• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

喘息の告知義務違反

40代の主人が鼠径ヘルニアで手術しました。 11月末~12月中まで入院。手術は12月に行いました。 入院給付金・手術給付金を申請しようとして思い出しました。生保の営業の人に勧められ喘息の告知義務違反(そんな大それた名前とは知らず)をしていたのです。 主人の保険は3つ。同じ保険会社で ●個人年金(十数年前、喘息と診断される前からかけている。入院、手術給付金あり) ●定期特約付終身保険(個人年金と同時期にかけたものを平成9年に転換?、平成14年再度転換12月1日保険開始日) ●こども保険(平成9年に契約) 当時は大事とは思わずに2年で告知義務は無効になるからと言われ、鵜呑みにしてしまいました。平成14年の転換時にも同じように勧められ告知をしなかったのです。 喘息は1~2月に一度薬をもらいに病院に通っています。 入院は一度もなく発作も数年ないです。 今回の診断書の既往症の欄に発症の日にちを書く欄はないのですが、私はどう対処してよいのか考えすぎて疲れました。きちんとした告知をしなかった事は十分反省しておりますが、今回の申請をいかにすべきか?またその後の保険はどうすべきか困っています。 正直に申請をして告知義務違反を問われた場合、個人年金の方も給付されなくなるのでしょうか? またこども保険はどうなってしまうのでしょうか? ちなみにこども保険は育英年金付きです。 アドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

#3です。コメント有難うございます。 >みんな自分の成績を伸ばす事が先決になってしまうのですかね。悲しい限りです。 業界人を代表してお詫びします。 現代は「プロ」と呼ばれる人々が自動車の欠陥を放置したり、食品の産地を偽造したり、手術ミスを秘匿したりする時代です。残念ながら生命保険でも未だ一部にそういう現実はあるのだと思います。何とか良い業界にしようと小職も努力しているつもりですが未だ果たせません。 そんな時代において貴方が自分や家族を守るためには、プロ任せにせず自分でも勉強し、良識をもって考えることしかありません。失礼な言い方で恐縮ですが、生命保険の申込において健康状態等の「事実をありのままに告知する」というのは周知のことです。その意味で少なからずご主人にも不注意があったと思います。 不幸中の幸いで今回の入院は命に関わるような重大な失敗では無かったわけです。今回のことを良い教訓にしてこれからは正々堂々とやって下さい。私はそういう消費者の見方でありたいと思います。 頑張って下さい。保険会社との交渉面でご心配なときは社団法人生命保険協会にもご相談下さい↓

参考URL:
http://www.seiho.or.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

#1です。補足有難うございます。 どうも失礼しました。 >喘息の告知義務違反をしていた >●個人年金 >●定期特約付終身保険(個人年金と同時期にかけたもの ↑ この文脈で取り違えてしまいました。 補足を受けての修正アドバイスです。 ●個人年金は大丈夫だと推察します ●定期付き終身は現在契約は告知義務違反となるため存続は期待できませんが、転換前の原契約に復旧という穏便な解決を期待できると推察します。 ただしこの結果に導くためには「バレて発覚」というよりは「事情を話したうえでの告知訂正」という行動を取られた方が良いと思います。「告知義務違反」という記録と「告知により不成立」という記録では意味が大きく違うからです。幸いにも(?)現在の担当者は告知義務違反を唆した悪徳セールスパーソンでは無いようですから、後顧の憂いを残さないため今回ですっきり正常化してしまいましょう。 セールスパーソンに相談した後で、所管長が訪問しての面談などいくつか面倒くさい手続きはありますが正常化するための作業と思って我慢して下さい。 そうなると今回のヘルニアは定期付き終身の現在契約ではなく原契約の給付による支払いとなるはずです。また個人年金にも特約(?)が有るようですからそちらも大丈夫だと推察します。 こども保険は論外で大丈夫そうです。 今回の件を良い教訓にして二度と告知義務違反や詐欺に陥ることの無いよう「賢い消費者」になるよう頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お応えありがとうございます。 保険の営業の方もsato3jokyou10さんのように親身に客側の事を考えてくれる方だといいのですが… みんな自分の成績を伸ばす事が先決になってしまうのですかね。悲しい限りです。 とても参考になりました。前向きに頑張ってみます。

  • 回答No.2

個人年金の保険は、保険金の請求をしても問題はありませんね。 年金も問題なく支払われます。 喘息を発症する前から、加入されていますので問題ありません。 しかし、他の保険での告知義務違反は露呈してしまいます。 対応は保険会社で異なるでしょうね。 でも、ひどい担当者ですね。 2本目の保険も転換がなければ、有効に活用できたはずなのに、、 うまく対応すれば元の契約へ戻せる可能性もあります。 3本目の育英年金は、契約者の死亡を対象にしますので、その分の補償保険料がもどるのなら既払保険料を払い戻してもらい契約を解除されてもよしとするぐらいでしょう。 このような担当者が保険業界から排除されることを切に願います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

