• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

毛深い女の子の出てくる漫画

 1回どこかで知ったのですが、忘れてしまったので教えてください。  水泳部の話で、毛深くて悩んでいる女の子と無毛症の男の子が出てくるもの。  「プールサイド」とかいうタイトルだった気がするのですが、いろいろ調べても出てきません。  タイトル、作者名、連載雑誌、単行本の有無など 知りたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数803
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • fine_day
  • ベストアンサー率70% (6285/8867)

ヤングマガジンに短期集中連載されていた「スイートプールサイド」では。 作者は押見修造、まだ単行本は出ていないと思います。 下記ページで絵柄とストーリーをご確認ください。

参考URL:
http://www.yanmaga.kodansha.co.jp/ym/rensaijin/rensai_chu/rensaijin.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 以前多分マガジン(?)で連載していた漫画を探しています。

    以前多分マガジン(?)で連載していた漫画を探しています。 今から15年~20年位前なのですが、内容が双子の女の子と隣に住む男の子のちょっとHなマンガだったかと思います。 毎回双子の女の子は周りからおっぱいが出るような仕掛けを仕掛けられて、男の子が守るみたいな内容だったような・・・ 作者名や単行本が出ているのか知りたいです。 お解りの方教えて下さい!

  • 【ティーンズラブ】忘れた漫画を教えてほしい

    【タイトル】忘れました。 【作者名】忘れました。 【読んだ時期】15年前以上 【掲載誌または単行本】ポシェットなどのB6~A5サイズのティーンズラブ系の雑誌でみました。 発行間隔はわかりませんが、同じ雑誌に何回か連載されてました。 【作品の内容】 ・主人公は修道院にいる女の子で、吸血鬼の男の子に血が好まれて一緒に行動する。 ・女の子は吸血が羞恥しつつ、ソフトな表現での気持ちいい描写あり。 ・吸血鬼の男の子はうまいこと修道院へ留学のような制度で潜り込むが吸血鬼であることがばれないようの女の子がかばったりするシーンあり。 ・女の子は恋愛とかにうぶな感じで吸血鬼の男の子に慌ててるイメージ。 ・男の子も可愛い系で、銀髪、高貴なキャラクター。 【その他覚えていること、また自己解決のためにやったこと】 ・絵のイメージは女の子男の子ともに頭身の低いロリっぽく、きらきらしている。 ・ロマンティックなストーンサークルのような場所で二人が夜に抱き抱えながら話をしているのは覚えています。 随分前に見て、絵のロリっぽい感じが好きで見ていましたが、作者名、タイトルを忘れてしまいました。 掲載された量が多かったので単行本になっていたらうれしいです。

  • ブレンテンを使う女の子が登場する漫画のタイトルを教えて下さい。

    殉職した元刑事だった父親の意志を継いで警官(私立探偵だったかも)として活躍する女の子が主人公の漫画です。ヒロインが「ブレンテン」というかなりレアな拳銃を携帯していたのが印象に残っています。 作者ならびに連載している(していた)雑誌、単行本化の有無なども教えていただけると助かります。どうか宜しくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

ネットで検索してみましたが、おそらくスイートプールサイドというのが正解ではないでしょうか?

参考URL:
http://www.yanmaga.kodansha.co.jp/ym/rensaijin/rensai_chu/sweet.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 92年ごろのモーニングのマンガで

    92年ごろにコミック・モーニングで連載されていた「山チー」というサラリーマンが主人公の、いわく言いがたい奇妙なマンガがありました。 この作品の正式なタイトルと作者名、単行本の有無を教えてください。 できれば、現在もマンガを書いているかどうかも教えていただければ幸いです。 どうかよろしくお願いします。

  • タイトル知りたい

    30年位昔に読みました。児童向けの本です。 「なっちゃう、なっちゃう、な、な、な、なっちゃう」 と言うと、いろんなものに変身ができる男の子と女の子が主人公です。 何かの雑誌に連載していて、単行本にもなった作品です。 男の子と女の子の名前はそれぞれ「なっちゃう君、なっちゃうちゃん」 だったような気がします(この辺は記憶が曖昧です)。 タイトル、作者名が分かる方、お願いします。

