ほうれん草やインゲンで試そう! 緑を鮮やかにする色止め

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お料理はほんのひと手間かけるだけで、味がよくなったり見た目がきれいになったりするものです。緑色の野菜の色止めは、野菜の緑色を鮮やかにする下ごしらえです。

STEP1

沸騰したお湯に、塩を入れ青物野菜をサッと湯がいたら氷水にとって冷ましてください。
こうすると、鮮やかな緑色がとてもきれいです。
お弁当のおかずにする場合など、時間がたってから食べるときはこの色止めをおススメします。

STEP2

電子レンジで葉物野菜の下ゆでをした場合は、根と葉を互い違いになるように束ねてラップをかけてレンジで2分。
水にさらして色止めをします。

まとめ

下ごしらえした野菜は、水にさらすと緑色が鮮やかできれいな色がでますが、野菜の甘みは薄くなってしまいます。
すぐに食べるなら水にさらさず、時間がたってから食べるお弁当などに使う場合は色止めをしたものを使うとよいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

お湯 塩 

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