• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

転貸借について

 こんばんは。少し複雑な話なのですが、どうかいいアドバイスをお願いします。  実は、私はA会社の所長を勤めておりました。私個人が会社の営業店舗をBさん(大家)から賃貸し営業する対価として、会社と契約し、給料・店舗家賃とは別に店舗内装費(投資分)を月々もらっておりました。  Bさん(大家)には当初からそのことを話しており、私の定年がきたら次の所長に代わるが、店舗内装費の多額の借金もあるので、契約はそのままでお願いしたいと申しておりました。  そのため、契約書には「転貸借をみとめる。ただし契約を更新する」、また、覚書には「転貸借をしたときには、賃料の増額ができる」と記載してありました。  そして、このたび私が定年を迎え、新しい所長が就任したわけですが、やはりBさんは(大家)家賃の増額を申し出てきたのです。しかしながら、調べてみると、私が賃貸している店舗の家賃は隣の店舗と比べて高かったのです。  私としては借金の返済もありますので賃料はこのままでお願いしたいと申し出たのですが、それでは契約が違うと、へんな条件をいろいろつけられております。  最初は話のわかる大家だったのですが、営業に必要な設備の交換には文句をつけ、4年前にも新しく入居した隣の店舗の賃料条件と同じだといわれ大幅な賃料改定がありました。  私としては今まで契約上、違反することはしていないと思っております。  また、今度の件について、私の権利等を新しい所長に譲渡することも考えましたが、新しい所長は貨車の事務的な所長であり、会社としてもその意向です。  私の考えが間違っているのかもしれませんが、何かいいアドバイスがあればお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数214
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • oo1
  • ベストアンサー率26% (100/378)

店舗や飲食店等では「造作譲渡契約」をよく利用します。これは法的には借家権の譲渡です。家主に転貸借を認めてもらうよりこの方が法的にスッキリします。但し、造作譲渡をする場合には、家主の承諾を要しますので、造作譲渡承認料の提供が必要でしょうね。 つまり、会社としては二つの契約をするのです。一つは質問者と内装費残額相当の造作譲渡契約、二つ目は家主と建物賃貸借契約です。造作譲渡承認料は、一般に旧賃借人が負担するのですが、これは会社に負担させればよい。また、会社が資金的に困難な場合は、三つ目として、質問者と会社間で残額相当に付き、金銭消費貸借契約を締結することです。 なお、当該営業所の保証金については、家主と直接授受しても、また造作譲渡契約を経由して家主に渡しても、話し合い次第です。但し、会社は新規契約扱いですから、事前に家主に契約の趣旨を話し、新規賃貸借条件を詰めておくことです。 賃料が高いの、安いのという事は、その後ユックリ料理していけばよいのですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 転貸借における転貸人の賃料不払い

     今、店舗を借りている友人がいます。その店舗は転貸借です。 大家さんがXに店舗用の部屋を貸し、Xが私の友達に 大家さんの「承諾を得て」転貸借契約をしました。 1つの店舗を2つに仕切った片方を「又借り」したそうです。  そして、問題は「Xが大家さんに6ヶ月分の賃料を払っていない」そうです。 大家さんから転借人である友達に家賃のことについて相談を受けました。  現時点ではまだ賃貸借契約、転貸借契約は存在しています。 大家さんから直接、転借人に家賃の請求はできるとして、 転借人は大家さんに直接、家賃を渡そうと思っているそうですが、 今までの不払いになった家賃6ヵ月分はどうなるのでしょうか?  転借人が支払期日に転貸人Xに払った賃料は、 大家さんに対して「もう、払いましたから。」と言えるのでしょうか?  そして、賃貸借契約が転貸人の賃料不払いにより解除された場合、 賃貸借契約の消滅によって転貸借契約も運命を共にし 消滅するとは聞きましたが、 現時点で賃貸借契約が解除された場合、 その6ヶ月分の賃料不払い分の運命はどうなるのでしょうか?  転貸人の無資力というその危険は、 大家さん持ちとなって、大家さんが「賃料不払い」として転貸人に請求するのですか? それとも、転借人である友達が「6か月分の家賃を返してよ!大家さんに払うから!」 と転貸人に言うべきですか?  これからの方針としては、3者の合意で転貸借契約を解除して 直接、大家さんとの賃貸借契約を新たに結びたいそうです。  転貸借契約が解除された場合、 今まで不払いになった家賃は、大家さんもち?転借人もち?の質問です。  どうぞ、よろしくお願いします

