• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

マンションの耐震性

今度マンションを買おうかと思います。最新の免震 マンションとかではないです。でもここ数年に 建ったので、阪神淡路クラスの地震でも倒壊することは ないそうです。ただ基礎の部分に大きな損傷を 受け、多額の修繕費がかかる事は否定できないそうです。 困りました。特にマンションは戸建と違って総意を まとめないといけません。えらく大変だそうですね。 ましてやローンを組んでる状態で、数百万の出費と なると人によっては無理という人もいるでしょうし。 実際大地震が起きたら多額の修繕費を伴う改修は 必要なんでしょう?ちなみにその物件は安普請な マンションではなく、大手デベロッパーとゼネコンが 建てた大規模マンションです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数117
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#65504
noname#65504

#2です。 不正確な部分があったのでちょっと訂正します。 >マンションは4/5以上の賛成で可決できるようになっています(全員賛成になることはかなり困難なので)。 >そういう人は賛成者に時価で売ることになります 建て替えの場合4/5、大規模な修理の場合は3/4でした。 また、建て替えの場合建て替え賛成者などは反対者に時価で売り渡す権利が認められており、大規模修理の場合は反対者は賛成者などに時価で買い取るように請求できる権利を持っています。 いずれにしても費用はかかりますので、実際問題として決議がまとまらないことが多いようです。 ついでに誤字の訂正も 「相違」→「総意」 でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 免震構造のマンション

    2~3年前まで免震構造のマンションが結構販売されていましたが、最近ほとんど販売がありません。土地価格があがって、その分安くあげる安普請になっているのでしょうか?大地震の発生可能性が高いとされている今日、販売会社のポリシーに疑問が生じています。皆様は道お考えですか?

  • 築20年、30階建てのマンションの耐震について

    築22年(1989年完成)で30階建て、東京のマンションに住んでいるのですが、東日本大地震以降、地震が多いため耐震強度が心配です。もし震度7規模の地震が来た場合倒壊の危険性はありますか?それによって大地震がきたあと、避難すべきか悩みます。また、震度5強の地震のときもグラグラと左右に大きく、ゆっくりとした揺れがあって心配でした。これは意図した設計によるものなのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 新築マンション 耐震について

    検討しているマンションが「耐震構造」のものです。 他のマンションのモデルルームを見に行ったときは、免震構造のもので、ミニチュアで「こんなに揺れが抑制されます」と説明されました。 そして今検討しているマンションは免震は採用しておらず、「免震は中にゴムみたいなものを入れるのでそれがあるかないかでかなり費用がかかるし、耐用年数がくれば交換もしないといけない。管理費も高くなる可能性がある。今は法律も変わり、変な(地震で大きな倒壊するような)マンションは逆に作れなくなっている。耐震構で問題ない。当社はその分をマンションの費用を安くすることにしている。」とのこと.。現時点ではエリア、広さ、価格を考えてもこのマンションしかいいなと思えるものがないのですが、他のマンションは免震構造を採用しているところが大きいため何だか不安もあります。 新築マンションで耐震構造というのはまだ普通にあるものなのでしょうか。 免震が今後のスタンダードになるのであれば、今検討しているものは見送り、いいものが現れるのを待つのが良いのでしょうか。 ちなみに当方、大阪に住んでいるため、南海トラフなども心配です。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#65504
noname#65504

