• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

固定ドで音とりができるの?

  • 質問No.1109746
  • 閲覧数351
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 94% (939/989)

 私はずっと移動音階(移動ド)で譜面の読み方を習ってきましたが、調べてみると最近では「移動ド」に違和感を持つひとが多いとのこと。コールユブンゲンなどでも移動ドで読んでいたのですが。固定ドだと正確に音の間隔がとれないと思うのですが、実際にできるひとはどうやって音とりをしているのでしょうか。(ハ長調のドレミファとロ長調のドレミファはメロディーが違う)

 移動ドでなら面倒でない譜面ならなんとか初見で音とりはできますが固定ドで音とりをしようと思ったらいったん移動音階で読んで、歌詞を振るように固定音階の階名(=音名)を当てていかなくてはなりません。やはり固定音階になれておいた方がよいのでしょうか。どのような練習が有効なのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 21% (143/679)

音大出身で、講師の経験もあります。

固定ドとは絶対音感がある人の音程の取り方で、移動ドとは相対音感のある人の音階の取り方です。
譜面の読み方を移動ドで習ってきたとありますが、それは質問者様の音感が相対音感だからだと思います。
そして、その音感というのは6才までに完成されてしまっているので、相対音感の人が絶対音感を身につけることは不可能だと思います。

固定ドで音階を読んでいる人は、聞いただけで音階がそのまま聞こえてしまうだけで、特に音取りをしているわけではなりません。
ハ長調の音階を聞いたら、ドレミファソラシドに聞こえ、ニ長調の音階を聞いたら、レミファ#ソラシドレに聞こえてしまい、それ以外には聞こえないのです。

つまり、固定ドで音を取りたいとのことですが、質問者様には絶対音感がないので、不可能だと思われます。
これは、慣れや練習でどうなるものではありません。

ちなみに、音大ではどちらでも大丈夫です。
絶対音感を持っていたら有利ということはありますが、ないからといって困ることもありません。
お礼コメント
poor_Quark

お礼率 94% (939/989)

やっぱりそうですか。でも音楽を楽しむすべは知っているつもりですのでそれでよしとします。ご回答ありがとうございました。
投稿日時:2004/12/02 22:09
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