  • 10年くらい前のJUNEに載っていた漫画

    10年くらい前の雑誌「JUNE」(大ジュネか小ジュネかは忘れてしまった)に掲載されていた漫画で(漫画だから大ジュネでしょうか?)、ソファ(またはカウチ)の視点で描かれていた漫画で、ソファはその持ち主である人を好いていて、しかし古くなったので捨てられてしまい、哀しんでいると、実は捨てられたのではなくて、布を張り替えて再び部屋に戻ってくる。という一話完結のお話があったのですが、作者名と題名がどうしても思い出せません。 たぶん加藤冬紀の「神田兄弟」が連載している頃に載った話だったと思います。 もし知っている人がいたら、作者名と、できれば収録されている単行本などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • Hな漫画ですけど

    十五、六年前だと思うんですけど、Hな漫画雑誌に連載されてた 「魔界童子」?という漫画を知っている人がいますか? タイトルがあやふやなので、ご存知のかた教えてほしいです。 また、単行本もでていたと思うんですけど、古本屋で探すのに タイトルが判らないと探しづらいので。 よろしくお願いします。

  • 「ガムラ館」と言う漫画なのですが…。

    以前モーニングで連載されていたと思うのですが、 「ガムラ館」の正しい綴りと作者名、これを現在購入 あるいは読む手段があれば教えていただきたいです。 必死に情報収集した結果、もしかしたら「マドモアゼルモーツアルト」を書かれた福山○○さん(結構有名なはずなのに…わすれてる)が作者かも? ということを知りました。また単行本は出版されていないか絶版らしく、現在どこぞのサイトでオンラインで読めるらしいということも知りました。 ……ただこの情報の真偽の程も分かりません。 どなたかご存知な方、情報お願いします。 (関係有りませんが、祝21世紀。:-)

  • 漫画CLANNADのついて

    CLANNADは漫画で出ている様ですが、何の雑誌で連載していますか? 現在連載中ですか? 単行本は何巻まで出ていますか?

  • 「こうじ みき」という女の子が主人公の少女マンガ

    10年~15年位前に月刊なかよしに掲載されていた漫画だと思うのですが、主人公の女の子が「こうじ みき」という名前だった事と、男の子に名前を聞かれた彼女が「こうじ」と答えると彼は「名字を聞いた」見たいな事を言ってそれに彼女は「こうじが名字で名前はみき」みたいに答える。かれは「こうじみそ?」とかって聞き返す…みたいなシーンがありました。当時この漫画家さんは連載ではなく、読み切りを毎月みたいに描いていました。どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、マンガのタイトル、作者、収録されている単行本の名前、を教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 漫画家の収入

    漫画家の人の収入は (1)単行本+雑誌連載の金額 (2)単行本のみ どちらなのでしょう?もしくは給料制とかですか?

  • 7、8年前別冊マーガレットで・・・

    7、8年前別冊マーガレットで、カスタクンと題名のギヤグ漫画がありました。 連載だったかそれは、解らないんですが確か作者名は、x南カンコさんだったとおも います。 その作者を探しています。その作者の単行本はでてるのでしようか? その作者は、いまでも活躍してるのでしようか? どなたかご存じなかたいませんか?

  • この漫画を御存知の方(生クリーム好きの殺し屋の女の子登場)

    いつもお世話になっております。うちの主人がずっと探している漫画について、 御存知の方がいらしたら作者やタイトル等教えて下さい。以下の文章は主人からの 聞き書きです。ちょっと意味不明な部分もあるかと思いますが、その辺りご容赦下さい。 ・多分ここ5~6年位の間の作品 ・所謂「萌え系」の漫画で、サンデーかマガジンあたりで連載していたっぽい ・単行本が2巻か3巻くらい出て終了した ・主人公は男の子 他にサブキャラで3人程男の子が登場する ・主人公を含めた4人の男の子それぞれに、1人ずつ女の子のキャラが訪れて住みつく ・主人公ではなく、2番目に登場する男の子につく女の子が、黒いスーツ(背広)を着た  スナイパーあるいは殺し屋で、生クリームが大好物で生クリームのチューブを常に  ちゅーちゅー吸っている ・その、黒いスーツの女の子は、主人公についた女の子を狙っている ・最終話あたりで、4人の女の子は「地球を救う為」に一旦、地球からいなくなるが、  結局戻って来て最後はハッピーエンド ・キャラはほとんどの場面でSD化されている だそうです。以前単行本を持っていたが手放してしまい、今また読みたいがタイトルも 作者も全く分からず悲しいそうです。私も話を聞いて「殺し屋 黒いスーツ 生クリーム」 等の検索ワードでかなりしつこく探しましたが全く分かりませんでした。