• ベストアンサー
  • 困ってます

RCA→XLR変換ケーブルについて

私のアキュフェーズE-211プリメインアンプにはフォノ入力がないのでアナログプレーヤー(デノン1300mk2)をRCAケーブルでフォノイコライザーにつなぎ、そこからアンプにRCAケーブルで入力してました。いままで特に不満はなかったのですが、RCA→XLR変換ケーブルを購入しました。接続しようとしてわかったのですが出力側のXLRオスは1番シールド、2番Tip、3番オープンとなっていて、入力メス側のアンプは1番シールド、2番コールド、3番ホットとなっていましたのですがこのまま接続しても大丈夫でしょうか? 後日不安になりHosa GXX-195を購入しましたが、このアダプターを使用した方が良いのか、そのままケーブルを直接接続した方がいいか 教えて下さると助かります。お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

この場合、RCA出力をXLRに入力するメリットは全く無い。 理由は画像に示す通り(画像は E-213 の回路なので入力インピーダンスが少し違う) 差動合成のオペアンプが1個増える(アキュフェーズって安いオペアンプ使うんだよね~) カップリングコンデンサも2個増える(しかも有極性) それから~ そのケーブルだとXLRコネクタ3pinオープンなのでノイズが誘導されやすい。 (RCA出力をXLRに入力する場合、XLRの空き端子はGNDに落とす) ちなみに バランスのホットが2pinと3pinで違う場合は位相が反転するだけ。 もし反転しても左右が同相なら問題ない。 例外としては、マルチアンプとかバイアンプとか、複数のアンプを同時に使うときはアンプの位相も揃える必要がある。 蛇足~ ケーブル伝送でのノイズ対策をしたい場合、インピーダンスバランスという方法もある。 2芯シールドケーブルを使って、RCA端子側でコールドとシールド間に抵抗を入れる。 この抵抗は、ラインの出力インピーダンスと同じ値にする。 XLR側は通常のバランスケーブル接続と同じ。 ライン出力インピーダンスは機器によって違うから、その機器専用ケーブルになってしまうのが難点だけどね~ だからインピーダンスバランス用ケーブルというのは市販されていない(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

はじめまして。 「そのまま接続」でも、「アダプタ経由」でも、根本的な部分は同じです。 RCA端子は、2極で信号を伝えている「不平衡伝送(アンバランス伝送)」と言う手法です。 本来のXLRなどは、「平衡伝送(バランス伝送)」と言う方法で、独立した「シールド」と、音声信号の位相を反転させた「ホット/コールド」という2つの信号を扱います。 不平衡/平衡のつなぎ合わせには、シールド以外の信号が『1つ』しかありませんので、正相側か逆相側、どちらか片方に送るしかないのです。 より本格的な接続手法としては、トランスで信号変換を行うか、電子回路で「正逆」の信号を津kぅりだして、という事となります。しかし「トランス」も「電子回路」も、わずかではありますが「音質変化」をともないますので、一長一短というところでしょう。 そもそも、XLR端子で接続しよう。というい発想に、音質的な希望を抱くのは、あまり意味が無い。というのが実情です。 プロ現場では「バランス伝送」を優先的(常識的)に用いますが、これは「時には何本もケーブルをつないだりして、長距離伝送などの場合にも、より安全性が高く維持できる」というのが一番大きな理由です。わずかな音質差よりも「安全第一」が、職業オーディオでは当たり前ですから、、ねぇ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

口下手で気のきいた言葉言えませんが、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • RCA→XLR変換ケーブルについて

    私のアキュフェーズE-211プリメインアンプにはフォノ入力がないのでアナログプレーヤー(デノン1300mk2)をフォノイコライザーにRCAで接続し、アンプに入力していました。いままで特に不満はなかったのですがRCA→XLR変換ケーブルを購入したのですが、出力側のバランスプラグの極性が1番シールド、2番Tip、3番オープンとなっていて、入力側アンプは1番シールド、2番コールド、3番ホットとなっていました。このまま接続しても大丈夫でしょうか? 後日、不安になりHosa GXX-195変換アダプターを購入しましたが音質への影響が気になります。ご回答いただけれれば幸いです。お願いいたします。

  • RCA~XLR変換ケーブル

    私の300BシングルアンプにはXLR端子がついておますが、 XLRケーブルを使っても、音質的にメリットがないことはわかりました。 ただ、XLR端子がついているだけですから。 しかしわからないことがあります。 私は以前、「業務用」のチャンネルデバイダーを使用してころに、 「RCA→XLR変換プラグ」と「RCA→XLR変換ケーブル」っというものを購入しました。 それを昨日の夜中に実家に取りに行きました。そして今日接続してみました。 すると、RCA→XLR変換プラグ(オス)を使用し、300BのXLR端子に入れても音がでない。 そして今度はRCA→XLR変換ケーブルを使用し、300BのXLR端子に入れた場合、 1ペアはちゃんと音がでますが、もう1ペアは雑音が入ってまともに音がでないです。 2ぺアとも、誰かが自作したものです。 しかし、チャンネルデバイダーに使用しているときは、変換プラグもケーブルも なんの支障もなく使用することができました。 これは、いったいなぜでしょうか。 今まで、この300Bを高音に使用してチャンデバを使用したことがありましたが、 音がでたりでなかったり、っというのは初めてです。 RCA→XLR変換ケーブルを一回自作して、勉強したいと思います。 RCAからXLRにするときに、どことどこを接続したらいいのでしょうか。 2番と3番にだけ接続すればいいのでしょうか? 本当にド素人丸出しで申し訳ありません。

