて「ユダの謎、イエスの謎」を読みました。 こちらが近いように思いました。 イエスが血のような汗を流して天に訴えた場面がありましたよね。 怖いからどうか自分をそういう目に合わせないでくれって言いましたよね。 それは自分がどうなるのか他の人から聞いてそれを避けるのが難しかったからだと思います。 それをどう正当化するか。 イザヤ書。 周りのそのどうなるか言ってきた人も、このイザヤ書を使って彼に死の道を勧めたのだと思うのです。 その事を知っていたのは信徒のなかでユダだけ。 後の信徒はイエスが死を決意していることもわからず、暢気に誰が一番か言い合っていた。 それを横目で見ながらユダはため息をついた。 ユダは利用されているだけだと忠告した。 本当の事を話したと思います。 しかし洗脳されたイエスは自分が人類の罪を背負っていく運命だからと聞く耳を持たなかった。 きっと王国は作られる そのために自分は死ぬのだ それが父親の獲得になるのだと思ったのだと思います。 イエスはユダに「決められた役割を果たせと迫った」 ユダは首をたれ、彼の望むことをやった。 どういう結果になるのかわかっていた。 だけどユダは疲れきってイエスの欲望に流されていくしかなかった。 「あなた待望の人であり、運命はこうなってます」と死を薦めた人はどういう人か。 彼を一体どうしてそう洗脳する必要があったのか。 ユダの謎 キリストの謎を読むうち謎が解けてきたように思いました。 325年ニケア信条でイエスを神なのか人間だったのかもうこれ以上議論しないと決めましたよね。 そして彼を神としましたよね。 そうしなければキリスト教を柱とする勢力が力を失う。 力を失ったら攻め込まれ、国が成り立たなくなる。 結局ユダヤ教は政治に利用されてきつづけたように思います。 そしてキリスト教も政治に利用されてきたと思います。 こういったことはとても身近なキリスト教徒にはこう思うんだけどって言えません。 ヨハネが彼と出合ってすぐに地位を押し付けたところで、やはりイエス教団は政治や民族紛争に利用されるしかなかったように思います。 偶像をおがんではならない。 みだりに名前を言ってはならない。 他をあがめてはならない。 空しく響きます。 旧約新約聖書より外伝の方がわたしは親近感を持ちました。 そこには私たちと同じような人間性あふれる一人の人間が描かれていて好感と安心感が持てるからです。 偽の書物かもしれない。 だけど荒野(旧約・新約)とは対象にオアシスのような生命の喜びを感じ取れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。

質問者からの補足

自殺というのは、自ら自分を殺すことですが、イエスの場合は、そうではなく、周りの人間が彼を殺そうとしていることに対し、そこから逃げずにそれを受け入れるという立場です。イエスのもつ神の代身という立場を考えると「逃げる」という形を取ることは決して許されないという側面があったのだと思います。それは、神が自らを否定することになります。そこにある環境を受け入れなければならないという私たちに分からない「必然性」があるのだと思われます。(もちろん、それは、ユダヤ民族がイエスを受け入れない「場合」の必然性です)

関連するQ&A

  • キリスト教、洗礼についてです。

    キリスト教、洗礼についてです。 現在、日本イエスキリスト教団(プロテスタント)に通って救道者用の学びを受けております。 通い出して9か月くらいになるのですが、洗礼のことを牧師様が良く話すようになりました。 「受けなさい」とは言われないのですが、学び=洗礼ということを知り、洗礼を受けるべきかどうか悩んでおります。 洗礼を受けないとクリスチャンにもなれないし教会員にもなれなく毎週礼拝献金してますが毎月の決算報告書も頂けなかったり(これは構わないのですが)聖歌隊とか参加できない事も多く寂しい時があります。 しかし悩んでいる理由はこれだけではなく、もともと昔、洗礼も聖餐式もない無教会に通っていたということもあり、(無教会は受けなくても信仰により天国には入れるとの教えです) 本当に洗礼は必要なのか?洗礼を受けなければ天国に近づく事はできないのか?と考えが私の中にあります。 聖書を読んだり祈ったりしてますが答えがみつかりません・・ カトリック、プロテスタント、救道者などキリスト教関係者の方で洗礼された(もしくはしようと思った、しないと決めた)きっかけは何ですか?何かアドバイスを下さい。

