• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

仮定法の一種でしょうか?

"I would have thought (that) you were a full-time employee by now."「もう、正社員になったかと思っていた」 TOEIC向けの問題集に出てきた表現で、意味はわかり、仮定法の一種ではないかと考えているのですが、ネットや文法書を調べても文法を解釈している例がなく、確信がもてません。 私の解釈としてはこうです。 I would have thought:思ったのは過去の話であり、過去の仮定だから仮定法過去完了の形になる。 you were a full-time employee by now:現在の仮定の話であるから仮定法過去の形になる。 他に気付いた事は、that節と主節の関係が仮定法の条件節と主節の関係と酷似している・・・という様な断片的なものです。 仮定法の○○というような用法だよ!という方がいらっしゃればとても有り難いです。 長くなりましたが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数6
  • 閲覧数338
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

こんにちは (1)理屈をとおせば、 たとえば、 If you had not told me you are not (a full-time employee), I would have thought (that) you were a full-time employee by now. の If節が省略されたもの。 「(君がそうでないと言わなければ)正社員になっているものと思っただろう」 (実際は言ったので、正社員になったとは思わない) (2)形式は仮定法過去完了 しかし内容は、現在(の事実と反対の仮定)。 事実でないことを強調するために、現在のことについて仮定法過去完了を用いることがある。 例 If I had had cash now, I would have paid you. 「今持ち合わせがあれば、払うんだが」(ロイヤル英文法:仮定法過去完了) ありえなさ(実現不可能性)の強調。 この点については、 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1026824 のNo.14さんの回答が大変有益です。 ロイヤル英文法が1例のみあげて、説明も粗略なのに対して 用例をいくつもあげて、丁寧に説明してくださっていますので、 参照を是非ともお勧めします。 私自身助おおいに助けられましたので、この場を借りて、 No.14さんにお礼申し上げます。 問題の文は、 君の勤務状態・勤続年数などからすれば、だれでも正社員になっているものと思うのが当然なのだが、 というような事情を背景に、 「(君が言ってくれたから、思い違いをせずにすんだが、 言ってくれなければ、)正社員になっているものと思っただろう」 というのが基本の意味合い。 言外に、 まだなっていないとは驚いた(不条理だetc.) のようなニュアンスがあり、 したがって、 「もう、正社員になったかと思っていた」 のような訳になります。 仮定法は感情的な表現なので、 ぎりぎり事実として実現しなかった というニュアンスをふまえる場合もあると考えていいのでしょう。 (3)または、 もう・とっくにそのように思ってもいい頃だ(が、実際はそうでない) のニュアンスにもとれるかもしれません。 It’s time I would have thought (that) you were a full-time employee by now. 「(勤務状態などからすると、とっくに)正社員になったと思ってもいい頃だ」 のIt’s timeを省略。 言いたいことは It’s time you were a full-time employee by now. 「(勤務状態などからすると、とっくに)正社員になっていてもいい頃だ(なのに、まだなっていないのは不条理だ)」 と同じ。 (4)主節が仮定法のときの従節の時制の一致 原則:従節は、主節に影響されず、その独自の意味内容に従って自由に時制を選ぶ。 例外:主節の過去(完了)形に、形のうえで影響されて、書き手が、従節を機械的に過去形にすることがある。 a) If you had not told me you are not (a full-time employee), 主節had not told過去完了形、しかし従節は内容が現在の事実なので、主節に関係なくare現在形(原則どおり)。 b) I would have thought (that) you were a full-time employee by now. 主節would have thought過去未来完了形、しかし従節は内容的に現在の事実に反対の仮定なので、主節に関係なくwere仮定法過去形(原則どおり)。 (5)以上は、あえて文法的に説明してみると、ということです。 実際にはIf節その他をともなわず、 I would have thought (that)…単独で、決り文句として使うのが標準のように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変丁寧なご説明、ありがとうございます。 自分の中で、(1)や(3)から簡略化された仮定法の一種のポピュラーな言い回しという判断ができました。 (2)については、(今はもう正社員ではない事を知っていて)正社員だと思っていたのは過去の話なので、現在の事実でない事を強調する過去完了ではなく「仮定+過去」で仮定法過去完了が用いられているのではないかと思いました。 dragonjuinさんの他の質問者に対する回答にもいつも感心させられています。ロイヤル英文法をお使いになられているようですが、それ以外にお使いになられている良い文法書等はありますか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

ごめんなさい。質問文をよく読まずに解答してしまったようです。No4の補足をします。 この文はまさしくあなたの解釈どおり仮定法過去完了です。見事な解釈です。 ‘if 節は仮定法過去完了、帰結節は仮定法過去’という文がありますが、これも参考になると思います。 If you had taken my advice, you would be a full-time employee now.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答、ありがとうございました。 >これは仮定法で、‘過去において実際には行われなかったことについての仮定的想像を表す’用法です。 この用法は「マスター英文法」にてそう捉えられていたのですか?rendezvousさんとdragonjuinさんのご回答から、条件節が簡略化された仮定的想像を表す仮定法の用法だと解釈させて頂きました。 お力になっていただき、有難うございました。