過去ログも色々参考にしましたが、保険は素人には大変難しいです。現在の営業担当者は契約時の方と違うので良く話し合い良い方向にすすめます。また、何かありましらお願いします。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

お察しします。 状況の整理を述べてから末尾でアドバイスを。 生命保険医学が拠り所とする統計データでは疾病群ごとに「どれぐらいの確率で死亡したか」という死亡指数という指標を用いますが、喘息の死亡指数は交通事故死のそれよりも高いのが現実です。喘息は侮れない病気ということです。こうした理由により貴方のご主人が申込時に「喘息」を告知していればほぼ間違いなく保険会社は無条件での引受をしなかったであろうと推察されます。従ってご主人のご契約は告知義務違反の疑いが極めて濃厚です。 営業員が述べた「2年バレなければ告知義務違反にならない」という風説は嘘です。 根拠を示しますと約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として ●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき ●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき ●責任開始から2年を超えて有効継続したとき ↑ と規定しています。(表現は簡略化・会社により相違あり) この3項を曲解して「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約してから2年間に支払事由、つまり病気があればアウトになりますし、「バレルから」と考えてワザと請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もあります。(その意味で今回は堂々と請求して頂くしかないと思います) さらに約款には「詐欺による無効」という条項もあります。 ●契約に際して詐欺の行為があったときは契約無効とし既払込保険料は払い戻しません(※簡略化) ↑ 詐欺無効の規定には2年というような時効がありません。 現実に告知義務違反と詐欺が争点となった裁判は数多くあります。 「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」 ※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より 自分の成績のために貴方達を危機に陥れた営業員の行為は保険業法300条1項及び2項に抵触するものであり、1年以下の懲役か100万円以下の科料とされています。もしその営業員が現在も在籍しているならこれ以上の犠牲者を増やさないために然るべき機関に通報すべきです。 以上を踏まえて整理します。 ●個人年金および定期付き終身はそもそものスタートから既に間違いをしている ●転換時の「告反」が発覚した場合、転換前の原契約に復旧させる方法もあるが、そもそも原契約が告知義務違反である以上、保険会社が受理する可能性は低い ●個人年金の方は告知義務違反の除斥期間は既に経過しているため告知義務違反による解除には抗弁できる可能性はあるが、故意による告知義務違反のため最悪の場合「詐欺による無効」により全てパーになるリスクは免れない ●こども保険の被保険者は子であるから、子にも告知義務違反が無いかぎり直接には解除されにくいと推察される。しかしコンプライアンスの観点から「既払込保険料全額をご返金しますからどうぞお引取り下さい」として解除される可能性も排除しきれない。 では善後策を検討します。3通り示します。 A 知らんふりして給付金請求する B 解約する C 生命保険協会の生命保険相談所に相談する Aについて。 今回の診断書に「既往歴:喘息」と記載がなければバレずに給付金を受け取れる可能性はあります。ただし上記整理でも述べたように「そもそもスタートから間違っている」以上、将来本当に保険が必要となった場合に告知義務違反・詐欺無効となり貴方達が大きなダメージを負うリスクは依然として残ります。 Bについて。 十数年前の個人年金はかなり高い予定利率のはずですのでもったいないですが、将来に禍根を残していますので。解約すれば保険会社から強制解除を言い渡されるような不快な経験をしなくて済みます。ただしご主人は現在も喘息で通院中のようですので、この状態では新しい保険加入はかなり厳しいです。死亡保障のみは「無選択」といってどんな健康状態であっても加入できる終身保険が数社から販売されています。 Cについて。 貴方達のような一消費者が独力で保険会社に対抗するのは大変です。社団法人生命保険協会が設けている生命保険相談所に持ち込むことで仲裁をしてもらうのが最も確実です。少なくとも販売側の落ち度を白日の下に晒してその責任を追及するよすがにはなります。ただしこの方法を取ったとしても「無罪放免」は期待出来ません。詳しくは生命保険相談所の指示に従って下さい。参考URLに載せます↓ スイマセン。ご期待に沿える文章ではないと思います。 残念ながら貴方達のような遭難者を沢山見てきました。「覆水、盆に帰らず」です。起きてしまったことはどうしようもありません。どうか開き直って、これからを正々堂々と生きて下さい。 最後に。今は喘息治療に専念して頂きたいと思います。完治と行かないまでも何とか「最終の治療から5年間」が無事に経過すれば新しい加入の可能性を探れるチャンスもあると考えます。頑張って下さい。

