• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

障害者の問題と、マイノリティの問題(長文です)

こんにちは、よろしくお願いします。 私の夢は、すべての障害者や、色々な人種、思想の人、色々なマイノリティの方が、みんな仲良く一緒に暮らすことです。 と本当に思っているんですが、障害者の問題と、マイノリティの問題を一緒に論じることって、一般的に何か問題を感じる方って、いらっしゃいますか。 というのが、たとえば、障害者問題で言えば、比較的、手話ですとか盲導犬だとかは、最近一般の人にも理解がありますよね。でも、いまだにたとえば地域で暮らす知的障害の方に対するかなり激しい差別があったり、することがありますよね。 マイノリティの問題で言うと、性同一性障害の方については、最近ずいぶん理解が進んでいますが、同性愛については、(特に男性同士)いまだに激しい差別にさらされることが多いですよね。 世の中に、なんとなく受け入れられやすいマイノリティと、生理的に受け付けないマイノリティがある、というのは、なんだかちょっと変な気がします。 障害者のノーマライゼイションについて考えるときにも、マイノリティの存在を認めることと、同じような問題であると思うのです。 ただ、一般の方にとって、マイノリティという言葉は、どこか「普通の人と違った少数派」といった、その言葉自体に差別的な意味を含んで使われることが多いような気がするんですね。 そういった意味において、障害者の方や、障害者にかかわって働いている方が、「障害者をマイノリティ呼ばわりするなんて、失礼な!」といった感情が生じる可能性があったりするのでしょうか。 (ちなみに、私は、同性愛者です。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1019
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

可能性というか、今は未だ有ると思いますよ。 端的に言って、「障害者の障害は自分で選択できたわけではないけれど、マイノリティ、例えば同性愛者の場合は自分で選択しただけでしょ?」てな感じなのだと思います。 つまり、嗜好性の一種だと捉えているからです。嗜好性とは好みで有って、言い換えれば、単なる我がままだと捉える事が出来るので嫌悪感を抱く方々が居るのですね。 ただ、ご質問文にも有りますように、性同一性障害などのように、生まれ持ったものという認識も受け入れられていますから、これからはある程度は認知されていくと思われます。 しかし、個人的には、皆仲良くと言うのは無理だと思うのです。 それは、喫煙を例にあげると判りやすいのですが、他者への影響が有るものはやはり公では受け入れられないからです。こういった他者への影響があるモノは、ある程度隔離と言うか特別な空間を用意する必要が有ると思います。 同性愛者に関しては、かなり難しいと思います。個人的にはなんの偏見も有りませんが、種族の保存という生物の根幹に関わる訳ですから、どうぞお好きなように!とは普通の国家は認めるわけにはかないと思います。 そして、一番厄介なのが思想の違いです。少し乱暴ですが思想とは価値観です。価値観とは優先順位です。中東や北を例に出すまでも無く、その信ずるものの為になら自分や他者の命もいとわない思想も実際有るのです。 こういった他者を認めない思想がある限り、皆仲良くとはいきません。現状では武力や経済力で他者を睨みながら互いの不可侵のバランスを保っているのだと思います。 少し話が飛躍しました。が、この状態と言うのは日常生活においても同じだと思うのです。普通とは違う人でも他者へ攻撃しない人は受け入れやすいし、共生できる。しかし、他者への影響を及ぼしてしまう人は、恐怖感を抱くので排除したり、隔離してしまいたい。そう言うものだと思うのです。 >私の夢は、すべての障害者や、色々な人種、思想の人、色々なマイノリティの方が、みんな仲良く一緒に暮らすことです。 それにはやはり、みんなに障害者やマイノリティの実情を知ってもらうのが大変だけど近道だと思います。今でしたらネットが有りますので、比較的やり易いですしね。そういう地味だけど日常を知って貰えれば、偏見や誤解と言うのは少しずつだろうけど払拭できると思うのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • マージナル、マジョリティ、マイノリティという言葉について(長文です)

