職歴の項目に書く事が少ない人は?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

最初に目に飛び込んでくる部分は印象に大きく関わりますので手を抜くことはできません。

STEP1

貧弱な印象を与えない為にも、社会人経験が少なかったり、成果が上がりにくい部署にいたりした為、思ったように職歴の項目が埋まらない場合は、「自己PR」の項目を最初に立てましょう。

STEP2

フリーターや派遣社員の経験だけで書く事が無いと思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、リーダー的な役割を務めたり、社員のアシスタントを務めたりした等、その他すべての経験はあなたの立派な職歴ですから、できるだけ詳しく具体的に記入しましょう。履歴書の章でも書きましたが「なぜフリーターだったのか」という人事担当者の疑問に対する明確な理由は記載しましょう。また、この場合も「自己PR」の項目を最初に立てる方が良いです。

まとめ

職歴が3年以内の方は実績なども特記する事が少なかったりもするでしょう。こういう場合は、まず「今までやってきた仕事」をできるだけ具体的に書き出し、自己紹介や自己PRの項目を強調することが必要です。その際、「どれだけ将来性を感じさせるか」を意識しながら記入しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