赤ちゃんのはじめてのお祝い お七夜

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いがお七夜です。昔は出産で亡くなる赤ちゃんが多かったことから、1週間元気に育ったということで誕生の祝いをしたといわれます。

STEP1赤ちゃんが生まれて7日目がお七夜です。

赤ちゃんの名前をお披露目する命名式でもあります。昔は親戚中で集まって、盛大にお祝いしたとも言いますが、現代は両家の両親を呼んでお祝いをすることが多いようです。

STEP2

正式な命名書の書き方は、奉書紙または半紙を横二つ折りにし、さらに縦3等分で左右から折りたためるよう折り目をつけて開きます。
父親の氏名・続き柄(長男など)・命名した名前・生年月日を、命名式の日付と親の名前を記入し、神棚か仏壇に供えます。
役所に出生届を出したら下げて、奉書紙で包んだへその緒と一緒に箱に収め、水引をかけて保存しておきます。

まとめ

嬉しい赤ちゃんの誕生を、みんなでお祝いできますが、赤ちゃんとママさんの体調を良く見ながら無理をしないことです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

命名書 祝い膳

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