• keitisanさんのプロフィール 
keitisan
  • ありがとう数-
  • 質問数-
  • 回答数-
  •  獲得したバッジ-
  • ありがとうポイント -

活動状況

  • ベストアンサー率 -%回答数 -ベストアンサー数 -
  • お礼率 -%回答受付数 -お礼数 -

自己紹介

『善悪の彼岸-62』

あぁ、そういう事でしたか、納得です(笑
権利の話が出ると、どうも以前言われた話(憲法や教育関係)を思い出し、何か自分の発言に不都合があったか?何か見落としたか?と身構えてしまう部分があり、本質を捉え損ねてしまいます(汗
さて、結果を受け入れる事は、結果を許すと言う事ではなく、現実的に従わざるを得ないと言う事は、全く同感です。
国会議員等にはリコール権が適用されず、次の選挙までは、先の選挙結果に従うしかない現状から見ても、そう判断出来るでしょうね。
いくら民主主義とはいえ、本来、少数派の意見を守り、数の力でそれらが斬り捨てられたり踏みにじられないよう設けられたはずの憲法が、国会議員の利権を守る為だけに機能している今の現状は、完全にその主旨から外れていると言わざるを得ません。
一方で、リコール権が認められている事で起こった、今回の大村知事解任請求、その運動ですが、法的には問題はないものの、これもこれで、本来の主旨から微妙にずれているような気がしてならないのですよね?
今回の件で「愛知県民以外の人間が口を出すべきではない」と言う意見に対し、そもそも問題の発端となった愛知トリエンナーレの内容に疑問視する人が多くいます。
確かに、慰安婦像を始め、天皇肖像画や特攻隊の手紙等を悪意的に扱った政治色の濃い作品が多い事は事実です。
あれらは芸術作品等ではなく、日本人に対する冒涜、誹謗中傷だ!愛知県民だけでなく、日本人なら誰でも抗議する権利はある!作者らの表現の自由を守りたいのなら、公費ではなく自費ですべきだ!と言う意見も多々ありますね~。
自分は別に、それらに対して批判するつもりはありませんし、もっともな話だとも思います。
ただ、それと今回の芸能人らによるリコール運動が、なぜに権利として結び付くのか?と思うのですよね。
これは、感情の面から考えると、簡単に分かりそうな話に見えて、実はそう単純な話ではないと思います。
冷静に物事を判断しなければ、彼の国のように、意見や考えの異なる者の排除を、知らず知らずに浸透させて行く恐ろしい事になりかねないと思います。
R2.6.6
  • 登録日:2010/09/09
  • 職業:会社員
  • 国:日本
  • 言語:日本語
  • 読み込み中です

お気に入りカテゴリ

非公開に設定されています。

お気に入りキーワード

非公開に設定されています。