    こんにちは、よろしくお願いします。 マージナル(・マン)という言葉の使い方について、教えていただけますか。 例えば、セクシャリティについての話ですが。 異性愛者に対して同性愛者は、セクシャル・マイノリティとして論じられることが多いですよね。 マイノリティ解放運動的に、同性愛者の権利擁護を訴える運動が行われたりするわけですが・・・。 このセクシャリティの問題において語るときに、例えば異性愛と同性愛の中間に位置する両性愛の人々は、マージナルといえると思うのですが。同性愛者は、マイノリティとは言えども、少数の人で構成された集団に属していて、自分たちの権利擁護を訴えることも出来るわけですが、 私の認識では、両性愛のマージナルな人には、異性愛が強いか、同性愛が強いか、グラデーション的に色々な段階の人がいて、マジョリティ集団にもマイノリティ集団にも属することが出来ずに、時として一人で苦しむことがある人々であることがあって・・・マージナル・マンといったときに、こういった集団に属することが出来ずに一人で苦しむことがある、といった意味を含むように、私は感じているのです。 例えば、視覚障害者について。 目が見える人がマジョリティ、全盲の人がマイノリティとして、全盲の人が権利擁護の運動をしたりすることがありますが、中間の見え方の人々、人それぞれ色々な見え方をしていて、集団として区分されず、人から理解されず、苦しむ人をマージナル・マンと呼ぶことがありますが・・・。 そもそも、マージナルという言葉を、「境界の人」というだけでなく、多数派にも少数派にも属さない、境界であって集団に属さない人、という意味で使うことは出来るのでしょうか。

  • 障害者の兄弟姉妹に障害者がいると

    障害者の兄弟姉妹に障害者がいると こういうとても気の毒な方々をしってます。 自分だけでも辛いのにその兄弟姉妹にも障害があってどれだけ苦しいかと思います。 障害者はマイノリティです。 働きたくても働けないケースが多いです。 一億総活躍などといっても現実は厳しいです。 現場の専門家は理解があります。 家族でわからない人さえいるのですから一般ではますます知らない事が多いと思います。 世の中は偏見が多いと思いませんか?

  • 障害者 という言葉が嫌いなんです。

    障害者という言葉がありますが、私はどーも昔から、この言葉に対してとても納得いかない感じを持ちます。例えば足が不自由(と言われている)人や、周りの人より知能指数が低い人、盲目の人、ろうあの人等等。。が、一般に障害者と言われていると思います。彼らはマイノリティーであって、マジョリティーから見たら「日常生活に不自由をする、障害を持った人」という意味で、障害者 と呼ばれていると思います。が、マイノリティーだから障害者 という考え方が、納得できません。もし彼らのような人間がマジョリティーだったら、逆に今マジョリティーな人が「障害者」になる可能性があると思いますし、障害がある といわれている人々の身体の特徴のほうが、人間の本来のあるべき姿なのかもしれません。。と、思います。 人間が猿から進化して、手足が使え耳と目をフル活用し、そして現代人が生まれ、その中で「生活に不自由する人々」=「障害者」ということになっていますが、もしかしたら「障害者」と呼ばれている人々のほうがまっとうなあるべき姿の人間なのであって、「健常者」と呼ばれている人々のほうが、実は「障害者」と呼ばれる人々なのかもしれない、ただ世界はマジョリティーに合わせて作ってあるから、マイノリティーが「障害者」となるのかも、、、と、なんだかどんどん考えてしまいます。(私の言ってること、分かりづらいと思うのですが、、すみません。うまく表現できないです) 私は、例えば目が見えないことについて、それは障害ではなくって、その人の特徴であると考えています。個性と同じようなものではないか、と。 そういう考えって、間違っているんでしょうか? 皆さんは、どうお考えになりますか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#8670
noname#8670

マイノリティーという言葉は、単純に、少数派、だと思っているので、 不快な感情はありません。 状況によってマイノリティーという言葉の意味も違うだろうと思っています。 ちなみに、わたしの家族の中に障害があるメンバーがいます。 同じ障害をもつひとたちが多い集団では、その障害のない人がマイノリティーだし、(3人で話をしていて、障害がある子をもつ親が二人で盛り上がってる、という状況もありますし) 私は外国にいたときは、自分がマイノリティーだと思っていたし、 でもその地域の日本食スーパーに行けば、ほとんどが日本人(あるいは日系の人)ならば、 たまたまついてきた、日本に関係がない人は マイノリティーで 知らないものばかり珍しく見てるという状況ではないかと思います。 皆仲良く、というのは、難しいかもしれないです。 人と接するちょうどよい距離や、仲良い心地よさも人によって違うからです。 少なくとも、少数派を敵視したり、排除して欲しくはないなあ、というのが私のもっかの理想です。興味をもってもらえたら御の字、です。 差別意識が強い人は、とてもそんをしてるとは思いますよ、でもその人たちに こうしたらいいのに、とはいいません。差別をしてそんする状況を選ぶのもその人の自由、 そういう人とはできるだけ付き合いたくないなあと ”思う”(露骨に避けはしませんが。)のは私の自由だと思いますので。好みとか信念とかにかかわってしまう部分は、どうにもできないように思います。(犯罪とか、迷惑とかにならない限り)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