  • キリスト教の洗礼についての質問です。

    キリスト教の洗礼についての質問です。 私は、12歳のとき、プロテスタントの教会で洗礼をうけました。 その教会には、幼児洗礼、小児洗礼の考え方はなく、12歳(中1)のとき、自分の意志で信仰告白をして受洗しました。 アナバプテストの考え方では、これは成人洗礼として認められるのでしょうか。教えてください。

  • キリスト教とエホバの証人との違い

    私は、プロテスタントの信者です。 信者暦は、1年ほどです。 生きていると、いろいろな宗教をお持ちの方に お会いします。不思議ですね。 ところで、私は「エホバの証人」の方にお会いしました。 厳密に言うと、その信者の娘さんです。 ここからが、本題なのですが、「エホバの証人」と私たち「キリスト教(カトリック、プロテスタント)とどこが違うのでしょうか? よく、キリスト教会のHPを見ると⇒(エホバの証人、モルモン教、統一教会とは無関係?)のような、記載がありますよね。 しかも、ウィキペディアで調べたのですが、キリスト教信者にとっては、 彼らは「異端」だと・・・・。でも、彼らにとっては、こっちが「正統」と思っていると、簡単に記載がありました。 宗教者同士の対立は避けたいと思います。 理由:(1)信じることは、大事である。    (2)信仰は、自由である。    (3)信じることに、対立があってはおかしいから     ということで、簡単にご説明願います。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

再度投稿、失礼します。 私の認識が正しくないのかもしれませんが >結局は、「ユダヤ民族がイエスを旧約聖書で言われるところのメシヤとして認識できたかどうか」です。 まずメシアとは<油を注がれた人>という意味であり、司祭とかダビデも油を注がれたようです。 メシアを日本語では<救世主>と翻訳していますが、ユダヤ人はローマ兵を追い払って再度王国を作る人を待ち望んでおり、一部の人はイエスにそれを託したというか望んだようです。 >メシヤと認識したら殺害するはずないからです。 イザヤ書だったと思いますが、待望の人が現れるが、悲惨な目にあうと書かれています。 イスラエルに入場するイエスを大歓迎した人たちの一人でも、そのイザヤ書のその箇所を思い起こした人がいたのかというと、いなかったと思います。 唯一イエスがその箇所を実現するために行動し、自ら進んで死を望んだ。 とわたしは解釈しています。 >イエスをメシヤとは認めなかったのですが、 イエスと敵対する側は認めなかったので、彼を捉えて処刑するように策略しましたよね。 その人たちも、イザヤ書に書かれている人が、イエスに当たるとは思ってなかったので、単に神を愚弄する人間としてイエスを処刑しようとした。 >洗礼ヨハネには、なすべき使命というものがあったということなのです。 時間の流れでは、イエスがヨハネに王になる人かと聞かれて、イエスは「いいえ」と答えた。 ヨハネは彼が王になる人じゃないかと強く思ったが、まだ機は熟しておらず、時が必要だった。 イエスはヨハネ教団を離れ一人修行していた。 もしくは今の教会のように、少人数を連れて取りまとめをする牧師や神父のような立場で行動を始めた。 そうしているうちヨハネは捕らえられ処刑された。 ヨハネは聖書に精通しているようだったので、イザヤ書のメシアの箇所を知っていたと思うが、その意味はよくわかっていなかったと思います。 時が熟するには時間が必要だし、イエスがもし王になる人なら、神が導くだろうし、何か神から指示が出るなりなんなりするだろうと思ったと思えます。 焦らず待っているうち、自分は処刑されてしまった。 彼が嫉妬してイエスに従わなかったのではなく、流れではイエスはメシアではないと自分で言っていたのに、無理やりイエスにあなたがそうだからみんなを導けとは言えなかったと思うのです。 イエスは一人修行したりしてヨハネ集団から離れたりしてましたし。 なんというか、まだヨハネにはなすべきことがわからなかったので、放っておいたのだと思います。 聖書は沢山の人が書いています。 読むといたるところに矛盾というか違う見解が載っています。 外典というのが沢山ありますが、極力つじつまがあうようにして、加筆、修正を繰り返しされて、ある程度つじつまが合うようにした後、ちゃんと聖書としてまとめられたように思います。 それでもつじつまが合わないところは残りましたが。 キリスト教団は彼を神格化するために、加筆・修正して人にわかりやすくしたが、それでも「ヨハネはイエスを王と認めてなどいなかった」という解釈もできてしまう、となれば、宗派がこれほどできた理由がわかるように思うし、宗派の違いから争うようになった事を考えると、お騒がせな書物だと思えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも、ありがとうございます。 >>聖書は、・・・お騒がせな書物だと思えます。 ほんとにそうだと思います。

