• ベストアンサー
  • 困ってます

短編漫画か長編漫画か

私にはどうしても死ぬ前に完成させたい作品があります。 しかし、それは長編です。 初めて漫画を描く人は、とりあえず、短編を月一で、完成させることをした方が、良いとよくネットで見かけます。(月一じゃなくても短編をとにかく完成させることが大切だと) 他に、どうしても描きたい作品がある場合も、ひとまずその作品は置いといて、短編を沢山描くべきでしょうか? 漫画家を目指すのが目標なら、私もそうします。 ですが、どうしても描きたい作品を完成させることが目標の時も、ひとまずは置いてでも、短編作品を描き、漫画力を上げることが大切でしょうか。 そんなにどうしてもというなら、早くその作品描けばいいだろ。と思うかもしれません。 ですが、やはり完成させるのが、難しいのです。山場は見えても、そこにいくまでの話がなかなか上手くいきません。つじつまが、合わなくなってしまったり、テーマがブレてしまうのを直すために、もう一回作品を見つめ直して、全く別の作品ができたり…(描きたいテーマ自体は同じなのですが、キャラの性格とかが変わってしまっている) そんなことを、もう何回も改変しているうちに、この描きたいテーマを完成させることができるのか、不安になってきました。 もしかしたら、私に物語を完成する力がないから描けないのかな?と思ったため、短編を沢山描くことで、その長編を完成させることができるようになるのか、知りたいのです。 逃げかもしれませんが、どうしても、短編を描く力をつけたのはいいけど、別にそれが長編に全く生きず時間の無駄だったって結果もありそうだなってどこかで思ってしまうのです。 でも、数学も応用を解くために基礎が必要になるので、私はまだ基礎ができていないために、短編を描き、応用である長編にいくべきなんでしょうか。 それは、描きたい長編があるなしに関係ないのでしょうか…。 プロの方で、若いうちに描きたいものを描いといた方がいい。とおっしゃってる先生がいました。絵を描く体力が歳を重ねるにつれて、落ちていくらしいのです。 そういうことなら、私はどうしても描きたい作品(というより描きたいテーマ)に全力を注ぐべきでしょうか? しかし、私はまだ、絵の段階に入ってないので、そんな心配するより、完成させる力をつけるために短編を描くべきでしょうか? 一応、短編のネタも何作かは考えました。でも質が低いので、これをネームにして作品にする意味とは…と思ってしまいます。 長文読んでいただき、ありがとうございます。 是非、みなさまのご意見をいただきたいです。

noname#253015
noname#253015

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • izumi044
  • ベストアンサー率35% (1054/2987)

