餃子がフライパンに焦げついて取れないときに

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

餃子を焼いてるときに、皮がフライパンにくっついてとれなくなってしまう時ってありますよね。そんなときは無理やり剥がさずにこれを試してください。

STEP1

タオルを濡らして、かるーく絞ってフライパンの大きさに合うようにたたみます。そのタオルの上にフライパンをしばらく置いてください。そうするとキレイにはがれますよ。

STEP2

ちなみに、事前予防策としてはフライパンに片栗粉を餃子の下に付けておくと焼きあがりもネチっとせずに上手にはがせます。1個1個付けるのは大変ですから、餃子を包んだ後にお皿に並べますよね。そのお皿に片栗粉をまぶしておくとよいでしょう。

まとめ

タオルの水分はじゅくじゅくしているくらいがベター。
冷やすことがポイントなので、水を張ったタライに
フライパンを浮かせてもOKです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