質問者からの補足

>>イザヤ書だったと思いますが、待望の人が現れるが、悲惨な目にあうと書かれています。・・・唯一イエスがその箇所を実現するために行動し、自ら進んで死を望んだ。 イエスの十字架について知っておくべきことは、イエスは最初から十字架の道を行くことを選択していたわけではないということです。イエスが受け入れられていれば、十字架の道を選ぶ余地はありません。しかし、受け入れられなければ、十字架の道を行くことになります。では、イエスは、いつ十字架の道を選択したのかというと、自分がユダヤ民族に受け入れられないことを悟ったときです。それはイエスがそれ以降、初めて十字架の話をするようになることから推測できます。 つまり、イエスが自ら進んで死を望んだ。というのは正しいのですが、その背景の事情は、特殊なものなのです。決して、最初から望む道ではなかったのです。

  • 回答No.4

再度投稿 失礼します。 >イエスを洗礼した後、一信徒としてイエスについていくべきであったが、それができず、 >この関係の不和がユダヤ民族のイエスに対する不信を強め、殺害の大きな要因になったと教えています 。 これは例えあったと仮定しても、イエス殺害の要因になりはしないと思います。 イエス殺害の大きな要因となった理由を私は以下のように解釈しています。 ローマはユダヤ人に自治を認めており、宗教も認めていたが、ユダヤ人にとってはそれでも独立国家ではないとわかっていた。 何度もテロを起こしローマ人を追い出そうとしていた。 そしてだんだん聖書に書かれているメシアの降臨を望む気運が高まった。 過ぎ越しの日(この祭りの意味はご存知だと思います)に近づくにつれて、テロは活発化して、ローマにこの地を任されていたピラトは、ユダヤ市民をなんとかなだめつつ、決して反逆させないようにしないと、自分が失脚するという危ない橋を渡っていた。 という背景があった。 それに目をつけたイエスと敵対する宗派が、イエスをこの機会に亡き者にしようと企てた。 これが殺意の一つですが、この殺意はどうして生まれたのかというと、、、 それまで司祭や宗教関係の職業の人は、独占職業で親子間で継承されたり結婚で継承されたりしてきた。 イエスの出現によって自分達の職業の権威や地位が危険になった。 それでイエスを潰そうと考えた。 潰すだけでは危険因子にまだ怯え続けなければならない。 その苦しみから逃れるには、この世から抹殺するしかない。 と考えたのではないかと思います。 ピラトは判断力があったので、それはイエスと敵対する宗派による茶番だと見抜いた。 イエス・バラバ(恐らく民族復興組織のリーダー的な存在で、テロをやって捕まった人)を開放するよう要求されていたが、言われるままに開放してしまえば、統治者の地位が失墜する。 任務に失敗したら本国にどういう冷遇をされるか。 だから食いしばって権威を誇示しつづけてユダヤ人を抑えなければならない。 そこで彼らの理性に訴えかけた。 恩赦を一人決める。 捕らえられているイエス・バラバを恩赦にしたいのか、イエスを恩赦にしたいのか。 ユダヤ人は現実的に自分達の利益になる民族復興指導者のイエス・バラバを選んだ。 それを目の当たりにしたピラトは「この冤罪の責任は自分にはない。お前達が決めたのだ」という意味の事を言った。 イエスを殺したのは、民族復興を強く願いすぎて過ぎ越しの日が近づき冷静さを欠いたユダヤ市民だと思います。 イエスに対する不信より民族独立願望が強すぎたゆえに殺してしまったのだと思います。 旧約聖書の作家は人間がどういうものか知っており、いつか待望の人は現れるが、人間はきっとその人に無残な仕打ちをするだろうと予想して書いた。 それが実際後に予言が実現したのではなく、当然のなるべき事態に結果なった。 その後、ユダヤ戦争が2度に渡り起こり、これがハルマゲドンの地の崩壊。 ほとんど崩壊し、今は嘆きの壁だけがかつてあった文明の証として残っている。 その嘆きの壁に頭をつけて祈っているのは、イエスがいたころの民族ではない。 おかしなことです。 という風に解釈しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

