• 締切
  • 暇なときにでも

柔道家の総合転向

  • 質問No.1150907
  • 閲覧数536
  • ありがとう数3
  • 回答数3

お礼率 25% (129/509)

小川、吉田選手に続き、秋山、瀧本選手らが総合格闘技に転向しました。上記の選手たちは過去にオリンピック、世界選手権、国際大会で輝かしい実績を上げた選手ばかりです。そのまま指導者としても文句ないと思います。私は柔道経験があり、息子も柔道をしています。安定した生活を捨て、プロ格闘家を目指す背景には柔道を続けていてもお金にならないいんですよね。秋山、瀧本両選手はオリンピック出場の夢が破れたのも関係していると思います。アマで指導者をやっているより巨額ファイトマネーが入ってくるから魅力があると思います。吉田選手なんか明大柔道部の監督をしていたくらいですから。以前、シドニーオリンピック柔道で、疑惑の判定で銀メダルにされた○原選手が当地へ講演・柔道大会ゲストに来てもらうのに100万位用意された(内内の噂だと思いますが)聞きました。現在トップの井上、鈴木、棟田選手なんかも将来的に参入もある?柔道選手の引退後はそんなに優遇されていないんですよね。山下、斉藤選手なんかは全日本の監督、コーチなどをしていますが、やはりお金にはならないのでしょうか?ビッグネームですが。最近、柔道をする少年少女が減っているそうです。全柔連は柔道ルネッサンスを啓蒙していますが、メダリストのプロ格闘家転向を見ていると、やはり、お金は稼げない、そんな背景が…、皆さん、どう思われます?

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 16% (70/420)

 吉田選手や瀧本選手は、いずれも道場を立ち上げて少年少女の柔道啓蒙のためプロ格闘家に転向したという理由を挙げていますよね。もちろん小川選手が悪例を作ってしまった、全柔連へのいいわけといううがった見方もありますけど。
 スター性のないアマスポーツのアスリートは、引退してつぶしもきかず、将来の見返りがいち指導者しかないというのではシビアですから現実的な判断では? しょせん野村選手なんか自虐ネタででいってる通りYAWARAちゃんの「裏番組」ですから。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 23% (132/553)

質問の内容は、柔道選手は引退後に金が稼げないのか?
という事でしょうか?

それとも「現在トップの井上、鈴木、棟田選手なんかも将来的に参入もある?」という部分でしょうか?

質問の意図がわかりにくかったので補足要求させて頂きます。
また、適当に改行を入れていただけると、読みやすいです。
補足コメント
1960ken

お礼率 25% (129/509)

現役引退後の生活、将来についてです。
投稿日時:2005/01/03 15:36
  • 回答No.1
お金もうけを考えると、体力的にも今しかないので、格闘家へ転向しますね。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