-PR-
解決済み

車高調整機能付きサスペンションキット

  • 困ってます
  • 質問No.10903
  • 閲覧数947
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 88% (124/140)

車高調整のとき,上げるとショック(ばね)が硬くなって乗り心地がゴトゴトになる理由を教えてください。
車高を下げるほどバネが縮んで乗り心地が悪くなると思いこんでいたものですから。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

足回りによる乗り心地は、車高の高低ではなく、
ばねおよびダンパーそれぞれの堅さとストローク量でほぼきまり、このバランスが大変重要です。
個人の好みはともかく純正状態で極端に不快な乗り心地の車が存在しないのは、このバランスを崩さないように一応はメーカーが注意しているからです。

車高が低くなったからといって乗り心地が悪くなるものではありません。
ばねとダンパーをうまく組み合わせることによっては以外とゴツゴツ感の無い車を仕上げることができたりします。

一般に車高を下げた場合固くなると感じるのは、
車高を下げたことによりサスペンションそのものの縮側ストロークが減ってしまった分、ばね定数を上げてやるかダンパーの減衰圧を上げることで、全体のストローク量を車高に見合うか、それ以上にストロークしない設定にしているためです。
(ただ単に車高を下げるとサスペンションが可能なストローク量を超えて完全に縮まった状態になりやすくなってしまうため上記のような設定を行います)
サスペンションの可動ストローク量およびストローク速度の領域を越えてしまった部分でゴツゴツするわけです。

では逆に車高を上げた場合はどうかというと・・・、
これも条件によっては固くすることが可能です。
ダンパーのストローク量に対してばねのストローク量が殆ど無い場合(ばねが線間密着してしまいそれ以上現実には動かない)やばね定数が高すぎ(固すぎ)て殆どストロークしない。ダンパーのストローク速度が極端に遅い・・・ということが起これば乗り心地がゴツゴツしてもおかしくありません。
これらは実際には殆どありえない極端な例でしたが、車高に対してばねやダンパーの最適化が行われていない、すなわちバランスが悪いとゴツゴツもするしフワフワにもなってしまいます。


世間に車高調整式のサスペンションキットがいっぱい出回っていますが推奨の車高が必ず表示されているはずです。車高・ばね・ダンパーのバランスの最適化をサスペンションメーカーが行っているのです。あれより高くても低くてもバランスは崩れているのです。
お礼コメント
titetsu

お礼率 88% (124/140)

回答頂きありがとうございました。
シャコチョウを組むことで,ダンパーがノーマルでバネだけ交換したときとは違い,突き上げ感はかなり和らぎ,ほぼ満足できる見た目と乗り心地を調整できました。でもさっそく推奨の車高を調べてみます。
御礼遅くなって失礼しました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

車高調整といっても色々なやり方があるので、一概には言えませんが、スプリングのレート(一定の過重をかけたときに縮む量)を変えて車高を上げたのであれば、ゴツゴツした感じになっても仕方が有りません。スプリングのレートを変える方法としては、スプリングその物を変える・補助的にスプリングを追加する、これには高圧ガス封入式ダンパーやエアーで加圧する事でスプリングの役目を併せ持ったダンパーなどがあります。これらの方法では ...続きを読む
車高調整といっても色々なやり方があるので、一概には言えませんが、スプリングのレート(一定の過重をかけたときに縮む量)を変えて車高を上げたのであれば、ゴツゴツした感じになっても仕方が有りません。スプリングのレートを変える方法としては、スプリングその物を変える・補助的にスプリングを追加する、これには高圧ガス封入式ダンパーやエアーで加圧する事でスプリングの役目を併せ持ったダンパーなどがあります。これらの方法ではいずれの場合もスプリングのレート自体が変わるため、多少ゴツゴツした感じになります。ゴツゴツ感の大きい順にスプリングのレート変える>高圧ガス封入式のダンパー>エアー加圧というところでしょう。ただし、ゴツゴツ感にはスプリングの硬さだけでなくダンパーの圧縮側の減衰力もかなり関係しますので、使用した機種によって大きな差があります、一般に車高をあげる場合重心位置が上がることにより不安定になるのを考慮して、減衰力の大きなダンパーを使用する場合が多いので、ダンパーを交換している場合はそれが原因かもしれません。

また、別の方法としてスプリングとスプリングシート(スプリングを受け止める部分)の間にスペーサーを入れたり一方のスプリングシートをネジ等を利用した可動式にするなどの方法もあります。この場合はスプリングのレート自体は変化しないのですが、一般的なサスペンションでは一端が固定された軸に対して回転するアーム(マクファーソンストラットではロアアーム)に対してスプリングが取り付けられているため、タイヤの上下動の大きさとスプリングの変移量は必ずしも比例しません。例えば路面に対してスプリングが垂直に(実際は先ず有り得ないが話を簡単にするために仮定します)取り付けられている場合、ロアアームが水平近くでタイヤの動きに対するスプリングの変移量が最大になります。ここで車高を上げロアアームのタイヤ側が下がった状態にすると、スプリングに掛かる力は水平で掛かる力より大きくなります。この状態で、さらに力が加わると、水平近く(スプリングの反力が一番大きく現れる所)でスプリングはさらに圧縮されており大きな反力を出すため、ゴツゴツした乗り心地になります。この傾向はタイヤを保持するアームの長さが短いほど顕著に表れます。

リーフスプリングなどでスプリングと車軸の間やスプリングとフレームの間にスペーサー(シャックル)を入れた場合はこれらの事例にはあたりませんが、ピッチングやローリングに対する安定性が下がり危険です。それを抑えるためには減衰力の大きな強力なダンパーが必要になり、結果的にゴツゴツした乗り心地になります。

結論として、車高の変更はスプリングやダンパーなどの単体部品の変更だけで、行うべきでないということです。純正で車高調整の機能を有した物は、サスペンション全体で設計されていますし、変化量も十分安全な範囲に抑えられています。正規の状態で十分な性能を得ている場合に改造を施せば、その性能の一部はあきらめざるを得ないということは、ある意味当然なことです。その車が使用される条件でメーカーが最良と思われるセッティングをしている物のバランスを崩すわけですから。
お礼コメント
titetsu

お礼率 88% (124/140)

 お礼遅くなって失礼しました。また車高調整などについて広く詳しく説明頂きありがとうございました。
 私が選んだ車高調整機能付きサスキットを取り付ける際,お店の方の説明で,車高を高くするほどゴツゴツ感が強まり,低くするほど和らぐ,ということでしたので,わたしのイメージ「車高を低く調整する=バネを縮める=ゴツゴツが増す」に合わず,疑問を持ったのでした。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.3

HIDe2000さんの回答で私の言う事がなくなってしまいましたが。 エアで車高をあげる場合はダンパーまたはベローズのエア圧が上がりますのでバネレートがあがり硬く感じると思います 車高、上げるならラリーキット、下げるならスポーツキット、今まで色々トライしましたが、タイヤ、サスともノーマルに近いものがベストですよ ...続きを読む
HIDe2000さんの回答で私の言う事がなくなってしまいましたが。
エアで車高をあげる場合はダンパーまたはベローズのエア圧が上がりますのでバネレートがあがり硬く感じると思います
車高、上げるならラリーキット、下げるならスポーツキット、今まで色々トライしましたが、タイヤ、サスともノーマルに近いものがベストですよ
お礼コメント
titetsu

お礼率 88% (124/140)

回答ありがとうございました。シャコチョウでどれくらい下がるか試した時に湧いた疑問,乗り心地については分かってはいたんですが,つい見た目に走った結果です。
御礼遅くなり失礼いたしました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