  • 回答No.4

●これは仮定法で、‘過去において実際には行われなかったことについての仮定的想像を表す’用法です。 He wouldn't have enjoyed the party. ([彼はパーティーに行かなかったが、仮に行ったとしても]パーティが楽しくなかっただろう) I could have done it with ease. (私はそれを[実際にはしなかったがやれば]容易にできていただろう) It might have been worse. ([事情によってはもっとわるかったかもしれない]がまぁまぁというところだった) (以上の英文は中原道喜・「マスター英文法」・pp423・吾妻書房より抜粋) ●下記の助動詞の過去推量などと混同しやすいですが、厳密には区別されます。ですが、区別にあまり意味はありません。 ‘助動詞+have done’の形で過去の出来事に対する推量や後悔・非難などを表す。 must           ~した(だった)に違いない  may           ~した(だった)かもしれない cannot + have done  ~した(だった)はずがない should          ~すべきだった(のにしなかった) need not         ~する必要はなかった(のにした) I should have done earlier. (もっと早くすればよかった[のにしなかった]) ●主語・副詞句・不定詞・助動詞などの中に If... の気持ちを含ませる用法であると何かの本で読んだことがあります。参考になればうれしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#175206
noname#175206

 これは仮定法ではなく、would have ~ で過去についての想像や推定を表す用法です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

仮定法ではないと思いますよ。仮定法の文章だったら、 「もし~だったら」という訳になってくるでしょうし。 wouldの方は、想像とか推定を表しているんじゃないでしょうか。 過去のことについての推定では「would have + 過去分詞」を使います。 you were の方は、単に時制の一致というだけの気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

その訳は問題集にかいてあったのですよね?「ずっと正社員かと思っていた」かと思いましたがー、どうなんでしょうねー。単なる過去完了の継続用法にも思えますがー。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 仮定法過去完了について

    If I had been given that scholarship, I would have been studying in the United States for two months now. (もしあのとき奨学金をもらえていたら、今頃は2か月間アメリカで勉強していることになっただろうに。) この文章変ですよね? 過去問の模範解答に例文として載っていたのですが、 If節と主節に時制のずれがあるのに、If節も主節も仮定法過去完了の文になっています。 本当はIf節は仮定法過去完了、主節は仮定法過去の文にしなければいけないのでは…? どうしてこの文で正しいのかが分かりません。 どなたか教えて下さい!><

  • TOEIC問題集の仮定法の文法問題について

    以下の問題について質問させていただきます。 If it had not been for that team of consultants, our company ( ) in the red this year. A. has been B. would have been C. was D. would be 文法書には、If節が過去の事実に反する仮定、主節が(過去の事実ではなく)現在の事実の反対の場合、仮定法過去完了の例外で主節は「過去形助動詞+原形」を使うと書いてあります。 それを踏まえ、コンサルタントチームがいたの(If節)は過去の事、赤字にならない(主節)のは現在の事と考え、仮定法過去完了の例外と考えてDのwould beを選びましたが、正解はBのwould have beenでした。 何故、If節で過去の事実に反する仮定、主節で(過去の事実ではなく)現在の事実の反対を言っているのに、Bが正解になるのかがわかりません。 仮定法過去完了の例外が適用されない理由をご教示いただけたら幸いです。

  • 混合仮定法・・・。

    とある問題で、途中からの抜粋ですが、 I began to lose weight at boarding school. By the time I went home, I could no longer stop dieting. Several times, I met boys I liked at parties, but I was not contacted afterwards, so I began to doubt myself and my attractiveness. Painfully thin though I was, I thought perhaps they would have liked me more if I were thinner. 最後のthey would have liked me more ~ で、仮定法過去と仮定法過去完了の混在なのですが、普通はif節の時制の方が古くて、帰結節が新しいというのはよくあることだと思います。 直訳すれば「今自分がもっと細ければ、あのときの男の子たちは私のことをもっと好きになっていてくれただろうに。」なんですけど・・・。 解釈としては、たとえば、「月が四角なら、行ってみて研究したのにと、大学の頃思ったよ。」のように、 I thought, when in college, that I would have visited the moon and researched it if it were cubic.(間違いがあれば添削してください) となって、「月が丸いのは不変の事実」だから、仮定法過去でしか表せないとなるのと同じように、 本文の彼女においても、「細くありたい」ということが「彼女の不変の習性である」ために、仮定法過去でしか表せないのかという解釈に落ち着いているのですが、そこまでしなくとも、仮定法過去完了の方が自然な気もします。 または、別の解釈があるのか、みなさんのお考えをいただきたいと思います。長くなりました・・・。

  • 「仮定法」って何を指すんですか?

