もう一度確認したい面接のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:200
  • ありがとう数:0

はじめに

大事なポイントをステップ順に列挙しますので覚えておくと差を付けられます。

STEP1

きょろきょろまわりを見渡したり、鼻をかいたり、髪をいじったり落ち着きのない態度は悪印象。着席後は面接官の目をしっかり見ましょう。足を組むなんてもってのほか。たまにいるんです足を組む人。

STEP2

面接官の目を見て答えましょう。面接官が複数いる場合は質問した面接官を見ること。聞き取りやすい発言、適度な音量を心がける。笑顔も交えましょう。早口になったり、暗い話し方にも注意。面接は誰でも緊張するものなので、面接官も多少のことは目をつぶってくれますが、新卒者と違って転職者の場合は、社会人としてのゆとりは持っておきたいところ。

STEP3

面接官が話が上手であるかよりも、あなたの人柄の方が知りたいのですから話が上手でなくても真剣で誠実であれば相手には伝わります。営業職のように対外的な職種の場合はこの限りではありませんが、人柄を見ていることに違いはありません。ですから、あなたの真剣な姿勢や誠実な対応が伝わればよいのです。

STEP4

強調しておきたいところやポイントはジェスチャーを使うと相手に伝わりやすい。ジェスチャーが多すぎるのは逆効果だが、自然に手が動くようなものであればかまわないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?簡単そうに見えますが、いざ実践するとなると難しいですよ。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