  • RCA(アンバランス)→ XLR(バランス)変換

    使用しているプリメインアンプの入力端子には、 バランス×2、アンバランス×2、あります。 アンバランス(RCA)は塞がっているので、バランス(XLR)に接続する為に、 オスRCA(アンバランス)→オスXLR(バランス)変換ケーブルを購入しました。 CD等の機器を再生停止状態(電源はオン)の場合、 アンバランス接続の方は、スピーカーから一切の音(ノイズ)が発生していません。 無音です。ボリュームを上げても無音です。 その変換ケーブルで接続したバランス(XLR)入力の方は、 かすかにスピーカーからジィ~orブゥ~と言う音が出ています。 かなり小さい音です。離れると聞こえません、SPに耳を近づけると気がつきます。 ケーブルを接続していないXLR入力では完全無音です。 RCA(アンバランス)→ XLR(バランス)変換というのは やはり何か無理があるのでしょうか? 変換ケーブルは2番ホット用で作られています。アンプ側も2番ホット。 音楽もちゃんと出ます。

  • RCA→XLRケーブルの音質について。

    複数の入力端子がついているヘッドホンアンプを使用しております。 ふとあまり使っていないRCA端子に繋いでみた所、音質がとても良く感じました。いつも使っているRCA入力端子に繋ぎなおしてみた所、多少劣化しているように感じ、回路がへたってきているのかと思いました。そこで普段使っていないXLR入力端子も使っていきたいと考えました。CDPの出力がRCAのみですのでRCAプラグと反対側XLRプラグがついているケーブルを導入してアンバランス接続した場合、普通のRCAケーブルでの接続と理論的に音質は変わらないと思って良いでしょうか。 よろしくお願いします。

  • XLRケーブルの言い訳

    すみません。このシステムに慣れていないので、話しが前後しますが、フォノ入力にRCA→XLR変換ケーブルを接続したのは、アンプの空き端子がいっぱいになかったので 「ヘエー こんなケーブルがあるんだ」という興味も含めて接続させたのが後で不安になり皆さんにお聞きしたのが正直なところです。言い訳にしかなりませんがお騒がせしました。

  • RCA→XLRの接続について

    CECのHD53Rというヘッドホンアンプを購入予定です。下記URL http://www.cec-web.co.jp/products/amp/hd53r/hd53r.html アナログ入力端子がRCAとXLRの2系統を装備していますので両方とも使用したいと思います。 RCAは問題ないですが、XLRは見たこともありません。 CD(RCA)→アンプ(XLR)と接続したい場合、単に変換プラグをかませばいいのでしょうか?もしくはRCA→XLRなケーブルの方がいいのでしょうか? あと、このアンプのXLR入力端子はメスで2番HOTとのことですが、用意するケーブルはオスでいいのはわかりますが「2番HOT」という意味が分かりません。特に考えなくてもいいのでしょうか? 一応検索して下記の製品でいいのかなと思いますがどうでしょうか? ケーブル  http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219%5ERC05X2%5E%5E 変換プラグ  http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=765%5E12RCAJ%5E%5E ご回答の程よろしくお願いいたします。

  • XLRバランスケーブルの接続の仕方

    今までオーディオ機器の接続はRCAケーブルのアンバランで行っていましたが、XLRケーブルのバランス接続に替えたいので、アドバイスお願いします。 XLR端子はメーカーによって2番ピンがホットだったり3番ピンがホットだったりします。我が家の場合、TADのCDプレーヤーとマークレビンソンのプリアンプは共に2番ピンホット、アキュフェーズのチャンネルデバイダーは3番ホット、マッキントッシュのパワーアンプとマークレビンソンのパワーアンプは2番ホットです。XLRケーブルもアキュフェーズのイン用とアウト用には3番ホット→2番ホットにクロスしている物を使ったほうがいいのでしょうか?それとも通常のXLRケーブルで全てをつないでも位相がアキュフェーズのインとアウトで2回逆相して結果的にはSPには正相だからいいのでしょうか?

  • 自作RCAケーブルについて

    自作でRCAケーブルを作成しようと思っています。 ネットを調べると2芯シールド線(ベルデン8412)などをRCAプラグに取付ける際にシールド線を2芯の片方に接続する方法と2芯を束ねてセンターに取付けてシールド線をマイナスに取付ける方法があるようです。 RCAプラグの形状にもよるようですが、CDやレコードプレイヤーからアンプなどに接続する場合の お勧めはどちらでしょうか?また、両者のメリット・デメリットはどんなことでしょうか? 詳しい方のアドバイスをお願いします。

  • rca端子とxlr端子についての質問宜しくお願いします。

    rca端子とxlr端子についての質問宜しくお願いします。 プリアンプにはrca端子のみパワーアンプxlr端子しかありませんが 変換プラグなどを使えば接続可能でしょうか? 故障の原因になったりしないでしょうか? どなたか詳しい方ご回答宜しくお願いします。

  • XLRケーブル 音質的にメリットはあるのでしょうか

    私の愛用している300Bシングルアンプ。 XLR端子がついております。 これを活用してみたくなりましたが、今の環境で使うとなれば、 XLR出力がついたプリアンプやアッテネーターを購入するしかありません。 それか変換ケーブルだと思います。 でも、変換ケーブルでRCAからXLR端子にしても、端子の形状が 違うだけでメリットはないと思ってしまいます。 XLRケーブルの音質的メリットってあるのでしょうか。