ブランクがある人、リストラや倒産で離職した人の職務経歴書の作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

転職の場合、3ヶ月程度のブランクであれば転職活動として何の問題もありませんが、6ヶ月を超えると人事担当者は「なぜブランクがあるのか」を知りたがりますので職務経歴書でも説明をしておいた方が無難です。人事担当者は明確な理由であったり、前向きな理由であれば、マイナスには捉えません。

STEP1理由もなくブランクがある場合

転職に手こずってブランクが開いた場合などは短期間でもスクールに通い、通う前は自己研鑽していたと言えるようにブランクを上手く埋めるようにしましょう。

STEP2リストラや倒産で職場を失った場合

キャリアがある方であればその実績をアピールするだけでも高い評価を受ける事ができます。

まとめ

「私ができる職務」というような、あなたにできる事を5~7つ程度箇条書きにしてアピールする欄を作るのも効果的です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