参考URL:
http://www.seiho.or.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 私の説明の仕方が悪かったようですが、個人年金と2度の転換前の定期付き終身保険を契約した時には、まだ喘息になっておらず、その後喘息症状が起き診断にいたりました。それでも個人年金は何か問題が生じるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 告知義務違反後の選択

    今年の6月初期の胃癌にて入院、手術をし加入の生命保険会社に給付金請求をしたところ契約確認(転換後1年8ヶ月だったため)の結果今の保険は告知義務違反により入院、手術給付金約70万円と解約返還金約130万円の支払い後解除との通告を受けました。しかし本契約は転換契約なので以前の契約に戻す事も可能。その場合は入院、手術給付金約33万円は出るのですが転換後から当月までの保険料を差し引かれて約29万円の支払いになり旧契約で保険は継続可能です。告知義務違反の内容は十年以上前の肝臓の検査通院を告知しなかった事です。その保険会社の決定に不満があるので前者の選択肢を取りこの保険会社とは縁を切りたいと思うのですがその後の保険加入の事を考えると得策ではないのでしょうか?また後者を選択してすぐに減額する事は可能でしょうか?(入院給付金は5000円残して)他に良い選択肢があれば教えて欲しいと思います。

  • 告知義務違反について

    たくさんの回答を読んだのですが、私に当てはまるものがないので質問させていただきます。 10年前に保険に加入しました。実は喘息で治療中を隠して加入です。告知義務違反は重々承知なのですが、どうしても保険に入りたく、加入しました。 毎月の掛け金は2万円。医療保険だけなのですが、保障はとてもいいものです。 10年間、入院もせずに無事に過ぎたと思ったら、先週ちょっと発作がおきて7日間入院してしまいました。 診断書には10年以上前から喘息であることが記載されています。 この場合、請求はしないほうがいいでしょうか? 請求した場合、告知義務違反がばれて給付金がおりないでしょうか? 悩んでいます。

  • 告知義務違反

    告知義務違反で教えてください。 特に質問(4)の考え方はあってるでしょうか。 (あくまでケースバイケース、例外もあるでしょうが、ここではあくまで代表的な事例としてご回答いただきたいです) <前提1> 2010年5月 胃潰瘍で入院手術(完治) 2011年5月 胃潰瘍のことを黙って契約 <質問(1)> 2012年5月 胃がんになり入院給付金請求したケース これは告知義務違反により契約解除、入院給付金も支払われない <質問(2)> 2014年5月 胃がんになり入院給付金請求したケース(契約後、この前に請求はない) これは2年経過しているのでセーフ 入院給付金は支払われる <前提2> 2010年5月 胃潰瘍で入院手術(完治していない!) 2011年5月 胃潰瘍のことを痛みをこらえながら黙って契約。営業員も2年間黙っておけば大丈夫とほのめかす。 <質問(3)> 2012年5月 胃がんになり入院給付金請求したケース これは告知義務違反により契約解除、入院給付金も支払われない <質問(4)> 2014年5月 胃がんになり入院給付金請求したケース(契約後、この前に請求はない) これは2年経過しているが、そもそも契約自体が詐欺行為なので「詐欺無効」により入院給付金は支払われず、契約は無効に。

  • 告知義務違反になりますか?

     質問させてください。 7年前に都民共済に入りました。 そして4年前に健康診断で、子宮筋腫がわかり、お腹を切らずに、簡単な手術で6日入院で終わりました。  共済の入院給付金は、5日以上ですし、手術給付金は、もともと無いので、 その時は、1日だけならと保険を請求しなかったので告知もしませんでした。  しかし今回、妊娠に問題があり、一度お腹を切っているので、ということで安全をとって、 帝王切開で出産をしました。入院は、21日間です。 共済金を請求しようと思いますが、この場合は、告知義務違反で、解除になりますか?

  • 団信 告知義務違反とみなされますか?

    団信 告知義務違反とみなされますか? 平成19年6月に住宅ローンを借り換えました。団信の告知書はすべて「なし」で記入し通りました。 実は、平成17年10月に健康のために(検診の再検査とかでなく)と内視鏡検査を受け、仮性成形ポリープ4個を切除しました。 これは、全くの健康体だと思っていて、(医師からもだれにでもあるというような説明を受けた)告知が必要だとは全く考えませんでした。 その後、平成21年10月に、同じ病院で内視鏡検査を受けました。ポリープ4個(中1個が中等度異型線種で)切除しました。 この際に生命保険の手術に請求できると知り給付を受けました。 前回の分は検査による切除?ということで保険請求対象外と病院に言われましたので給付は受けていません。 最近、生命保険見直しで、軽く考えていた大腸ポリープ切除が保険に対してものすごく重要なことであることが分かりショックを受けています。 それで、ネットで検索をしていると団信もダメだと多く見るようになり、告知義務違反なのか、また保険金は下りるのか?と悩んでいます。 この場合、今から事実を言った方がいいのでしょうか?でもローンが無効になっても一括返済できません。 そして死亡しても告知義務違反となり保険金がおりないのでは?と不安で仕方ありません。 どのようにすれば良いかアドバイスをいただけませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 告知義務違反になりますか?

