• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

はいりやすい外国語/でやすい外国語

最近歳のはなれたスウェーデン人の友人から彼が留学した日本の大学の話を聞きました。そこでは大学生が外国語について、はいりやすい/にくい、でやすい/にくい外国語という区別をしていたそうです。私の大学時代にはこの区別はもうなかったので、知っている方がありましたらなんでも教えてください。とくにどの時期にどのようなニュアンスで使われていたのかが知りたいです。 例えば、ドイツ語は「はいりにくくでやすい」外国語なのだそうです。暗記事項が多く、簡単な文を正確につくるのも難しいのですが、一度覚えるべきことを身につけてしまえば、ニュアンスまで表現できるかは別として、難しい内容を表現する場合でも正しい文がつくれるようになるという意味だそうです。 反対に英語は「はいりやすくでにくい」言語で、簡単な文章を作るためにはそれほど知識が要らないのに、すこし込み入った内容を表現しようとすると例外の多い複雑な文法に取り組まなければならない、というわけです。 外国語をこのように捉える考え方自体は、今もあるものですが、「はいる」、「でる」という言い方は一度も聞いたことがありませんでした。とても的を射た表現だと思ったので、質問します。どの外国語がはいりにくいか、でやすいかではなく、この表現自体について何か知っていることがあれば回答をお寄せください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数87
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

中国の方に聞いたところ日本語を学ぶ学生は 「笑着進,哭着出」 (笑って入って、泣いて出る) だそうです。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。中国にもそういう言い方があるのですか。私の質問した表現も漢語由来なのかもしれませんね。 参考になりました、ありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#111031
noname#111031

ドイツ語で”aller Anfang ist schwer," ”すべて初めはむつかしい。”という諺があります。 貴方の書き込みから外れるかもしれませんが,英語もドイツ語もやればやるほど,暗闇に入り込んでしまったような気がしています。私には”入りやすく出にくい”とか ”入りにくく出やすい”とか感じるような外国語は一つありませんが。もしそう感ずるならば”勘違い”か”驕り”ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#27172
noname#27172

スウェーデン人とってドイツ語は易しい部類に入ると思うんですが、英語と比較すると少し難しく感じるのかもしれませんね。 日本人にとっては中国語が入りやすいと思います。しかし、中国語って 思ったより難しいので 入りやすく出にくい言語と言えるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりましたが、お礼のポイントを差し上げます。

関連するQ&A

  • 第2外国語

    今年から大学に入った者です。 情報系の学科に入り将来もそういった職業に就きたいと思っています。そこで第2外国語を習得しようと思っているのですがどれにしようか迷っています。うちの大学ではフランス語、ドイツ語、中国語があります。 個人的な考えでかまいませんので、将来的に習得しておいたほうがいい外国語、また難しさなど教えていただけないでしょうか。

  • 第2外国語はどれが簡単ですか?

    経済学部に進むことになりました。 そこで第2外国語をどれにしようか迷っています <フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語> この中から選べます。 どの言語も特に興味はないですし、そもそも第2外国語なんてかなり頑張らないと大学在学中に習得できるものでもないし、実際英語の方が将来役に立つ可能性はずっと高いですから、習得するほど頑張る気はないんです。第2外国語の勉強するヒマがあるくらいなら英語の勉強をした方が良いと思っていますし。 ですから、第2外国語の単位のこととかで困ったりしたくないんです。 できれば簡単なものがやりたいんですが、どれが簡単ですか?

  • 第2外国語の選択にあたって

    大学では第2外国語を選択して勉強しますよね。 私の行く大学では朝鮮語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語からの選択(第5希望まで選ばなければならないのですが)なのですが、どういったものが習得しやすいのでしょうか? 私は英語も全くできないので、外国語というもの自体習得しにくいというイメージがかなりあるんです。 それで、できるだけ習得しやすい言語を選びたいと思っています。 一般的に言われていることでも構いませんので、何か知っている方がいましたら教えてください。

  • 第2外国語

    第2外国語選択で、何を選択しようかまよっています。中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語があります。以前までは、韓国語をやりたい!!と思っていたのですが韓国語は選択できなかったので、余計に悩んでいます。今は、中国をやってみようかなぁ~と思っているのですが、発音が他のものと比べて極端に難しいと聞いたので・・・。実際のところどうなのですか?また、大学に入ってから選択する各外国語の割合っておおまかにどのくらいなのですか?教えてください

  • 外国語選択について・・・

    私は今年早稲田大学に入学するのですが、外国語選択で悩んでいます。 7ヶ国語(英・独・仏・露・中・スペイン・朝鮮)の中から2ヶ国語を選択する事になっています。 一つは高校でもやっていたこともあり、中国語をとると決めています。問題はあと一つ何をとるかです。 パンフレットには大抵の学生は英語と未習外国語という形をとると書いていました。私も英語をとるのが無難かなと(一般的に英語はやっておいた方が良いと言われているし)思うのですが、いま少しドイツ語に興味があるんです。 また未習外国語なら初級から(つまりスタートラインが一緒)なのに対し、英語は中級からということで少し不安です。 というのも私は英語が苦手で、早稲田くらいになると学生も授業もレベルが高いでしょうからついていけるか心配です。 それならば興味のあるドイツ語を選択したほうがいいのかなと思ったり・・・ ただ、ドイツ語自体難しいと聞きますし、英語が苦手ならなおさら難しいというのをネット等で見ました。それとやはり大学で英語をやっていないというのは、この先ウィークポイントになるのでしょうか? 別に大学で英語をやっていなくても就職等で困らないのであればドイツ語を選ぼうかと思っています。 何か良いアドバイスをお願いします。 あと他の外国語にするつもりはないので。(英語かドイツ語かということで)

