お年寄りとうまくやってゆく

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:219
  • ありがとう数:0

はじめに

学生から就職して一人暮らし。上司との付き合いは多いけど、お年寄りとの付き合いは少ないという人は多いのでは?


しかし人間として、お年寄りや子供といった条件が違う人と誰とでも接することは人間として立派なスキルです。ではどうやってお年寄りとうまくやって行けるでしょう?

STEP1それは力を抜いて、話の聞き役に回るということです。

お年よりは人生の先輩なので、人への接し方やコミュニケーションは本来上手なのです。それが自分の想定外のことが起こるので、うまくゆかないことがあるのでしょうか。

STEP2

例えば飲酒をしたり、何か自分だけの楽しみがなく夜にゆっくり眠れる人であれば、眠る前の感覚で接すればいいのです。

STEP3

日本のお年よりは、今の世代に比べて、体を動かして何かを理解する機会が多かったように思います。

一緒に散歩に行く、家事をする、いろんな雑多なことを口に出して話をするということを繰り返して、伝えたいことを伝える、聞くべき聞くという姿勢でいったほうがいいと思います。

まとめ

家事をするときは、特に女性はいつもし慣れていることを一緒にするのは嫌がる傾向があります。普段しないちょっとした掃除や、気がついたところを少しづつ手助けするという感じで行くといいと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