• 締切済み
  • 困ってます

すこしだけ痴呆の老人の、遺言状は?

祖母がひとりで書いた遺言状のことですが・・・ 母は5人兄妹の末っ子で一番上のお兄さん(私にとっては叔父ですが・・)と、4人の妹たちという構成です。 いままでは叔父が95才になる祖母(母の母です)の、面倒を見ていました。もちろん財産も、それを前提にすべて叔父に与えられていたようです。 財産といっても、札幌の一等地にある土地と家だけですが・・・ しかし、叔父が4年前に病死し、叔父には子供がいなかったので、叔母(叔父の奥さんです)と、母親である祖母が、相続したと思います。 しかし、母の姉たち(上の二人です。ここではあえて叔母とは書きません、ややこしいから)が、叔母をいびり出してしまったようです。 そのため祖母が1人暮らしとなってしまうため、母が祖母のめんどうをみていました。(父も一緒に、祖母の家に移ったのです。)このとき。母の姉たちは祖母のめんどうを見たがらなかったようです。 祖母を施設にいれて、土地を処分してお金を姉妹で分配したかったようです。 祖母は少しづつ痴呆が進んでいっているようですが、意志はしっかりしていて、この土地は面倒を見てきてくれた母夫婦(うちの両親ですが)に、すべて譲りたいという主旨の遺言を1人で書いたようです。 このことが母の姉たちが知ったのですが、証人もいないし、痴呆老人のいっていることと、全く無視している状態です。 遺言状には祖母の実印が押してあるそうです。 母としては祖母の家に行ってから姉たちに財産目当てと、いびられていたため、別にそういうものは欲しくないが、祖母の気持ちを無視して勝手に土地を処分することは、我慢ならないといっています。 やはり、弁護士に相談した方がいいのでしょうか? 相談するならどのようなものを用意した方がいいのでしょうか?

noname#238
noname#238

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数244
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#864
noname#864

遺言よりも、この先、お祖母さんが存命中の間にお祖母さんの介護費用の捻出方法などの財産管理が緊急の問題となる事案と思われますので、成年後見制度の利用を検討されてはいかがでしょうか。 そのことも含めて一度法律相談を受けた方がいいですよ。 成年後見制度の内容は、下記などを参照して下さい。

参考URL:
http://www.asahi-net.or.jp/~xu4y-aso/kouken.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遺言状を見せてもらいたい

    みなさま初めまして。 遺産相続について困っていますので助けて下さい。 先日父が亡くなりました。 残された家族は、母と、兄と私の三人です。 母と、私達の仲はあまりよくありません。 母は父の死後、いつの間にか、預金を自分の通帳に移し、土地・建物の名義の書き換えを行っていました。 母は「全てを自分に相続させる」との内容の遺言状を、生前の父に作らせたようです。 遺言は行政書士に依頼し、証人には行政書士と、母の友人がなっているので有効だと告げられました。 その遺言状を見せて欲しいと母に依頼しても、行政書士が出てきて、「見せる必要はない」と突っぱね、見ることが出来ません。 遺産の移動も、この行政書士が行ったようです。 自分の父の遺言状を見ることが出来ないなんておかしいと思うので、どうすれば見ることが出来るのか知りたいのです。 また、遺言状があれば、遺言状がなかった場合の法定相続人になんの連絡もなく、財産の移動を行ってもいいのでしょうか。 みなさまの知恵をお貸し下さい。 (遺言書が法律に則った正式なものであった場合は、「民法第1028条 遺留分の請求」を行う予定です)

