うがいができない幼児の風邪予防

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:10903
  • ありがとう数:0

はじめに

ある程度の年になれば「手洗いして!うがいして!」と言って聞かせられるけれども、まだうがいができない子供はどうすれば良い?
ここではメディカルハーブの考え方を元に、のど用のスプレーを作ってみます。

STEP11.チンキを作ります

<エキナセアのチンキ>←免疫力を高めるハーブ
・エキナセア(ハーブ)4g
・ウォッカ(40度以上)100ml

<タイムとセージのチンキ>←抗菌作用のあるハーブ
・タイムとセージ(ハーブ)合わせて4g
・ウォッカ(40度以上)100ml

煮沸消毒して良く乾かしたガラス瓶に上記の材料を入れ、1ヶ月間、日の当たる所に置き、毎日2回振ります。ただ、冬場は昼と夜の寒暖差により結露してしまうと、そこからカビが生えることがあるので、寒暖差があまりないよう、夜間は暖かい部屋に入れたり、良く振って混ぜることが重要。

1ヶ月経ったら、ガーゼで濾して保存。冷蔵庫で1年持ちます。

STEP21.ペパーミントでハーブティー(180ml)を作る。

2.ステップ1で作ったエキナセアのチンキ(1ml)と、タイムとセージのチンキ(1ml)をハーブティーに入れる。

大人であればそのまま飲んでも効果的ですが、子供の場合はスプレーボトルに入れて「はーいお口あーんして」と言ってシュシュッとしてあげると、思いのほか喜びます。2~3日で使い切るようにしてください。

ステップ1で作成したチンキは風邪や胃の調子が悪いときなど、お湯やハーブティーに入れて飲んだり、水に溶いて消毒に使ったり、色々工夫して使用できますので、1ヶ月間は面倒ですが、作っておくととても便利です。

まとめ

子供にはできれば自然なものを使用したいと思っているお母さんは多いと思います。
自分で作ったものなら安心ですし、チンキのアルコールも熱々のハーブティーに入れた時点で飛びますから安心。
6ヶ月以上の子供にご使用ください。

あれこれハーブをそろえるのが面倒な場合、エキナセアのチンキだけ作成し、ペパーミントのハーブティーの変わりにお湯に溶いても良いかと思います。

☆各種ハーブのチンキは市販もされています。作るのが面倒だったり、すぐに使いたい場合は、インターネットで検索すると出てきますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

1.ちょっとした手間 2.ウォッカ 3.ハーブ(エキナセア、タイム、セージ、ペパーミント) (2.3.はなくても、市販のチンキを使用しても良し)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