イエス殺害に至る個々の感情的な背景の事情はいろいろあるかと思いますが、結局は、「ユダヤ民族がイエスを旧約聖書で言われるところのメシヤとして認識できたかどうか」です。メシヤと認識したら殺害するはずないからです。結果的には、イエスをメシヤとは認めなかったのですが、そういう結論に至らないように、洗礼ヨハネには、なすべき使命というものがあったということなのです。イエス以上にユダヤ民族に信頼され、尊敬されていた彼は、本来、イエスを証した後には、誰よりも先にイエスに仕え、あらゆる批判を自ら受け止め、その後ユダヤ民族、そして、全人類がイエスに仕える道を切り開かなければならなかったのですが、彼はイエス洗礼後もヨハネ派を従え、イエスの元に仕えることをしなかった(できなかった)。彼には、そういう全人類の救いの道を切り開く「使命」があったことを「生まれたものの中で最も偉大なもの」としてイエスにも評されています。全人類の罪の代表のような立場ですから、彼が超えなければならない心の葛藤は、壮絶なものであったのかもしれませんが、その使命を彼は果たせなかった、と解釈しているわけです。

質問者からの補足

どうもありがとうございます。いろんな意見が聞けてとてもよかったです。 間違えて、お礼欄に補足の内容を書いてしまったので、こちらの方にて、お礼を書きました。

  • 回答No.3
  • kodai78
  • ベストアンサー率45% (56/122)

#1の者です。あくまで補足として再度意見させていただきます。 回答に対するお礼、のご感想に対してですが。 >イエスの示唆に対し、私はエリヤでないと否定したり、 これは、ヨハネ福音書1章において、洗礼者ヨハネはエリヤかと聞かれた際に「違う」と答えた件についてですか。ちなみにキリストでもないと言っています。この時点では、ヨハネがエリヤである根拠は何処にもありません。ですから否定したまでのことと私は考えています。イエスが彼をエリヤとしたのは、マタイ福音書11章が初めてであり、この後ならヨハネは自分をエリヤと問われても否定しなかったでしょう。さもなくヨハネが自分をエリヤと自称していれば、大言壮語の罪を犯していた可能性があります。 しかも先ほど述べた、ヨハネのエリヤである事の否定の会話の翌日に、自分の方に来るイエスに対し「神の子羊」と賛美する件があります。不和になっている者同士の態度には到底思えません。 >いつまでも別行動をとっていたり、 イエスの弟子や理解者は、十二使徒以外は必ずしも共に行動していたわけではありません。マグダラのマリアなどがその例でしょう。ヨハネは主の道をまっすぐにする、先を行くべき人物だと思います。 >重要な役の割に変な死に方をしていたり、 変な死に方とおっしゃるのが理解しかねます。イエスの先駆けを築き、国主たる人物の不法を命をはってまで批判しての死ですから立派な最期と思うのですが。率直に言って彼はキリスト教徒初の殉教者といって差し支えないとすら思います。 >天の国で一番小さい者と評価されたりと ちなみにこの前にイエスは「女から生まれた者(地上の人物と考えます)の中でヨハネより優れた者はいない」とも言っています。イエスがこの世の人物でここまで高く評価した例は後にも先にも見られないと思いますが。ヨハネが天の国で一番小さい者も彼より大きいと説いたのも、天の国と地上の差の大きさを強調する為に過ぎず、ヨハネをけなす為の表現とは思えません。 私が言えるのはここまでです。後は、age1118さんのご判断に任せます。 なお、#2の方の意見に基本的に異論はないのですが、 >理由はサロメを読めばわかると思います。 間違っていたら大変失礼ですが、これはオスカー・ワイルド原作の戯曲サロメの事でしょうか。この作品は聖書に基いたワイルドの創作であって、芸術・娯楽の対象とするのは結構ですが史実として受け止めるのは適切ではありません。 二度にわたり失礼しました。以上です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。クリスチャンではないと言われるkodai78様にも納得できない内容なのに、ましてや信仰暦の長い父に納得できるものではないことは当然なのだと感じました。

