• 締切済み
  • 暇なときにでも

予震と余震について

始めて質問させて頂きます。 地震についてなんですが、 1.予震のあとは必ず本震があるのですか?また余震とは本震のあとに必ずあるものなんですか? 2.小さい予震のあとには必ず大きな本震がくるので      しょうか?プレートからのプレッシャーがかからな くなって(エネルギーの放出が小出しにされるので)小さな地震が数回起こって終わりにはならないんですか? 3.余震が長く続くとはどういうことなんでしょうか?   4.予震と余震はどういうときにおこるのでしょうか? 教えて下さいお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6682
  • ありがとう数77

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#65504
noname#65504

まずはざっと回答から 1.予震(余震と発音が同じなので、区別するために前震と言うこともあります)、余震とも必ずしも発生するとは限りません。 2.プレートからの応力状態と地盤の性状によって変わります。もろい地盤では大きなひずみは耐えられないので、大きなエネルギーが溜まる前に壊れますので小さな地震が発生しますし、頑丈な地盤では大きなひずみを蓄えることができるので、巨大なエネルギーが溜まってから破壊しますので、大きな地震となります。 また間隔はひずみが溜まる速度によってかわるので、断層のある部位によって地震の発生間隔や大きさが異なります。 3.余震が続くというのは、本震などでひずみを開放しきれなかった部分が、多くあるということです。 4.これらは地盤の均質さと関係があるようです。不均質な地震ほど弱い部分がありますので、その部分がまず壊れます(予震)。 壊れた部分は応力に抵抗しなくなりますので、その部分が抵抗していた部分の分も含めて壊れていなかった部分にひずみとして溜まっていきます。頑丈な部分が耐えきれなくなると大きな地震となり壊れます(本震)。 壊れなかった部分があると余震となり残ったエネルギーを解放します。 また均質な地盤では均等にひずみをため込み、壊れるときもほぼ一緒なので、大きく1度に壊れる可能性が高いようです。  次に私の個人的な見解なのですが、人にとっては予震・本震・余震と区別して感じられますが、地球という大きなものから見ると、数年という単位は人間にとって一瞬のようなものですから、これらの連続した1つのイベント(地震)にしか過ぎず、その一部分部分を人間はいくつかの地震に区別して感じているのではないかと思います。  ちなみに、兵庫県南部地震では2つの頑丈な部分があり、1つが壊れたことによりもう1つの部分も壊れたといわれています。この2つのパートの破壊の時間間隔がもう少し離れて起きていたならば、大地震が2回発生したといわれていたかもしれません。  同じように東海地震と東南海地震は2つの地震として発生するときと、連動してほぼ同時に発生することがあり、次の発生の際には連動して発生する可能性が以前より高いともいわれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • rope
  • ベストアンサー率47% (11/23)

はじめまして。 実際起こる地震活動はその規模、発生する場所(プレート間やプレート内、火山活動)などにより、 様々なパターンがあります。 おっしゃっている「予震」というのは”前震”というものと思われます。 何度か起こる一連の最大規模の”本地震”の前の小さい地震を指します。 本震に先立ち小さな地震を伴うこのパターンは、 確率的には数%程度しかありません。 そして、余震とは・・ 大きな地震が起こり、その後に、プレートのずれや、 岩盤の破壊で生じる不安定な状態を解消するために起こると考えられているもので 特に、震源の浅い大きな地震が発生した場合は、 その反動の度合いに応じて余震が起きやすく、 ほとんどの場合、余震が起こりますが、 発生した場所や規模により、必ずしも起こるわけではありません。 余震のおさまり方は、本震直後は急激で、徐々に緩やかに変化します。 本震から10日後には直後の10分の1位で、 その後10日経過しても、その2分の1程度にしかなりません。 マグニチュード(地震での規模)が大きければ大きいほどその余震は長く続いてしまう所以です。 今回の新潟での地震は震源地が地下10kmと浅いのと、マグニチュードも大きかったので余震も多いのでしょう。本当にお気の毒です。 また、パターンとして、 火山の周辺などでは、特に、いきなり大きな地震が発生するのではなく、 ある地域で次第に地震の数が増えて活発になり、 その後、活動が激しくなったり、弱くなったりする群発型地震があります。 あまり、大きな地震は起きませんが、例外があり、群発地震が続く中でかなり大きな地震が起きることもあります。 ですので、 1、予震(前震ですが)、余震共に必ずあるものではありません。 2、小さい地震だけが起こる事は多々あるます。それでおさまるタイプだったということです。 3、反動が大きく、規模も大きな地震が起きたということでしょう。 4、は、上のご説明を参考にしてください。 ちなみに、 プレートのずれや、岩盤の破壊によって生まれたエネルギーは、 地震波となり、地球の内部を伝わっていく”縦波(P波)”、”横波(S波)”に分かれる「実体波」と 地球の表面に沿って伝わっていく「表面波」で伝わっていきます。 これらは進むスピードが違うため、遠くで大きな地震が起きると、 まず、最初に”縦波”が先に届き、ガタガタと小刻みに揺れる揺れが来て、 次に”横波”のややゆっくりとしたゆさゆさとした揺れを感じます。 そして、最後に、「表面波」のユラユラとゆっくりした振幅の大きな揺れが起こることになります。 また、以下のサイトにも詳しく書かれていますのでご参考にして下さい。