  • 外国語を学んでて良かったと思いたい

    失礼致します、理系の大学生です。 もともと語学自体は嫌いではなく、英語なら普通の英字新聞程度、 ドイツ語は童話レベルなら読むことが出来ます。 もちろん今のままでは語学力としては不十分なのでもっと勉強したいし さらに別の言語にも触れてみたいのですが――――― 今まではドイツ語も英語もとりあえず大学の勉強と言う名目がありましたが、 後期からは語学がなくなるので英語、ドイツ語を学ぶ迫った理由はなくなってしまいます。 (語学で試験勉強など愚かな、と思う方がいたら申し訳ない) ただ実際問題、日本で普通に生活していると外国語を必要とされる場面は少ないです。 理系専門書で使うのでは、と言う方もおられるかもしれませんがそれは本当に研究レベルの話で、 学部2年生の私が読むものでもありません。 外国語を勉強してて良かったと思える、外国語を活躍させられる実感がないと 正直意欲が湧いてこない気がするのです。 ただ自分の部屋で覚えてハイ終わり、というのもなんだか。。。 なにか外国語が活躍する場面はないものでしょうか。 (但し海外留学などは抜かしてください。資金面であるとしても来年以降の話しになってしまうので) ちなみに今後やってみようかな、と興味を持っているのは フラ語、韓国語、スペイン語、中国語のうち2つ程度かなと思います。 これらのうちお勧めがあればそれも是非アドバイスいただければと思います。

  • 工学部の第2外国語

    第2外国語に関する質問は結構ありますが、工学部の方の質問が見当たらなかったので質問させて下さい。 今春国立大学の工学部に合格したのですが、第2外国語の選択に悩んでいます。医学部ならドイツ語が思いつきますし、法学部ならフランス語(?)が思いつくのですが、工学部では何も思いつきません。 私の大学は、ドイツ語、フランス語、中国語、そして韓国語から選択するようになっています。 工学部生として、そして卒業後を考えて、どの外国語を学ぶのが一番いいのでしょうか? もし工学部で学ぶ上でどれも役に立たないのであれば、私は中国語をとりたいなと思っています。役に立たないのであれば遠くよりはお隣の国の方がいいかなと思いまして。私自身もどうせ学ぶなら中国語がいいかなぁと思いますし。

  • カッコイイ言葉の外国語

    いくつかの言葉を外国語(イタリア語やドイツ語‥)にして欲しいです ・還る(元いた場所に戻れ、というニュアンス) ・血塗れの~ ・淡い ・残酷 ・誓い ・永遠(永久) ・愚かな ・主 ・従 ぐらいですかね…他に厨二っぽい言葉があればそれも…。

  • 第2外国語のトレンド

    こんにちは。今も昔も日本で最も盛んに学ばれている外国語と言ったら、文句なしに英語ですし、私たちが生きている間はその地位は不動でしょう。 昔は英語の次に学ぶ外国語と言うと、フランス語かドイツ語が筆頭に挙がっていましたが、今では 中国語と韓国語に取って代わられていますね。ロシア語も昔はフランス語やドイツ語に次いで大学などでは中国語よりも重要視されたようですが、今ではすっかり下火になっていますね。 そこで、これから10年、20年先を見通した場合、第2外国語の人気や需要はどう変わっていくと思いますか?

  • 第2外国語を覚える時期

    またまた くだらない質問で失礼します。日本では中学で全員が英語を習い始めます。しかし、第2外国語となると 大抵は大学で選択するケースが多いのではないでしょうか?しかし 大学でフランス語なりドイツ語なり学んだ人も 殆ど忘れている人が多いですね。 私の場合は 僭越ながら ほぼ理想に近い方法を取ってきたと思います。と言いますのは 小3で英語、中2で フランス語を始めまして タイミング的には絶好だったと思っています。 実は 私の子供も現在小学6年生でして 英語を教えております。かなり 英語は好きなようです。 小3の頃から教えていまして 簡単な会話は出来るようになりました。概ね 中卒レベルくらいです。ただし、 難しい文法用語は教えていませんし、また ボキャブラリーの面でも 実用的な単語や表現をメインに教えてきましたので 中学の英語とは かなり食い違います。 そこで 皆さんにお伺いしたいと思います。子供にも 中2になったら第2外国語を教えたいと思います。 候補としては中国語かフランス語です。(スペイン語やドイツ語、韓国語も一応選択肢に入れていますが) 趣旨がはっきりしないと思いますが、どのように子供に第2外国語の重要性を教えるか、特に中国語の場合 どのような教材で、どのような教え方がいいのか ご教授お願いします。