  • 転貸借について

    このたび転勤にて東京に転移するのですが、契約についてご質問がございます、ご存知の方は教えていただけますでしょうか? 会社の方針で契約住居は転貸借契約になります、ただ住宅金融公庫から お金を借りて立てられた物件は転貸借が不可能であるとの説明でした。しかし、大家、仲介屋の了承の元、本契約は”会社との法人契約”を交わし、住宅金融公庫からの監査があるとまずいので、表面上個人と契約してるように”ダミーの個人契約書”の作成を依頼されています この場合、法的に問題はないのでしょうか? また、実質損害等発生した場合、その契約書を悪用されないか心配です (損保は別途契約)以上ご回答お願いいたします。

  • テナント転貸借 不動産所得 申告必要?

    現在、株式会社Aで契約しているテナントがあります。 そのテナントを株式会社Aの100%子会社Bに転貸借したいと考えているのですが、 ・家賃は大家さんから借りている額と同額です。(一切手数料などは乗せません。) ・大家さんは、契約変更が煩わしいので、AとBで転貸借を結んで欲しいと言われています。 ・株式会社Aが家賃を大家さんに立替振込、株式会社Bは株式会社Aへ振込 ・実態は、ただ単純に大家さんと株式会社Bの賃貸契約です。 上記の場合、株式会社Aの不動産所得の申告は必要でしょうか? どのような勘定科目で処理すればよいのでしょうか? 本当のところ、株式会社Bと再契約を結んでくだされば話は早いのですが・・・。 なかなかそのような雰囲気ではなく、上記のような流れで進めて行く予定でいます。 よろしくお願いいたします。

  • 転貸借契約について

    大家さんよりアパートを一棟まるごと不動産屋と賃貸借契約を交わして、その後に不動産屋が他の事業者に一棟まるごと転貸借契約(書面)を結んでいいものでしょうか?又貸しになり、違法契約になるのでしょうか?宅建業法上違反になるのでしょうか?周りに詳しい方がいなく、相談できないので誰か教えてください。宜しくお願いいたします。

  • フランチャイズの建物転貸借契約書について

    現在、某飲食フランチャイズに加盟しておりますが、本部とのトラブルで加盟解除になり店舗撤退を強いられました。 店舗撤退に際して、店舗のスケルトンでの返却・急な営業終了による大家さんに対しての違約金として家賃3ケ月分を請求されています。 入居の物件は本来、本部直営店出店として本部が大家さんから借りた物件でしたが、本部と大家さんが建物賃貸借契約した2ケ月程経過した頃に、本部から再三の勧誘により、その物件での出店を決めた経緯がありました。 こちらの意思による加盟解除であれば、店舗の現状回復・家賃3ケ月分も理解できますが、自らの意思では無い、本部からの加盟解除である事と、本来は直営として契約していた事を考えると、その部分の責任はどうなるのでしょうか?詳しい方がいらっしゃれば宜しくお願い致します。

  • 今現在、転貸借で物件を借りています。

    今現在、転貸借で物件を借りています。 地主A-会社B-当方 といった契約です。 地主AとBは賃貸の契約をしていて、当方とBも同じ契約をしています。 建物自体は地主Aの方が建設していて、地主Aと会社Bとの契約では、地主A が『建物を建設し…』となっていて、当方と会社Bとの契約は『会社Bが建物を建設し…』となっています。 実際に建物自体を建設したのは地主Aです。それを会社Bは建設してないにも関わらず『建物を建設し…』という契約書になっています。 その契約書の内容は説明不十分で契約してしまったものになります。当方が悪い部分もありますが、この契約書は解約出来ますでしょうか? 尚、地主Aは転貸借を認めていません。 それともう一つの質問ですが、又貸しは契約書に記載がなくても民法上、違反となるのでしょうか? 現在大変困っています。どうか宜しくお願い致します。

  • 転貸借にならないためにはどうしたらよいでしょうか?