  • 回答No.2

私が知る限り、ヨハネはヘロデによって処刑されました。 理由はサロメを読めばわかると思います。 ヨハネ教団は今までとは違って一部の知識人のみの ユダヤ教だったものを、一般庶民にも身近なものとして 広めたので、その信者の数は膨大になりました。 ところがヨハネが処刑されたことで、リーダーがいなくなり かわってイエスが選ばれヨハネ教団の信者をひきうけたようです。 だからヨハネとイエスが敵対していたのではないようです。 イエスの殺害は、派閥争いのようなものです。 戒律を重んじて厳しくすることで、社会の秩序を保って きた派にすれば、戒律より癒しを優先させたイエス教団は とても煙たく、また、自分達の地位を脅かすもので 放ってはおけず、潰す機会を狙っていました。 そして過ぎ越しの時に機会はやってきて、民族独立の 機運が高まったのを利用して殺したようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 私が、イエスとヨハネの不和と書いたのが、少々誤解を招いた感がありますので付け加えますと、不和=敵対(積極的なマイナスイメージ)ではなく、(ペテロや他の弟子たちのように)積極的にイエスに従っていこうとはしなかったという意味です。

  • 回答No.1
  • kodai78
  • ベストアンサー率45% (56/122)

まず、洗礼者ヨハネの位置づけですが、彼は旧約聖書のイザヤ書40章3節で預言されていた、メシアの通るべき道を正すべく存在となります。 当時のユダヤ教のどの派にも属せず、荒野で修行をし、身分や立場を問わずに人々に教えを説いていました。真剣に自らの罪を悔い改めた者に儀式的に水の洗礼を授けていた、歴史上ではイエスの師匠と言っても差し支えのない人物です。しかしヨハネは自分を「私の後からこられる方はより力があり(イエスのことです)、私はその方の衣服を脱がす値打ちもない」といっており、イエスが洗礼を受けに現れた時も「私こそあなたから洗礼を受けるべきでは」と言っています。しかし、イエスはそれを拒みヨハネから洗礼を受けることを主張しました。 その意味ではたしかに不可解に思えるかもしれません。 ただし彼の行動は後に布教活動を始めたイエスの見本であり、自ら進んで荒野に赴き弱者の立場に立ち、病苦や罪の意識に苦しんでいる者に対し然るべき導きを説いていましたが、驕る権力者に対しては容赦のない批判をしました。その結果、ユダヤの国主ヘロデの不倫を批判し、投獄され、最後に刑死しました。これはイエスも同じような道をたどることになります。キリスト教の教えではイエスは三日目に復活しますが。 私はクリスチャンではありませんが、キリスト教について勉強した時期があります。そしてほぼ同時期、統一教会の勧誘も受けたこともあるため、いくらかですがその教理も知っています。統一教会では洗礼者ヨハネをメシアであるイエスの直接弟子にならなかった事から、謀反者のように教えていますが、私には全く理解できません。 聖書的に考えれば、彼は主(イエス)の通る道を正すために現れたのであって、後に従い弟子になるための人物ではないと思います。 さらに統一教会がヨハネを否定する原因の大きな所に、マタイ福音書11章にある、ヨハネが牢獄から「来たるべき方はあなたですか。それとも別の方を待つべきですか」とイエスに対する矛盾ともとれる質問を彼の弟子を通して行なった箇所があります。しかし、当時イエスの説く教えは必ずしも誰からも受け入れられるものではなかったようです。いつの時代も正しいことを言っている者が尊重されるとは限らないように、悪態も多かったと考えられます。獄中の直接イエスの布教を見ることのできないヨハネには不安だった、と私は考えます。そこで彼が出した質問も「来たるべき方(つまりメシア)」への忠誠ゆえの再確認であって、それを納得できれば改めてイエスへの信頼もできたはずです。そこでイエスはヨハネの弟子達に「あなた達が聞いたり見たりしたことをヨハネに報告しなさい」と答えており、「自分は絶対メシアだから信じろ」などといった強制はせず、事実を聞いて自らの意思で悟るように述べたのだと思います。 そしてその直後、イエスは群集に向かってヨハネを「預言者より優れたもの」と高く評価しています。不和になった相手をここまで賞賛はしないと思います。 イエスが十字架で刑死したのはヨハネの不信によるものとする統一教会の教えは、彼らの独特の考えを成立させるために聖書の部分的な引用を加えたものにしか思えず、私には納得しかねます。イエスとヨハネの不和というのは統一原理の特有の解釈と私は考えています。 それが正しいか、間違いかの結論は遠慮させていただきます。 最後に言わせていただきますが、統一教会とキリスト教は似ているようで全く異なる、相容れようのない教えの宗教です。こういうと統一教会側は私のような者をサタンと呼ぶかもしれませんが。 どちらか教理の視点のみではなく、age1118さんが自主的、客観的に判断されることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

