• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

フルクトースは還元糖?!(フェーリング反応)

フルクトースが還元糖であるということについて質問させていただきます。 まず、グルコースは水溶液中で鎖状のアルデヒド基(CHO)をもつ形になりますよね。そして、Cu2+で酸化される(=アルデヒドが銅を還元する)とカルボキシルキ基COOHができて、Cu2Oが沈殿。それまでは理解できるのです。。。  それで、それを基にフルクトースについても考えてみました...。フルクトースはケトースでケトン基を持っていて、つまりその後はアルデヒド基とは違いそれ以上は酸化されないと思っていました。だから、Cu2+にも酸化されなく(=フルクトース自身は銅を還元せずに)、Cu2O沈殿もできないのではないかと考えたのですが...どうやらそれは間違いで沈殿ができるようなのです。資料によると”単糖の還元力はアルデヒド基、ケトン基に由来する”とかいてありました。ケトン基(C=O)に還元能があるのはどういう風に説明されるのですか?また、フルクトースは5員環だと思っていたのですが、”(ケトースは一般に還元力を持ってないが、)フルクトースは6員環にもなることができるのでグルコースと同じようにアルデヒド基ができて還元力をもつ”ということも耳にしました。一体フルクトースが還元糖だということはどういうふうに証明することができるのですか??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数12182
  • ありがとう数21

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • nabla
  • ベストアンサー率35% (72/204)

一般にカルボニル基に隣接したヒドロキシル基は酸化されやすいという性質を持っています。       H      | H-O-C-H      |    O=C      |       R フルクトースの還元に関与する部分だけを取り出すとこのようになっています。 Oは非常に電気陰性度が大きいのでヒドロキシル基のOは隣にあるHやCから電子を引きつけています。      H      | H→O←C-H      |    O=C      |       R そこで電子不足気味のCは周囲のHや隣のCから電子を引きつけようとします。        H        ↓ H→O←+C←H        ↑     O=C        |        R ところが隣のCはOと二重結合で手をつないでいるためさらに電子不足となっています。      H      ↓ H→O←+C←H      ↑←ムリ   -O←C+       |      R そこでヒドロキシルノ結合したCは非常に電子不足となっています。       H       ↓ H→O←++C←H       |   -O←C       |       R 非常に電子不足となったCから電子を奪うのはOでも厳しいのでHからどんどん電子を引き寄せることになります。       H      ↓ H⇒O-++C←H      |   -O←C     |     R こうしてヒドロキシル基のHは電気的に非常にプラスになっています。       H      ↓ +H⇒O-++C←H      |   -O←C     |     R ところでHがふと横を見ると電気的に非常にマイナスになっているカルボニル基のOがあります。       H      ↓ +H⇒O-++C←H      |   -O←C     |     R こうなったらもちろんHはそっちに飛んでいって結合します。       H      ↓   -O-++C←H      |   H-O←C     |     R このときヒドロキシル基のOは手が1本余るので、Cと2重結合を作ろうとします。 そこでCは自分に結合していたHの一方を下のCの方に吹っ飛ばしてOと2重結合を作ります。       H      ↓   -O-++C-       |    H-O←C ←H+     |     R こうして     H    |   O=C    |  H-O-C-H    |    R という風になってアルデヒド基ができるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

納得できました。わかりやすい説明、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • グルコースとフルクトース

    化学の苦手な高校生です。 炭水化物のところを勉強していて、どうしてもわからないことがあったので質問します。 フルクトースが還元性を持つことの説明について、ケトン基のあたりでいろいろ組み変わってアルデヒド基ができるからだ、と説明しているところが多いです。 それで考えてみたのですが、このフルクトースがアルデヒド基を持った形って、グルコースと同じではないでしょうか? 反応過程を確認してみたり、立体構造が違うのかと図を描いてみたりしたのですが、どうしても分かりません……。 もしかして、そもそもグルコースとフルクトースは平衡関係にあるのでしょうか? それとも、やはりフルクトースがアルデヒド基を持った形とグルコースは何らかの点で別物なのでしょうか? 分かる方がいましたら詳説お願いしたいです。

