泣ける両親への手紙の書き方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by オーアールティー
結婚式の醍醐味といえば、泣ける手紙を書いて、両親が号泣するところ。さて、どんな手紙を書いたら号泣してもらえるのでしょうか。 いろいろ考えてみました。

STEP1お父さんとの思い出話をする。

たとえば、ドコドコへいって楽しかったとか、ケンカしたけどホントは寂しかったとか、日々の些細な思い出話をする。

STEP2

ステップ1の思い出話のようなことを4,5回繰返し繰返し言話す。その間に自分の気持も高ぶらせて、少し嗚咽する。

STEP3

最後に、「お父さん、お母さん」に語りかけるようなセリフを入れる。例えば、「今日の私はどうですか?きれいですか?」とか。
おそらくこのへんでもうボロボロです。

まとめ

たわいもない思い出話を年を追って順番に4~5個を繰り返し繰り返し話して、心に響かすのがポイントです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

便箋 ペン ハンカチ

ピックアップ

ページ先頭へ