• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

一月一日の《天声人語》

  • 質問No.1150504
  • 閲覧数279
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 95% (4831/5074)

 一月一日の《天声人語》を読んでいます。http://www.asahi.com/paper/column20050101.html
分からないところについてお伺いします。

1.『夜明けを待ちながら、いわば空中の一点となって見た大自然の数々を、より遠くに、よりはるかに感じられたものから順に記す。天 星 月 空 水 雲 地。』

 『より遠くに、よりはるかに感じられたものから順に記す』とは「近いところから遠いところまで」と「遠いところから近いところまで」のどちらなんでしょうか。『より遠くに、よりはるかに感じられたものから順に記す』の中で言った順番のことがよく理解できません。

2.辞書を引いてから、いくつかの単語は複数の読み方があります。この文の中で一般的に何と読むのか、教えていただけないでしょうか。
 第一段落:右手の西方、灯が瞬く
 第三段落:記す
 第四段落:宿す、衣、大空

3.質問2の中の『第何段落』の後ろの『:』は日本語の中にないと思います。『、』を使ったらいかがでしょうか。

 日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現がありましたら、それも併せて指摘していただければ助かります。以上宜しくお願い致します

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 48% (370/759)

awayuki_chさん、お早うございます。いつも頑張って勉強していますね。今年も頑張りましょう。

さて、天声人語を読みましたが、正直、あまり言い文章とは言えませんね。気取った言葉使いが多く、実際の風景や、作者の感情が殺されてしまっています。
日本語の教材としては、不向きでしょうね。

それはさておき、ご質問にお答えします。

1、執筆者の言わんとすることは、遠くのものから順に、ということです。
分りにくくしている原因は、「より」という比較級をつけていることにあります。
「遠くに、はるかに感じられたものから順に記す」なら、少しは分り易くないですか?
物に順序を付ける文章なのに、最初に比較の言葉を入れるのは、不自然な表現です。
「もっと遠くに見えたものから順番に挙げると・・・」と言い直したら、この文章の不自然さがわかるでしょう。

2、読み方については、
・「右手」は「みぎて」
・「西方」は、「せいほう」とも「さいほう」とも読みます。意味は同じ。
・「灯」は「ひ」が正しいのですが、当て字で「あかり」と読ませる場合もあります。この場合は、気取った文章なので、「あかり」と読ませたいのかもしれませんね。
・「瞬く」は、「またたく」ですね。点灯でなく、チラチラ点滅を繰り返している状態ですね。
・「記す」は、「しるす」とも「きす」とも読みます。
「きす」の方が「業務上の文章」という印象が強くなるので、この場合は「しるす」と読みたいですね。
・「宿す」も、「やどす」でも「しゅくす」でもいいのですが、「きす」の理由と同じで、「やどす」と読みたいですね。
・「衣」は「ころも」です。「包み込んでいる」という使い方の場合は、こう読みます。
・「大空」は「おおぞら」です。他の読み方というのは「たいくう」でしょうか?この読み方は使われないと思います。

3、『:』は、日本語にはないのですが、パソコンが普及されてから、盛んに使われるようになりましたね。
『、』を使った場合は、

『第一段落、右手の西方、灯が瞬く』

となりますが、『、』が多すぎるし、そもそも3つの単語が並列になってしまい、意味が変ってしまいますね。

『第一段落の、「右手の西方」と、「灯が瞬く」という文章の』

ならば、文章を区切るのでいいと思いますが、項目を箇条書きにする場合は、『:』を使った方が分りやすいですね。
尚、「」や()も、日本語にはなかった記号ですよね。

最後に、例文の「天声人語」で、変に感じた部分をあげ下させてください。
「いわば空中の一点となって見た大自然の数々」
⇒大自然が数々あるのに、「一点」ではおかしい。
「空中を構成するものとして見た」というべき。

「月は最も近い星であり、地球の衣である大空の下には・・・」
⇒未だ「藍色」で暗い空を見て、「地球の衣」とか「大空」と感じるのは不自然。
「空」という印象より、「宇宙」と感じるはず。
その場で書いた文章でなく、後で作り出した文章という感じを受ける。

「壮大な沈黙の交響」
⇒イメージが湧きますか?
言葉に酔いすぎですね。

長文、失礼しました。
お礼コメント
awayuki_ch

お礼率 95% (4831/5074)

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
 今朝早くにもかかわらず、ご親切に教えていただき誠にありがとうございました。とても役に立つご回答です。良く分かりました。
 本当にありがとうございました。今年も引き続き頑張ります!
投稿日時:2005/01/04 00:12

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (20/53)

【質問1について】
この文では、「より遠くに」「よりはるかに」の二つの文節は並列の関係にあり、ともに同じような意味を示しています。ですから「遠くの方にあるように感じられたものから記します」というような意味となります。

【質問2について】
右手の西方(みぎてのせいほう)
灯が瞬く(ひがまたたく)
記す(しるす)
宿す(やどす)
衣(ころも)
大空(おおぞら)

【質問3について】
「質問2の中の『第何段落』の後ろの『:』は日本語の中にないと思います。『、』を使ったらいかがでしょうか」という文は、意味が通らないです。
おそらく
「質問2の中の『第何段落』の後ろの『:』は日本語ではほとんど使わないと思います。『、』を使った方がいいでしょうか」というお尋ねだと思います。

awayuki_chさんが今回、質問文で書いてらっしゃるような箇条書きの場合、分かりやすさを優先した方が良いと思います。

私は非常に分かりやすく、このままでも十分問題ない記述の仕方だと思いました。

いずれにしても、この日の「天声人語」は相当叙情的な書き方で訳しにくい文章と思います。

がんばって読んでみてください。
ほかにも不明な点がありましたら、追加でお尋ねください。
お礼コメント
awayuki_ch

お礼率 95% (4831/5074)

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
 昨夜夜分遅くにもかかわらず、ご親切に教えていただき誠にありがとうございました。良く理解できました。
投稿日時:2005/01/04 00:07
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