私は障害者はマイノリティだと思っています。 手話の問題を取り上げてますが、例えば社会全員が耳が聞こえなかったら、そもそも障害は障害でなくなりますから、その意味ではある種の障害は相対的です。 同性愛者も当然マイノリティです。多数派でありませんから。問題が異なっているように思えるのは、それは思想や価値観、道徳観などと密接に関わっているからでしょう。ややもすると、同性愛を認めることが、自らの価値観なども否定することにつながりかねない現実があるでしょう。 >私の夢は、すべての障害者や、色々な人種、思想の人、色々なマイノリティの方が、みんな仲良く一緒に暮らすことです。 個人的には相互に存在を認め合うことと、仲良くすることは全くの別問題だと思っています。例えば、同性愛に理解を示すからといって、その愛を受け入れるかどうかは別問題かと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

Minority と言う言葉は、全体の中に占める割合が小さい集団を指す言葉です。従って、  心身障害者  同性愛者 は当然含まれます。また、  アメリカ在住の日本人  アメリカにおける Hispanish (数はかなりいますが、経済力から言われるようです) も当然 Minority です。 従って、質問者の言葉の定義が、間違っているとは思います。以上前提に質問の内容を考えると、Minority は No. 1 の方の言われるように、  個人の意思で左右できるもの  個人の意思では左右できないもの の二種に分類した方が妥当ではないかと思います。同性愛者は前者、心身障害者は後者、と大きくは言えます。しかし、性同一性障碍が疾患単位として認められつつある現在、この分類も妥当性を欠くようにも思えます。さらに言えば、日本では部落差別、在日朝鮮人に対する偏見に基づく問題もあります。 基本的には、現在の日本で欠けている 「個の概念」 を認めることでしょう。他人に迷惑を掛けない限り、個人の価値観は自由であることを互いに認めることです。質問者が同性愛者であることに対しては、誰も良い悪いは言えません。しかし、仮に質問者が同性愛者でない人間に関係を迫れば、それは相手の価値観を否定することになるので、糾弾されても仕方ないでしょう。逆もまた同様です。これが前者の分類に対する回答です。 後者、中でも身体障害者では、何が問題かと言えば、所謂 Social Handcap の解消が前提です。健常者と比較して、その個人の持つ能力 (能力に応じた待遇・対価は当然のことです) の発揮に際して、Handcap がないような社会条件を整えることが重要です。精神障害者 (現在の精神医学がとっている社会精神医学に立脚して、が前提です。これを否定する議論もできますが、すべての前提を覆すことになるので、今回は避けます) は、所謂患者なのですから、然るべき治療を受けるのがまず必要です。 少なくともこれだけの条件が揃った上で、「個の概念」 が確立されれば、仲良く (この言葉の定義もまた難しいんで) かどうかはともかく、互いに相手の存在を尊重する社会が構築できるのではないかと思っています。 日本に比べ 「個の概念」 が確立しているように見えるアメリカでも、まだまだ問題は山積しているのは日常眼にする処です。所詮白人の国 (彼ら以外は Minority で、白人の中でも同性愛者の認知はまだまだです) なんですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

  • 回答No.2
  • rasin
  • ベストアンサー率35% (48/134)

