着物は襟元が大切、着くずれしません!!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by gang★
日本の伝統美和服、昨今なかなか着物を着る機会もだんだんと少なくなってきていることと思います。
たまに着る時覚えていると、とても便利な一工夫です。
習い事などでよく着るわ…という方も是非お試しになってみて下さい。
一番目がいく襟元がくずれにくい方法です。

STEP1

Photo by gang★
着付けは家を建てるのとよく似ています。基礎が大切です。着付けの基礎は長襦袢です。
腰ひもを胸の下で結べる程度だいたい110cm~140cmの長さに切ってしまいます。切った腰ひもの真ん中に印をしておきます。
襟の縫い目から中心線に沿って下へ15cmのところへ先ほどの腰ひもの真ん中の印をあてまち針で留めます。
左右中心線から10cm位ずつザクザク縫い付けて下さい、縫い目は荒くてかまいません。
準備はこれだけです。

STEP2

Photo by gang★
長襦袢を着ます、先ほど付けた腰ひもの上で別の腰ひもで結んで下さい。

STEP3その上に伊達締めを結びます。

Photo by gang★
最初に付けてたらしておいた腰ひもを左右に引っ張り前で結んで下さい。
ここで、後ろにぐっと襟がぬけて前の襟合わせがしっかり固定されます。

STEP4綺麗な襟元の出来上がりです。

Photo by gang★
前で結んだ腰ひもは伊達締めの中に入れてしまうとスッキリします。
これをしておくだけで、後の着付け帯結びがとても楽でくずれません。

まとめ

縫いつけた腰ひもは左右均等に引っ張って下さい。
縫いつける腰ひもは長いままだと結んだ時余って邪魔になるので必ずご自身のサイズに合わせて切っておきましょう。

市販のえもんぬきもありますが、ある程度のお値段はします。腰ひもなら¥200~¥300くらいで手に入りリーズナブルですよね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

*長襦袢 *腰ひも *伊達締め

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