元々キリスト教であった関係上、それなりにキリスト教の理解もあるつもりなんです。 イエスの示唆に対し、私はエリヤでないと否定したり、いつまでも別行動をとっていたり、重要な役の割に変な死に方をしていたり、天の国で一番小さい者と評価されたりと私自身は納得できないものが、統一原理で氷解したのですが、父親が納得しないのを見て、一般のクリスチャンはどう考えるのか知りたくなったのです。どうもありがとうございます。

関連するQ&A

  • 無教会は、キリスト教と言えるのか?

    内村鑑三に代表される無教会主義があります。 プロテスタントに限れば、教会(コングリゲーション、厳密には信徒の集合)は最重要視されているようです。 ここで、教会は信仰の根幹ではないと言ってしまった場合、それでもキリスト教と言えるのでしょうか? 個人的には無教会主義にも、ある種の魅力を感じますが、ここでは純粋に理屈の上での当否だけを教えてください。

  • 洗礼後の堅信を断りたい

    カトリックの洗礼を受け、その後はたまにミサに行くだけの信徒です。 洗礼の時はその後も週1くらいで堅信に向けて勉強会を続けるという話だったのですが、 神父様がお忙しいらしくそれっきりになってしまいました。 他の教会で洗礼を受けた知人は、洗礼後も定期的に勉強会を受けているそうです。 そういう話を聞くと、羨ましく思います。 私も勉強会に参加して学びを深めたいのですが、教会では洗礼希望者向けの勉強しかないようです。 先日ミサに行った時に、堅信のためO月O日をあけておくようにお話がありました。 でも正直に言うと洗礼後に学びを深める機会もなく、堅信と言えるほど信仰も深まっていません。 むしろ洗礼を受ける前の方が信仰に近く、いまは遠ざかっているのを感じます。 洗礼を受けたことには満足していますが、その先を進めるほどの準備がまだ整っていないように思えるのです。 こんな気持ちのまま、堅信を受けたくありません。 お断りすることもできるのでしょうか?

