初心者が投げ上げサーブを習得する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OK_Tiger
今年の世界卓球でも多くの選手が用いていた投げ上げ(天井)サーブ。
習得してみたいですよね?ね??

STEP1トス:

投げ上げサーブは名前の通り、球を高く投げ上げてからサーブを行う方法です。
そのためにはまず真っ直ぐ上へ投げ上げる練習をしなければなりません。
最初は低いトスを上げる練習を行い、慣れてきたら徐々にトスを高くしていきましょう。
卓球のサーブでは球を垂直に上げないとフォルトとなるため、注意が必要です。

STEP2グリップ:

ラケットの握り方は好みがあると思いますが、なるべく手首を自由に大きく使える持ち方にするべきです。
そうすることで、サーブの種類や回転の強弱のバリエーションを増やすことが出来ます。

STEP3インパクト:

サーブはインパクトによって全てが決まるといっても過言ではありません。
どのような種類のサーブを出す場合も同じフォームからサーブを繰り出すことを意識し、相手に見抜かれないようにすることをお勧めします。
下回転・上回転・横回転・ナックルなど様々な種類のサーブがありますが、初めのうちは見分けの付きにくい下回転とナックルを使い分けるだけでも相当なチャンスが生まれるはずです。
上達してきたら上横回転や、いわゆるYGサーブにも挑戦すると良いと思います。

まとめ

球を投げ上げるベストな高さは個々人で異なります。
威力や成功率などを見て各自調整してみてください。
また、回転を掛けるにはインパクトの瞬間が大切です。
最初は難しくてもしっかり回転を意識しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ラケット 卓球台 ピンポン球

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