こんばんは。 やはり、あると思います。事実私は、「障害者をマイノリティ呼ばわりするなんて、失礼な!」と思いました。 社会生活を行ううえで、やはり他人の気分を害さないということは必要なことだと思います。この気分を害さないというのには「個人の価値観」があるため、「必ずこう!」というものがあるわけではないですが、最低限守りなさいという部分は「法律」として規定されてますよね。さらに、この法律は最低限のものであるため、それ以上の「道徳」や「マナー」が存在しているわけで、それらも含めて「一般常識」と言ったりしますよね。 この「一般常識」というのがいわゆるマジョリティーになるのかとも思うのですが、いかんせんこの「一般常識」は時代や文化、流行に左右されやすいです。 だから、いわゆるマイノリティー問題も出てくるのかとも思いますが。。。 ただ、マイノリティーという言葉を利用すれば、どんな犯罪も可能になってしまうのでは?とも思います。 だからこそ、どのような趣味嗜好でも、自己規制は必要かと。 で、結論的には、マイノリティーと言おうがなんと言おうが、なんらかの障害に起因する社会的弱者の問題と違って、公序良俗に反するようなマイノリティーは、社会とは仲良くはできないのかな、と思います。 ですから、社会的ハンディを持った方々と(例えば露出など)ある種特殊な性的嗜好を持った方々の社会生活(問題)を一つにしては語れないかな、と。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • LGBT 。マイノリティを認める社会の疑問

    LGBTとは L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー。 順番に、女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人 ということですが、LGBの3つは自分自身のことではなくて 「性愛の対象が誰か」 ということを表す単語ですね。 Tがいわゆる性同一性障害という「生まれつきの疾患」(疾患と言ってはいけないのか)です。 これを十把一絡げに「性的マイノリティ」とかいって「婚姻」はできないけど「パートナー証明」を出すとかしてますが、それって「自分はリベラルだからマイノリティを差別してませんよ」的な社会的アピールなだけの気がするんです。 渋谷区がLGBが社会的に認められるなら、小児性愛はどうなんですか? ロリはマイノリティの人権として認めないの? オカマを認めるのにイヌとか2次元を性愛の対象としている性愛マイノリティは認めてもらえないんですか? 渋谷区にはロリアニメの抱き枕と結婚したいマイノリティだっているんじゃないの? って話になるんじゃないですか?違いますかね? と、ふと思ったので。。。

  • 障害者は生きてはいけないのか

    この場を借りて言わせてください 自分は26の専門学生で来年働く身になります そして一昨年にアスペルガーに近い発達障害(特定不能の広範性発達障害)と診断されました 手帳等もらったりすると将来の年金等の事を考えれば一般で頑張った方がいいと思い一般雇用を目指し頑張ってきました しかし、自分の選択はこれでよかったのか理解に苦しみます 今を振り替えると幼稚園児の時には普通の子とは単独行動が多く、拘りが強かった記憶があります そして施設で言葉や運動も習うために通った記憶もあります そしてこれは忘れてはいましたが小学校1年の頃に担任の先生から母親に特別学校(恐らく養護学校的な物)を勧められていましたがその判定テストに自分は合格?し、一般でも大丈夫と判断されたそうです 色々と振り替えると大体が人間関係の事でトラブルが起きていじめの対象になっていました 恐らく注目されたく、寂しかったんだと思います 今は人とトラブル起こすぐらいなら人と関わらない方が楽だとは思いますがやはり寂しいので自分から関わってしまいます しかし社会では人と関わらない(職場の人間等)わけにも行かずコミュニケーションが必要になります あの時に障害者として学校へ行き、障害者雇用で働いた方が楽(言い方が悪いですが他の言葉が見つからなかったので)だとは思いますがなぜそれを選択せずに一般で行ったのかと思います これからの職場でまたトラブル起こしてしまうんじゃないかと不安で仕方ありません 一般の世界で揉まれてきたのに対して今さら障害者雇用に行くなんて言えません 一般の人達には障害者は邪魔、消えてほしいと言われ、障害者の人達には障害者を馬鹿にしてると言われ…自分はその中間なのでどちらにも拒絶される事もあり本当に生きてていいのかわかりません… 悩みサイトでも障害者の持つ親や家族を見てきましたが 障害者の子供は生みたくない 殺したい程憎くなる 子供を産んだとき障害者なら人生終了 自分の子供(障害者)が可愛いと思えない 恐らくこれが本音だと思います 自分の子供が障害者でも親は自分の子供は可愛いものだとかそんな綺麗事はいりません 障害者の子供を持った両親は本当に苦労するでしょうし、何せよその障害者の子供を持つことにより面倒を見なくてはいけないし自分の好きな事が出来ません 自分もいじめを受けなかったり障害を持ってなかったらそう思ってたのかもしれません この本音を見るとやっぱり障害者は迷惑なのかと思ってしまいます…特に中間の俺からしたら障害者にも一般の人にも拒絶されるのでいっそのこともう死のうかと考えています… 遺伝する可能性もあるので結婚も出来ず、女性を好きになる資格もないんだと思います 俺は両方から拒絶されるため死んだ方がいいのでしょうか…? 最後に自分の特徴です 学校で習った学力がない 言い訳が多い(面倒くさがりなのか何も説明せず怒られるのが嫌なのかはわかりませんが) 同じことを復唱してしまう 自分の話したことが相手に理解できない程の言語力がない 習った事を次の日に忘れてしまう 相手が冗談でも自分の気に障る事を言われ自分も相手に冗談で言うが相手は本気で怒りこちらの冗談を通じない

