職種観を明確にする

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

営業職とエンジニア職では、必要なことも目的も違います。職種によっては残業や休日出勤が多いものも多々ありますし、魅力もまったく違います。

STEP1

あなたはどんな職種に就きたいのか、なぜその職種に魅力を感じるのかを考えましょう。

STEP2

人事担当者が恐れていることは「やってみましたが、僕には合いませんでした。」の一言です。せっかく採用したのに、この一言で終わらされることほど悔しいことはありません。

まとめ

あなたを採用するのに数万~数十万円のコストが掛かっていますし、採用コストが100万円を超える場合も往々にしてあります。「なんとなく営業がしたかった。」というような人を採用することはありません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