パラリンピック競技種目にもある「シッティングバレーボール」について詳しくなる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
「パラリンピック」はオリンピックと同じ年に開催され、いろいろな競技種目があることでも注目されています。ここでは、そのひとつ「シッティングバレーボール」についてご紹介したいと思います。

STEP1「シッティングバレーボール」

とは、その名の通り座ったままでプレーすることが大きな特徴です。基本的なルールは、6人制とほとんど同じですが、サーブのブロックができることが大きな特徴です。

STEP2ネットの高さは

男子:1.15m、女子:1.05mで、男女混合チームは男子のネットの高さが適用されます。コートの広さは10m×5mです。

STEP3この競技の特徴は

床にお尻をつけたままプレーする必要があることです。2000年のシドニーパラリンピックまでは「スタンディングバレーボール」もあったそうですが、現在は「シッティングバレーボール」のみということです。

まとめ

レシーブ・トス・スパイクなど、6人制と同じプレーをしますが、お尻を床につけたままプレーすることは、思った以上に大変だそうです。

バレーボールの全日本の代表だったある女子選手が体験したところ、ふだん使わない筋肉を使う必要があって思い通りのプレーができなかったということです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

みんなで楽しむこと

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