まず、初作品はまともに完成させられないと思ってください。 それが当たり前です。 >もう何回も改変している これは、いったんラストまでネームを描いたうえでの話ですか? 途中で「こうじゃない」と描き直してるなら、まず完成させてください。 つじつまが合わなかろうが関係ありません。 なぜなら、完成しないと全体図が見えないから。 完成させてから見てみると、「これはダメだな」と思っていたところが、案外使えるなと思うこともあります。 全編通じて、自分がより強く訴えたい、描きたいものが、はっきりと見えてくることもあります。 作品を描き慣れていない人ほど「木を見て森を見ず」となるので、自分がいる森の大きさすら把握できません。 短編を描けと言われるのは、森の全体図を把握しやすいから。 完成させた作品を、作品全体を眺めながら調整・修正できるからです。 ですから、多作でなくても構わないんです。 必要なのは、いったん描き終えたら終わりとするのではなく、より作品の完成度を高めるために手直しをすることですから。 処女作なんですから、山場の盛り上げなんてできなくてもいいんですよ。 大して物語が進行しなくてもいいんですよ。 とりあえず当初の目的が果たせれば。 完成させてから、もう一度作品を見直せば「導入部分が長い」、主人公の動機が弱い。描き切れてない。 そういうことに気づけます。 そしてもう一度、ネームを描くんです。 すると今度は、「長い」と感じた部分をごっそり削ってしまって、説明が足りなくなるなんてことも起こります。 でもいいんです。 そういうものですから。 処女作を本気で完成させたいのなら、何十回でも描き直して(完成させて)ください。 描き慣れてない人は、まず息切れすると思います。 そういう意味で、短編を通して作品の作り方を体感したり、達成感を味わったほうがいいんですが。 質問者さんは、プロを目指しているわけではないのですよね。 何年かかってもやり通す意思と覚悟があるのですから、長編に全力を注がれてもいいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えてくださり、ありがとうございます。 何回も改変しているのは、文字で大体の流れやら、キャラの会話などを打っていくのですが、その時におかしいって思うところが出てくるのです。つじつまだけではなく、リアリティ面でも…。そうするとそこが気になって直す。そしてそれが納得して話を考えているうちに、他に描きたいことができ、それだったら最初の1話直さなきゃなという感じで、どんどん話が改変されていくのです。 全編通じて、自分がより訴えたい、描きたいものが見えてくる。この言葉を覚えておきたいです。私には、足りない大切な言葉な気がします。 なるほど。漫画家を完成させる力というのは、数をこなすのではなく、クオリティをどんどん上げていくということですね。絵を描くのと似ていますね。 山場は、盛り上げようというより(もちろん盛り上げたいですが…)、山場が先に決まってしまうんです。このシーン描きたい!となりこの山場に持って行くために起承を描いていると、山場とつじつまが合わなくて、ずっと描き直してるんです…。(もしかして、私が言ってるの山場ではないですかね…?) 正直、もう諦めようって何度も思ってるんです。ただ、諦めてしまうと、気力がなくなるんです。 もうやることは全部やった。それでも無理だったと言い訳もできないくらい、ちゃんとやって、諦めがしっかりとつくまではもがき苦しみたいと思います。

その他の回答 (14)

  • 回答No.15

描きたいものを描けばよい! なぜなら、それが あたなが完成させたい作品なのだから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございました。 確かにそうですね。ただ、完成させられないような気がしたので、短編で完成させられる力がつくのか知りたかったのです。 頑張ります。 ありがとうございました。

  • 回答No.14
  • yaasan
  • ベストアンサー率21% (2248/10355)

プロの漫画家さんって、ほとんどの人は連載を抱えた時点で食えるかどうか、という土俵に立てる感じだと思います。いきなり長編のコミックスが何巻もまとめて発売される、なんてデビューはできないと思います。 ですから、短編を書いて、連載への道を作りつつ、その中で自分がアイデアを膨らませられそうな短編を連載に持ってくるのが一つのパターンになってるのではないか、と思います。パッと浮かぶのはこれだけですが、ワンピースの作者は連載前に発表された短編にワンピースの原型のような作品があったそうですし。 なので、プロを目指すには近道になるための短編が必要だと思いますが、個人で好きな漫画を完成させるだけなら、初めから長編でいいと思いますよ。同人で売るも含めて、商売にしないのであれば、長編だけでいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございます。 私の説明不足で申し訳ございません。私は、作品を投稿するつもりはございません。自己満で面白い作品を作りたいのです。例え、人に見てもらえなくても、面白い作品を作るというのが、自分の創作活動のやる気、源になるのです。 しかし、作品を考えることはあっても、作品を作るのが、今回初めてで、上手く完成出来ず、これは、私の漫画を完成させる力がないからか?と思った時、短編で完成させる力をつけられるのか?と疑問に思ったわけです。でも描きたくない短編描くなら、描きたい長編を完成させたい、でもできない…という沼?に陥ってしまっている訳なのです。 妄想で、好きなシーンを考えるのとは、訳が違うんだなと、自分の甘さを思い知りました。 例え、人に見てもらわなくても、自分の納得のいく漫画を完成させてみたいというのが、私の今の夢で生きがいなのです。 長編頑張って書きます。 ありがとうございました。

