音源の耳コピ方法(ベース)

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
CDの音源などを譜面に起こす際、ベースの音は非常に聞き取りづらい場合があります。そんなベースの音を取る方法です。色々方法はありますが、私がこれまでやってみたものを挙げてみます。

STEP1

まず、CDをパソコンに取り込めば、Media Playerなどでイコライザーをいじることができます。これで、ベースの周波数以外、特に1K以上の高音をカットすれば、ベースがわずかながら聞きやすくなります。

STEP2

ある程度大きな音を出せる環境が整っているならば、プレイヤーを密室で再生させ、部屋の外から聞くと、低音が普通より大きく聞えます。ただ、あまり音量を大きくすると、近所迷惑になるだけでなく、部屋の中で低音がまわり、逆に聞き取りづらくなるので注意が必要です。

STEP3

こうした手段をとっても聞えなければ、コードから推測するのがベストだと思います。ピアノの音などは比較的聞き取りやすいので、そこからコードを類推することができます。コードがわかれば、音源にあわせて実際にベースで弾いてみると良いでしょう。自分で聞いて違和感がなければ、問題ありません。

まとめ

音源のベースラインを口で歌うことができれば、すぐに楽器で弾くこともできるようになります。まずは、わからないところでもなんとなく聞いて、自分の体の感覚に置き換えていくことが、音楽では重要です。演奏も上達するので、一石二鳥です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

音源、ベース、グラフィックイコライザー

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