参考URL:
http://contest.thinkquest.gr.jp/tqj2000/30295/top.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても詳しい説明をしてくださって本当に有難うございました。みじかな事なのに知らないことっていっぱいあるんですね。勉強になりました

関連するQ&A

  • 本震より大きい余震なんてあるの?

    気象庁が余震という言葉を使うのをやめるらしいですね。 なんでも余震と呼ぶと小さな地震というイメージがつきやすいからとのことで。 ただ、余ってると書いてるように本震より小さいのが余震ですよね? 違うんでしょうか? もしかして本震より余震の方が大きい場合があるのでしょうか?

  • 余震..怖いです

    私は栃木県に住んでいるのですが、今現在も停電・余震が続いておりとても怖いです。 先程も震度3の揺れ..精神的にも疲れ、寝たいのですが、いつ又大きな地震が来るか分からないので、安心して眠る事も出来ません。 本震より強い余震が来る事はあるのでしょうか。 震度4以上の余震が来る可能性は高いですか?

  • 今、起きている余震

    今、起きている震度3・4・5って何の地震・余震ですか。幾つものプレートがズレているんですか。それとも震度6以上M8.8以上の地震が起こる余震なのですか。携帯の地震に関する所に日本で1・2分ごとに日本の何処かで地震があり100回以上の揺れを観測しているそうです。日本は、大丈夫でしょうか。M8.8を超える地震が起きるのでしょうか。テレビでは、富士噴火説も上がっていると言うのに地震なんて日本もこれまででしょうか。

  • 地震に余震があるのに、予震はないのか?

    地震はいきなり本震があって、その後余震が続きます。 これはなぜでしょうか? 火山活動のように、活動が活発化する現象、つまり予震と呼ばれるようなものはないのでしょうか? これがあれば予知が可能と思われます。 地震のメカニズム的にどうして予震がないのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 余震について

    今朝25日の福島県浜通りを震源とする震度5弱の余震ですが、その前の数時間、まったく余震がなくなった時間帯がありましたが、その間にエネルギーがたまっての地震の大きさになったのでしょうか? また他の余震と合わさった可能性があるのでしょうか? ここのところ活発ではあるものの、少し落ち着いてくる兆しがあったので、驚きましたが、可能性として何かしらの要因が知りたいです。 一概にこれが要因とは言えないでしょうが‥。 宜しくお願いいたします。

  • また大きい余震

    先ほど、また大きい地震(余震)が東北でありましたが、そういえば、その前あたりの数時間、適度な間隔で起こっていた余震が宮城や福島でないなぁと逆に不気味に感じていたところに大きいのがありました。 余震もある程度、拡散して適度に起こっていた方が大きい余震が起こる確率が低いのでは???と素人は思いますが、どうでしょうか? あまり間が空くと、逆にまだ活発化している場合、エネルギーをためて、大きい余震が起こる確率が高くなるのでしょうか?

