消しゴムを割れにくくする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4882
  • ありがとう数:0

はじめに

「ママ~、またボロボロに・・」子供がよく割れた消しゴムを持って帰ってきます。

割れた消しゴムは、また割れやすく・・・
使ってるとホントボロボロになっちゃうんですよね。
この方法で、ちょっとでも長持ちできたらいいな!

STEP1まず、消しゴムを紙のケースからだします。

そして、カッターで消しゴムの角をすべて削ります。

STEP2

次に、消しゴムのケースをつぶして、四つの角、すべて落とします。
(最近メーカーの消しゴムでもケースの角を落としているものを見かけますよね)

STEP3

消すときは、なるべく消しゴムを寝かせて消すようにしましょう!
これで、ながもち消しゴムになります♪

まとめ

紙ケースの上面は表面をなるべく毛羽立たせておくといいようです。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