  • 障害者という用語について

     現在、障害者についてのレポートを作成中なのですが、「障害者」という言葉は差別用語なのでしょうか?「障害者」の方々が傷つかない言葉は無いのでしょうか?また逆に障害者の人々が推進している言葉などがあれば御教授お願いします。なにぶん専門外のことなので・・・

  • 障害者が住みやすい社会が健常者も住みやすい社会?

    障害者が住みやすい社会が健常者も住みやすい社会? 社会福祉士です。 この考え方に賛同出来る方、出来ない方の、 双方の意見が知りたいです。 菅直人氏は、消費税を上げると言っていますが、 それは、社会保障費に充てるためではなく、 本当は、国の借金を返すためでしょう? と思っています。 それに、健常者でさえ貧困にあえぐ現代、 こんな時に障害者の為に、 財源を確保できるのか。 声をあげるのは、だれでも何時でもできる。 まぁ、声はあげ続けていないと、叶うものも叶いませんけどね。 最近は、「障害者」ではなく「障がい者」という表記が目立つ。 でも、いくら「害」を消したところで、 「しょうがいしゃ」といっていることには、変わりない。 変えるなら、「障害者」という言葉自体を変えないと とどのつまり、「害」の字はついてまわると思う。 健常者は、結局、障害者を差別する。 口では何とでも言える。 せっせとボランティアする人は偽善者だとは思わないけど、 (ボランティアでもお世話したりするのは大変だから) じゃあ、例えば、HIV感染者とお友達になって、一緒にお風呂に入れますか? いくら障害者には偏見を持っていないといっても、 どんなに思いやりに満ち溢れていても、 当事者でないのなら、やはり差別心はどこかにあるのでは? というのが私の見解。 障害者が住みやすい世界ってなんだろうか。 そんなのユートピアなんじゃないか。 かなり過激な発言かもしれないけれど、 皆さんの率直な意見が知りたいです。 これからの研究に役立てていきたいので 宜しくお願いします。

  • 障害者と健常者

    障害者が社会に出て健常者と一緒に働くことになった場合、障害者が何か失敗をしたら健常者に比べると数倍怒られることがあるとよく聞きますが、どうしてなんでしょうか?(障害者に対する理解が人それぞれだからと言えばそうなんでしょうが…)

  • 障害者差別

    私は障害者を差別、偏見する人間やIDが嫌い人間です。理由は私の母と甥っ子が障害者でしたので、近くに障害者がいた人間なので偏見や差別が嫌いです。とくに、今はネットによる障害者に対する差別、偏見が酷くなって来ていると私は疑問になります。理由はどうあれ、障害者も一人の人間です。人権もあるはずです。しかし、ネットの影響で障害者に対する差別、偏見のコメントが多く、中には悪ふざけではなく、本当に差別、偏見のコメントをし、まるで障害者は生きる資格等のないような誹謗中傷のコメントが沢山出ていることに私は怒りを感じます。一つは道徳的教育がされていない事。そして、障害者に対する差別、偏見を書きコメントする事を自由にさせていること、そして、今のゆとり教育によって、障害者に対する差別、偏見を無くそうとせずに努力をしない。そして、日本には障害者差別禁止法が出来ていない事が上げられると私は思います。このサイトでも障害者に対する冷たい差別や偏見のコメントを見掛けます。障害者は好きで障害者になっているわけではありません。1日1日を苦労しながら、生活の出来る営みを障害者の人達もしているのです。日本は先進国でも、障害者に対しては冷淡すぎる国です。福祉も進んでいません。他の先進国でも、日本は障害者の人達には、生きていくだけの生活が保証されていないのが現実です。障害者の人達には、もっと温かくすべきだと私は思います。ただし、税金や他料金の免除等の公的支援は進んでいるのは、先進国でも、日本は進んでいます。皆さんも一緒に考えてみましょう。私達人間は明日が我が身です。いきなりの事故等でいきなり障害者になってしまったら、皆さんはどう考えますか。私なら、明日から不安になります。しかし、前向きになって生きるしかない、そして、1日1日を有意義に過ごし、障害があっても負けない、挫けない、障害があっても、生きる楽しさ、生きるための苦労。そして、お互いにゆっくり考えてお互いに向き合って生きて行く。私は真剣に質問しています。障害者の人達に対し差別、偏見しているIDさん、あなた方はもっと真剣に考えてみてください。自分がもし、いきなり障害者になって、今までの自分の愚かさ気付くと私は思います。皆さん、このサイトで考えてみてください。それからご回答下さい。私は真剣な質問コメントです。よろしくお願いいたします。

  • マイノリティ、同性愛、偏見

     同性愛の20代です。 一部の家族、信頼できる友人にはゲイであることを明かしていますが、まったく関係のない人であっても同性愛をネタにして笑っていたり、テレビなどでお笑いのネタにされていると、笑えないのです。 空気を読んで笑うことはありますが嘘の笑いです。 あと、吃音といって声がつっかえる障害もあるのですが、吃音もよく「緊張しすぎて言葉が出ない」という誤解もあるのでそういうのをネタにする人もいます、特にお笑いで。  僕から言わせてもらうと、足の不自由な人をネタにしているのと同じです。 どうして人間って(もちろん全員じゃないですが)マイノリティなことを好き勝手に解釈して、ひょっとしたら目の前にそういう人がいるかもしれないのに笑いのネタに使うのでしょう?  もちろん、僕だって人のことを言えないんです。人は完璧じゃないですし一部おかしなところがあっても人間いろんな面があります。でも、「なんで自分の前でゲイを笑いものにするんだよ」とすごく腹が立ったり、「ゲイ=ホモ=男同士で異常だ」、「吃音(どもり)=言葉がつっかえる=おかしな人」と言う風に笑いものにするんだって・・・。  これはもう、仕方ないんでしょうか? 日本って、医学も技術も水準が高いのに精神的なもの、見えないものやマイノリティに関して遅れているんですか? 

  • 障害者との恋愛

    サークルで仲良くなった聾唖(耳の聞こえない)男性に恋をしています。 彼と付き合いたいです。 手話も勉強してます。まだまだ日常会話もろくに出来ませんが、 彼と手話で話したいので頑張っています。 彼のことが好きなので今の恋人とも別れます。 質問ですが、聾唖の方は、手話が下手で日常会話もまだ出来ない健常者から告白されたら、困ってしまうのでしょうか? 次会ったら気持ちを伝えようと思ってますが、 困らせてしまうなら、やめたほうがいいのですか? 自分は彼が何にどう困るのかサッパリわからないので不安です。 皆さん、思った事(経験者や知人にろう者がいる方歓迎です)アドバイスください! ちなみに、タイトルで障害者と書いて申し訳ありません。 『聾』という言葉を書いても一般的にはまだわかりにくい表現だと思ったのでこう書いてしまいました。 不快に思った方がいたら本当に申し訳ありませんでした。

  • 『障害者』という・・・

    「『障害者』という言葉に差別を感じますか?」 私は『障害者』の反対語として『健常者』と使われるのは 間違ってると思いますが・・・差別だと思いません。 今は、『障害者』の障害や害が 平仮名になっていたりしますが、 文字だけを変えても人の心がついていかなかったら 一緒だと思ってなりません。 『痴呆症』も『認知症』に変わりましたが 「実際に何が変わった?」ときかれても応えられません。 文字が変わると何か変わることはありますか?

  • 健常者と障害者

    初めまして、私には幼少の頃からてんかんと付き合っており、周りからの差別や偏見される目が多く困っております。てんかんはまだ障害としての認知が全国では低いと聞きました。今現在私は容態はかなりよくてんかんの症状は7年以上出ていないのですが、通院、薬の服用が必要な為会社側、一緒に働く人等に理解が必要だと思うのですが、病気の事を理解してもらうにはどうしたらいいでしょうか?  回答者さんがもし障害者をもった場合健常者の方々とどう接しますか? 軽々しいご回答はご遠慮願います。 無い場合は書かないで下さい