• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

三菱の行方

三菱自工は部品や軽自動車の共同生産など関係を 深めつつある日産から経営のトップを招くことに 決めたそうです。つまりルノー日産アライアンスに 入れてくださいということなんですか?現状だと 軽自動車くらいしか三菱に見るべき物は無いと 思います。ふそうを手放した今もうフルライン メーカーでは無くなったわけですし。 一方ではプジョーシトロエングループにラヴコール を送るなどもう支離滅裂というか断末魔の様相を 呈しています。ダイムラーに見放されどこも助けて くれないならいっその事ヒュンダイにでも身売りして しまえばいいのにと思います。その時点で三菱の 格付けはヒュンダイと同等つまり国産最下位という ことになりますが。 これからかれらはどうなるのでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • hippopo
  • ベストアンサー率46% (122/265)

>これからかれらはどうなるのでしょう? おそらくどこかとアライアンスを組んだ後に社名を変えて生き残りを計るしかないのでしょう。現在社会的責任を果たせない企業は市場からスポイルされる時代ですので数年前に血液製剤で問題になった『**十字』と同じ手法でもとらない限り市場での存続は難しいと思われます。 三菱グループ全体としても自工のイメージ払拭は至上命題ですから少なくとも『三菱』の冠を自工から取ってしまいたいと考えているとも思われます。 >支離滅裂というか断末魔の様相 いえいえ、これはまだ普通のM&A行動です。三菱グループのバックアップと優秀な技術力とアジアでの販売チャネルは魅力的なファクターでしょうから高い値段で買ってくれるところをあちこちに打診してるだけでしょう。人まで入れるのに『企業買収ではなく提携だけ!』とゴーン氏が言ってるのを逆読みすれば『今買う!といったら高く売りつけられそうなのでもうちょっと待っとこう。』というところではないかと思われます。某英メーカーのような1セントで売り買いされる状況ではまだないとおもわれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • tex-ep
  • ベストアンサー率25% (3/12)

かつて日産も(3~4年前かな?)年間赤字額が7000億ほどだった時期がありました。 しかし今では見事、復活したといってよい結果を出しています。 三菱も今後、やり方によっては復活は可能だとは思います。 どちらにしても路線をはっきりさせる事が第一ですね。 グループ企業は、関連会社からの支援が受けられるというメリットがある一方、 グループのしがらみに囚われるといったデメリットもあります。 日産から本当に権限を持ったトップを招くのであれば、復活の可能性も期待できますが 形だけであれば体質は中々変わらないのではないのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ハブのリコールがらみでかなりイメージや安全に関する信用が失墜しましたね。 リコール対策品のハブの再リコールで大型車が生産できない状況のようです。 問題のハブも結局はダイムラーから輸入するような話になってるようで、これが本当なら、車メーカーとして終わってますよね(´ヘ`;) 自分の所の車のハブをグループ内とはいえ他社から引っ張るなんて。 会社を分割したとはいえ、組織上の話で実質的には三菱本体も、ふそうもほぼ同じでしょう。 いすゞ系のトラック架装メーカーは3交代勤務でラインを回している一方で、三菱系はライン停止を逃れるため前倒しで何とかラインを回してると聞きます。 このあたりに象徴されるように、おそらく失墜したイメージを元に戻すのに5年10年のサイクルで時間がかかるのではないでしょうか。 それでも会社がつぶれてなくなる様な事はないと思いますがね(^-^; 関係の方には腐らず頑張ってほしいですよね。 特に設計や検査の関係の方には。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

あくまで個人的な意見ですが、日産は三菱の要請を断って欲しいです。 日産のイメージまで悪くなるのは困ります。 日産はV字回復したといっても工場閉鎖や系列解体など辛い思いを して回復したのだと思います。 系列企業も辛い目にあってやっと回復したんだと思います。 金がなくなれば三菱グループがバックで金を出す三菱で同じ事を 出来るのか? とか思うし、なにより日産のように部品購入費用を削減など という事に対し三菱自動車に納入している三菱系のメーカーが 納得するとは思えないので日産から幹部を招いたところで そう簡単にいく話ではないと思いました。 そしてなにより日産なのか?プジョーなのか?ダイムラーなのか? はっきりして欲しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 三菱とプジョー

    三菱とプジョーの提携が発表されました。ヴォルヴォ ダイムラーと経てプジョーですね。ルノーと日産は うまくいきましたが、三菱とプジョーはどうなんでしょう?日産の場合は腐っても技術がありましたが、 今度はねえ。しかも肝心の軽部門は日産に売るみたい ですし。

  • 三菱とダイムラークライスラ

    日産とルノーの関係と比較して、三菱はどうなんだろうと疑問の学生です。 自動車業界の方に質問したいと思います。 率直に、三菱自動車は今後どうなると思いますか。 ダイムラーのやり方は、多少学びました。(いかにもドイツ型という経営、周りを身内で固める民族であることなど・・) そんなダイムラークライスラが三菱に入り込むことで、三菱はよくなるのか、否か。 生々しい事情などもありましたら教えてください。

