記憶力を高める食べ物とは

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:793
  • ありがとう数:0

はじめに

記憶力を高めるための食べ物を紹介します。

STEP1[記憶力アップ食べ物その1]

それは、ナッツ類。
特にピーナッツに含まれるレシチンという成分が効果的です。
このレシチン、神経伝達物質アセチルコリンの原料となって記憶力の向上、脳の老化防止に役立ちます。こういった理由から、何かを覚えるときはナッツ類を食べるといいらしいです。

STEP2[こんな迷信が]

迷信として伝わっているのは、ナッツ類は昔の食料だったという説。

木の実を集めて食べていた人類は、脳の奥深いところでナッツの場所を覚えようという気持ちでいるのだとか。
生死に関わる食料であったナッツ。
見ると、記憶しなくてはという脅迫観念があるのだという説が伝えられています。

STEP3[記憶力アップ食べ物その2]

記憶力を良くするもの、それはガムです。ガムはあごを使うので、あごから脳に刺激が伝わりそうなイメージがありますよね。
科学的にもその良さが証明されています。
ガムをかむことによって、脳の働きを高めてくれる大脳の左右両半球の間にある松果腺(しょうかせん)という部分が刺激されます。それによって脳の働きが良くなります。

STEP4[気をつけるポイント]

ただ、ガムをかむ場所は制限されているところも事実。教室や飲食禁止の場所では、ダメなときもあります。そういう場所ではかんではいけません。一人で、部屋で記憶をしているとき大丈夫な場所で、かんで確かめてみてください。

まとめ

記憶力アップの食べ物を効果的に食べて、活用してみてください!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