>ただ基礎の部分に大きな損傷を受け、多額の修繕費がかかる事は否定できないそうです。 これについてはちょっと否定的です。 一般に免震構法の建物は基礎部分に免震装置という大きく変形しても壊れない装置を入れています。この装置が大きく変形することにより、地震のエネルギーを吸収し壊れないようになっています。 このため、基礎部分が変形しても良いように、50センチ程度の隙間をつけています。 この隙間を隠しているカバーや周辺の仕上げの一部が壊れることはありますが、基礎自体は壊れません。 カバーの交換費や仕上げ材の修理に多少の費用はかかるかもしれませんが、被災した建物にかかるような多額の費用は発生しないと思います。 >特にマンションは戸建と違って総意を まとめないといけません。えらく大変だそうですね。 ましてやローンを組んでる状態で、数百万の出費と なると人によっては無理という人もいるでしょうし。 これは区分所有法などにより決まっています。 一般に(民法では)共有財産の大規模な修繕などについては相違で決めること(全員一致)になっていますが、マンションは4/5以上の賛成で可決できるようになっています(全員賛成になることはかなり困難なので)。 賛成者は費用を出し合って修繕することになりますので、費用が出せないため反対する人もいることでしょう。そういう人は賛成者に時価で売ることになります(時価は建物が壊れていますのでかなり安いと思います)。 >実際大地震が起きたら多額の修繕費を伴う改修は 必要なんでしょう?ちなみにその物件は安普請な マンションではなく、大手デベロッパーとゼネコンが 建てた大規模マンションです。 実際問題として本当に大地震を受けた場合無傷というわけにはいきませんので修繕は必要になる可能性はあります。 これは大手でも同じです。 なぜなら日本の耐震基準が建物が壊れてもよいとなっているからです。 耐震基準は必ず1回は受けるような地震に対しては無被害、それよりも大きく建物がある間に1度経験するかしないような巨大地震に対しては人命の損傷を防げればよい(倒壊などしない)ということを目標にしており、巨大地震に対しては建物が多少損傷してもよいとなっているからです。 一般に強く造れば、それだけ費用が高くなり、購入費も高いものとなります。あるかないかよくわからないような巨大地震に対してまでも完全に無被害に造ろうとすると、費用が高くなりすぎて、住宅を購入することに影響がでます(住宅を入手できない人が増える)。 耐震基準は安全性と経済性を考えて作られているためこうなっており、本当の巨大地震が発生した場合は、通常無被害であるとは考えられません。 これは一般にはあまり知られていないことでした。一般人は巨大地震でも安全に造られていると思っていましたので、阪神・淡路大震災で被災して初めてこの事実を知ったという人がほとんどです。 この事実を受けて、最近造られた「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で住宅の性能表示を行うことになりました。 これは建築基準法では基準値を満足しているかどうかだけでしたが、基準以上にどれだけ安全に造られているかなどをグレード分けして、表示する制度で、基準ぎりぎりか、かなり余裕がある設計をしているか、巨大地震に対してどれだけ安全に造っているかを示しています(他に防水性やシックハウスについても性能が表示されている)。 マンションを選ぶ際にはこの表示制度による性能表示をしている物件のうち、なるべくグレードの高いものを購入するとよいでしょう。 万が一地震が発生し、施工不良などにより表示された性能が出なかった場合は販売者などに費用が請求できます(有効期間は10年間ですが特約で20年まで延長可能です。10年より短くすることは禁止されています)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>実際大地震が起きたら多額の修繕費を伴う改修は 必要なんでしょう?  阪神大震災のときは、住民側で修繕費が出せる 目処が付かなかったマンションは、 取り壊して、土地を売った代金を住民の数で 頭割りしたとニュースで聞いたことがありますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地震のときに崩れないマンションの階って。

    あるんでしょうか? よくテレビとかで、大地震がきてマンションのしたの方が倒壊しているところとか見かけます。 マンションを買いたいのですが、こういうことが心配です。なんせ地震恐怖症なもので・・・。 どなたか何でも良いので何か知ってる方、情報ください。宜しくお願いします。

  • 免震マンションについて

    現在地方への転居に伴い、まずは賃貸でエリアの情報を集めるために2年ほど住んで、その後マンションを購入したいと考えております。 そこで質問なのですが、免震マンションというのを聞く事が有りますが、どの程度の効果があるのでしょうか? 関東、東北で先日の大地震を免震物件で経験された方がいらっしゃいましたら、 ぜひとも感想をお聞かせ頂きたく質問を致しました。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 都内 大地震 マンション購入か賃貸か

    現在23区内実家に住んでいますが近々でる予定です。 夫婦と幼児1人です。 人気エリアでファミリー向け物件で子供の足音や耐震を考えると、それなりの広さのあるしっかりした分譲マンションが必要条件だと思っているのですが、賃貸だと月20万~といったところで、家族はもったいないから買ったほうがよい、と言っています。 確かにコスト面で計算すると例えば4000万の物件を購入した場合(実際もっと高い物件が多いですが)、月20万の賃貸と比較すると、諸費用で400万かかったとして、管理費や固定資産税を計算に入れても、10年後に2000万で売れればとんとん、20年後には売れなくてもとんとんという計算になり、実際10年後でも3000万以上で売れるであろうことを考えると購入のほうがお得という計算です。 ただそこで、大地震が発生した場合。全壊半壊の可能性は大変少ないことを考えると、賃貸でも購入でも一緒ですが、購入した場合にあちこちにひびが入ったり、例えば建物が歪んでしまったりした場合、数百万という修繕費が必要になったり、最悪立て直しなんてことになるかもしれないことを考えるとやはり保険と思って高くても賃貸の方が心穏に過ごせるのでは、と考えるようになりました。そこで免震のマンションも検討中ですが、免震の場合他のマンションに比べて割高になりますが、折角免震マンションを購入したのに、縦揺れには強くないそうなので、縦揺れ大地震が発生して、建物が損傷したら本当に悔しい思いをすると思います。。。 とはいえ20年後に大地震が来なかったら、やっぱりあの時購入しておけば、と思ってしまいそうですし。。。結局結果論でぐるぐるとしてしまっています。マンション購入と地震、みなさんはどのようにおかんがえでしょうか?参考とさせていただけますでしょうか?

  • 地盤が悪い土地の上の免震マンションは、意味があるのか?

    免震マンションの購入を検討しています。 ご回答どうぞよろしくお願いいたします。 1.地表付近の地盤が悪い土地の上に免震マンションを建てる場合。(その土地にはもともと低い丘がありました。また、池が隣接しています。) 2.マンションを支えるために40m(強固な地盤に達する長さ)の杭が埋められているが、その強固な地盤のさらに下の部分が軟弱地盤である場合。 1、2のような土地の上に建てられた免震マンションでは、大地震が起きた時、その効果が発揮されるのでしょうか?

  • 1978年建築のマンションの耐震強度について

    1978年建築のマンションの耐震強度について 1978年1月に建てられた4階建て鉄筋コンクリートマンションの3階に引っ越すことになりました。 築30年以上経っているので大地震が来た時の倒壊が心配でなりません。 自分なりに調べたのですが、1981年に新耐震設計基準が制定されたそうで、それ以前に建てられたマンションの耐震基準は緩かったとのことでした。 私が住んでいるのは新耐震設計基準が制定される原因になった宮城県沖地震が発生した宮城県です。 宮城県ではこれから10年以内に高い確率でまた宮城県沖地震が発生すると予測されています。 毎日本当に心配です。(出来る限りの地震対策はしていますが。) 質問(1)引越し先のマンションは1978年1月に建設されていて、1978年6月12日に宮城県沖地震が発生しています。 その地震の際にマンションが倒壊せずに現存しているということは、一応は耐震強度はある程度あるとみて良いのでしょうか? 質問(2)過去に耐震診断(耐震工事)を行ったことがあるかを知るにはどうすれば良いのでしょうか?不動産会社に聞く!? もっと耐震強度についてよく調べてから引越し先を決めれば良かったと後悔しています。 もう賃貸契約の解除は出来ないので不安なまま引っ越すことになりそうです。 1歳の子供を守るためにも耐震強度について勉強し対策したいと思っています。 詳しい方どうぞ宜しくお願い致します。

  • 地震発生、耐震偽装マンションと普通の住宅の公的支援

     耐震偽装問題で、公的支援の導入が検討されています。  ここからは、仮定の話ですが、現在マスコミなどで発表されている程度の支援が正式に決定した直後に、不幸にも大地震が発生、耐震偽装マンションはもちろん、同じ地域の普通のマンションや住宅も倒壊したとします。  どちらも建て替える場合、中越地震の例などから推測すると、耐震偽装マンションのほうが普通の建物より多くの公的資金を受け取れそうな気がします。個人的にはおかしいと思うのですが、このようなケースの場合、どうなりますか?

  • 小規模マンション

    今度規模の小さいマンションを買おうかと思います。 規模の小さいところは管理が杜撰だとよく聞きます。 しかしこのマンションは住人にゼネコンの社員など 各分野のスペシャリストがいて自主管理してるそうです。確かに管理費や修繕費などかなり安いです。その割には共用部分などきれいにしてあります。また管理組合も融通が利き、ペットやベランダ物置も認められた そうです。 なんかいい事ばかりですが、実際どうなんでしょう? 私も電気工事業に従事してるので労務提供など要求 されたりするんでしょうか?

  • マグニチュード8が起きたら私の家はどうなるのでしょう?

    私の家は結構大きいマンションで十数年前に建てられました。 もしマグニチュード8ぐらいの大地震があれば倒壊する恐れはあるのでしょうか。 また、こういう情報があれば危険性が高いか低いか分かると言う事はありますでしょうか それともよほど古くなければ倒壊の恐れはまずないと言っていいのでしょうか。

  • 地震でのマンションの倒壊って

    はじめて質問させていただきます。 今回、東日本大地震により、私が住んでいるここ東京も、震度五強という、はじめて経験する強い揺れと、恐怖を感じました。 昔から地震が本当に怖くて大嫌いで、ちょっとした揺れでも1人でギャーギャー騒いでいるくらい本当に地震が怖くて大嫌いです。 そこで質問というか、回答頂きたく、メールをしました。 私が今住んでいるマンションは築30年で、10階建ての四階に住んでいます。 古い建物のせいか、ちょっとした揺れでもすぐにわかるくらい揺れるんです。 今回の地震では本当に死んでしまうかもと思ったくらい恐怖に感じました。 私が今とても心配しているのが、また今度大きい地震が来た時に(例えば震度6強~7クラス)マンションは倒壊してしまうのか、どうか、教えて頂きたくメールしました。 あと、四階なんですが、地震が来て外に飛び出してもいいのかどうか、大きな地震が来る前に家を出られたら、階段を使って1分でも早く建物から逃げたいのですが、この考えは危険なんでしょうか? 真剣に悩んで恐怖でいます。ご回答お願いいたします。

  • 大和ハウスのマンションについて

    大和ハウスのマンションを購入計画してます 気になることがいくつかあります 1、 名前の通り軽量鉄骨ハウスメーカーが最近事務所やショッピングセンター、マンションなどで業績を上げています、マンションなど、経年後の劣化度は他のゼネコンと比べてどうでしょうか、最近工事を多く見るのは土地から世話をして、建築受注につなげることは新聞で読みました、建設費用そのものも他社に比べると安いので多くの現場を見るのでしょうか? 2、マンションに住まわれて、修繕積立をするでしょうが、いざ工事をするときには さらに追加でかかる事を覚悟した方がいいでしょうか 何年周期で大規模改修が実施されるのでしょうか それは他社の改修サイクルと期間は変わりませんか