  • 三菱はもうだめ

    かねてからダイムラー・クライスラー(DC)は ふそうを傘下に収めるのが狙いだと言われて いました。ふそうに対する増資も実施し狙いは 完了しつつあります。しかも今回のリコール放置で 三菱自工のイメージはさらに凋落し、また本体も 厳しくなります。となると残りの分も売ると 目的どおりふそうはDCの一部門となり、まあ DCアジアとなるのでしょう。そうなると 三菱本体とは何の関係も無くなり、DCは 撤退し自工は倒産、ユーザーはパーツの供給に 困るという図式です。 マツダがフォードの傘下にありながら独自の 技術で存在をアピールしてるのとは対照的に お先真っ暗だと思います。ランエヴォなど 以外は買わない方がいいですか? http://response.jp/issue/2004/0115/article56990_1.html

  • 三菱自動車どうなるんだろう?

    三菱自動車に不正があり、主力の軽自動車(日産向け含む)四車種が生産・販売の中止になりました。コレは決定だそうです。 ここで聞いてももどうにもならんだろうと言うことはわかっていますが、聞きたい。 十年くらい前にあった「ふそう事件」からようやく立ち直ったところなのに、また信用を落としてしまいました。

  • ジャガーF1の行方

    今シーズンでコスワースも含めグループ全体で 完全撤退を決めました。フォードが亡き後 ジャガーはどこが引き受けるのですか? 昨今はトヨタやルノーなど自動車メーカーの ブランドを賭けた総力戦の様相を呈してますが。 意外にヒュンダイなど新興勢力か?

  • 三菱「ふそう」と日産「UD」って何?

    自動車関連の仕事をしていますが、前から疑問に思っていて 周りに誰も知っている人がいないんですが、 会社名で「三菱ふそう」ってありますよねこの「ふそう」って何のことですか? また「日産UD」ってありますよね?「UD」って何ですか? 日産ディーゼルなら「ND」なら意味も分かるんですが...

  • プジョーとシトロエンの関係は?

    プジョー・シトロエングループとという言い方を聞いたことがあります。 グループってどうゆう関係なのでしょうか? どちらが大きく販売台数が多いのでしょうか? ルノーはどうかんでしょうか? フランスにはジョー・シトロエン・ルノーの3社しかないのですか? 世界の自動車会社の関係図みたいなのがあれば教えてください。

  • 自動車業界の系列知りたい

    自動車メーカーって提携してたり 子会社化されてたりして系列に なってますよね。 その系列を知りたいのですが。 例えば GMがあってその下にどことどこがあってとか。 ルノーと日産とか。 プジョーとシトロエンが同じ系列だったり。 そういうのを国内外全て知りたい。 アストンマーチンとジャガーとマツダも 関係あると聞いた。 宜しくお願いします。

  • 日産の軽自動車(三菱)

    三菱が日産の傘下になるようですが、今後、日産が軽自動車を出しても「三菱製だよね?」って思われて売れないような気がするのですが、売れる算段があるのでしょうか

  • 三菱自動車の今後

    こんばんは。 「国交省が燃費調査に乗り出した」がキーです。 日産という自動車のプロに対して国交省の試験がどれほどのものか。 国交省(を含むお国の役人さん)なんて金を稼ぐしか能が無い 勉強出来るけど仕事できない人間集団です。 (毒吐いてみたり) 国交省を動かしたのは三菱財閥です。わざと。結構な額の謝礼金と過剰接待で。 6月中に試験があり公表7月です。 時間長すぎでやる気があるとは思えない。 大問題ならせいぜい5月試験で6月公表ですよ。すなわち単なる時間稼ぎです。 試験やる気あるのか、と文句言われないギリギリの言い訳できるライン。 喉元過ぎれば、なんて言葉がありますが忘れやすい(というよりも風化しやすい) 日本の国民性を良く分かってらっしゃる。 「問題は無かった」というとプロ日産に正面からぶつかってしまう。 「日産と同等、または以上に悪い結果が出た」では三菱自動車は更なる逆風となる。 つまりシナリオはこうです。 「結果、確かに問題はあったが日産ほど悪いデータではなかった」 日産の顔に泥を塗る事なく、三菱自工へのバッシングを和らげるよう誘導する。 さらに国交省自らの審査にも若干の甘さはあれど大きな問題ではない、という逃げ。 マスコミもこの発表を大きく取り上げることなくさらっと流しておしまい。 以前のリコール問題では三菱財閥総出で自工を守りましたが、今回それをすると 三菱財閥そのものの地位が下がってしまう。 自工が潰れるのは財閥のプライドが許さないが自らの地位が下がるのはもっと許さない。 ここで国交省の出番です。 三菱自動車の株価の心配をされている方々が多数いらっしゃるようですが 私は徐々に持ち直すと思っています。 どうでしょう、私の読み。