  • 回答No.13

自分がどういうジャンルの漫画なら合っているのか?という事を知るために短編漫画をたくさん描くべきだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございます。 なるほど、自分に合うジャンル探しのために、短編などを描くという発想はありませんでした。確かにそうですね。 でも、私は描きたいジャンルはもう決まっているので、そこは大丈夫だと思われます。 もしかしたら、自分の意外な発見があるかもしれませんが…。 ありがとうございました。

  • 回答No.12

メジャー漫画誌で連載も考えている場合、 全編、文字で書き上げたあと、 マンガで単行本1冊バージョン、単行本約15冊版、単行本27冊以上版の3バージョンを考えることになります。 考えるだけにして、実際に作るのはあらすじだけ。 メジャー誌の場合、単行本1冊で終われる構想は出版社側は楽です。 単行本約15冊は作家側がこんなもんで語りたいこと言い尽くしているぐらいのイメージのことです。 単行本27冊以上版とは出版社が大盛り攻撃をしたい状態のことです。 マンガで単行本1冊バージョン、単行本約15冊版、単行本27冊以上版の3バージョンの構想を持ち込んで メジャー出版社の編集さんに面とむかえる状態ならかなり強いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございます。 私の説明不足で申し訳ございませんが、何処かに投稿する予定はございません。ちゃんと伝えておらず、申し訳ございません。 マンガ一冊バージョンなど、色々あって、私は漫画の世界のことを何も知らないんだなと思い知りました。教えてくださり、ありがとうございました。 ですが、私は今、作品も完成させることができないので、とてもそのようなことはできないと思われます。申し訳ございません。 ありがとうございました。

  • 回答No.11

他人の意見など聞かずに、ご自身のやりたい様にすることが一番良いと思います。 やらずに後悔するよりやって後悔する方がまだマシ。と私は思います。 自分のことは他人より自分の方が一番わかっていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございます。 そうですね。 確実に成功する道が欲しいと欲張ってしまいました。 でも、ここで聞いて良かったこともあったので、その意見を参考に自分がやりたいことをやろうと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.10

 まず、はてなと思いました。  何で出していくんでしょう。メジャー連載漫画誌なのか、SNSの自分のページでだすのか、アマゾンで自費出版なのか。  SNSの自分のページでだすか、アマゾンで自費出版か、の場合、ネームの状態で出しちゃっている人を見ました。これは良いことです。  こんなゲリラ的な事が今は認められる時代なのです。  ネームの状態ということは、鉛筆でじゃじゃーと書いてあってセリフだけ自分で活字化しているという感じです。仕上げはやってないですねそういうのは。  私の提案、  長編で表現したいことがあるなら、それを、ドラマの台本の状態で全編作っちゃって、まず、アマゾンで自費出版しちゃう、ほとんど活字で、解り難いところ差し絵をいれる。あと、暇見て、まずお客さんに見せたいパートをネームで、作って、またアマゾンで出す。あと、他のパートをネームでアマゾンで出すか、ネームが上がったモノを仕上げる、それをアマゾンでだすというやり方で、こつこつ、完成できます。  ネームの状態のマンガは、はっきり、ネームの状態のマンガと断って、アマゾンで自費出版すれば、全くトラブルは起きません。そうやっている方を見ました、しかも、読んだ人からは、好評価でした。  あと、宮崎駿方式でシュナの道、風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタのような展開でしぶとく、作っていく。シュナの道、風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタは同じ世界でそれを部分的に表現してきた。シュナの道はマンガと絵物語、風の谷のナウシカはアニメと鉛筆書きマンガ、天空の城ラピュタはアニメというしぶとい超変態型です。そのぐらいしぶとく発表する考えでもいいではないでしょうか。 本気の長編アニメは無理でも、部分的、正味2分なら今の概ね漫画家が決意すれば作れるとは思います。部分部分をこつこつ作る戦略は宮崎駿などがしぶとくやってきたことですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございます。 説明不足で、申し訳ございません。漫画製作は趣味ですので、投稿したり、応募することはございません。 せっかく案を出して頂いたのに大変申し訳ございませんが…自費出版は金銭的に難しいです。すみません。でも、そういう道もあると教えて頂きありがとうございます。 同じ世界線で色んな話を書くということでしょうか…? 確かに、私は、改変を色々してきて、今の作品にたどりついたのですが、前の作品は今の作品より劣ってる(というより、自分の中で納得できない部分がある)ので改変したため、そっちの方向ではいかないかなと思われます。(質問の意図が違いましたら、申し訳ございません。) 宮崎駿監督が、同じ世界を部分的に表現してきたということを、私は知りませんでしたので、とても素敵な話を聞かせていただき、ありがとうございました。