  • ケトン型フルクトースの還元性について。

    高校3年です。 今化学IIを勉強しています。 そこで、質問です。 「ケトン型フルクトースが還元性を示すのは、なぜですか?」 アルデヒド基は存在してますか??… どなたかよろしくお願いします(・∀・)ノ

  • アルコール分解とフルクトース

    以前テレビで酒を飲みすぎたときはフルクトースの多い柑橘系のジュースを飲むと良いと聞きました。調べてみると確かにアルコールの分解を促すとは書いてあるのですが、どのような反応なのでしょうか? テレビでは「フルクトース」が強調されていたように記憶しているので、解糖系は関係ないのではないかと思っています。グルコースなどのアルドースとケトースとの違いかとも思ったのですが、フルクトースも還元糖なので、酸化反応であるアルコールやアルデヒドの分解が促されるとは思えません。ADHやALDHの活性化といった間接的な影響の可能性もあるのかもしれませんが、よく分かりません。 ご回答よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

フルクトースは水溶液中では五員環と鎖状構造が平衡状態で存在します。 鎖状構造の2位の炭素はケトン基になっています。このままでは還元性はないはずですが、No.1の方のお答えにある通り、異性化反応によって1位の炭素がアルデヒド基となり、これが還元性を示します。 ↓のサイトにわかりやすい説明があります。

参考URL:
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2004/04ko3-19.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすいサイトでした。ありがとうございました!

  • 回答No.1

ケトン基(カルボニル基)自体には還元性はありません。しかし、フルクトースは還元性を示します。これは1番炭素と2番炭素間での置換基(官能基)の変化で平衡が生じているためです。 R-C-CH2OH⇔R-C=CHOH⇔R-CH2-C-H   ∥             |                ∥   O             OH               O 有機化学専門書か、高校生ならもしかすると化学(2)の教科書に載っていると思います。 これでケトンからアルデヒドができ、還元性を示します。フェーリング反応で、アルデヒドの構造の物がなくなっていくので、平衡がずれまたアルデヒド構造のものができ、順次反応していくのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

他の回答者の方々のを見てからもう一度読んでみたら、納得できました。返答ありがとうございました。

質問者からの補足

R-C=CHOH⇔R-CH2-C-H    |            ||                OH          O     の部分がよくわかりません(^~;)    また、"平衡がずれまたアルデヒド構造のものができる"がピンとこないので、教えてください。何度もすいません。  

関連するQ&A

  • 化学II 単糖類 還元性

    化学IIの単糖類の還元性についてなのですが、 フルクトースは還元性を示すのは、フルクトースのヒドロキシケトン基が アルデヒド基に容易に変化できるからだと参考書に書いてありました。 この変化の反応機構がよくわかりません。 (ケトン基やヒドロキシ基が分極していることと関係があるような気がしますが、、、) どなたか知っている方、ぜひ教えてください。

  • 2,4-ジニトロフェニルヒドラジンについて

    2,4-ジニトロフェニルヒドラジンとグルコース、マルトース、フルクトース、ラクトースを反応させました。各糖はアルデヒド基を持っているので2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを還元し、結晶を生じることは分かるのですが、マルトースは結晶が生じませんでした。マルトースは還元糖なのになぜ結晶を生じなかったのでしょうか?

  • 糖の性質

    これあってますか? グルコース:単糖、六単糖、還元性あり、アルドース フルクトース:単糖、六単糖、還元性あり、ケトース キシロース:単糖、五単糖、還元性あり、アルドース マルトース:二糖、還元性あり スクロース:二糖、還元性なし でんぷん:多糖、還元性なし

  • アルデヒドは還元性があるのにカルボキシル基やケトン基にはなぜ還元性がないのですか?

