キャバ嬢マニュアル⑤ キャバ嬢流お酒テク。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7182
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 森山まなみ
キャバクラは楽しくお酒を飲む社交の場です。キャバ嬢はどんなお酒の飲み方をすればいいのでしょう?
モテる飲み方、盛り上がる飲み方とは?

STEP1

Photo by 森山まなみ
キャバクラはお酒を提供しますが、一番のウリはキャバ嬢との会話です。
マンツーマン(1対1)で接客し、話し上手&聞き上手なテクを駆使して会話でお客さんを良い気持ちにさせます。
それが指名ゲットに繋がって、お客さんをリピートさせるのです。
お酒は気分をリラックスさせてくれたり、盛り上がりやすくしてくれたりしますよね。キャバクラでは、場を和ませるためのアイテムにしか過ぎません。

STEP2ぶっちゃけ実は飲めないキャバ嬢もたくさんいるんです。

無理に勧めるお客さんも滅多にいませんね。それでOKなのが、キャバクラなんです。飲むことはメインの仕事ではありません。

指名嬢にゾッコンのお客さんは、「あまりお酒を飲めない」そんなところが可愛いと言う人もいます(笑)。
本当はかなり飲めるけど、「あまり強くない or 飲めない」で通してるキャバ嬢もいますね。飲むと計算した会話ができなくなってしまうこともあり、できるならあまり深酒はしたくないってのが本音なのです。
大抵のお客さんは、「飲まない」キャバ嬢でも問題ナシ。でも、飲めない(飲まない)なら、そのぶん会話上手などの付加価値が必要です。
もちろんお酒大好きでガンガン飲む!ってのは大歓迎です。席で酔いつぶれない程度にね。

STEP3

飲まなくてOKと言いつつも、時に厄介な人のもいるのが水商売。
会話には参加せず、「オレの酒が飲めないのか!」的な場違い男も紛れて来ることがあります。
そんな時は仕方ないので、飲みましょう。ガッツリ飲んでシッカリ盛り上げる。飲むフリでもOKです。
グラスが空けば気が済むお客さんには「たくさん飲めて嬉しい」と喜んだフリしてキープボトルを空にしてやりましょう。
大酒飲みの女の子をヘルプで付けたり、テーブルの下にピッチャーを隠して、グラスの中身を移したりしてね。ボーイにどんどんグラスを交換させるのも手です。
お店の人に協力してもらって、カクテルを薄めにするのも常套手段ですね。
また、焼酎との割りものとしてピッチャーでジュースやお茶を注文してもらうのも、飲みやすくて良いでしょう。
飲ませたいタイプのお客さんには、飲んだフリ・酔っ払ったフリでウケを狙うべし。

まとめ

多少はお酒をたしなむ努力もしてみましょう。
体質的に飲めない人はダメですが、練習すれば飲めるようになりますよ。

必要なもの

飲む人は、肝臓に効くドリンクや医薬品を。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