床を転がす「ローリングバレーボール」とは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:441
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
全日本女子チームの「世界女子バレーボール選手権」で善戦が注目されています。今や主流となった6人制のほか、9人制、家庭用バレー、ソフトバレーなど、バレーボールの種類にはいろいろなものがあります。ここでは、ふだんあまりお目にかからない「ローリングバレーボール」についてご紹介したいと思います。

STEP1

「ローリングバレーボール」は、ボールを床面に転がす球技で、兵庫県立播磨養護学校(特別支援学校)の教師が考案したのが始まりだといわれています。

STEP2

競技は、前衛・後衛3人ずつの「6人制」。前衛は座ったまま、後衛は立ってプレーすることになり、健常者が参加するときは後衛に入ることになります。

STEP3

試合はラリーポイント制で、12点先取勝ち・3セットマッチで行われます。

まとめ

床面を転がす競技のため、体力、技術、身体状態の差に関係なく、多くの人が楽しめることが大きなメリットです。 

ネットの高さは床面から約40cmですが、対するバレーボールの直径は約20cm。バウンドしないように相手コートにボールを転がしていくことは、けっこう難しいと思います。

ちなみに、私の市でも「ローリングバレーボール」のチームが結成されていたことがあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

みんなで楽しむこと

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