    こんにちは。 アルデヒドは還元性があるのにカルボキシル基やケトン基にはなぜ還元性がないのですか? 参考書には「CについているHの数が違うので」としか書いてありませんでした。 お手数ですが、よろしくお願いします。

  • でんぷん液化液の還元糖量測定の反応について

    でんぷんはアミラーゼ酵素により1,4‐グルコシド結合をランダムに加水分解され低分子の可溶性デキストリンになります。還元糖量を測定するため化学的分析ではCH2OH(CHOH)nCHO+I2+3NaOH→CH2OH(CHOH)nCOOH+2NaI+2H2  残留I2+2Na2S2O3→Na2S4O6+2NaIの反応式からあきらかなように 還元糖の酸化に消費されたI2の量から糖量を求めることが知られており、文献にも記載されています。 さてI2は水に溶けないためKI水溶液に加え、KI3 ̄として存在します。式のようにNaOHを加えるとIO ̄(次亜ヨウ素酸イオン)が生成し、還元糖の一方の還元末端のアルデヒド基と反応してカルボン酸が生成します。(室温で20分間程度の反応は完結します) 1)ヨウ素(カリウム+イオンとI3 ̄)とNaOHの反応でIO ̄が生成する反応機構が分かりません。 2)またIO ̄とアルデヒドとの反応でカルボン酸がどのようなメカニズムで生成するのか分かりません。 この1)と2)のメカニズムについて教えて下さい。 宜しくお願いいたします。

  • イオン化傾向と還元のしやすさ

    酸化銅,酸化鉄は炭素を使って還元でき,その結果発生した二酸化炭素は,マグネシウムで還元できます。 ちなみに酸化銅と酸化鉄だったら酸化銅の方が還元しやすいですね。 つまり,酸素との結びつきの強い順(酸化されやすい順)は,Mg>C>Fe>Cuだと思います。 この順は,イオン化傾向に似ていると思うのですが,化学的に関係があるのでしょうか? 理論的なことも含めて,わかりやすく教えていただけると助かります。

  • 単糖 水素化ホウ素ナトリウム 光学不活性

    Fischer投影式で示した単糖に水素化ホウ素ナトリウム(NaBH₄)を作用させたとき、 光学不活性な化合物が得られるものは以下のうちどれですか? 1.D-トレオース 2.D-リキソース 3.D-ガラクトース 4.D-マンノース 5.D-グルコース 単糖に水素化ホウ素ナトリウムを作用させると 単糖の1位の炭素のアルデヒド(CHO)がCH₂OHへ 還元されるというのは分かるのですが そこからどのように構造を見ることによって 光学不活性な化合物を判断したら良いですか? 解説をお願い致します。

  • 単糖類、多糖類

    学校ではまだ勉強していないので、まだまだ、知識が浅いのですが、自分で勉強しようと思ってやったのですが、一つ分からない事があって…それはα-グルコースやβ-グルコース、その他の鎖式では無い糖類の還元性を持っているもので、資料集には、例えばαーグルコースの1の炭素の-O-CH-OHが還元性を示すと書いてあります。でもどこが酸化され易いのかよくわかりません。鎖式のアルデヒド基が酸化され易く、還元性を示すのは分かりますが…; どなたか宜しくお願い致します。

  • 化学 酸化還元

    「水素と過熱した酸化銅(II)CuOが反応して、銅が生成した。」 の式の書き方について これだけでは全然分からなかったんですが 「水素は高温では還元作用を示す」とあったので、とりあえず H2 → 2H+ + 2e- を書いてみました。銅の方は分からなかったんですが、「水素が還元剤として働いているから銅は酸化剤だろう」という感じで、とりあえずO2-を無視して Cu2+ + 2e- → Cu を書きました。 で、足したところ H2 + Cu2+ → 2H+ + Cu 最初O2-を無視したので、ここでO2-を足してみたら CuO + H2 → Cu + H2O (正解の式)になりました。 こんな考え方でいいんでしょうか?

  • 糖類について

    高校化学を勉強している者です。よろしくお願いします。 幾つか疑問があるので,まとめて質問させて頂きます。 1. グルコースではα,βがあるのに対して,フルクトースではβしかないのはなぜでしょうか。 2. フルクトース水溶液還元性を示す理由ですが,C=O-CH_2OH,の原子団が還元性を示す原因と書いてあります。 アルデヒドなら分かるのですが,これには特に名前などはついていませんか。 それとも,グルコースのように,これの結合が切れて違う原子団として扱われて還元性を示すようになるのでしょうか。 また,この原子団がきたらとりあえず還元性を示す,と覚えれば大丈夫でしょうか。