    日本での英語教育は極めて体系的に編纂されていますが、残念ながら甚だ論理性に欠ける部分があります。そう、「仮定法」です。 仮定法というのが、構文を指すのか動詞の叙法を指すのか曖昧です。 仮定法で最初に習うのは仮定法過去ですよね。例えば次の文です。 If I were not sick, I would make a trip round the world. それで仮定法というのが if節で amがwereなっているのを指すのか, 主節でmakeがwould makeになっているのを指すのか、それともそういう構文を指しているのかよく分かりません。 次に仮定法現在です。 It is requested that the papers be made ready within a few days. この文はさっきの仮定法過去と違って、「仮定」の要素を含んでいません。そして、仮定法というのは、that節内でbeがisでなく原形のまま用いられていることを指していると思うんですが、beを should beにすることも出来ますよね。これも仮定法現在と呼ぶんでしょうか?

  • 仮定法過去について…

    質問です。 現在・未来について仮定する際にも用いるようですが、 (1)If it is fine tomorrow, I will go out. (2)If it were fine tomorrow, I would go out (1)の文は可能性が有ると判断するので現在形。 (2)の文は可能性が無いと判断するので仮定法過去。 となるのでしょうか。 (1)は時・条件副詞節中は、未来のことでも現在で表す…との解釈もありますが、仮定法の解釈で云う「可能性が有る」というとも解釈できますか。 また、未来のことも可能性がほぼゼロであれば仮定法過去で表すということですが、(2)の文のように、tomorrowがあるのにwereを使ってもいいのでしょうか。 さらに、万一のshouldは「可能性が少しある」時に使うようですが、そうなると (3)If it should be fine tomorrow, I will[would?] go out. となるのでしょうか。主節のwillかwouldかの区別も「?」です。 以上、ご高見を拝借願います!

  • 時制について

    時制の一致の問題で、 基本的に主節が過去形なら従属節も過去形にしますよね。 I thought you were going to shool.のように。 ではさらに続けてthat節や関係詞が続く場合、こちらもまた 過去形または過去完了形にするのでしょうか? 例えば I thought you were going to shool that is located in Tokyo. I thought you were going to shool that was located in Tokyo. 時制の一致の例外以外の理由で主節が過去形なのに that節が現在形なのは変なような気がするのですが・・・ 文法書にも載っていないのでどなたかわかりませんか?

  • 仮定法の問題について質問です

    受験生です。 過去問を解いていたら疑問に思った部分があったので教えて下さい。 If I hadn't broken up with Hannah last month, I [     ] going out with her for two years. 1. had been  2. have been  3. will have been  4. would have been 訳は「もし先月ハンナと別れていなかったら、今頃は2年間彼女と付き合っていることになったのに」です。 答えは4になります。 1と2には助動詞が無いからおかしいし、3は助動詞が現在形だからおかしいし、消去法で4を選んで正解したには正解したのですが… 私は、この文はIf節と主節の時制がずれているので、If節が仮定法過去完了で主節が仮定法過去の文だと考えました。 (例えば、If I had taken the medicine then, I might be fine now. という文も問題の文と同じ形の文ですよね?) となると、≪If S 動詞の過去完了形, S would 動詞の原形≫という形にしなくてはいけませんよね… それなのに4の≪would have been≫を入れても≪would 動詞の原形≫の形にはならないじゃないですか。 参考書を見ていたらどんどん頭がごちゃごちゃしてきちゃって…どなたか教えて下さい。

  • 仮定法について教えてください。

    If 仮定法過去完了の節, 仮定法過去の節. はありえると思うのですが、例) If I had pass the exam last year, I would be a university student now. If 仮定法過去の節, 仮定法過去完了の節.の文はありえるでしょうか?

  • 仮定法について

    I could have made more money if I stayed at my previous job. 条件節に仮定法過去完了、主節に仮定法過去を用いることで「もしあのとき~だったら今頃~となっているだろうに」との形式は理解できるのですが、上記の文章の場合、主節に仮定法過去完了、条件節に仮定法過去と逆の形式となっていて理解できません。テキスト上の訳には、「前の仕事を続けていれば、もっと稼げていたのにな」と条件節に仮定法過去完了を用いる構文のような訳がついていました。 日常的な会話の中では教科書通りの構文ばかりでないのは百も承知の上ですが、どうもしっくりきません。文構造上の解説をお願いします。また、こうした用法はネイティブでは頻繁に出てくるものなのでしょうか。

  • 仮定法について

    If you didn't hear the noise, you (must have been) sleeping at that time. これはIf節が仮定法過去の文にも関わらず、帰結節は must have beenと仮定法過去完了の形がきているのは at that timeという「さらに過去」を示すからでしょうか? 分かりにくい質問ですいません。