  • 生きている祖母の遺言状について。

    私は半身不随の祖母の面倒を看ている孫です。 両親は他界してます。父の弟(叔父)が1人いますが一度も見舞いさえ来てくれません。 祖母が昨年辺りから、痴呆症になってしまいました。 祖母が痴呆になる前に、全財産を私に相続させるという内容の遺書を作ってくれました。 財産の内容は預貯金・不動産ですが、預貯金は長い病院生活の間に全部使い果たしてしまいました。 (1)つ目の不動産。父と私と祖母が住んでいた所(今は無人ですが固定資産税を5年以上前から滞納しています) 土地建物両方、祖母・叔父・亡き父の3人共有名義で、亡き父から私への相続はまだ済んでいません。 (2)つ目の不動産。叔父一家が住んでいる所(30年以上居住、地代などは貰ってません) 土地・祖母名義、建物・叔父名義です。 (1)が差し押さえになってしまう前に売りたいと、叔父が言い出しました。 祖母の取り分のお金は俺が貰うと言うのです。 遺書では私が相続するという事情を説明した途端、売りたくないと言い出し居留守を使い音信不通状態です。 祖母は痴呆症になる前に、(1)の売却には賛成していました。 (1)を売って(2)の祖母名義分を叔父に買い取ってもらいたいと言ってました。 【質問1】叔父ときちんと話し合いたいのですが、何か法的に対処できる方法はありますか? 毎年の滞納額など損害が私にも出てます。 【質問2】祖母は痴呆症ですが、不動産売却ができるのでしょうか。 【質問3】(1)を売った段階・祖母が生きている段階で(2)の祖母名義分を叔父に買い取ってもらうことについて。 遺留分請求などで後々裁判でもめたくありません。そのことを考慮して市場より安い金額で売るつもりですが口約束でも大丈夫でしょうか。 【質問4】叔父は「成年被後見人」になっています。この場合、私が不利になることはありますか?

  • 父の残した遺言状は有効でしょうか?

    お忙しいところ恐れ入りますが 父の残した遺言状にある遺産(土地)の分配に関わる 遺言状の有効性についてお尋ね致します よろしくお願い致します 出来るだけ誤解の無いよう表現しますが・・・ 構成家族は以下の通りです A (この度、死亡した父) B (現在、存命の母) C (私の兄) D (この度の相談者の私) 遺言状に書かれてある相続対象の土地は 甲土地(Aの所有) 乙土地(Bの所有) この度、死亡した父Aは遺言状を遺しました 父Aの遺した遺言状の内容は要約すると以下の通りです (遺言状は自筆・捺印・日付があり、体裁に問題はありません) 「土地甲をC(兄)に遺す。土地乙をD(私)に遺す」です ここで問題になりましたのは、A(父)の遺言状の中に A(父)の所有で無い「乙土地」が書かれて入っていたことです そこでお尋ねします 「この父Aの遺した遺言状そのものは有効でしょうか?                   それとも無効でしょうか?」 このことを専門的法律の観点からお伺いしたいです  よろしくお願い致します                    

  • 回答No.2

難しいケースですね。少し痴呆になられているとのこと。最近では、この件で遺言能力の有無が問われることが増加しているそうです。 老人性痴呆と意志能力とは直接関係ないとはされていますが、やはり痴呆の進行によって意志能力にも影響ある判例ででているようです。 そこで、問題になるのは自筆遺言書に日付があるか、またその当時の痴呆の状態がどうであったか、と言うこの2点にあるようです。 明確に基準はありませんが、医師の診断等により、状態をある程度判断できる様にした方がよいようです。 この辺がクリアーになれば、遺言することが出来るのではと考えます。 また、弁護士については、遺言執行人になってもらうことを視野に入れ、ご相談された方がいいのでは・・・と思います。 参考: 民法967条 969条 969条の二     972条 976条 979条

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#8250
noname#8250

内容がごちゃごちゃしていてちょっとわかりづらいので もう少しわかりやすく書いてほしいのですが... とりあえず自筆証書遺言の要件について説明します。 1)全文自分で書くこと。 2)年月日を自書すること。 3)必ず署名すること。(氏と名を書く) 4)印を押すこと。(実印である必要はありません) # ほかにもあるのですが割愛します。 となっています。自筆遺言は後で遺言無効の訴えを おこされる危険性があるので出来れば公証人役場で 公正証書遺言を作成するという形にしたほうがよい と思います。 補足してくださる嬉しいです。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遺言状を作りたいのですが、どのように作って、どのように保管すればよいで

    遺言状を作りたいのですが、どのように作って、どのように保管すればよいですか? 30歳代独身女性です。 実家に母、兄弟と一緒に3人暮らしです。 財産といえるようなものはないですが、亡くなった後のことを考えて、 遺言状を書こうと思います。 弁護士に預けるほどの物ではないと思っていますが、 どのように書いて、どのように保管すれば良いか等、アドバイスお願いいたします。

  • 遺言状の誤りで全て無効になるか?

    親(X)が自筆の遺言状を残してなくなりました。遺言状自体は書式に則り、裁判所の検認も受け、有効と判断されましたが、一箇所遺産の内容に一部誤りがあることがわかりました。 相続人はAとBの子供二人とします。 遺言状に書かれていたのは、 (1)Aには400m2の土地とその上の建物(地番、建物表記に誤りはありません)並びに金融財産(預貯金など)の全て。 (2)Bには、(1)とは別の800m2の土地のXの共有持分権3分の1(つまりXは800m2の土地の3分の1の持分権利を有している)。 をそれぞれ相続させるとなっていました。 親はAに多くを相続させる意思を有していました。 さて、Bに相続させるとなっていた(2)の土地は、Xの持分権が実際には6分の1であることがXの死後判明しました。 Bはその誤りを指摘し、遺言状の内容に重大な誤りがあるので、遺言自体が全て無効で、法定相続になると主張し始めました。 遺留分のことはここでは検討しないとして、このBの遺言無効の主張は法的に有効なのでしょうか?遺言状の一部の誤りで、遺言全てが無効になるのでしょうか?Xは(2)の土地の権利が3分の1あると信じて遺言を書いたことは間違いないとして。 事実を簡略化して書きましたが、アドバイスをお願いいたします。

  • 遺言状に書かれた全ての財産とは

    父が亡くなって数十年経ちますが、未だ相続手続きがされていません。 母も高齢となり、子供が三人いるのですが、自分の財産は全て、世話になった私に譲るとの遺言状を作ってくれました。 この先、母が亡くなった場合、母が相続できる父の財産分(1/2)は、私が相続できるのですか?

  • 遺言状の効力について

    先日父が亡くなり、四十九日も終え遺言状があることがわかりました。 その遺言状はまだ未開封ですが、作成のときに立ち会った証人の方に よるとどうやら農家を継ぐ予定だった兄がすべての財産を相続すると いうことになっているようです。 11年位前に作成された遺言状で兄は6年前に脳の病気で倒れ、 現在は歩くこともままならず言葉もほとんど発せません。 母は健在で、現在は兄嫁が同居はしていますが、不仲で一切面倒など は見ていません。このような状況でも遺言状は有効で、 内容どおりに履行されるのでしょうか? 私としては兄がああいう状態で、兄嫁もあんな感じなので、 できれば母にすべて相続させてあげたいのですが・・・。 可能でしょうか? 遺言状の内容がどうであれ相続権自体は母にも私にもあるのですよね? 自分は放棄してもかまわないので、全てではなくとも、 少しでも母に相続させてやりたいのですが・・・。 6年前に兄が倒れたときに父が書き直しなどをしていればよかった話 なのですが、何分頑固な父で自分がそんなに早く亡くなるとは 思っていなかったようで、今の状態になってしまいました。 どうか知恵を貸していただけたら助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 遺言状を書いてもらう方法

    私の祖父(父方)に遺言状を書いてもらうか、生前贈与をしてもらいたいのですが どのように切り出せばよいか分かりません。 父と祖父で直接話せばいいと思うのですが、父からは切り出しにくいそうです。 父には弟がいるのですが、祖父の死後、相続でもめそうなので今のうちに 財産分与をはっきりさせたいのです。 (父母と祖父は二世帯で同居しており、土地の名義は祖父になっています。 祖父の死後、法的には父と父の弟で土地を分けるのですが 父が長年住んでいる家なので、土地は父に相続させたいです。) 孫の私から切り出そうと思うのですが、どのように切り出せば 祖父の機嫌を損ねずにすすめられるでしょうか? ストレートに話すと、早く亡くなってほしいと勘違いされて 父に不利な財産分与になるのが不安です。 祖父の意向・兄弟の財産分与の公平性はまた別の話になるので その部分のご意見は結構です。 遺言状を書いてもらうか生前贈与をしてもらうかしてほしいので、 その切り出し方(祖父に失礼にならないよう)をアドバイス願います。

  • 遺言状の効力

    万一の時のため、遺言状を作成しようと考えていますが、わからないことが何点かあり質問させていただきました。 現在加入している生命保険の受取人を母としていますが、事故などで同時に死亡した場合、受取人を娘に変更するように遺言状に書いておけば変更は可能なのでしょうか? 現在のままですと、いったん母の財産となり、その後母の相続人である姉弟娘で等分されてしまうのではと、受取人を娘に変更すべきか迷っています。(家族構成は、娘、母、姉、弟です。父は亡くなり、夫とは離婚しています) また、娘の父親は存命なのですが、財産を手にした娘を引き取られると勝手に使用される恐れがあるので、娘の後見人を遺言状で指定することは可能なのでしょうか? お手数ですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

  • 遺言状の遺産相続人が死亡したら・・・

    遺言による遺産相続に関して教えてください。 祖母(A)は、二人の娘である母(B)と叔母(C)に平等に遺産相続する遺言を書いたそうです。このとき、遺産相続人である1人(例えば母(B))が祖母(A)より先に他界した場合、祖母(A)の遺産は、全て叔母(C)が相続することになるのでしょうか?母(B)には3人の子供がいます。 上記の場合、遺言による遺産相続の正しい考え方は? (1)叔母(C)が母(B)の分も相続して100% (2)叔母(C)は50%、母(B)の子供達が残りの50%を3分割して相続。 どちちらでもない場合、どう考えておくのが正しいでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 遺言状

    父が弟への貸し付けとして金銭消費貸借契約500万円の契約書を作成する一方で、遺言状に、弟への貸付金1000万円を免除すると記載していた場合、どちらが有効でしょうか。 父の預貯金が複数の銀行に預金されている場合、兄弟の1人が父にかわって管理しており、父がなくなった場合、一部の預金をかくしている可能性がありますが、それを知る方法はありますか。言われたとおりの財産が相続の対象になりますか。 税務署は、たんす預金をどのようにあばくのでしょうか             母の預貯金はあまりないのですが、たんす預金が実際にはないのに、1000万円ほどあることにして、それを子供にあげるという遺言は有効ですか。 そのお金を1000万円父からの借入金返済にあてたものとした場合、それは有効ですか。つまり、現金は動いていませんが、形式上返済した形にしますが、それは有効でしょうか

  • 10数年前の遺言状の効力

    実家の父から依頼がありました。 父には姉がいます。 20年近く前に姉から「土地の相続の事でお父さんに遺言を書いてもらいたいから公証役場に連れて行くから」と言われたそうです。 当時、父の父、父の母はまだ健在でした。 それからほどなく父の父、父の母が相次いで亡くなり、亡くなってから 姉から 「450坪の土地のうち150坪を相続できるように遺言に書いてもらったから」と履行されたそうです。 その肝心の遺言は離れた土地に住む叔父が持っていたそうです。 当時、父は「遺言があるなら仕方がない。遺言の効力は絶対だ」と中身も見ぬまま、また、 叔父もしっかりと内容を見ないまま、父に渡さぬまま今日まで来てしまったようです。 昨日、そんな話になってあわてて叔父が遺言を見てみると、 内容が姉の言うものと少し違っていたようです。 そこで質問なのですが、 遺言の効力、時効と言うのは10数年経過し、 形となって履行されてからの取り消しと言うのは可能なんでしょうか? 遺言があった事は知っていても、手元になく、現物を見た訳でもないので法的にどうなんだろうと思ったのですが。 また、父の姉は実際とは違う内容を父に伝えた訳ですから、何かしらの訴えを起こす事が出来るのか? 遺言の中身の確認を父、叔父ともしなかったのですが、 これは「知ってから」の猶予に入りますでしょうか?

  • 遺言状の取り扱いについて

    母方の親戚で揉め事が起きそうなので教えて 頂けますでしょうか。 母の姉(私の伯母)の旦那さんが無くなり、 来月49日法要が行われます。 家族構成は以下です。  伯父(死去)  伯母   長男   長女   次女   三女 最近、遺言状が見つかったと母に伯母から 連絡が入りました。 その存在を知っているのは伯母と三女のみの 様です。(中身も読んでいるようです) そこで、素人考えで遺言状の処置をしては いけないだろうと思いますが、 (1)第三者が認めないと遺言状の効果がでないので  しょうか? (2)49日にその存在と内容を親族に公開し  財産の処置を決めたほうが良いと思って  いるのですが、49日までに実施した方が良い事は  なんでしょうか? 伯母もあまり、身内でもめるのは嫌がっているので 穏便に事を進めたいと思っているはずですが、 アドバイスをお願いします。

専門家に質問してみよう