-PR-
解決済み

商標登録と意匠登録のちがいは?

  • 困ってます
  • 質問No.11366
  • 閲覧数7039
  • ありがとう数53
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

先ほども、商標登録についてしつもんしたのですがまたおねがいします。
会社のロゴを商標登録しようと思ったのですが、社長に意匠登録とはどう違うのか聞かれてしまいました。いろいろ調べている途中なのですがわかる方いたらお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ごく簡単に言えば、実際に形のある物のデザインを保護するのが意匠登録で、物やサービスを提供する提供者を示す記号を保護するのが商標登録です。
日本の意匠法では、形のある物のデザインを保護するので、フォントやロゴは保護の対象にはなりません。
一方、商標法では、物やサービスを提供する提供者を示す記号を保護するのでその提供者(製造者、販売者など)を示す物でなければ保護の対象にはなりません。
お礼コメント
noname#2997

簡潔な回答でわかりやすかったです。
ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 33% (7/21)

多少回りくどいですが、それぞれの機能について考えてみましょう。

商標というのは基本的にある商品を他の商品から区別するために使う標識です。例えば、VAIOはソニーのパソコンの商標ですし、AIBOは玩具(ロボットペット)の商標ですね。
また、商標は、出所表示機能もあります。例えば、上の例ではソニーはそれ自体も商標です。ソニーという商標の付いていれば、消費者は、ああ、これはソニー株式会社が製造あるいは販売している商品だなということがわかるわけです。
基本的に、上に挙げた商品の識別機能、出所表示機能、それから広告宣伝機能等が商標の機能だとされています。逆にいえば、商標とはそういう機能を果たす標識だということですね。
(もっとも厳密に言うと、日本の商標法はこのような意味での商標すべてを商標登録の対象にしているわけではありません。例えば、理論的には、音楽のフレーズとか、効果音、匂いとかも上記の機能を果たし得るのですが、商標法上は、文字や図形、記号、立体的形状で組み合わされた、つまり、目で見てわかるものしか商標として認めていません。)

一方、意匠とは物品のデザインです。ある物品がどんな形、色をしていて、どんな模様が付けられているか、ということです。例えば、最初のころのVAIOの形状とカラーリング、AIBOの犬型ロボットの形状等が意匠登録の対象になります。

さて、ロゴですが、社長さんは、「ロゴもデザインではないか」とお考えなのでしょう。これはなかなか鋭い指摘です。さすが社長をしていらっしゃるだけのことはあります。ただ、上に説明したように、デザインというのは物品のデザインなのです。従って、ロゴは意匠登録の対象にはなりません。ロゴ自体が物品ということはあり得ないからです。ロゴという文字の組み合わせ自体は商標登録の対象ということになります。

なお、商標にしても意匠にしても、それが使用される商品(物品)を指定して出願する必要があります。ロゴが商標登録の対象になると言っても、ただ、ロゴとして出願することは認められません。例えば、電気製品とか薬品とかです。この場合、商品を指定するという意味は、そのロゴが電気製品や薬品に付けらるということです。AIBOとカコナールとかを商品やパッケージに付けることによって商標の機能を果たすわけです。意匠登録出願で物品を指定するのは、例えば、自動車の形状があっても、ただそれだけではそれが自動車なのか、置物なのか、チョコレート菓子とかなのかわからないからです。意匠は物品と一体になってはじめて意味を持つわけです。

長い割にわかりにくかったかな・・・。
お礼コメント
noname#2997

丁寧な回答ありがとうございます。
これで社長にも説明できます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 43% (235/542)

商標法
(定義)
第2条 この法律で「商標」とは、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合(以下「標章」 という。)であつて、次に掲げるものをいう。
1 業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの
2 業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの(前号に掲げるものを除く。)

意匠法

(定義)
第2条  この法律で「意匠」とは、物品(物品の部分を含む。第8条を除き、以下同じ。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。

 これで、ごく簡単な違いは理解できると思いますが・・・。単なる社名や商品名であれば、意匠登録の対象にはならないでしょうが、ロゴの場合には、形状や色彩によっては意匠登録の対象にも・・・。

 意匠登録の詳細は、以下のページで。

「意匠登録出願手続のガイドライン-オンライン手続対応版-」について 平成 12 年 6 月 意匠課意匠制度企画室
http://202.246.250.115/info/isyoguid.htm
お礼コメント
noname#2997

ありがとうございます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.1

参考URLにしっかりと、取得の方法まで書かれています。
参考にしてください。

とはいっても、私は素人なので、どこまで詳しいかは
わかりかねます。詳しい方フォローを・・・

ではでは☆
お礼コメント
noname#2997

ありがとう。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