    イベントスペースとバンドスタジオを1つの建物内で経営されている賃借人から提案がありました。 それは、賃借人のかわりにお店をやるかわりに売上を全て持って行ってもいいから、家賃と光熱費を毎月払って欲しい。というものです。 こちらとしては初期費用がかからず、お店の機材も使用できるというメリットがありますが、 賃貸借契約のなかに転貸を禁止しているため、どのような契約のもとやっていけばよいのか悩んでます。 もともと倉庫だった物件を改装しているため、原状回復修繕費は数百万かかる様です。 また、賃借人(転貸人)が毎月賃貸人に家賃を払わなかった場合など、民法613条で転借人が支払わなければいけなくなる可能性もあるため、なんとか転貸借の関係にならないようにするにはどうしたらよいでしょうか? 例えば、こちらがスタジオの使用料として一定のお金を納めているという形にした場合はどうでしょうか?家賃ではなく。 現在の賃貸人、賃借人、わたしとであとあとトラブルにならない様にしたいので、アドバイスをお願いします。

  • 困ってます!賃貸の契約後、雨漏り発覚!

    3月1日からの契約で店舗物件を契約しました。 もちろん契約前にも何度も足を運んびましたが 契約後、内装の打ち合わせで雨の日に初めて行ったら天井から雨漏りが! 現在、大家と管理組合とマンションの施工会社とで 修理補修にあたってますが、4月初旬に開業予定が 大きくずれ込みそうなんです。 営業目的で借りたのに営業どころか内装にも着手できてません。 こういった場合・・・家賃は支払わなければいけないのでしょうか? 以前、借りていたマンションで地震にあって3ヶ月 住めなかった時は支払わなくていいと聞きました。 ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします

  • 自営業をしている場合の立ち退き料に関して(店舗としての契約はしていません)

     アパートの一室を使用して、自営業を営んでおります。事務所ではなく、接客業の形態です。  この度、建物の老朽化を理由に立ち退くように通告されました。一年半前から借りており、借りてから二年に当たる、これから半年後に取り壊すということです。保障などはするからと大家さんに言われましたが、詳しいことまではまだ話がありません。調べたところ、六か月分の家賃、引越し費用、引越し先の敷金、その他雑費は慣例として認められているということらしいですね。 私が教えていただきたいことは、 (1)「六か月分の家賃の保証」とはどのようにされるのでしょうか?(立ち退かなければならない物件の家賃を今後六ヶ月払わなくてもいいことなのか、それとも引越し先の家賃を六ヶ月出してもらえるということでしょうか?) (2)店舗としての契約ではなく、大家さんが「営業しても別にかまわないよ」といってくれたので、一般の賃貸契約を結んだ上で営業していますが、店舗契約と違って何か保障に関して不利になることはありますか? (3)これは(2)と関係するのかもしれませんが、営業しているので多少それにあった内装、部屋のサイズにあった家具、カーテン、その他を購入しています。一年ほど前にこの物件を借りたのですが、住み始めてから二年で取り壊すことが分かっていれば、この物件に決めなかったはずです。契約期間は確かに二年ですが、この点はクレームをつけることができますか?また、雑費として保証される際に、いくらか内装にかけた金額も保証してもらえるでしょうか? 長文になりましたがよろしくお願いいたします。

  • 転貸借契約について

    個人で不動産賃貸業を営んでいます。(マンション二棟) 奥さんが法人で事業を行い事務所をかまえているのですが、私個人所有の土地を貸すことで地代をもらっています。他の空いている土地に対してコインパーキングの話がまいこみ、悩んだ末話を受けることにしました。そこで一旦、奥さんが社長の会社に土地を貸し、その後、コインパーキングの運営会社に転貸することにしました。(転貸借契約を結んでいます)消費税を考慮してこのような形にしたのですが、そのコインパーキングの土地に今度はコンビニの話が新たにでてきました。一度、法人に土地を貸し、その法人がその土地に店舗を建てコンビニとして貸すことは可能なのでしょうか?