  • 洗礼を受けたいのですが、カトリックかプロテスタントか迷っています。

    洗礼を受けたいのですが、カトリックかプロテスタントか迷っています。 会社の近くにある、日本キリスト教団の教会に通うか、 家に近くにある、カトリック教会に通うか、迷っています。 5年くらい前からキリスト教に興味を持ち始め、 聖書や色んな本を読んで勉強しています。 カトリックとプロテスタントの違いもだいたいわかるのですが、 自分の中でどちらを求めているのかはよくわかりません。 (正直どちらでも良いのではないかと・・・) 日本キリスト教団の方は、日曜の礼拝、水曜夜の聖書研究会、金曜の夕拝があります。 他にも、いろんな会(婦人会とか)があります。 日曜礼拝に行ったことがありますが、けっこう大きい教会で日曜礼拝には200人はいるんじゃないかと・・・ カトリック教会の方は、平日早朝のミサと日曜のミサがあります。 日曜のミサに行ったことがあるのですが、小さめで50人いるかどうか・・・という感じです。 たぶん初めて見る顔だと思われたと思いますが、誰にも声をかけられず、 日本キリスト教団の方とはすごい違いだな~と実感しました。 (自分から声をかけられる性格ではないため、入りずらいというのが正直な感想です・・・) カトリックの教会の場合、洗礼を受ける講義のようなものを受けるみたいですが、 それは、どの教会でも普通やっているのでしょうか?(仕事があるので、平日の夕方か土日しか無理ですが) 電話で問い合わせても失礼ではないですか? まだまだ不勉強なので、すごく失礼な話かもしれませんが、 私は教会にいると落ち着くので、会社帰りに教会で心を落ち着かせたいとう思いがあります。 でも、マリア様が好きなので、そうするとカトリック教会で洗礼を受けた方がいいと思うし、 カトリック教会の日曜ミサに参加し、洗礼も受け、会社帰りにプロテスタント教会の礼拝にも参加する・・・ やはりおかしいでしょうか・・・・??? 私の意識では、教会は自由に入って祈ることができる場所だと思っているのですが、 (テレビか何かでそう聞いたような・・・) 以前、あるカトリック教会へ夕方に思い立って行ってみたら、閉まってました。 カトリック、プロテスタント共に、教会への自由な出入りは難しいでしょうか?(最近は物騒ですし・・・) 通える範囲内では、日本聖公会やいろんなプロテスタントの教派の教会があって、 どこに通うか、どこで洗礼を受けるか、ずっと悩み続けています。 周りにキリスト教に関する相談ができるような人が一人もいない為、 本当に失礼な質問をしているかもしれませんが、なにかお話をお聞かせいただけると嬉しいです。

  • カトリックとプロテスタントの違い

    キリスト教のカトリックとプロテスタントの違いがわかりません。 また、ユダヤ教とどんな関係があるのでしょうが・・キリスト教にもその他の教派がありますよね?モルモンと統一教会、エホバの証人は別として・・・・・

  • キリスト教信者の夫と結婚し洗礼予定です。

    プロテスタント(改革派)信徒の夫と結婚して2年になります。昨年娘を授かりました。 このたび、娘が幼児洗礼を受けることになりました。その時に同時に私の洗礼もすることになりそれについて悩んでいます。 主人の実家は義父に彼の母方の祖父、叔父がプロテスタントの牧師家系です。主人自身は大学生の時に信仰告白をしました。私のほうは父方が浄土真宗の仏教ですが、実家が自営業で家に神だながありえびす信仰ではないですが、商売繁盛などのお札があって神棚を拝むような家でした。しかし、幼稚園はカトリックの幼稚園で七五三などは教会で子ども祝福式としてやったり・・・といろいろ混合した典型的日本人です。住んでいた場所も神社仏閣が多く、遊び場はお寺だったり神社だったり教会だったり・・・ そんな環境ですごしたため、八百万の神様だったり阿弥陀様だったりイエス様だったり見えないけどすべてに神様がいるという気持ちがあります。そういう感性を大切にしたいとおもっていました。 主人の実家は敬虔なクリスチャンホームではあるのですが、かなり柔軟な義母でクリスチャンホームの方々があまり行わないと言われる日本古来の行事(お食い初め、お雛祭り、七五三など)を行うことに否定的なことは言わないし、主人もライフイベントとして行うことに抵抗はないようです。(神社仏閣に行っても拝みはしないですが) 娘の幼児洗礼に合わせて私も洗礼を受ける予定だと先に述べましたが、主人は「娘のためにするものではないから、しなくても大丈夫だよ。」と言ってくれます。義実家にしても私の信仰に関してはなにも言いません。ただ、通っている教会からは無言のプレッシャーといいますか、遠まわしに言われまして、主人とずっと生きていくなら私もいつかは改宗しようと思っていたのでそれが少し早まったのだと思い、娘と一緒にしようと思い立ったのですが、勉強会の話になり思いが揺らいでいます。 結婚が決まってから今まで毎週日曜日(休むこともありましたが)礼拝にでています。子どものころはイエス様にお祈りをしてからご飯を食べるような幼稚園だったのでキリスト教に抵抗があるわけではないのです。 でも、上記に記載したとおり、私にとって八百万の神様もイエス様も同じなので、一神教であるキリスト教徒になるのはどうなのだろうか・・・・そういう思いが抜けません。 主人みたく神社仏閣に神様はいない!とは宣言できないのです。この気持ちがなくなってから洗礼をうけるのが筋なのではないか・・・・でないと、他の方々に失礼にあたるのではないか・・・・など色々と考え混んでしまっています。 やはり、まだ私は受けるべきではないでしょうか・・・・。これから物ごころがついていく娘にクリスチャンホームを守り教えていく母としてこのままでよいのでしょうか・・・・。(ちなみに主人と話、娘の宗教に関しては成人するときに自分で選ばせる予定ではあります。) プロテスタント教徒の方、結婚を機にキリスト教徒になられた方などアドバイスを頂ければ幸いです。 頭の中がうまくまとまらず、読み難い文面や不快に感じる文面がございましたら申し訳ございません。 よろしくお願いいたします。