  • 最近、余震が頻発する件について

    余震・・・と言っていいものなのか、最近はとても地震が多いですよね・・・。 地学に知識がないので、よくわからないのですが・・・ 大きな地震は、プレートなどにストレス(?)が溜まって起きるものと解釈しています。 この余震でそのストレスが解消されたりとかは、していないのでしょうか?? 小さい地震が頻発することで、ストレスが少しづつ解消されていれば良いのに・・・。とずっと考えていました。 すみませんが、教えていただきたいです。

  • 70%の確率の余震

    昨夜の気象庁の発表をネットでみてビックリしました。(チェーンメールではないです) 【引用】 気象庁はM7以上の余震が発生する確率について、13日午前10時から3日以内が70%、その後3日間以内は50%と発表した。余震確率は70%は国内の地震で過去最高で、震度6強~4程度の揺れに襲われる可能性がある。気象庁地震予知情報課長は「余震の数と規模は過去の地震と比べてけた違いに大きい。震度6弱~6強程度の余震が今後二週間程度は続く恐れがある」との事。 70%ってハンパない確率だと思いますが、東京からリアルに脱出しようか迷ってます。 質問の内容としては (1)いままでに気象庁がこれ程高い確率の地震予測を出した事があるか? (2)この予測に対して 何か対策をしたり脱出したりしてる人はいるか 以上です。 なぜこの高い確率の予測を頻繁に報道しないのか不思議です。逃げた方がよいかリアルに検討してます。回答お願いします。

  • 地震保険

    こんにちは。 最近の地震の報道をみていてちょっと気になったので、教えてください。 今回の福岡のように規模の大きな余震が起こった場合でも、地震保険(建物・家財)は本震分の1度しか支払われないのですか? それとも、震度○以上だったら・・・というように決まっているのでしょうか? 本震での被害は大した事なかったけれど、余震で被害が出たという時などはどうなるのでしょう? 各社で対応が違うのかも知れませんが、一般的な答えをご存知の方、よろしくお願いします。

  • 東日本大震災と地震のメカニズムの質問です

    今年(2011年)の3月11日に東日本大震災が起こりました 私は千葉市在住ですが、幸いにも家等が倒壊する事も無く また家族や近所の方にもケガ人や死人が出る事も無く 現在は、震災前と変わらない生活の為 一応、千葉県も被災地ですが、私は不幸中の幸いでした ただ、その震災と地震のメカニズムの事で 以下の3つの疑問を持ったんですが 地震のメカニズムに対して詳しい方、宜しく御願いします ◆1、震災当日、震源地の連動とは? ここに東日本大震災の分布図が載ってます http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_soc_jishin-higashinihon20110313j-06-w440 この分布図を元に質問したいんですが 実は、震災直後等のテレビ放送で あれだけの大災害が起こった理由としては 複数のプレートが連動したからだと聞きました それで私が連想した連動なんですが 分布図を見ると、縦長の長方形で囲ってるのが見えます その長方形で例えると、長方形の右側縦ラインですが その縦ラインをプレートと例えると 被災地の、岩手から茨城(千葉も含む)位迄、一直線では無いですが プレートが線で繋がっており 福島のプレートが跳ね上がった時、他の地域のプレートも 丁度ドミノ倒しの様に一緒に跳ね上がったんだと思ってました もっと分かり易く言うと 例えば2時46分00秒に福島のプレートが… 2時46分01秒に岩手、2時46分02秒に宮城 03秒に茨城の様な感じで 各地域のプレートが跳ね上がったんだと思ったんです その理由は、あれだけの広範囲の被災地で強い地震と その直後(?)に大津波が襲った事 更には、本来なら被災地からは遠く離れた(?)横浜でも地震が起こった つまり2時46分地震が、福島の一箇所で起こっただけなら 被害で1番酷いのが福島と言うだけで 他の地域は、福島程酷くは無かっただろうと… まして横浜に迄は地震も来なかっただろう…そう思ったんです そして、震災当日の余震ですが 当日で覚えてるのが、本震か起こってから 数十分後位だったかにも千葉では最大余震と感じる位の 大きい余震(?)が来たんですが それが分布図で見ると、3時45分に来た 茨城県沖の震源と一応時間も一致するんです それを考えると、あの大きな地震は余震ではなく 茨城県沖の本震だったんだろうか?…と そう考えると、上記URLの分布図を見る限り 震災の連動というテレビでの解説が 私の推測とは違ってる様なんですが どう解釈したら良いんでしょうか? ◆2、震源地と震度の関連性は? 通常地震が起こった場合、震源地に近い所が揺れが酷く 遠ければ遠い程少なくなる…それが一般的だと思います しかし、このURLの様に http://tenki.jp/earthquake/detail-7327.html これは今年の8月1日の余震ですか 震源地は茨城県沖ですが、この地震に関しては 1番近い茨城は勿論千葉等の近辺にも一切地震は来なくて どういう訳か、遠く離れた北海道の日高で震度3が記録されたのみです これは、どういう事なんでしょう? つまり、こんな現象が起こるメカニズムは何でしょうか? 勿論、地震の場合地層が硬いとか軟らかいで 例えば、同じ地域で揺れても揺れ方が違うのは分ってるんですが それでも、こんなに違うのは理解不能に感じました ◆3、余震の頻度は?今の地震と震災前の地震とは? この質問は、今でも毎日起こってる地震が 震災の余震、又は震災の誘発地震なのか?違うのか?… と言う質問です 私は震災が起こって数日後位から 気象庁の地震情報を毎日チェックする様に、なりました http://tenki.jp/earthquake/ その理由は、震災直後は自分を安心させたかったからなんですが この様な、大規模地震が起こった後は 余震が収まってから(?)数ヵ月後に最大余震が起こると知りました それなら、最大余震が来るのは怖いけど それが来たら、その後は落ち着いてくれるだろう その落ち着く日を我慢して待とう、そう考えてたからです ちなみに阪神の時には、9ヵ月後だった様ですが 東日本の約1ヶ月前に起こったニュージーランドでは 東日本の2ヵ月後、つまりニュージーランドから見れば 本震から3ヵ月後に最大余震が来た様です 尚、自己流余震の判断基準として 気象庁では公表しても、体感で分らない震度1と 体感でも来ないし気象庁でも公表してない震度0は余震無し そう考えると、毎日の様に震度1か 気象庁の公表でも何も表示されない震度0 それが何ヶ月か続いた後で、最大余震が来ると思ってました ですから、HPを見ながら その日が来るのを待ってたんですが 震災から9ヶ月経過しても、その気配が無い… 但し、私の住む千葉市では有難い事に 余震ゼロが当たり前で、大体3週間から 1ヶ月に1回位の割合に感じる位に減りました しかし、特に被災地に関しては 余震がゼロの日も確認してますが、未だに余震が来る日の方が多い 更には、東日本の誘発から 今は日本全国の何処かで毎日の様に地震が起こってる それで私は、今年一杯は余震も続くだろう…そう考えてました ただ、震災前の状況も知りたくて HPで過去の地震情報も確認したんです そうすると、当然ですが震災当日含めて その後は、流石に回数も相当でした しかし、震災前を見た所、数日前でも 今の余震と変わらない震度や回数が記録されてる それで、これは本震前の予兆かと思い 数ヶ月前を見たんですが同じ 去年の12月や夏場等も見たんですが、これも同じ そして気象庁のHPでの記録での最終…つまり 1番古いページ迄見たんですが http://tenki.jp/earthquake/entries?p=500 1番古い情報だと、2008年7月24日… つまり約3年半位前の情報でも、今の余震と変わらない位の 地震の数と震度の記録… 勿論、この頃は少なければ1日4回等 記録が全く入ってない日も確認出来てますし それを考えると、今余震と判断してる地震に関しては 元々こんな感じだったのか? と感じたんですが、実際に現在の地震と 震災前の地震とでは、どう違ってるでしょうか? 極端な話、被災地の場合 震災前の地震と現在の地震で変わらないなら 今は、余震としては納まったと考えられるのか?… 又、他の地域の場合、震災の誘発なのか? だとしたら、震災前と変わらなく感じる地震の頻度とは どう違うのか?…です