おでんのネタの下ごしらえ これだけ押えてプロの味 

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

おでんのおいしい季節。おでんネタにちょっと手を加えて下ごしらえをするだけで、よりおいしくなります。

STEP1

○大根は2~3センチの輪切りにし、十文字の切り込みを入れて、米のとぎ汁で下ゆでします。
○コンにゃくは塩で揉んで、すりこ木で軽く叩いた後、熱湯で3~4分茹でます。
○厚揚げとがんもどきは、ざるに乗せ熱湯をかけて油抜きをします。
○ジャガイモは洗って皮のまま硬めにゆで、熱いうちに皮をむきます。

STEP2

それらの下ごしらえが終わったら、煮えにくい、味のしみ込みにくい物から順番に
入れます。
※時間があれば、練り物を入れる前まで煮込んだら一度火をとめ冷まします。
その後、食べる直前に温めなおして練り物を入れると◎。

STEP3

材料をすべて入れたら、弱火で温め、完成です。

まとめ

下ごしらえと、食材を入れるときにちょっとした工夫で美味しいおでんができあがります。 なお、煮たらよいというものではなく、練り物は煮こんではだめです。 せっかくの美味しさが汁にとられてしまうんですね。 煮込んでおいしくなるのは、大根、牛すじ、卵、ちくわぶ、昆布、蒟蒻など。 ちなみにタコを入れると、ダシに一味加わっておいしいですよ。 (煮込むととっても柔らか・・・)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

大根 米のとぎ汁 こんにゃく 塩 厚揚げ・がんもどき ジャガイモ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