面接で聞かれる長所・短所

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

誰だって長所も短所もあるものです。それは面接官だって同じ事ですからよく理解しています。だから、あなたに短所があるのは普通の事ですし、何の問題もありません。間違っても「短所はありません」なんて答えないで下さいね。

STEP1

ですが、面接官はあなた自身が、自分の短所をどう見つめ、これからどのように改善しようとしているのか、また、改善するために現在どのように努力しているのか。あなたがどれだけ自己分析できているかを見ているんです。

STEP2

「私はコンピュータに弱いのですが、現在克服しようと思いパソコンスクールに通って学んでいます」という様に具体的な改善策をふまえて話すだけで
●将来的な成長性。
●これから仕事を任せていく上で苦手な事でも投げ出したりしない。
●どんな事も吸収しそう。
などの好印象を持ってもらえるのです。

STEP3短所と長所は裏表の関係です。

ですから、すべてを上手にプラスに転換することが大切です。
●人よりも少し時間はかかるがミスは少ない。
●早とちりだが行動力がある。
●マイペースだが任された仕事は最後までやり遂げる。
など、短所と長所をつなぎ合わせるのも効果的です。

まとめ

「長所8割、短所2割」で質問しているそうですから、短所も結果的に好印象につなげていく努力をすることによって面接官の印象も変わります。面接では、自分にちょっと足りない部分や結果的に長所につなげていけるような短所を話しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