  • キリスト教で教えて下さい

    最近、初めて教会へ出向くようになり下記の内容で悩んでおります。 ローマ・カトリック、プロテスタント諸派の何れの教派の方でも結構なのでご教示下さいませ。 1.離婚経験者がミサに参加して良いのですか?  当時はチャペルに憧れての、プロテスタント式のホテル婚でした。 2.将来、再婚する場合にはカトリック教会では挙式を挙げられないのですか? 3.祈りの姿勢は手を合わせるのか手を組むのか、何れが正しいのですか? 4.信徒(信者)の基準はあるのでしょうか? 5.未洗礼者が十字架を身に着けていても問題は無いのでしょうか?

  • キリスト教について質問します。

    昔、プロテスタント系の教会に通っていたのですが、そこで疑問に感じた事を質問します。キリスト教について詳しい方、教えて下さい。  (1)クリスチャンはなぜ祈っているだけなのでしょうか?基本的に聖書勉強をして、祈って終わりという事が多いような気がするのですが・・・。これは何故なのでしょうか?  (2)「礼拝」と「信仰」という概念がありますが、これはどういう意味なのでしょうか?何故、かくも信仰、信仰と信仰をやたらと持ち上げるのか、そして礼拝とは一体何なのか?質問しても誰も答えられなかったもので。  この二つについて教えて下さい。

  • カトリックと日本キリスト教団、長老派、統一教会、エホバ、モルモンは製同一性障害者に洗礼を許しますか?

    カトリックと日本キリスト教団、長老派、統一教会、エホバ、モルモンは性同一性障害者に洗礼を許しますか? また正常になれと教育しますか?

  • 良いキリスト教の教会、教えて下さい。

    霊験あらたか(効果が明らか)で東京都内にある、キリスト教の教会に通いたいと考えている者です。(ただし「エホバの商人」や「統一教会」のような異端の団体を除いて) 観念的部分だけでなく、その教会に通って、実際に精神的にでも物質的にでも救われた経験のあるかた、是非ご連絡下さい。 また、霊的なエネルギーの強い教会をご存知の方もご連絡下さい。 よろしくお願いします。

  • キリスト教の十分の一献金について

    キリスト教の十分の一献金についての質問です 私はキリスト教のプロテスタントの教会に通っています。 洗礼を受ける予定でした。 洗礼を受けると十分の一献金をするようになる、と聞きましたが、 献金袋に名前を書いて、それに献金を入れる、とのこと。 誰がこの袋からお金を取り出すのでしょうか。教会員のだれでしょうか。牧師先生ではありませんよね。 私は少なくしか出せないのですが、金額を見た人は、この人多い、とか、少ない、とか、人間だから思うのでしょうか。経済状態を知られて、普通、皆さん嫌ではないのでしょうか。