  • 回答No.9

結論から書きますと、短編は書かなくていいです。あなたがプロを目指さないで、趣味で活動するならそれで十分です。今すぐ長編に取り掛かるべきです。そして描くだけでは駄目でネットにUPしてください。マンガは読者がいてはじめて成り立つものです。ただ描いただけでは意味がないです。結果を恐れずどんどん描いて、どんどんUPしてください。 あなたは創作がうまくいってないようですが、それは当然です。いきなりうまくいく人などいません。どんどん描く事でうまくなっていくのです。悩んでいるより描いたほうが早いです。どんどん描いてください。 もし失敗した作品になってしまっても、あとから修正すればいいだけです。ネットではそれが容易にできます。実際、自ら気に入らない作品をセルフリメイクしている方もいます。そうした方は長編を描いているうちに技術が向上して、リメイクしたくなったのです。あなたも長編を描いているうちに自然と技術が上がります。そしたら後から気に入らない部分を直せばいいのです。いきなり完璧を求めずとにかく作る事、UPする事を心がけてください。 短編をたくさん描けば当然漫画の技術はあがりますが、別にそれは短編でなくてもいいのです。いきなり長編でもたくさん描けば技術はあがるので、そのほうがあなたの目的に直結するのでいいと思います。 ではなぜプロは短編を描くのか?それは読者の反応をみるためです。長期連載させて大丈夫なのかを企業が調べている、テストマーケティングのようなものです。ですので、それはあなたには必要のないことですので、いきなり長編でいいと思いますよ。頑張って楽しいマンガを作ってくださいね!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございます。 今の長編を完成させることに全力を注ぎます。 「マンガは読者がいてはじめて成り立つもの」その通りだと思います。ですが、怖いです。私は、漫画の世界では、自分の素直な気持ちを書いているので、私の考えは世間に受け入れられないのではないんじゃないかと思います。 創作活動が難航しているのも、読者に見せたくないとどこかで思っているからかもしれません。 失敗して人に変と言われてから直す勇気が私になく、人に言われる前に、自分で自分の作品の変だと思うところを直す(完成させる前に)から一生進まないのか、どうか分かりませんが、自分でおかしいと思ってることを直すことはいいと思っております。 ただ、他の回答者さまもおっしゃってますように、完成させてから直すべきだと思いました。 自分でも、納得ができるものになったら、その時は投稿する勇気が出るのかもしれないです。 ありがとうございました。

  • 回答No.8
  • izumi044
  • ベストアンサー率35% (1054/2987)