    (経緯) 平成24年4月に生命保険(三井生命)に入りました。 今年の4月に受けた人間ドックで腫瘍が見つから、精密検査の結果手術をするなりました この時点では確定診断がされす、腫瘍が良性か悪性か分かりませんでした 10月2日に開腹手術を受け、膵臓の2/3を切除しました、生検検査の結果で悪性と確定しました 給付金を申請したところ、加入して間もないという事で調査が入り、先日、調査員とも面談して 病気の経緯と病院への調査のための委任状を書きました、現在は調査中です。 (質問) 特に問題はないと思っていましたが、告知書のコピーが出てきたので見てみると 「告知日から過去2年以内の健康診断・人間ドックの結果、次の指摘はありましたか」 要経過観察、要再検査、要精密検査、要治療 この質問の回答で「いいえ」にチェックしてありました。 とことが平成22年7月と23年7月の定期健康診断で、血圧(高血圧)と心電図(高電位)の 2つで要経過観察とありました、だだし、この健康診断結果のコピーを加入時に保険会社に 提出して審査は受けてあります(実際に調査員も加入時に受領しているとの発言はあり) この場合は告知書は違った回答になってしまっていますが、告知義務違反になりますか? 今回の病気は経過観察の内容との因果関係はまずないと思っています ちなみにに給付が認められると、月額約42,000円の保険料は免除になるのと、生前給付金が 年額1,000,000円x20年間支払われます、保険会社にとっては大きな痛手だと思います。

  • 告知義務違反について詳しくしりたいです

    専門家の方の回答をお願いします。40歳・男です。 死亡保険の加入ですが、喘息を持っています。入院歴はなく、倒れるような発作もなく、小児ぜんそくのまま大人になりました。定期的に医者で薬をもらい、なくなればまた行く程度で、年に1~2回の通院で吸引薬をもらえば十分の状態です。 加入時に告知義務がある訳ですが、ぜんそくの理由での死亡時は死亡保険を受け取れず、その他の死因の場合だけ受け取れる商品もあると聞きましたが、何があるのでしょうか? また、ぜんそくを告知せず加入し、喘息の理由以外で死亡した場合はどうなりますか?

  • 入院保険の告知義務違反について

    入院保険の告知義務違反について 9月に2泊3日の予定で手術・入院することになりました。 2003年11月から入院保険に加入しているので、保険金の請求をしようと改めて書類を見直してみたのですが、「過去5年以内に手術をしたか、7日以上の入院があったか」の欄はいいえで申告をしていました。 実際には2002年7月にウィルス性髄膜炎で2週間入院をしています。 7年も前に加入した保険なので、なぜいいえで申告をしたのか覚えていません。 ただ、これでは告知義務違反になってしまうと思うので、保険会社に連絡をして事実を申告しようと 思っています。 この場合、保険金はおりますか?契約を解除されるのでしょうか? ちなみにウィルス性髄膜炎は8年前に完治しており、今回の入院・手術とは全く関係がありません。 よろしくお願いいたします。

  • 告知義務違反とは?

    保険契約を結ぶ半年か一年前に近視矯正手術をしました。 その後、もう片方の目の手術(レーシック)を行いました。 契約を結ぶ際に「病気やケガで入院や手術をしたことがあるか?」 との問いに対して病気やケガで無いため無しにチェックを入れたところ告知義務違反として保険金支払いを拒否されました。 私としては正直に記入しているつもりでしたので納得がいきません。 この件は告知義務違反になるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 告知義務違反について

    皆さんにお聞きしたいことがあります。 私は10年来子宮内膜症で治療してきました。 5月に子宮内膜症の手術を受けることになり、生命保険のことが気になりはじめました。 というのは、今から2年前に知人の生命保険の方から「2年間治療してるのがわからなければ生命保険が出るよ」と言われ生命保険に加入し、2年経過したのですが告知義務違反になってしまうのではないかという事です。当時は手術するなんて考えてなかったし、あれば安心と思ったので加入したのですが・・・また、苗字変更もまだしてないし・・・ このようなケースは給付を受けることができないんでしょうか?教えてください。