• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ人間は法律に従わなければならないのでしょうか?

なぜ人間は法律に従わなければならないのでしょうか? 自由に国境を越え、自由に住み、自由に食い、自由に生き、自由に殺される権利というのは 本来全ての生物が持っているものだと思うのですが。 真の自由主義とはなんだ、全ての人間は自由に生きるべきだ、法律がけしからん、 と言ってるのではなく、 「自由に動物のように生きたい」と思った人がいたとして、 それを許すことはできないのかと思ったわけです。 法律に従わないヒトとして生きる自由を選択する権利というものは存在するべきだと思うのですが、どうなのでしょうか? あるいはすでに存在しているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数18
  • 閲覧数1123
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.17

この質問は#10の回答者の方の言うように「哲学」カテゴリーでする方が良かったと思いますし、また、他の方の回答も十全なものではないように思えますので回答いたします。 まず、「なぜ人間は法律に従わなければならないのでしょうか?」という質問ですが、とりあえずの答えとして書けば、法律に従おうとすることもそれに従わないで生きていこうとするのも どちらもその人の権利であり決意次第のことです。 歴史的に言えば、そのような人が生まれつきに持っている権利のことを自然権といいます。(自然権の範囲についても種々の議論がありますし、自然権そのものを否定する議論もありますけれど。)例えばホッブズという人は「社会契約」という考え方を最初に示した人でありますが彼は自然権を「自分が生き延びるためにあらゆることをする権利」と考えました。ただ、そうするとすべての人が自己の自然権を主張し実行しようとすれば「万人の万人に対する戦い」という状態となり、誰も安心して生活できないという状態になると予想しました。それ故に、人は自己の自然権を社会契約のもとに放棄するという考え方を示したのです。我々の社会が法律を制定するのはこの考え方を基底においているのです。 ですから、自らの自然権を存分に発揮したいという理由からその社会の法律を守らないという選択をする自由も人間にはある、と私は考えます。しかし、それは同時にその(法律を作っている)社会の一員であるという資格を失うことを意味します。というよりもその社会の一員であるということを拒否するわけです。逆に言うと、そうした人に対して社会がその人をどのように扱うこともその社会からすれば自由なわけで、有無を言わさずその存在を抹殺することも可能(というよりたいていの場合そうする様になっています)ですし、命だけは助けてその社会から追放するだけかもしれません。いずれにしろ、「法律に従わないヒトとして生きる自由を選択する権利というものは存在」しています。ただ、その結果どうなるかを他の回答者さんたちが述べているだけです。 もう一度、整理して書きますと人には土台として「自然権」が存在する。その基礎の上に社会を形成し法律を制定している。つまり、自然権と法律は同じレベルの話ではありません。 さて、「2万年前の人間がタイムスリップしてきたとして、 その人間に対して法律を押し付けるべきかどうかというような問題」は自然権の問題としての質問でしょうか。それとも現実にある社会の中での法律レベルの問題として質問しておられるのでしょうか。このレベル分けをはっきりさせれば答えは自ずと出てくるものと思います。 次に「犬や猫を法律で裁くのに違和感を覚えませんか?」という質問(これも質問趣旨は同じであると思えます)については、まずそのような裁きの具体例はありますかとお聞きしたいですね。そうではなく、抽象的に「法律に従う意思の無い者を法で裁くのは矛盾していないか」という問いをたてるのであれば以下のように答えましょう。 法律を制定するということは1つの社会としての境界を設定することでもあります。それは境界の内部にいるものに対しては皆が同意した法律として強制力を持ちますし、境界の外部にいるものに対してはこの社会の一員となるための条件を示すことになります。そして自分たちの社会の一員でないものに対しては、(社会があたかも一人のヒトであるかのように)自然権を発動して排除することが認められます。ただ、その自然権の発動に際しての内部的手続きとして自分たちの法律が存在し、それに従って自分たちの自然権を行使します。ですから、法に従おうとしないものを法によって裁くことはなんらの矛盾をも生じません。 以上のことを踏まえた上でもう一度最初の質問に戻ってお答えすれば、「なぜ人間は法律に従わなければならないのでしょうか?」の答えは「人間が自ら法律に従うことを選択するから」です。(その社会に属する生まれたばかりの子供や、2万年前に生まれて現代にタイムスリップしてきた原始人はそうした決意・決断・判断を行っていないという反論は無意味です。子供は大人になりその社会の一員として認められるまでに、そして原始人にもそれなりにその社会の在り方について教育されたり内容を知る機会が与えられ、その上での決断となるはずだからです。ヒトはその社会がどうしても嫌であればそこから脱走や亡命をしたり、法律を変えるように運動したり、革命をおこしたり、最終的には自殺したりなどの手段でその社会から抜け出すことは可能です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自然権という言葉は参考になりました。これについてはまた調べてみようと思います。 回答を読んでいて、もっと単純な問い方を思いつきました。 「ホームレスになるのは法律違反か?」 ということです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 人間の「良心の呵責」は打算の産物であり見せかけか?

    1, 生物学者は、ヒトには「良心の呵責」など存在しないと言います。 「自分に有利になるか、不利になるか」 「いかに自分の遺伝子を多く残すか」 だけがヒトの行動決定基準だと彼らは言います。 (つまり、いかに「良心の呵責」があるように周囲に見せかけ、 本能・本心を隠しながら生きるのが人間の真の姿だということ。) あなたはどう思いますか? 2, 人間は「バレなきゃ何をやってもいい」と本心では考えていると思いますか? 3, もしもこの世から法律や国家が無くなったら、 凶悪殺人男が(全部とは言わなくとも一部の)女から 「強いオス」としてモテモテになると思いますか?

  • 人間の定義とは

    前から不思議に感じていたのですか、法律上では人間をどう定義づけしているのでしょうか? ”どういう条件を持っていればその生物は人間である”ということを法律では説明(解釈)しているのか知りたい。 これは極端な話ですが、誰か他人を殺した時 ”俺は人を殺したんではない、動物を殺したんだ”っていった場合法律上 動物ではない殺したのは人間だと説明する根拠が必要だと思うのだが・・・ 知っている方がいらっしゃれば教えて下さい。

  • 人間はなぜ皆平等なんですか?おかしくないですか?

    人間はなぜ皆平等なんですか?おかしくないですか? 人間は十人十色。本当に色んな人がいます。 その中でも、他人の命を奪ったり、他人の生命(性行為)を脅かしたり、他人の財産を平気で盗むような連中が少なからずいます。無業者も犯罪者予備軍であると思います。 明らかに「生物」として「差」があるにも関わらず、「人間」というだけで「平等」になってしまうんでしょうか? 旧時代の身分制度は間違っている点はあったとはいえ、やはり人には「質の差」があると思わざるおえません。 心から平和を愛し、また望み、人々の幸福をも願う人がいる一方で、 自分さえ良ければいい的な人間も、同じように平等に人権が存在することが納得できません。  人間ってそんなに偉いんですか?  いつも同じことを言って申し訳ありませんが、毎日、勉強もできず水汲みだけで一日が終わってしまう子供達の方が、一日中働かず暇をもてあそんでるクズゴミカス野郎より何倍も命は尊いと思ってます。マネーゲームでワンクリックで数十万も稼ぐ奴より、水汲みだけで1日が終わる人間の方が私は何倍も敬意を払えます。  生物として腐った生き方をしている存在は、全生物から否定される存在ではないでしょうか? なぜ「人間」というだけで、様々な権利を有し保護されてしまうのでしょうか。  そういう連中は「弱者」ではありません。 ただの「怠惰」です。 怠け者だから自分で働いて稼ごうと考えない。 楽をして金を稼ぐことしか考えない。オレオレ詐欺然り、窃盗もそう。 しまいには働かず寄生することを当然の権利のように振舞う輩まで出る始末。  社会主義がうまくいかないのと同じように、人間と言うだけで無条件で権利が与えられる、というのはあまりにも現実に即さないものだと思います。  人間は皆、等しく性善説のような心を持っている。だから権利も無条件で等しく与えられるってことなんでしょうか?  世界中の犯罪、権力者(独裁者)などを見れば、それがあまりにも陳腐なものであることは明らかではないでしょうか? 皆さん どう感じますか?

その他の回答 (17)

  • 回答No.18
noname#11476
noname#11476

必ずしもすべての法律に従わなければならないというわけではないと思いますよ。 民法などは代表的であり、権利は書いてあるけど、権利行使は強制されていない。 義務も書かれているけど、求められなければ義務を果たさなくても処罰はされない。 法律で強制しているものの大半は他の人の財産・生命・権利・自由等を阻害する可能性のあるものについてでしょう。これは当人の問題ではないから、この社会で生活する以上はしたがってもらうというものです。 これは合理的であり、強制すべきものだと思いますが、これも否定されるということでしょうか? それとも、その考えでは疑問のある法律も少し存在しているのは確かなので、そういう法律を問題にしているのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.16

>例えば、犬や猫を法律で裁くのに違和感を覚えませんか?  犬や猫が裁判に出廷したとでも言うのでしょうか?中世にはそうした事例もありましたが…。  ただ、野生動物が突然人を襲ってきた時は、撃ち殺すことも可能です。これが「緊急避難」という考え方ですが、こういう意味なのでしょうか?まあ、人間は万物の霊長なので仕方ありません。これは法律の問題ではなく、人間が地球上でいかに生きていくかという哲学的、人類学的な問題です。 >法律に従う意思の無い者を法で裁くのは矛盾していないか、というような問いです。  本人に従う意思がなくても、法治国家では、生まれながらにして(というより、場合によっては胎児の時から)法律上の「存在」ですので、法律の支配下から逃れることは出来ません(というより、法律によって「保護されている」というべきか)。そして、社会的存在である以上、その義務を果たさなければ、当然制裁を受けます。これは本人の「従う意思」とは無関係ですし、法治国家としては当然です。矛盾することはありません。  質問者さんの質問は、「死ぬ権利」(法律から自由に…というのは社会的に抹殺される権利、と読み替えることも出来るでしょうから)などという法哲学的な質問でしょうから、ここのカテでの純粋な「法律論」では結論は出ないものと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.15
  • kyujin
  • ベストアンサー率31% (83/263)

質問者様の仰りたいことは、なんとなくわかったような気がします。 江戸時代以前には、こうした人々がいたという研究があります。 所謂、「公界人」とか「上ナシの人々」といわれる人たちです。 これは例えば、旅芸人、死体や糞尿の処理をなりわいとする人々、ほか諸々の人々のことで、 一定の主人に仕えることはなく、強いて言うなら、天皇が上にいるだけ、当時の分割された”国”を自由に出入することが認められる反面、法による保護、通常の定住地を与えられないのが普通です。 まさしく、質問者様の仰るような権利が認められていた事例だと思います。 隆慶一郎の「一夢庵風流記」などにこうした人々のことが紹介されています。 まさしく、自由とともに「のたれ死ぬ」自由も持っている、 という内容が記載されています。 是非ご一読ください。 江戸時代にはいると身分制度が確立され、農民を土地に固定することで、安定した経済を成立させる仕組みがより強固になります。 その中でこうした人々がいわれのない迫害を受けるようになりました。 質問者様の仰る現在の状況はこのあたりからの流れが最初だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14

弱い生命体は、外敵から身を守り種族防衛をするために、群れを作ります。サルや犬だってですし、 ペンギンやイワシなんかもそうですよね。 そしてその群れを守るために、群れには一定の掟が存在します。掟を守らないものは、群れから追放 されたり、生命を奪われたりもします。 当然、人間は群れる動物です。よって自然の摂理としてルールが存在します。そしてそのルールに よって自身の生命や財産が保護されていることに満足しています。 >法律に従わないヒトとして生きる自由を選択する権利というものは存在するべきだ 大多数の人間が本能的に掟(=法律)を必要とし受け入れているのです。 法律に従わないのはそのヒトとして自由ですが、その場合は群れ(=社会)から弾き出されるか、社会 的に抹殺されるか、ということになりますね。 >法律に従う意思の無い者を法で裁くのは矛盾していないか 矛盾しているとは思いますが、懲罰を加えるのにも社会的なルールに従わなければ、報復が報復を呼び、 群れの秩序が保てなくなりますから、法の下で裁くべきと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13
noname#8634
noname#8634

ご質問者さまは、人類の文明・知識・法律の粋を自ら放棄して、野獣のように生きたいのでしょうか。 それとも、法律に従わない野獣のような無法者は、法律で人権を守る必要はない、本人の希望の通り、獣として扱え、という趣旨なのでしょうか。 私は、「自由に殺される権利」という書き込みを見て思いましたが、とても辛い思いをしていませんか。 今一度、冷静に「知識ある人間」として思い直して見て下さい。的を外していたら申し訳ありませんが、「復讐」はしないで下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>法律に従わない野獣のような無法者は、法律で人権を守る必要はない、本人の希望の通り、獣として扱え、という趣旨なのでしょうか。 そういう趣旨です。 「自由に殺される権利」というのは、その野獣を狩るのは罪に問われるべきではないという意味で書きました。 「法律に従わないヒトとして生きる自由を選択する権利」を認めないのは、野蛮ではないのか、というような問いです。

  • 回答No.12

動物が自由であるという前提がおかしいんですよ。 野生動物は、 本能・習性というものに支配されて生きています。           本能のみで生きていけない人間は、 法律という代用品を発明したのですよ。            

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

Hal2004さんの意見は的を得ています。 >法律に従わないヒトとして生きる自由を選択する権利というものは存在するべきだと思うのですが、どうなのでしょうか? それを認めると、「人を脅威から守る」という社会システム自体が瓦解します。 法律を作っている人(古くいえば王や皇帝)は、本音としては権利を認めたくないのです。権利を認めると濫用する人間がいるのが歴史を見れば分るから。でもそれでは、法律に従う人が不当に扱われるので権利を認めさせようと、先人達が命掛けで認めさせたのが憲法に書かれている権利条項です。 「先人達が命がけで戦ってくれたおかげで、今の規制ですんでいるし不当に扱われることも(とりあえず今のところは)ない、この程度の法律ですんでいるのだから少なくとも私は従わなければならない。」 これが私が今の法律に従わなければならないと考える理由です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

例えば、犬や猫を法律で裁くのに違和感を覚えませんか? 言いかえると、法律に従う意思の無い者を法で裁くのは矛盾していないか、というような問いです。

  • 回答No.10
  • kurupin
  • ベストアンサー率24% (125/511)

おはようございます。  カテゴリーを「哲学」にした方が良いと思いますが?  要するに「公共の福祉」に反する自由を享受する事は許されないのかという事ですかね?(別に質問者様がそれを望んでいるわけではない事はわかります。)  私個人は、法というものはそこに住む人があまねく天寿をまっとうする為に存在するものだと考えていますので、国・地域・仲間など何でも良いのですが、なにかしらの共同体の中で生活する限り、「自由」とは法(きまりといっても良いでしょう)によって与えられているという極めて受動的なものであり、質問者様の仰る能動的というかより積極的な自由を謳歌するのは難しいのではないでしょうか。  これを実現するには無人島・サバンナ・熱帯雨林などで「一人」で生活するなら可能だと思います。  1800年頃イギリス海軍の帆船バウンティ号の乗組員達がタヒチで叛乱を起こし、現地の女性を引き連れてとある無人島に逃げ込みそこで生活を始めます。ところが結局ゼロサムゲームが始まってしまい30年後生き残っていたのは1人の乗組員とその子孫だけだったそうです。  やはり「自由に動物のように生きたい」と思っても他者がいる限りそれを許してはくれないでしょう。他の方の回答がそれを如実に表していると思います。ということは2万年前の人がタイムスリップしても現行の法を押し付けることになるでしょうね。   ご質問の主旨に外れたらお許しください。 あくまで素人の意見です。失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

2万年前からのヒトを「人」と見るのであれば、法律に従わせるべき。ヒトは「ヒト」でしかないとみると、動物園行きかな。 まったくの「自由」に生きる権利は今の世界にはないです。人間は知恵がつきました。「自由」と「無責任」の区別がつくようになりました。 一人が「自由」を望む。だけならいいのでしょうけど、みんなが「自由」を求めています。その上で「みんなが自由になるための限度、限界」が法律になったのでは? もし私がまったくの自由を欲し、そういう仲間がいる世界に行ったら・・・今よりも全然自由には生きられないと思います。それどころか「自由に人を殺したい」人に殺されるとか、「自由に今SEXしたい」人に犯されるか。私は自由ではないでしょう。 自由に生きられる世界、まさに2万年前に世界は逆戻りでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

法律に従わなくてはならない、などということはありません。現に従ってない人も多数います。あなたは幼稚園に乱入して……することもできるのです。 人間は本来完全な自由を備えて存在します。法律は誰かの、もしくは誰かたちの都合の良いようにできています。例えば、日本国の法律は日本人に都合の良いようにできています。北朝鮮は共産党・金正日に都合の良いようにできています。 だから、ベジータくらい強い人にとっては地球人の法律など全く眼中になく行動できます。人間を襲った熊が殺されなくてはならないのは、法律で射殺と決まっているわけではないからです。蟻の社会に法律があって殺蟻は極刑となっていても、人間様は好きなだけ蟻を殺して蟻社会から裁かれることはないんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

例えば、犬や猫を法律で裁くのに違和感を覚えませんか? 言いかえると、法律に従う意思の無い者を法で裁くのは矛盾していないかというような問いです。

関連するQ&A

  • 人種

    同じヒト科の動物なのに、なぜ肌の色が違い、雰囲気が違うのでしょうか。 生きるためには他の生物を食べなければなりませんが、もし人間がそれぞれ違う種族の動物であったなら、一方が他方を食べるということをしないのは、生物学的に見るとどういったことなのでしょうか。「生きる意味」において、人類至上主義が間違っているのかなどです。

  • 人間がヒトを産む権利はあるのでしょうか?

    人間は結婚という行事を終えると、女性は高確率で子供を産みます。 「自分の生きた証を残したい」、「家族を増やしたい」、「老後が寂しくない様に・・・」 など産む理由は様々です。ただ漠然と「子供が欲しい」と思って産む人もいます。 しかしどれもエゴの固まりにしか思えてなりません。 周りの目を気にして見栄などのために子供を産む人もいます。 人間は感情のないロボットではありません。自我があります。 そんな簡単な理由で人間がヒトを産んでも良いのでしょうか? また中には「自分は今幸せだから、自分の子供を産んでその子も幸せになってほしい」 という理由もあるでしょう。 しかし、人生はどっちにどう転ぶか分かりません。+にも-にもなり得ます。 さらに人の幸福感は様々です。 ましてや、この世に本当の幸せなんて存在していないかもしれません。 幼稚園や学校に無理矢理行かされて、受験戦争を勝ち抜くために死に物狂いで勉強し、 今度は自分や家族が生活するために死に物狂いで働いて、老後を数十年過ごした後死ぬ。 この日本での平均的な人生です。人のために人が働き、そして死ぬ・・・ 説明不能に生まれ、時がたてば死んでいく。 そんな人生、ただ虚しいだけなのかもしれません。 では反対にヒトが産まれなかったらどうでしょう? ヒトの産まれる前が「無」であるなら幸福の絶対値は0です。 どちらの方が良いのかは分かりませんが・・・ 今日、日本では「少子化」が騒がれています。 税金など色々な問題があるのでしょうが、 とにかく自分たちが将来ちゃんとした生活できるように子供を増やすことに 努めているわけです。 人が生き残るためにヒトを作る。 そしてそのヒトは、人のために上に書いた虚しいだけなのかもしれない人生を 送ることを強いられる・・・ 人間は人間に「生」を与えます。 それをちょっと変わった表現をすれば、「命のバトン」ですとか、 「人は愛を紡いで歴史を作る」とかでしょうか。 しかし、それらの言葉は余りにも人がヒトを産むことを美化しすぎで、ある一つの事実を覆い隠している感じもしなくはありません。 当然ですが、人間に「死」を与えるのも紛れもなく人間なのです。 産む理由もなにも、産むのは人間の本能だ!と考えられている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、本当にそうでしょうか? それは「本能」という言葉を使って逃げているだけじゃないんでしょうか? 人間も動物は動物ですが、人間と他の動物、決定的な違いが有るはずです。 果たして人間がヒトを産む権利はあるのでしょうか? 結婚すると、当然のように子供を産もうとするという現実に疑問を感じていたので質問させて頂きました。 皆様の意見を聞かせてください。 御願いします。 乱文、失礼いたしました。 ※ライフ(その他)のカテゴリーで似た質問させて頂いたんですが、もう少し回答を頂きたいので こちらで質問させて頂きました。よろしく御願いします。

  • 「ヒト」の意味と英語

    (1) 生物や動物学の本では「人」や「人間」ではなく「ヒト」と書いてあることがありますが、どのような場合に「ヒト」と書くのでしょうか。 (2) 上記(1)の意味での「ヒト」は、英語では何と言うのでしょうか。

  • 人間は動物ですか?

    うちの親は人間は動物ではないと言っていました では人間は何?と聞くと人間は人間だと言ってました まあ論理になってない気がしますが、人間は生物学的には 動物ではないのでしょうか? 昔から人間は動物ではないといってる人もいますが それは自分を犬や猿と同じ生物だと思いたくない 哲学的?な事なのではないかと思ったりもします どうなのでしょう? 回答よろしくお願いします

  • 量子相互作用は 言葉・貨幣・法律にまで及ぶか?

      (α) 量子相互作用は 言葉・貨幣・法律にまで及ぶか?  これを言いかえるなら   (β) ことば・貨幣・法律は 階層現象をさかのぼって量子の世界にまで到るか?  これは どうも人間存在という段階において断層があるのではないか?  というのも   (γ) モノと対応していると考えられるのは 身と心なる存在までであって 身と心なる人間存在が 言うなれば共生性――社会的動物であること――としてそなえているものは ヒトに独自の存在の活用術(またその発明品)であると考えられる。つまり ことば・貨幣・法律がである。   (δ) だとすると 自然本性としての身と心――感性および理性――のほかにさらに ヒトとしての独自の自然本性として いまの社会的共生性がある。のだろうか?   (ε) しかもこれら縁起共生のための文明の利器であるコトバ・貨幣・法律は すでに人間のワタシが生まれる前から社会にあったとすら思われるほど自然生成的なものである。そうすると ひるがえってあたかもモノとして量子相互作用に遡れるかにも思われる。   果たしてどうか?    

  • 人間のはじまり

    人間のはじまりはどこなのでしょうか。 人類の祖先は同じなのにどうして国によって顔のつくり?(骨格)がことなったり、目の色がちがったりするのでしょうか。 私が聞きたかったことは人間が始まった国はどこなのかということだったのですが、 この質問はおかしいなと感じたので言い方をかえてみます。 日本のような島国にも人間がいる。アメリカのようなおおきなくににもやっぱり存在する。あまり詳しくはわからないのですが、ジャングルのような今もかわらない野生のなかにも私たちと同じ人間がいます。 生物としての生き方は同じはずなのにどうしてこんなにちがうのかなと思うのです。 この広い地球の中で様々な環境のもとでそれに対応した生物になってきたということができるのかもしれませんが…。答えがでてしまいました。 質問をかえます。 どうして同じ大陸にありながらもこんなに国境がそんざいするのでしょうか。 大きい国小さい国、どうしてわけてしまうのでしょうか。 そして、先進国と発展途上国かあるということは生物から人間として進化してくるのが遅かったということなのでしょうか。 今も進化の過程にあるわけで人間が完成ではないのかななども思ったりしています。 これからも進化をしていくとしたらこの地球はどうなっていってしまうのでしょうか。 終わりがみえているようなきがしてしまうのですが…。

  • 法律が改正されるまでの時間

    昨日、悪徳ブリーダーや動物虐待の目を背けたくなるような動画を勇気をもって見ました。 なぜこのような残虐な人間が存在するのか… 今この瞬間にも世界中で 虐待されてる人、動物がいると思うと気持ちのやり場がないです。 環境省、行政はなぜすぐに動いてくれないんでしょうか? 今すぐにでも全ブリーダーとペットショップを廃止して繁殖をすべて中止させたいです。 そして広大な土地に不幸な動物たち一匹残らず保護して愛情を注ぎ、それぞれ愛のある 飼い主さんにもらわれ、楽しい一生を過ごしてほしいです。 そんな社会にしたいです。 これだけ愛犬家が増えながら、法律では動物は物扱いというのが 信じられません。 なぜ法律は変わらないのでしょうか。 もし変えられるとしたら変わるまでにどれくらいの歳月がかかるのでしょうか?

  • 法律とはなんのためにあるんでしょうか

    私は社会の秩序のために法律が存在していると思っていたのですが 過去の質問よりhttp://okwave.jp/qa/q8422223.html?from=history のNo3 より感情抜きに法律は構成出来ないという回答を頂きました それは主観的な善悪が含まれるという意味だと思いますが つまり他人を攻撃する可能性が他の人と同じ、社会の秩序を乱す可能性が他と同じでも 悪と判断されれば捕まるのでしょうか これが具体例です 動物虐待と過剰に肉を食うことへの話です 動物にとってそれが苦痛が多い死に方がどうかというのは私達にとって 有罪か無罪か別れるほど重要なことなんでしょうか? 過程は違いますが結果は同じでこれはまだ学者もどっちかわかってませんが仮に動物虐待が人間の暴力につながらない、社会に悪影響がないとなれば動物が苦しんでるから有罪という話になると思います 法律は社会の秩序のためにあるべきだと私は勝手に考えています

  • 人間以外の生物は人間のために存在する?

    人間以外の生物は、すべて人間のために存在すると考える方に質問です。 私はクリスチャンである親の影響で、小さい頃からキリスト教に触れて育ちました。そして聖書には、神は地上に植物や動物をすべて人間がそれらを支配し、食らうためにをつくったと書いてあることを知りました。 しかし疑問がわきました。 もしそうならなぜ人間を襲う生物がいるのでしょうか。 インドなどのワニは人間を主食のひとつにしており年間何千人も犠牲になっていると聞いたことがあります。犬だって懐いていない人間には吠えるし噛み付くし、蜂も巣の数メートル範囲内に人が入ってきたら刺します。家畜だって殺すときは苦しんで抵抗します。(実際見たことはありませんがそうだと想像します。) なぜなんでしょうか。なぜ人間に自らを差し出さず、生きようとする本能?のまま行動するのでしょうか。 聖書に書いてあることを信じている方、またそれと類似する考えを持っている方、どう思われますか?

  • もし人間より高等な生き物がいて

    人間はその高等生物によって家畜化されていて、 今の人間世界に存在する「牛丼の吉野家」ならぬ、 高等生物世界に存在する「人丼の○○屋」なんて店があったりしていたら、 あなたはどう思いますか?どうしますか?