No.5です。お礼をありがとうございました。 山場は決まっているんですね。 で、ここは譲りたくないということでよろしいでしょうか。 なら、山場から作りましょう。 次に起承転結の起承ではなく、結を作りましょう。 転→結→承→起の順でいいと思います。 そこから逆算したほうが、質問者さんには合っているかもしれません。 ※ラストから逆算する方もいますので、決して変則的な作り方ではありません。 それから。 性格とかは気にしなくてもいいです。 もちろん、キャラ設定がしっかりしていることは大事なんですが、質問者さんにはまず「描きたいテーマ」があるので、こちらを大事にしましょう。 テーマによっては、主人公を交代させたほうがいいこともありますから。 これも大事なことですが、主人公は成長すると考えておいてください。 ですから、途中で性格が変わることもあって当たり前くらいでいいです。 会話の内容も、気にしないでください。 それこそ最後に統一させればいいだけなので。 エピソードも、ぐちゃぐちゃで構いません。 最後に時間軸を考えて並べ直したほうが、うまく着地することもありますから。 1から順番に作らなくて大丈夫です。 全部を完璧にしなくていいんです。 切ったり貼ったり、順番を入れ替えたり。 最後に全部まとめてやっても、十分に間に合います。 今の質問者さんは、ちょっとセオリーに捉われすぎてるかなと思います。 実際に作品を見ることができるなら、「まずは、ここからやってみたら?」「ここを膨らませたら?」って言いやすいんですけどね。 質問者さんには、これまでとは違うやり方を試すことをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

二度に渡り、回答してくださり、ありがとうございます。 はい。そうですね。その山場が、時々冷めてしまう時もありますが、基本的に山場を譲れないという思いで書いてます。 なるほど…。私は今まで、転→起承で書いていたのですが、次は結にいくのですね。確かにそれなら、後でブレずらいですね。 物語はキャラが大切と良く聞くので、驚きました。でも、そうですね。私が今まで、作品作りで挫けかけた時も、このテーマを描きたいという思いで支えられてきましたので、そこはしっかりしたいですね。 キャラは成長するもの。わかりました。覚えておきます。 とりあえず、回答者さまのおっしゃる通り、転→結で書いてみます!今まで転のあと起を書いていたので…。これでいつもとは違うやり方になると思われます。 ありがとうございました。

  • 回答No.7

でもさ、短編だ長編だというたところで、同人誌でもなんでもどこかに発表するという予定はないわけですよね?描いて自分で満足するか、友達に見せるくらい程度でしょう? だったらそのクライマックスの「どうしても描きたい場面」をまず描いてみてはどうですか。 それを描いたらそこから遡るような形で描けばいいじゃないですか。 だってどうせそのクライマックスの場面を描いても、描いてみたら後で「ああすればよかった」とか「描いているうちに画力が上がった」とかが起きて「全面的に描き直し」もあるわけじゃないですか。 でも自己満足の作品だからそれはそれでいいと思うのです。 もしかしたらそのクライマックスの場面を描いたらそれで満足しちゃってどうでもよくなるかもしれません。でも、発表する前提の作品ではないならそれはそれでもいいと思うのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えて下さり、ありがとうございました。 はい。自己満です。 そうですね。私は今、文章で描きたいシーンを文字で打っており、(思いついた時にすぐメモをとるんです)それでその次に、その描きたいシーンへ繋げるために起承を打ちます。そうして打っているうちに、頭が冷静になってくるのか、描きたいシーンってそんなに良いシーンだったっけ?となってくるのです。もしキャラが自分だったら、こんなことされても嬉しくないよ、と思いやり直し。当然、それに合わせて作った1話も全ボツという感じでなかなか、完成に近づきません。 でも、ここで色んな回答を見るうちに、つまらなくても変でも、完成させるべきなのかな…とは思うのですが、その描きたいシーンをもう良いとは思えないと思いながら書いても、駄目な気がするという思いも拭えないのです…。 ありがとうございました。

  • 回答No.6

読みきり短編として雑誌に掲載された後、好評を受けて長編連載になるというパターンは、けっこう多いように思います。 とりあえず構想している長編作品の序盤の山場になるところまでを、読みきり短編にアレンジして完成させるのをめざしてみては? 長編作品だとしても、最後の最後になるまで山場が来ないというのでは、読者に受け入れられませんから、序盤である程度の盛り上げどころをつくり、そういう小さな山場を物語の随処に設けつつ最後のクライマックスにもっていくテクニックというのは、長編作品を描くうえで必須だと思います。 短い話のなかにきちんと山場をつくる短編のテクニックは、長編にも必ず生きますから、長編の前にまず短編というのは理にかなっていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問に答えてくださり、ありがとうございます。 すみません。私の描き方が悪かったみたいで、山場(自分の描きたいシーン)はあるけど、その起承がなかなか、山場と上手く合わせられないというのが、悩みなのです。 短編のテクニックは長編にも生きる理由を教えてくださりありがとうございました。参考にしてみます。

関連するQ&A

  • 最初から長編の予定だったが、とりあえず短編でまず雑誌に載せたマンガ

    最初から長編の予定だったが、とりあえず短編でまず雑誌に載せたマンガで 面白いのはあるでしょうか? 短編が好評だったので、長篇に仕立て直したのではなく、第一話を、読者の 反応をみるために、まず短編として載せてみた作品という・・・・・・ そんなので面白いものがありましたらご教授ください。

  • 「長編マンガ」の推薦をお願いします

    別のカテゴリでも質問しましたが、コチラのほうがふさわしいので移ってきました。 現在「20世紀少年」を途中まで読んでいます。良質の小説を読んでいるようで(今のところは)満足しています。このような【ストーリー重視】の長編マンガを推薦願います。連載終了し、単行本が全巻揃うものに限定します。 「モンスター」は読み終えました。満足でした。 「バトルロワイアル」は小説はイイ!ですが、マンガは・・でした。 「トトの世界」は好きで持ってます。 「ゴルゴ13」は長編ではありません。 「歴史モノ」は要りません。 「漂流教室」「サバイバル」は好きな作品の第一候補です。 「度胸星」は無念の連載終了が悔しくてたまりません。 ※浦沢作品に限定する必要はありません。 よろしくお願い致します。

  • ドラえもんの大長編について

    ドラえもんの大長編について 今はもうなくしてしまったのですが、昔ドラえもんの大長編の漫画を持っていました。 amazonなどでは1冊に1作載っているものは売っていますが、ボクが持っていたのは1冊で3作ぐらい載っていたやつです。 背表紙には金色で登場人物が描かれていて、全巻集めると1つの絵になるような感じのやつだったと思います。 久しぶりに読みたかったのですが、失くしてしまっていてネットで探してみてもそれらしき物は見つけられませんでした。 何かご存知の方はその本のタイトルや掲載されている作品名、もし売っていたらそのサイトを教えてください。高校生になってもやっぱりドラえもんは忘れられなくて今でも探しています。 何か情報を持っている方はよろしくお願いします

  • 落ち着いた恋愛もの、短編作品

    恋愛ものの漫画で、何か良い作品はないでしょうか? ・短編、もしくは2、3巻で完結している ・現代もの、古くても80年代後半 ・最近の少女漫画っぽい絵は苦手なので× ・明らかに10代の読者を対象にしているものも× 以上の条件のもので良い作品がありましたらお願いします。 吉田秋生さんの「桜の園」や「夢みる頃をすぎても」が好きなので、この作品が好きなら…というものだと嬉しいです。

  • 面白い短編小説を教えてください。

    小学生高学年の息子に薦めたい本を探しています。 好きな本は ・空想科学読本シリーズ ・ほらふき男爵の冒険 ・5分後に意外な結末シリーズ ・星新一(新潮文庫) ・落語(子供向けタイプの本) そろそろ全部読み切りそうな勢いなので 何か別の作品・シリーズを勧められたらなと考えています。 ほどよく短編で、ブラックジョーク系の作品をご存知でしたら 教えてください。 ちなみに苦手なものは ・長編 ・「感動する話」「心温まる話」 ・「動物が主人公の話」 よろしくお願いします。

  • ニヤリとする本

    漫画でも小説でも思わず読んでいて(このヤロー)ニヤリとしてしまうような本を探しています。 短編、長編何でもいいです。 「ニヤリとしてしまう」というのはなんか粋な感じがするような作品を指しています。漠然としていてすいませんが教えてください。    漫画・・・ブラックジャック、マスターキートン、など 小説・・・赤川次郎の作品、ぱっと思い浮かびません

  • お薦めの漫画を教えてください♪

    最近、自分の興味のあるものは読み切った感があり、新天地(?)のようなものを求めています。 「これは読んでおかないと損ですよ!」という漫画を教えてください。 有名どころはたいがい読んだ気もします。(知らない可能性もありますが) 「これは知らないでしょ?!」というものお待ちしております(^^) ジャンルは、問いません。 少年/少女/青年/女性 何でも結構です。 短編/長編(長過ぎるのはだれてしまう可能性がありますが;) 筆者様のみ、作品のみの投稿でも結構です。 できましたら、絶版の可能性がある、入手困難なものはさけていただけると嬉しいです(^^) 苦手な筆者様(絵、または内容) 原 哲夫氏/荒木 飛呂彦氏/安野モヨコ氏/立原あゆみ氏/山本英夫氏/高田裕三 ぱっと思い浮かんだのは上記の方ですが、その他にも・・・名前が思い出せません。 面白い!と言われてるのはわかるのですが、どうしても読み進めなくて。 お時間のあるときに回答ください。

  • おすすめの漫画

    漫画が好きな高校生です。 もっとたくさんの漫画を読みたいので、おすすめの作品を教えてください。 連載中の作品、連載が終了した作品、短編集等なんでも良いです。 絵が上手い・きれいな作品よりも、ストーリーがおもしろい作品が読みたいです。 今手元にあるもので特に気に入ってる作品は、 ・弱虫ペダル ・ジャイアントキリング ・少年ノート ・ちはやふる ・おおきく振りかぶって ・秘密-トップシークレット- ・いつもポケットにショパン ・トーマの心臓 ・ポーの一族 ・今日から俺は!! ・25時のバカンス です。 よろしくお願いします。

  • お勧め 長編 ミステリー

    短編かショートショートばかり読んでいたので、苦手な長編を読んでみようかと思いました。 次の条件でお勧めがありましたら、教えてください。 ・東野圭吾 「仮面山荘殺人事件」 これは、面白かったです。他にもいくつか読みましたので、面白さがこのぐらいのレベルで、東野圭吾以外の作品。 ・東川篤哉 「ここに死体を捨てないでください」 面白かったけど、漫画のようだったのでだめですね。笑いをとろうとしすぎていた。 ・松本清張 ? この人は、きっと本格的かな、と思って1ページ目を開いたら、やたらと時間とか場所とか細かく書きすぎていて、読むのが苦痛になってしまいました。きっとリアル感はあるのでしょうが、こういうのもだめでした。 ・ページ数は250ページぐらい(300ページ以下)ぐらいのものが希望です。 今、読んだのはこれだけで、過去に4~5冊ぐらいしか読んでいなせんので、有名なものでも読んでいないと思います。長編ミステリーで面白そうなものを紹介してください。 そうそう、注文が多くてすみませんが、出来れば、偶然があまりにも多い作品は苦手です。 東野圭吾 「仮面山荘殺人事件」は、現実的には起こりえないけど、偶然的なことは一つもなくて、全部計算された内容になっていました。 一方、東川篤哉 「ここに死体を捨てないでください」は、話はきれいにまとまるのですが、いくつも偶然の出来事があって、最後の解決まで、「ここで、そんなことが起こるのかよ」って、ちょっとしらけてしまいました。 こんな感じですが、よろしくお願いします。

  • 池波正太郎の幕末時代小説

    池波正太郎の作品の中で幕末・新撰組がテーマの作品を探してます。特に下記の作品を読みたいのですがなかなか見つかりません。      ・『色』/『龍尾の剣』(短編小説) ・『剣士伊庭八郎』(短編か長編かわかりません) これらの作品は文庫本などに収録されていないのでしょうか?何かご存知の方教えてください。