• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

床下の環境について・・・。

先日、配管の点検がありました。 床下の水周りの辺りの、間仕切りした空間が狭くなっている辺り(こんな表現で分かるでしょうか?)の木材が『しみてきている』と言われました。 将来(何十年後)、木材にカビがつき、腐る恐れがある、と言われました。 建物は、平成14年1月に完成した、2x4です。 床下換気は付けていません。 床下の換気がそれほど悪いわけではないとのことですが、入り組んでいる辺りは換気が悪い、とか。 建築業者の定期点検では、目に見えるところの点検のみで、床下や水周りなど、土台の肝心要な点検はされません。 普通ってこんなものですか? こういったように、問題が出始めているということを、建築業者にクレームをいったりするのは、見当違いなことなのでしょうか? 何年かのことを予想して、対策をしてもいいかと思います、と言われただけですが、皆さんはどうされていますか? いちいち、業者の言うことを聞いていると、お金も持たないし、でもどこまでを信じて導入していいものか・・・。 何をどうすればいいのか、いろいろ考えてしまいます。 湿気がこもる、なんて、床下じゃあ、ごく普通のこと?なんて考えていますが、これじゃあ駄目? 30年位したら、リフォームや建て直しが当たり前かと思ってしまっている私です。 皆さん、どう思われますか???

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数145
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kensetu
  • ベストアンサー率44% (13/29)

木材は水気・湿気があると、腐り易くなります。 本来、コンクリート基礎には床下換気(自然換気) がついています。 換気は、吸気口と排気口を対面(出来るだけ遠く に)に設置する事が大事です。 昨今、基礎の立ち上がり壁に換気口がなく、 RC基礎壁と木材との間にわずかに隙間を 設置する工法がみうけられますが、湿気を 含んだ空気は、乾燥した空気より比重が 重いのですから上記工法は、基礎壁に換気 口を設置する場合に比べ換気回数は、低く 湿気だまりが発生し易くなります。 木材に取って水気・湿気が極めて大敵です。 このような状態では、30年持つ事は先ず 有り得ません。 1年に1回は、床下内の詳しい点検(写真 撮影;木の劣化状況)をしてその診断報告 書を作成し、履歴にて管理する事が大切 です。早期に劣化の部位を発見し、対処 して下さい。 最短5年位以下で顕在化が見られでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 床下換気(自然換気)はあります。 それが、どの程度とかは、詳しくないのでなんともいえないのですが。 >1年に1回は、床下内の詳しい点検(写真 撮影;木の劣化状況)をしてその診断報告 書を作成し、履歴にて管理する事が大切 です。早期に劣化の部位を発見し、対処 して下さい。 と言うのは、業者の方々に頼むのですよね?やはり。 この建物の建築業者に、一度尋ねてみたいと思います。

関連するQ&A

  • 床下に敷く防湿シートについて相談

    床下換気がないため、シロアリやカビに侵されていました。 すべての木をはいで、鉄を土台にベニヤ板を敷くつもりです。 下の土は、除湿機を使っているんですが、湿気が一向に取れる気配がありません。 床下が低いので、床下換気のため、壁に穴を開けることもできません。 ベニヤ板に穴を開けて蓋をつくり定期的に換気をするしか方法がなさそうです。 そこで、普段は、閉じた状態になってしまうので、ベニヤ板の湿気が気になります。 ベニヤ板と土台の鉄の間にアルミなどのシートを引こうと思います。 しかし、アルミだと高くつくので、代わりになるものはないでしょうか? ブルーシートではだめでしょうか?

  • 床下のカビ除去について

    中古住宅に住みはじめて丸3年。 床下換気は付いているのですが、稼働時間が短すぎたようで床下のカビが発生しているようです。(知らなかったので2時間くらいしか動かしていませんでした。) 床下換気の点検にきた業者が床下を調べると「カビがひどいのでにおい消しと防カビ剤を撒布したほうが良い」とのこと。 換気扇の点検は問題なかったようです。 確かに、床下をのぞくと結構な臭いがしています。 そのときは流されてしまい、カビ除去と防カビ作業を契約してしまいました。 クーリングオフは可能なのですが、通常の相場は坪辺りいくらくらいなのでしょうか? だまされているとは思いたくないのですが、相場がわからず対応に戸惑っています。

  • 床下配管の結露

    床下の定期点検時に,洗面所と風呂場の下に通っている 配管に結露が見られ,基礎部分にも湿気の様子があるので 何か対策をした方がいいとの事でした。 通気口ファン以外にはどんな対策があるのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.6
  • kensetu
  • ベストアンサー率44% (13/29)

ご質問について補足回答します。 施工した建築業者に頼んでの定期 調査は、お勧め出来ません。 ご質問のような、見解を述べる 建築業者は品質に関する知識が 欠如していますので、下記URL で掲載されている専門の指定住宅 性能評価機関にての調査をお勧め いたします。 尚、下記URLは無料のユーザー登録 が必要となります。

参考URL:
https://www.iluck.ne.jp/member/free-joho-hinkaku.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

平成14年1月に完成した家でもう腐りそうとか言われるのは少し疑問をもちます。平成14年に完成した家なら、お風呂はユニットバスで、洗面所やトイレも床下がある家が多いはず。水の漏れや土地がかなり湿気ていない限り2年でそんな状態になるなんて考えにくいと思います。 私の勤めている会社でお世話になっている白蟻屋さんは、全室の床下にもぐってデジカメで写真をとってすぐにみせてくれます。 >目に見えるところの点検のみ では何もわかりません。 どうしても心配のようでしたら、ご自分でもぐってみてはいかがでしょうか? マスクをして汚れてもいい厚手の服をきれば誰にでももぐれます。 自分の目で現状が見れない部分だから床下って恐いですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当です。 怖いです。 しかも、最近の訪問業者は、何をするか分からない。 床下なんて、業者の方一人でもぐっていくから、先に何かされていたとしても、分からないですよね? まさか、と思いたいですが。 「10年とかすると、カビがきて、カビ→腐る」みたいな説明だったんです。 昨年、主人がもぐっているので、実際見てきてくれたなら安心だったのですが、いまさら、上記のことも考えてしまい、ドキドキです。

  • 回答No.2
  • mak0chan
  • ベストアンサー率40% (1109/2754)

>先日、配管の点検がありました… これはだれが点検したのですか。 >問題が出始めているということを、建築業者にクレームをいったりするのは、見当違い… 建築後何年も経っていないのですから、だれが点検したにせよ、施工者に報告するのは、ある意味よいことでしょう。しかし、一方の言い分のみを信じて、問題扱い、クレーム扱いするのは危険です。 施行した者が再度点検すれば、本当に修復が必要かどうかはすぐ分かります。 その上で、点検した業者がいわゆる悪徳業者の類であることが判明したら、施工者に素直に謝りましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>これはだれが点検したのですか。 配管業者です。 もともと、昨年に訪問して配管工事に来た人で、他の装置をつけたことのメンテナンスに来たのですが、 配管の確認、といって、床下にもぐり、水周りだけでなく玄関先の辺りまで潜っていたようです。 去年は主人も床下に入って目で確認していたのですが、今年は、もぐることを勧められたのに、主人自ら断っていました。(何でもぐらないの?と思ったのですが。) 大体、業者は、お願いしてもいないのに、床下の水周り以外も、気になったからってもぐるものなんか???と思いましたが、どうなんでしょうか? 悪徳業者で、床下にもぐって欠陥を作る、と言うのを聞いたことがあります。 まさかそんなじゃ?とも思ってしまうこのごろ。 素人なだけに、信じちゃうんですよね・・・。

  • 回答No.1

訪問販売リフォームの営業を信じてはいけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり、信じてはいけないのでしょうか・・・。 どこまで信じて、信じてはいけないか・・・。 素人ではとっても難しい。 世間はそういう風だから、悪徳業者などが増えるんでしょうが。 「信じない」と思って、床下環境について考えてみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 床下 土台の水じみの対処法は?

    昨日、床下の点検でテラスからの水漏れで床下土台等に水が回っているのが判り、テラスの修理と土台の処理をすることになりました。 床下は、チャコールペイントで下地処理、下塗り。上塗りをする事になりましたが、だいたい一m2いくら位かかるものでしょうか? 我が家に来た業者の方は、40m2で130万位と言うのですが・・・ 詳しい方おりましたら宜しくお願いします。

  • ベタ基礎内部への水漏れ

    ただいま新築中で、もうすぐ完了検査という段階です。 本日キッチンの配管点検中に流しの配水管が外れていたらしく ベタ基礎内部に水漏れしていました。 設備業者が床下からバケツで5,6杯の水を汲み出したようですが 床下はまだうっすら水がたまっている状況です。 起きてしまったことは仕方がないのですが、湿気が躯体へ悪影響を与えないか心配です。 この後の対応をどのようにすればいいのかアドバイスいただきたいです。 (例えば、コンクリが乾くまで送風機で床下へ換気をするとか…。)

  • 洗面所の床下点検口

    今家を建てています。参考のために色々な建売の家を見て歩きました。 洗面所に床下収納が付いているお宅があり、便利そうだったので、 我が家にも取り入れました。台所より一回り小さき大きさで 一辺が45センチです。 この間見に行ったら、蓋はあるものの中のかごがない。 工務店に確認した所、これは床下収納じゃなく 床下点検口です。この大きさの床下収納なんてありませんよ。 だいいち洗面所に床下収納なんていう家は聞いたことがありませんよ。 どうしても床下収納を作りたいなら、台所と同じ大きさのなら ありますがといわれてしまいました。洗面所に床下収納なんて作ったら いくらユニットバスとはいえ、湿気で大変なことになりますよ。 換気にも良くないしと言われたのですが、洗面所の床下収納って 本当に珍しいのでしょうか?作られた方いらっしゃいませんか?

  • 床下点検口からすべての床下にいけない!

    家を新築中です。 今基礎工事をしているのですが、 見てみると家の北側と南側が基礎(ベタ基礎)で 分断されています。 床下点検口は北側に一つついています。 (ちなみに水周りもすべて北側です) つまり南側の床下は、床板をはがさないと 点検できません。 営業の人から 南側に点検口をつけるとすれば、 和室に収納庫をつくるプランを 提案されたのですが、 けっこう追加費用がかかります。 他に安くあがる点検口のつくりかた(?) があれば教えてください。

  • 床下の高さがない家について

    先週床下点検口・床下換気について話題になり、たいへん勉強になりました。現在木造2階建てプラスロフトの家を建築中です。べた基礎・基礎パッキン工法になっていますが、高さ制限等の関係で、床面が基礎の立ち上がりより下にあります。大引きはべた基礎の上に、パッキンを介してのっており、床下は20cm程度しかありません。床下の換気は、基礎の立ち上がり部分にあるパッキンとパッキンの間から、基礎立ち上がりと室内壁に設置する隙間を介してべた基礎上パッキン間を通じて、全周性に行えると説明を受けました。住宅性能保証制度も受けられることになっており、家の設計などについては特に不満はありませんが、様々な議論を読んでいると、換気が悪いとか、将来床下工事ができないとか少し不安になってきましたので教えてください。尚、1F部分はトイレ以外は寝室なので、床下には電気・水道・ガスの配管はありません。 (1) 床下高の少ない家の問題点と、問題点を少しでも減らすために何かやっておくべきこと(換気は十分できるものなのでしょうか) (2) 基礎立ち上がりの部分から雨が入り込んで、室内壁の下部に外側から水がしみ込んだりするようなことはないものでしょうか。(断熱材とか止水版などの処理もいろいろやっているようです。)

  • 床下に薬液をこぼしてしまいました。

     洗濯機に、洗濯槽クリーナー(弱アルカリ性)を入れた状態から、中の水が流出してしまい、廊下や床下に大量の薬液が流れ込んでしまいました。廊下の薬液は拭き取りました。当家は一般木造住宅で、ベタ基礎?と呼ばれる物だと思います。一応床下点検口から手の届く範囲の薬液はぞうきんで吸い取りました。現在は乾かすために扇風機をまわしています。床下のコンクリートはぬれている状態で、床下ある配管等も濡れてしまいました。このままでいいのでしょうか?

  • 床下点検口の空け方

    質問させてください。 現在中古一軒家に住んでいます。 建坪も狭い為、収納を増やしたく、床下を活用できないかと考えています。 2階がリビング・ダイニングの為、1階には水回りはトイレとお風呂と洗面所となりますが どこを見ても床下点検口が無い状態です。 今後のメンテナンスの為にもどこかに床下点検口が欲しいと考えています。 床下収納だとその大きさしか収納出来ないですし、点検口にしておけば 湿気に強い物を広く収納できるかとの考えからです。 その為、玄関ホールか、洋室の真ん中へ点検口を作りたいと思います。 パーツも売ってるようですし、軽いDIYは良くするため、自分で空けてみようかと思いましたが どこに束が入っているかわからず手が出せない状態です。 大引は最悪カットしてしまっても補強でなんとかなるかなとは思いますが 束石の上の束がなくなると耐久的にどうなのかなと思います。 一般的に開口部を開ける時はどうやって束の場所を調べているのでしょうか。

  • 新築中の床下にカビ

    新築中の家の床下にカビがはえてしまいました。構造はベタ基礎、床下断熱と 基礎立上り部内側断熱で床下換気口なし。 原因は 上棟時に床合板を全て張ったところに屋根を施工する前の雨水が合板の隙間から流入、 雨天時に壁の合板をつたって落ちた雨水が土台と基礎の隙間から流入していたこと、 基礎水抜き穴からの雨水の逆流 で基礎床スラブ一面に水溜りが出来ている状態で床下が密閉されていたことです。 結果、床合板の裏は一面カビで大引・土台・柱下部にも少しカビがはえています。 1週間後には気密測定をするところまで工事は進んでいましたが工務店に連絡して 工事を中断してもらいました。工務店の今後の対応としては 1.1階の床合板をすべて撤去 2.構造体の含水率が高いので一ヶ月程度換気をし乾燥させ含水率を20%程度まで下げる 3.1~3階に施工した吹付け断熱材を撤去(乾燥促進のためとその部分にカビがないかを確認) 4.土台の殺菌と再発防止のシールド処理 5.乾燥を促進させるために2・3階の床合板、間仕切りの撤去 6.生えたカビを培養し種類の特定(腐朽菌の有無) 7.剥がした床合板と大引は新しいものと取り換える というもので現状は3まで進んでいます。 工務店側は殺菌とシールド処理(木材表面に保護膜をつくり酸素を遮断)すれば今後カビの 再発は無いということなのですが、土台と基礎の接地面や土台と壁合板の接地面は 現状どうなっているのかも見えないし、そのような状態で殺菌やシールドが出来るのか疑問です。 それと、床下換気口の無い床下部の基礎や断熱、防水の方法はこれでよいのかも疑問です。 今後生活していく中では、強制的な換気や除湿器等の設置が必要なのでは?と考えています。 小さな子供もいるし何十年も住んで行く家が最初からこれではとても不安です。 カビの処理と今後の再発防止について、ご意見・アドバイス等よろしくお願いします。

  • 床下の湿度調整について

    先日、床下の換気孔に害虫進入防止用のネットを取付ける業者が来て床下を点検したところ、この床下には湿度調整剤を敷いた方が良いと言われました。 この業者の話では、最近の新築住宅の床下はコンクリートのベタ基礎であるが、我家(築10年建売)は土のままであるので湿気があがり、カビが発生してくるとのこと。現在のところ白蟻はいないがこのままにしておくとカビを餌に白蟻が発生する可能性があり、ゴキブリ等の害虫も発生しやすい、また床下には断熱材が施工されているので床板と断熱材との間に結露して床板も腐ってしまうので、早く床下の湿気を取ってやななければダメとのことでした。 この業者は台所の床下収納があるところから床下に入ったのですが、確かに床下からはカビ臭いにおいが家の中に漂ってきました。 これまで床下の状態について気にしたこともなかったのですが、カビや害虫の温床になっていたのでは健康のためにも良くないので、床下の湿気除去について考え始めました。 床下の湿度調整には、床下換気ファン、除湿機、湿度調整剤、炭等いろんな方法があるらしいのですが、どんな方法が良いのか、費用はどうなのか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。実際に施工されて効果のあったものなども紹介していただけたらと思います。 因みに、この業者がすすめた床下湿度調整剤はゼオライト系(エコドライ、セラミックプルーフの2種)のもので坪当たり6~7万円と高価なものでした。

  • 新築2年目で床下浸水

    先日、床下収納が濡れており、床下を見ると15センチほど水がたまった状態でした。 建築屋と水道屋に、配管を確認してもらったのですが、水漏れは無いようです。 一旦、水を高さ6ミリ程度までポンプで抜き、建築屋より、 「原因が不明なので、2~3日後に水位が上がっているか見て再度調査する」と、 言われ、この日は帰られました。 腐敗、カビ、シロアリなどが気になる旨を伝えると、 水はコンクリートまでした到達していないので、問題ないとの事でした、 原因を除去し、床下の清掃と除菌をする予定との事です。 私は、湿気を吸い腐敗はカビなどの原因になるのではないかと 思っているのですが、皆さんの意見をお聞かせいただけませんでしょうか。 業者の対応方法なども、これが適切なのか判断できないで困っております。 宜しくお願い致します。

専門家に質問してみよう